日本一時帰国

2012年07月28日

2012/05/24()

 

 

前回は不安なことばかりつづってしまいましたが、

そればかりじゃないことも確かです。
1年前にカナダに発ったときは

そんな不安を隠すように気付かない振りをしていたのが大部分でしたが・・・

今は、純粋に旅の始まりを喜び、これから自分自身の手で切り開く道に希望を感じているという気持ちが、

75%以上を占めています。

だって、

もう誰にも何にも気がねすることもないし、

時間に制限はないし、

自分の決めた道を貫かなきゃならない責任みたいなプレッシャーを感じることもない。

「束縛と安心感」と引き換えに得た「自由と責任」は、

今のところワタシの人生にはプラスの流れを引き込んでくれているように感じています。

まぁ、どっちも大切なことで、

結局は選んだ未来しかわからないことだけど。

 

 

話を旅に戻しましょう。

今回はロンドンスタートの旅になります。なんでかって・・・

2012年7月に大量のJalマイレージ有効期限切れを迎えるにあたって、それまでにどーしても特典航空券に変える必要があったから。
帰路は年末ロンドンから東京行きの便を予約してありますが

使わないかもしれません。

(その場合、マイルは戻ってこないけどオイルチャージの現金払い戻しは可)

 

旅の目的地はもちろん“行ったことが無い場所”。

 

2008年の5月から日本社会を離脱して、
フィジー英語留学→バイクで日本一周→世界一周→カナダでワーホリ生活・・・と、早いような、長かったような4年間。

これまで行った場所は47全都道府県と世界80カ国。

※(ちなみに日本が承認している国家は全世界197カ国位。

国連が未承認の独立宣言国まで数えると

全世界約240カ国ほどあったと思います。

ワタシはこの3年ちょいで80ヶ国周ったとはいえ、

まだ全世界の三分の一でしかないわけだ!)

そして私にとってこの1年は、

きっと人生最後の長期で旅をする機会になるでしょう。

 

 

そんな決意のもと選んだ土地は、未踏の地“アフリカ”。

 

前回の旅でも軽くアフリカ大陸を訪れてはいるのですが、

北部のエジプト・チュニジア・モロッコなんて、アフリカというより中東アラブの国って感じで、

南部のザンビア・ジンバブエ・ナミビア・南アフリカ共和国なんて

相当治安が悪いという事前情報にビビって4カ国で

たった2週間という猛スピードでの移動。

(なのに行ってみたら実際覚悟していたほど悪くもなかったから

ずっと後悔していた!)

唯一まともに感じたアフリカはエチオピアだけ。

 

そりゃーこのまま終わるわけにはいかん!!

 

 

そうはいっても旅をするにあたり、季節はとても重要。

アフリカは年中暑いイメージがありますが、ちゃんと寒い時期もあります。

例えば、南アフリカなんかは四季があるし(南半球だから日本と季節は逆だけど)、赤道に近い場所でも標高が高い地域では当然雪が降ります。

もちろん赤道に近付くほど、日本の四季の様な温度差はなくなりますけど、そこで重要になってくるのが「雨季」と「乾季」。

 

世界中(もちろん日本も例外なく)、地域によって雨季と乾季は大体あるものですが、雨季は“雨が降る・湿度が上がる”ということで、一般的に移動や観光がしづらくなります。

しかし、アフリカ旅行で見逃せない雨季のマイナスポイントがあとふたつ!

 

マラリアやデング熱など感染症を媒介する蚊が大量に発生するということ。

アフリカでの虫さされは、かゆいだけにとどまらないことが非常に恐ろしいです。

旅も、仕事も、生活の根本は“健康”ですもんね~。

 

そして野生動物が雨によって移動をやめてしまうということ。

アフリカ観光はサファリ抜きには考えられないもの。

乾季は水を求めて野生動物が動き回るため、

雨季のどこにでも水たまりがある状況より野生動物と出会いやすいのです!

 

雨季・乾季は同じアフリカ大陸といえど、

東か西かによっても大きく違います。

なので今回は東・南アフリカの乾季(だけど冬)にあたる710月頃をそのまま東と南にあて、西アフリカの乾季にあたる10月~3月頃を西アフリカにあてる予定。

ただ、西アフリカについては圧倒的に情報が少なくて事前に綿密なルートをたてられず・・・

なので大まかなルートとビザの取得情報だけを調べ、

あとは現地ごとの判断で行きますので

陸路でベナンからモロッコに抜けるまでの間、どのくらいの時間がかかるでしょうか。

公共交通機関も乏しく、電力供給すらもあやうい土地で

何に出会うか、楽しみです。。。

 

・・・と、7月頃までの時間は東ヨーロッパを旅します。

フランスとかスイスとか、西ヨーロッパは有名ですけど、

ボスニア・ヘルツェゴビナとかアルバニアとかルーマニアなんていう東欧の国々は、聞いたことがあっても

イマイチ場所がわからない人も多いでしょう。

ワタシだって旅しようと思わなければおそらく知ることも無かったと思う。

ヨーロッパにありながら、まだ物価が安く、治安もそこそこ(西と比べると良いとはいえないが)、発展途上の匂いがプンプンする

東ヨーロッパの大地をまわります。

真夏は観光客でごった返すでしょうから、

夏前くらいのこの時期が丁度いいんじゃないかとの

希望も込めて。

 

それでは、はじまりはじまり~。。。。



croccicrocci at 00:01│コメント(1)トラックバック(0)

2012年07月27日

2012/05/24()

 

 

5/22(火)、本当はこの地に日本を発つ予定でした。
ですが、

直前準備がおしてしまったこと

ルートを見直した時点で変更があり日程が2日余ること

を理由に、前日に2日出発を延期したのです。

 

日本を発つにあたって、居心地のいい実家暮らしから離れるのを少しさびしく思いました。

元夫と共に実家暮らししているときには少なくなっていた両親・兄との触れ合いがとても私の心を満たしてくれて・・・

改めてワタシは愛情いっぱいの環境で育てられ

その境遇のおかげで心から大切だと思える友人たちに出会え

その全ての人達から愛してもらえているからこそ

やりたいことに突っ走れるワタシでいられるのだと、

感謝の気持ちでいっぱいです。

 

なんだかんだ理由をつけて出発を延期したけど

本気で行こうと思えば行けたわけで、

それでも出発延期を決めたのは、

もう少しだけ実家で家族と穏やかに一緒に暮らしたくなっちゃったんだろうね、きっと。

 

今までのワタシなら

この出発延期は受け入れられないものだったでしょう。

自分の決めた信念を、居心地の良い環境に甘えて曲げるような・・・そんな自分は認められず、見ようともしなかった。

だけど、今はそんな自分も受け入れて素直に生きちゃえばいいじゃんって思えるのです。

 

 

ワタシはよく、すごいとか、たくましいとか、羨ましいとか、

超頑張ってるとか言われます。

とても名誉なことだと思うし、

そう言ってもらえる自分でありたいと思ってもいるから

少しばかり無理をしてそんな自分を演じてきたところもあるのかもしれない。

だけど、本当は全然強くなんてないし、すごくもない。

愚痴ばっかりの時期も、人生の決断に迷って泣き崩れたり

精神不安定になる時期もある。

 

ひとりっきりになって、知り合いなんていない・言葉も文化も違う

土地で、孤独と戦う不安。

自分ひとりの精神力と決断力で旅(生活)を切り開く不安。

 

1年前、カナダへ行くときもこの感情がありました。
そして1年たった今でも、やっぱり、あります。

 

1年前は不安で不安で、
言葉にしたら自分の不安を認めるような気がして

ワガママ言いつつ調子いいこと言うなって怒られる気がして

“頑張ってると思ってたのにそうでもなかった”と

周りの人たちに失望される気がして、

不安の限界まで何も言葉にすることが出来なかった。

 

でも1年たった今は、素直に自分の不安と弱さを認めて

とことんワガママなのわかってて

「それだけ不安だけど、でも行きたい!」ってごねて()

そんな自分を丸ごと愛そうと思えるワタシになりました。

そんなワタシを丸ごと愛してくれる人とだけ

付き合っていけばいいんだと改めて思いました。

 

 

今度の旅は、ひとりきりで

未発展で且つ治安にも大きな不安がある場所に行くという

私の人生においてとても大きな挑戦だけど・・・

頑張る自分を演じるのはやめて

貫くことにとらわれる自らの視点も捨てて

そんまんまのワタシで、その時の気持ちを大切に、

五感全部で色んな事を感じてきます。

 

期間を決めないということは、

長引くかもわからないし、短くなるかもわからない。

今まで、決めたことは何でも貫いて、絶対負けるもんかって

思いでやってきたけど、

ある人生の先輩が言いました。

「お前がいつも走り続けてる人間だってことは

周りにいるみんなわかってるよ。

そんなお前が予定より早く日本に帰って来たって、

頑張りまくってそれでもダメなことがあったんだなあって、

お前が何も言わなくてもみんな理解してくれてるよ。

俺も、そういうのわかるから。」 って。

 

だから、

たまには負けたっていいやぁくらいのゆるい気持ちで旅をして

たとえそれで挫折することがあっても、

そんな自分も愛してあげようと思います。

もし自分なりの何かを見つけることが出来たら、

もっと自分を愛してあげようと思います。

飽きるか、満足するか、日本が恋しくて心が折れるかしたら、

旅を終わりにします。

 

だけど、そんな風にワタシを理解してくれる人達がいるからこそ

今こうして旅立つことが出来て、

きっと頑張り続けることが出来ると、自分を信じてもいます。

 

 

ワタシの大切なひとたちへ

昨年の離婚に伴い、沢山心配をかけました。

言葉にならないくらいのありがとうを捧げたい。

ワタシはもう大丈夫。

結婚していたとき以上に前向きで、意欲的で、“超”猪突猛進な

ワタシにパワーアップすることができました。笑

自分と向き合って、思いっきり笑って、思いっきり泣いて、

ありったけの感謝をする・・・

そんな旅をしてきます。

そしてどうか、こんな私を待っていてください。

きっと、生きて日本に帰ります。。。


2012年05月24日(木)
すがき ゆりこ



croccicrocci at 00:09│コメント(0)トラックバック(0)

2012年07月26日

2012/05/21()





このために日本に一時帰国したといっても過言ではない!



きっと、人生に一度しかない素晴らしい自然現象金環日食。



28年間生きてきて、マトモに日食を見た記憶がありません。
それが突然“金環”というスペシャルなオマケまでついて

東京で見られるとあっちゃ見逃すわけにいかないでしょう。。。

なのに、実家練馬の予報は曇。

日食メガネもバッチリ用意して、時間帯もバッチリ調べて、

準備は万端なのに!!!



当日は食の初めである6:19に合わせて起床。

すぐさま外に出るも、やはり曇っていて太陽は出ていない。

やっぱり駄目か~と実家で母と話していると、
5分くらいで外が明るくなってきた!



おおぉぉぉぉぉ~食ってる食ってる!

まさに月が太陽を食っている!!



ずっとへばりついているのも飽きるので、10分ごとくらいに

外へ出ては見た目とてもあやしい日食メガネをかけて

「たいぶ欠けてきたね!」なんて話す母と娘。

にわかに盛り上がる我々をよそに、

外へ出て鑑賞するご近所さんはほとんどいなかった。



結果、食の初めから金環になるまでは、

ずっと天候に恵まれいて見ることが出来ました。

金環になってからは最初の23分で雲がかかってしまい、

それからしばらくは姿を隠したけど、

最後半分~完全体に戻るまではまた見られました。



思ったよりも外は暗くならなくて、

でも太陽の光を失う分どんどん肌寒くなっていって

陽の光がもたらす温かさを再認識しました。



以下の写真は他サイトからお借りしたものです。

17金環日食2012 1_R
30金環日食2012 14_R34金環日食2012 18_R
27金環日食2012 11_R29金環日食2012ベイリービーズ 13_R
18金環日食2012 2_R24金環日食2012 8_R
25金環日食2012 9_R33金環日食2012 17_R
 





今回のように日本列島の広い範囲で金環日食が見られるのは

1000年ぶりだとか。

そんな世紀の瞬間に存在していられることが有難いですねぇ。

次回の金環日食は2030年の北海道だそうです。

その頃ワタシは46歳。 両親は生きているだろうか。笑



また、誰かと一緒にワイワイ言いながら

見られるといいなぁ。。。




croccicrocci at 00:08│コメント(0)トラックバック(0)

2012年07月25日

2012/04/中旬~05/中旬

 

台北経由の便で日本へ帰ってきました。

台北にて掘り出し物を見つけ、即買いしてしまいました。

それは
三国志ダイアモンドゲーム1ダイヤモンドゲーム三国志版_R

三国志バージョンダイアモンドゲーム!

 


正直ダイアモンドゲームがどんなものか、

ワタシは全く覚えていなかったけど

私の兄がとても歴史好きで三国志にも詳しく、

且つフィギュアも若干好きなフシがあるので

これ以上のものはない!と購入にいたりました。

思惑通り(?)、値段の割に精巧な作りのフィギュアとゲームの

充実性でスガキ家では好評。

なんど、母と兄とワタシで対戦したことか。

まさか30前後の子供ふたりと60近い母親とでこんなゲームで

盛り上がるとはね・・・笑

 


今回の帰国では、奈美子・コン・恭子・千恵・青木さん()・片岡さん・かずき・神谷先生・海老沢先生・小竹さん・・・と、

いつものメンツだけでなく、昔にお世話になった先輩治療家さん達や昔の患者さんにも会うことが出来ました。

 


いつものメンツは普段どおりワタシにパワーをわけてくれて

理屈じゃない楽しい時間が、当たり前のようにありました。

2奈美子宅_R
↑奈美子の強い希望により、なぜか家庭用の湯船(奈美子宅)に
 女3人で無理矢理入浴・・・。

11柏谷カフェ 温泉カプチーノ_R
5四万温泉のおう穴3_R
16四万温泉 町立清流の湯2_R




昔お世話になった方々は、4年もしくはそれ以上の時を経てそれぞれの道を歩んでいて

「はやく、もう一度、ワタシも治療家に戻りたい!」と

素敵な刺激をくれる人達ばかりでした。

 


患者さんと外で会うことになるとは思ってもみなかったのに、

今回お会いした片岡さんは赤羽のマッサージ店に勤めていた時代の、7年以上前のお客様だったにもかかわらず
Facebookやmixiでずっとワタシを見守ってくださっていて、

食事に誘ってまで頂いて・・・本当にありがたいと実感しました。

当時ワタシは(お客様に対して)学生であることを隠して働いていて(店の方針)、経験も23年しか無い小娘だったのに

そんなワタシを指名して育ててくださった患者さんのひとり。

人生の先輩から頂く言葉は、その一つ一つが心に染みいるようでした。

 


そして離婚したことによって、

夫と過ごす時間が中心だった東京の生活が

自分のためだけに使う時間・実家の家族と過ごす時間が大部分を占めるようになり、ウン年ぶりのスガキ家家族だんらんというやつを楽しんでいます。

普段は「どのに行くの」「誰と会うの」「気をつけろ」だの口うるさく感じる両親の気遣いも、こんな感覚そういや久しぶりだな~とか思ったり。。。

 


元夫とも会いました。

色々な事があって、たくさん傷つけ合ったけれど、

いがみ合って別れたわけではないので、

これからも友達として可能な限りお互いを応援し合おうという風に話し合いました。

 


さて、そんな日本での生活を超満喫して、

ワタシはまた、旅に出ます。



croccicrocci at 00:16│コメント(0)トラックバック(0)

2011年06月08日

2010/04/05(火)~06(水)

 

母と名古屋旅行に行ってきました。

 

というのも2月初旬に親戚が62歳という若さで子宮ガンで亡くなったときの遺影が娘と旅行した時のものだったという話を聞いて、他の親戚と以前にあたしと二人で長崎やら広島やらを旅行したという話をしたら「いいわぁあたし娘と2人で旅行なんて行ったことない」という話題になったのがキッカケ。

 

まぁ確かに親子で旅行に行けるのなんて、母と娘くらいじゃない?

母と息子で行ったらちょっと気持ち悪い気もするし・・・父は仕事忙しいし・・・

ってことで例によってうちの母は計画は人任せなので、なんとなく名古屋行きに決定したものの・・・

 

そうなんです!大震災が起きて世の中自粛ムードだし、ガソリンが足りないとか言ってるしこういう空気に母は抗えないだろうな~と思ってたけど、意外にも決行を決意したらしい。

 

あたし的にはねー自粛も限度があるって思っちゃう。

必要以上にバカ騒ぎするのは被災者の不運を思ったらよくないけど、必要以上に自粛するのも、ただでさえ震災で低迷が予想される日本経済に追い討ちをかけるってもんですし。

 

例えば政治家とか芸能人とか影響力が大きい人の自粛ならまだわからんでもないがこんな一般市民の母娘旅行を自粛したところで我々が東京でできることなんて何もない!


そんなわけで行って来ました、名古屋。

計算してたんだけど、計算どおり桜満開の時期でございましたよ。。。

1 桜の季節の名古屋城13 桜の季節の名古屋城3
5 桜の季節の名古屋城56 桜の季節の名古屋城6


夜は特大エビフライで有名な「ひょうたんや」に行ってみる。

なんにせよ2ヶ月のフィリピン生活で食に飢えてるあたし。 うまいもん食わせろ!!

確かにこんなでかいエブフライ見たことない・・・けど意外とサラッと食べれちゃった。

8 ひょうたんや特大エビフライ

 

ホテルはマンションの一室みたいなアパートメントタイプのところで安く済ませて翌日は予約していた食品サンプルの工場へ、製作体験!

知ってた?この食品サンプルって日本が誇る電化製品や車に並ぶ高度な技術らしい。

いまや外国人の母国に持ち帰りたいお土産トップ3に毎年ランクインしてるらしい。

 

まずは母が作る初級編パフェ。

10 食品サンプル製作体験・パフェ29 食品サンプル製作体験・パフェ1
13 食品サンプル製作体験・パフェ515 食品サンプル製作体験・パフェ7

盛りたいフルーツを選んで、シロップの色選んで、アイスクリームの形作って飾り付けして、乾かしたら出来上がり。

 

次にワタシが作るラーメン。

これは中級編らしいが手先の器用さには自信があるので、なんとかできるでしょう。

16 食品サンプル製作体験・ラーメン118 食品サンプル製作体験・ラーメン3
20 食品サンプル製作体験・ラーメン522 食品サンプル製作体験・ラーメン7

店先にあるよね、こういうの!

 

うちの旦那様がネギ大好きだからネギ大盛りにしてやろうと思ったら、おっちゃんにちょっとネギ多すぎかな~とか言われてしまった。

うちの旦那様の一面ネギづくめのラーメン、おっちゃんに見せてやりたいぜ。笑

 

最後は母が作る初級編てんぷら&レタス。

24 食品サンプル製作体験・レタス226 食品サンプル製作体験・レタス4

熱したロウをたらいの水との温度差を利用して作る方法で、形を整えるのが結構ムズイ。

 

てんぷらはまず好きな具を選ぶ。 母はかぼちゃと海老天をチョイス!

27 食品サンプル製作体験・天ぷら128 食品サンプル製作体験・天ぷら2
30 食品サンプル製作体験・天ぷら235 食品サンプル製作体験・エビ天2

大人になってからの体験教室とか社会科見学って、なんか楽しいよね。

現在 家の床の間にバッチリ飾ってあります。。。

 

このあとは名古屋といえばお約束のひつまぶし:あつた蓬莱軒へ。

43 あつた蓬莱軒のひつまぶし42 熱田神宮

ひつまぶし食べて、東京勢にお土産として買って、熱田神宮行って

夕方の高速バスで東京に戻ってきた丸1泊2日の旅でした。。。



croccicrocci at 23:34│コメント(0)トラックバック(0)