2013年11月08日

2012/08/06()07():第27カ国目エジプト(2度目だから)

 

 

とりあえず席を確保したら、

おじちゃんはじゃ俺は仕事があるから!といって去っていった。

マジでありがとう、おじちゃん。
13助けてくれた船会社のおじさん 






 

時間はまだ11時前。出航予定は17時。 6時間以上ある・・・。

(ちなみに、出航予定は17時だけど実際に出るのは

いつも18時をまわってかららしい)

まぁワタシは暇だけど、

スタッフ達はこの荷物を約7時間積み続けるわけだ。

21この荷物を約7時間積み続ける





 

まだ人数が少なく移動がたやすい今のうちに軽く船内を探検。

操縦室見せてもらったり、キャプテンと写真撮ったりして。

12操縦室の中

 17キャプテンとワタシ




19船の間をまたぐ220いざという時はこれで脱出







ワタシが乗ったころはこんなにスカスカだった船内も

22最初はこんな座席も・・・







最後には人と荷物がベンチ・床関係なくごったがえして

足の踏み場もない状態に。

23最後には人と荷物で足の踏み場もない124最後には人と荷物で足の踏み場もない2





 

 

こんな胡散臭い電化製品は山ほどあります。

25胡散臭く日本製を語る電化製品






Nationel ナショネル“って・・・ 単なる英単語ですよ?

そのスペリングミスって・・・。

 

まぁこんな低いクオリティに騙される方も安易だけど、

JAPANって書けばなんでもいいと思うんじゃないよ!

いくらなんでもひどすぎるわ・・・。

 

 

チケットには1等・2等関係なく、一食食事がついています。

本当ならこれにチキンもプラスだけど、

ちょうどチキンの仕込が切れたタイミングで

あまりお腹が空いていなかったからチキン無しでいいからと

いって頂きました。

26一食付き!本当ならこれにチキンもプラス






 

ただ、ものすごい人数が乗りますから、

料理人たちは休む暇なく常に調理。

27料理長はずっと調理128料理長はずっと調理2






 

隙あらば陣地を広げようとするエジプシャンたちと争いながら、

クッションもない木製ベンチで横になって就寝。

それでもなんとなく寝れちゃうワタシって!

 

翌朝明るくなって、改めてナイル川を見た。

デッキは大変な荷物ですが。

29船から見えたナイル川の景色131デッキは大変なありさま





 

 

到着数時間前からはスーダンのイミグレがオープン。

スタンプをもらっていよいよ未知なるスーダンへの扉が開く。

着岸が近づくと、人の移動が目立ってきて、

通路は人と荷物で更にごった返し出した。

一度この波に飲まれたらもう戻れないであろう事を予測し、

バックパックを持って移動するも

見た目明らかに外国人のワタシにおいでおいでする奴がいる。

仕方がなくついて行ったら、

外国人はスーダン国内で旅行許可証が必要だから

このオフィスで手続きをしてから降りて(無料)、ということだった。

 

まぁ旅の途中で面倒に遭うよりは事前に手続きできるに越したことないけど、実際この旅行許可証はどこでも提示を求められず、持っている意味が全くなかった。

 

13時半ごろ、いよいよ着岸。

やっと目標にしていたアフリカ:スーダンの地に降り立った!

32ワディハルファの港は何にもない!134ワディハルファの港は何にもない!3



croccicrocci at 19:00│コメント(0)トラックバック(0)28歳女ひとり旅・東アフリカ編前半 | スーダン/第102カ国目

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字