ジンバブエ/第42カ国目

2010年02月12日

夜行列車に15時間乗って、まずはジンバブエ第二の都市ブラワヨに到着。

 

夜行列車は治安の事も考えてファーストクラスにしたんだけど、当たり前に今までのファーストの感じではなくて、これで?と思うようなもんだった。

P1300096
 

続いてブラワヨからマシンゴへ乗り合いワゴンで4時間かけて到着。

 

着いた時間的にグレートジンバブエに行くのは無理そうだったので翌日に回す事に。

 

ジンバブエと言う国のイメージなんてまるで無かった自分からすると、十分普通の国って言うのが正直な感想。

 

町も普通に栄えてて、日本の車も多く見るし、と言うか日本車が一番多いな。

 

国の政策のせいで、かつて豊かだった国が有り得ない食糧難に陥り、戦後最大のインフレで持っているお金の価値がドンドン下がり、もう0がいくつあるか分からない様なお札を作り、結局国としては反米にも関わらずドルを使用できるようにしてみたりと、まー最悪の独裁政権な国。

 

ちなみにお土産でジンバブエドル買ってみた。

P2010031P2010032

 

今はドルやランドが使えるようになり、一年前は深刻な食糧難だったとは思えないほど近隣のスーパーに豊富な食料がズラッと並ぶ。

 

人々も普通に楽しく生活している様子も伺える

 

この国で暮らす人々にいくらかでも笑顔が戻った事は、本当に喜ばしいなと思った。

 

そう思える位、ザンビアと同様にこの国の人たちも親切で陽気な人が多かった。

 

で、肝心のグレートジンバブエね。

P1310002
P1310003P1310006

 

うん、やっぱり大したことなかったよね。。。

 

まーこの国に来る為の動機付けだから別に良いんだけどね。

 

グレートジンバブエの帰りに車が壊れ、しばらく待って、そのあと押しがけ手伝ったりとお約束の事を経験しながら、再び来た時と同じ様にザンビアへと戻りました。

 

まーなんか良い国だったよ、ジンバブエ。

 

欄外としてだけど、ブラワヨから電車に乗る時、チケット購入の窓口に皆並んでいたのにある一人の男がそれを無視して、更に俺らの後ろに並んでるやつらも煽ってルールもクソも無い状態にしてくれたので、しっかりと全員(ジンバブエ人8~10人位)に怒りくれてやっときました。

 

特に先導した馬鹿には念入りにね。

 

途中で嫁もブチ切れて、セキュリティの人も出たりと一瞬沸いたけどさほど大変なことも起きずに終了。

 

折角、好印象の国だったのに馬鹿一人の為に盛り下がってしょうがなかった。

 

日本に来た外人にも同じ様に思われないように、一人一人が気をつけなきゃね。

 

まー、日本人は人の気持ち読める人種だから概ね大丈夫だと思うけどね。



croccicrocci at 02:02│コメント(0)トラックバック(0)

2010年02月07日

2010年1月29日


ついに再びアフリカの大地に降り立った!

 

と、言うわけでロンドンからザンビアのルサカに到着しました

 

久しぶりの格安航空券では無い普通のフライトは快適だった~。

 

無駄に機内サービスのお酒飲んでやった。

 

さぁ!空港に着いてまずはバスターミナルへ移動。

 

空港内インフォメーションの人がとても親切で、おかけでスムーズにバスターミナルまで行くことができました。

 

バスターミナルから6時間バスに乗って、リビングストーンに到着。

 

この町はジンバブエへの国境の町であると共に、お目当ての観光場所、ヴィクトリアフォールズを見るための、町でもあるわけです。

 

いつも初めての国では町の様子を見て治安のレベルを計るんだけど、着ている服・走っている車の量と質・家々の作り・町の発展度・物乞いの数・ATMの普及度・etc・・・

 

見た感じ全然良さそうなんだよね。

 

いつも通り最低限気をつけていればザンビアは大丈夫そう。

 

着いた初日は、スーパーにいくだけで終了。

 

翌日、ヴィクトリアフォールズへと行ってきました。

 

いや凄かった!何がって、事前情報通りずぶ濡れですわ・・・

1
 

滝の水しぶきが豪雨の様に降りかかってきたりして、もうビッショビッショ。

 

肝心の滝自体も凄く良くて、俺的には世界三大瀑布の中でNo1かな。

23
45
 

滝を観光した後は、宿に戻りジンバブエへと向かう。

 

本来は一泊して、ジンバブエ側からの滝も見るつもりだったけど、このあと行く予定のマシンゴ行きの電車次第で予定を決めようと、とりあえずジンバブエへ入国。

 

これでこの旅41ヶ国目です。

 

電車の時間を聞くと、19時だったのでその前に滝を見ちまえ!

 

と、言うことで本日二回目の滝見学。

6
 

ジンバブエ側はまとまった大きな滝を見れる感じで、ザンビア側の滝がズーッと連なる感じとはまた別物だった。

79
8
 

一番奥にはレインボーフォールズなる、その名の通り虹が見える滝があった。

 

虹の根元を、まじまじと見たのは初めてかもしんないな~。

10
 

ヴィクトリアフォールズ来て良かったわ。

 

さっ!この後は夜行列車でマシンゴへと向かいますわ。

 

旅の補足情報(ザンビア・ジンバブエ)2010年1月29日現在

ルサカの空港からバスターミナルまではTAXIでUS30$orK(クワチャ)150000でした(二人料金なのか一台なのかは不明)

ATMは空港内とバスターミナル内にあり。新生銀行は使えました。

リビングストーン⇔ビクトリアフォールズ(ジンバブエ国境)は片道一人につきミニバスK2500・シェアタクシーK5000でした。(一人につき)

ザンビア国境→ジンバブエ国境(2Kmちょい位)は一人につきK3000でした

ジンバブエ国境→町まで(2Km位)一人US2.5$

ジンバブエの国境からすこし真っ直ぐ歩くと、ジンバブエ側のヴィクトリアフォールズ入り口があり、そこを逆に左に行くと線路を渡るのでそのまま道なりに進むと、大きい道路に出て更に進むと左にガソリンスタンド、右にZBBNKがあるので、ガソリンスタンド手前の道を左折すると右側に鉄道駅があります。

ちなみにガソリンスタンドの手前曲がってスグ左側のホテルで、Wi-Fi無料でやらせてもらいました。(たまたまかもしんないですが、一応)
鉄道駅での荷物預かり(担当がいない場合あり)は一個につきUS1$か5ランドでした。

マシンゴまでの電車は毎日19時発、ファーストクラスでUS12$・セカンドクラスでUS8$でした。



croccicrocci at 02:00│コメント(0)トラックバック(0)