ウイグル自治区・中国/第45カ国目

2010年10月18日

2010年8月29日

カシュガルにやってきた目的は大きく二つ。

 

①職人街と呼ばれるところを見に行く。

②日曜日のバザールを見に行く

2点

 

まずは職人街。

 

思ったよりも規模が小さいものの、色んな職人さんが物を作ってる姿を見ることができた。

45 カシュガル職人街146 カシュガル職人街2
 

そしてここに来た目的として銅製品を買う!って言うのがあって、なにせ銅製品も有名で安いから数軒見て回って、銅鍋とお玉を購入。

47 カシュガル職人街3・銅鍋屋48 銅鍋&おたま購入
 

本当はお玉は買うつもり無かったんだけど、店のオヤジが銅の鍋の中でお玉を回した時の音がGoodでつい一緒に買っちまった。

 

一枚の銅版から職人が叩いて作った銅鍋、結構嬉しいもの買えた。

 

ただ、後日談だけどこれ送るの大変だった、郵便局の局員がバカで危うく送れないことになりそうで、なんだかんだ1時間戦ってようやく送ることができた。

 

本当バカ中国人イラッとさせるわ。

 

続いてバザール。

 

買うのも売るのもウイグル人ばかりと噂のバザール。

 

行って見たら本当にそうだった。

51 カシュガル日曜バザール250 カシュガル日曜バザール1
53 カシュガル日曜バザール4
 

かつてシルクロードで栄えた活気が垣間見えた気がしたけど、特に欲しいもの無かったんで一通り流し見て終了。

 

観光を終えたら、昨日みつけて以来ご飯はここでずっと済ませてる餃子屋さんへ。

44 世話になったカシュガルの餃子店243 世話になったカシュガルの餃子店1
 

なにせ餃子の種類が豊富で安くて美味い!

 

一口大の餃子20個で90円から110円くらい。

 

200円ちょっとで二人とも大満足ですわ。

 

連日通ってたら最初無愛想だったお姉さんも笑顔を見せる様になってきたもんね。

 

カシュガルまぁまぁ楽しかったな。


ちなみにこの町からついに嫁が洗濯用のタライを持ち歩き出しました。(笑)
54 ついにタライを持ち歩く

なかなかタライ持ってるバックパッカーいないでしょと、なぜか少し誇らしげ・・・ 


さあ明日は大移動の予定ですわ、どーなるやらね。



croccicrocci at 22:54│コメント(0)トラックバック(0)

2010年10月17日

2010年8月27日~29日

さて、今日も朝からバスターミナルへやってきました。

 

よく来るな~このバスターミナルなんて思いながら、乗り場へと歩いて行く。

 

チケットは昨日買っておいたので難無くバスに乗り込めた。

 

若干の不安と言えば、密かに、でも確かに感じる腹部の痛み。

 

出発10分前によっしゃ!トイレに行こうと決めて向かうものの、途中でトイレットペーパーを落とし、それがまー見事に転がるもんだからバスが止まってる駐車場で突如10m位白いラインを作ってしまったよね。

 

慌てて巻き戻したけど、そんな事やってる間に時間無くなったんでバスに戻る。

 

結局、大地にトイレットペーパーを転がしに行っただけだ・・・・

 

とりあえずお腹の痛みは忘れて、日本で手に入れたいくつかのアルバムの曲なんかを聴きながらカシュガルへと向かう。

 

まー24時間あるんで色々考えちゃうわけですよ。

 

日本で会った色んな人の事をね。

 

その中でも後輩の比留間という奴に子供ができて、奥さんとも愛情たっぷりで幸せそうな姿を見れた事が自分事の様に嬉しくて本当に良かったな~と思い返していた。

 

今度奥さんに会ったらうちの比留間を愛してくれてありがとうと伝えなきゃな。

 

なんか人の幸せを自分の幸せと同じ様に心から嬉しく思えるって大事な~と改めて思った。

 

そんなこと思ってたら、他にも会った人たちの幸せなニュースや顔を思い出して、日本にいた一ヶ月ほんと楽しかったな~なんてしみじみ思ってた。

 

でも、まだまだバスは目的地に着かない。

 

まー24時間ありますからね。

 

中国語の本を読んで眠くなって寝るを繰り返し、気付くとバスがタイヤ交換してたりと結局26時間かかって目的地のカシュガルに到着。

 

で、宿も決めて次に行くキルギスの情報を調べてて事件発生!!

 

政変のせいで起きたデモ等の影響で直通の国際バスが運休しているのは予想の範囲内だったんだけど、キルギスを抜けてカザフスタンに行く国境がこれまたデモ等のせいで封鎖されてるとのこと。

 

どー言うことか結論からいくと、再び24時間かけてウルムチに戻り更にそこから24時間~31時間かけてカザフスタンへ行くルートに変更せざるを得ないと言うこと。

 

まー良いんだけどね、無事にカザフスタンに行ければさ。

 

でも丸二日バス移動久しぶりだな~、多少覚悟しなきゃ。

 

その前にカシュガルの観光思う存分楽しんできますわ。



croccicrocci at 20:39│コメント(0)トラックバック(0)

2010年10月16日

さて、お久しぶりです。

事情があって壊れていた私(旦那)のPCも新しく手に入り、ついに昨日から台湾で中国語を習い始めました。

 

いやー発音が難しくて、てこずってますよ!!

 

でも、三週間の間にできる限りの事はやってやろうと思ってます。

 

ブログの写真UPの問題も解決されたので、これからバシバシUPしていこうと思います!!

 

コマ目にチェックしてくれてた皆様すいませんでした。

 

ブログは一ヶ月半前の物から順次上げていくわけですけど、この機会に改めて見るとすでに大分昔の事のように思える。

 

なにせ宿代高いとこ多かったから大分飛ばしたもんな~

 

ちなみに嫁が自分で書いたブログをガンガン消しているのでしばらくは私が書いた物になるのでご了承ください。

 

ではブログ。。。。

 

2010年8月26日

さて、今日行くトルファンはシルクロードの中でも地理的に重要なところだっただけに見に行くわけです。

 

ウルムチからはバスで2時間半。

 

しかし行きたいところを見て回るとどれくらいの時間がかかるか予想がつかないので、

    トルファンに一泊

    ウルムチに戻って一泊

    ウルムチに戻り、カシュガルへ向かう。

上記3パターンのどれでも動けるように準備して朝一のバスで向かったわけです。

 

ガイドブックの地球の歩き方には8月のトルファンは宿が一杯で泊まれない的な事も書いてあったから、願わくば帰りのバスのある時間までに観光を終えて、ウルムチに戻るのがベターかなと。

 

大方、予定通りの時間でトルファンに到着。

 

さて、どーしよう??

 

一応宿が空いてるか確認してそれ次第で、動きを決めようと歩き出したけど、結構距離があるのと、噂ほどでは無いけどまぁまぁ暑いのもあって、走って来たタクシーを止めて交渉に入る。

 

ここはトルファン、英語なんて当たり前に通用しないから行きたい場所を漢字で書いた紙を見せてあとはジェスチャーで勝負。

 

最初は6箇所回って300元と言ってきたけど、「それならいいや250元じゃないと行かない」と伝えてその場を去ろうとすると、少し経ってからOKだよと言いにやってきた。

 

結果からいくと、この運転手の恐らく現地ウルグアイ人の人がなんとも良い人だった。

 

おかげで楽しく回る事ができた。

 

今回巡ったところをザッとあげると、

蘇公塔・火焔山・ベゼクリク千仏洞・アスターナ古墳群・カレーズ楽園・交河故城の6箇所

 

しかしぶっちゃけ、どれもオォー!みたいな感じでは無くてチャッチャッと見て終了な感じ。

 

おかげで帰りのバスに余裕で間に合いましたわ。 

 

一応こんな感じって事で写真UP。 

11 蘇公塔_トルファン321 火エン山_トルファン3
20 火エン山_トルファン234 カレーズ_トルファン1
39 交河故城_トルファン141 交河故城_トルファン3
27 三蔵法師と仲間たち
 

火焔山は西遊記の有名な一説の山だけあって、孫悟空のモニュメントがあったりしてたけどね。

 

ウルムチに戻って本日はとりあえず休んで、明日カシュガルに行くことに決めた。

 

別にそのまま行っても良かったけど、24時間のバスの旅になるから少し余裕を持たせようかなと思ってみた。

 

体調整えてガッツリ移動してやる。



croccicrocci at 00:42│コメント(0)トラックバック(0)

2010年09月20日

なんだかブログの仕様が変わったせいで写真のUPが上手くいかないわ、アクセスできないわで、しばらくぶりとなります。


この先どうなるかわかりませんができたら少しづつUPしてきますんで、
気長にお付き合いください。

来月台湾で中国語を習う期間があるので、その時にはバンバンあげていこうと思います。

とりあえずは旅再開最初のブログです。





アッサリ旅再開。

2010年8月23日~25日

 

さて、再び、いや三度か、またもや海外へと赴きましたわ。

 

新宿20:30発広島行きの深夜バスに乗って、まずは広島へ。

 

翌朝7時頃に到着して、お昼の飛行機で中国の大連へと2時間ほどのフライト。

 

初めて使った、って言うかもう二度と使うことは無い広島空港はいかにも地方のこじんまりとした空港だった。

 

飛行機が飛び立ち日本ともお別れかぁ~なんて感慨深いもん全然ありゃしなかった。

 

なんかもう普通だよね、日本から飛ぶの。

 

大連の空港で5時間ほど待つものの、飛行機が遅れて更に50分待ち。

 

目的のウルムチに着いたのは24:30頃。

 

市内まで行くバスに乗り込むも出発するまで1時間以上待った。

 

ようやくホテルに着いた頃にはもう深夜の3時をまわってましたわ・・・・

 

久しぶりでこれかいな。

 

翌日は今後の移動の為に色々調べたりするのもあって街をブラブラしてみたけど、

本当海外と言うか日本じゃないところにいるのに違和感が無い。

 

日本に一ヶ月いたけど、それも旅の途中の一カ国みたいなもんで、どこにいてもなんとも思わなくなってきてるなとしみじみ感じる。

 

ウイグル自治区のウルムチ、どんなとこなんだろうと思ってたら物凄い都会だった。

 

夕方は渋滞も凄かった。

 

でもトイレはニーハオな感じ、この辺はやっぱり中国。

 

いよいよ明日からはトルファンに行って観光開始ですわ。



croccicrocci at 13:09│コメント(0)トラックバック(0)