ベルギー/第81カ国目

2012年08月02日

2012/05/26()27():第81カ国目ベルギー

 

 

アントワープでは、偶然また「チョコーレート細工」みたいな

看板を見つけました。

ブリュッセルでの一件があったので(前々回のブログ参照)

入場無料なことを確認してから時間つぶしくらいの気持ちで入ってみました。

そしたらこれが、昨日とは打って変わって

レベルはそれなりなんですねぇ!

111チョコラテ細工展示販売1_R
112チョコラテ細工展示販売2_R113チョコラテ細工展示販売3_R
114チョコラテ細工展示販売4_R116チョコラテ細工展示販売6_R

 

特にスゴイのがこれ。 

チョコレートでウェディングドレスを作っちゃいました。

ほぼデッサン画通り!

115チョコラテ細工展示販売5_R

 

まぁやっぱプロの作品として展示してお客様集めるなら、

このくらいはやってもらわないと。

 

駅近くにあるはずだった「ダイアモンド博物館」は移転した

とのことで、面倒くさくなり断念。

125アントワープダイアモンド州立博物館は移転_R

 

 

翌日も土日割引の鉄道チケットを使ってブルージュの街へ。

こちらもブリュッセルから片道1時間程度と、アントワープとさほど変わらない距離なのに料金は€14.4(=約1,483)とほぼ倍。 

土日割引効かなきゃ€29ってことでしょ。

片道1時間の距離でさすがにそれじゃ~観光行く気になれないよ~。 週末割引マジ助かる!

 

ブルージュは“水の都”ということで、

街中に川がありそれを利用した船もよく見られます。

130ブルージュの街並み2_R133ブルージュの街並み5_R
131ブルージュの街並み3_R132ブルージュの街並み4_R
優雅です。

 


懲りずに行ってみました、チョコラテ博物館。

こちらも、入場料€6(=約618)を払って見るほどではないものの、ブリュッセルのアレと比べてしまうともちろんレベルも高く建物も広いかったです。

156チョコラテ博物館1_R158チョコラテ博物館3_R
160チョコラテ博物館5_R162チョコラテ博物館7_R
163チョコラテ博物館8_R164チョコラテ博物館9_R



そのすぐ近くにあるのはフリット博物館。

ここベルギーでは英語で言うフレンチフライ(日本で言うフライドポテト)は「フレンチなんかじゃない、ベルギー発祥なんだい!

その名も“フリット”だ!!」ってことで

誰もフレンチフライなんて呼びません。

街中にあるポテト屋の看板も全てフリット。

そんな博物館がハズレと予想をつけながらも、興味津々で立ち寄ってみました。

144フリット博物館3_R148フリット博物館7_R
145フリット博物館4_R150フリット博物館9_R

キャラクターを使った看板は可愛いけど、やっぱり予想にたがわずハズレです。笑

友人:コンと、アメリカレンタカー旅したときに偶然見つけた

「アイダホポテト博物館」みたいな

あんなパンチが効いたものでもなかったし・・・。笑

 

 

ベルギーはとてもビールの種類が豊富で、ここでもビール工場に行ってみたのですが、やっぱり酒飲みじゃないとあんまり楽しめないみたいで、イマイチでした。。。

165ビール醸造見学ツアー1_R166ビール醸造見学ツアー2_R
172ビール醸造見学ツアー8_R181ビール醸造見学ツアー17_R
174ビール醸造見学ツアー10_R175ビール醸造見学ツアー11_R



croccicrocci at 00:25│コメント(0)トラックバック(0)

2012年08月01日

2012/05/26():第81カ国目ベルギー

 

 

今日はアントワープというブリュッセルから電車で45分の街へ移動。 本来はブリュッセルから日帰り観光するつもりだったんだけど、ブリュッセルの宿が取れず

アントワープのホステルに一泊だけ移動。

このあと2泊は戻る予約してるから、でかいバックパックを1泊だけ置かせてと頼んでも“オーバーナイトで荷物は預からないポリシーだから”の一言で強制退去。

まぁルールがあるのはわかるけどさ・・・

柔軟性が無いっつーか、冷たいっつーか、

断るにしても言い方に問題アリっつーか・・・。

 

こんな愚痴ったって、日本人特有の気遣いとかホスピタリティなんて西洋人に伝えようとする方が無理があるわけなので、

黙って従います。 

良くも悪くも 郷に入れば郷に従え!でしょ。。。

 

 

そんなわけでとっとと移動。

ベルギーには鉄道チケットに週末割引があり(国内線のみ)
50%オフになるんだそうです。

乗車前にチケット買うまで知らなんだ~。

提示金額が妙に安いから「これって往復?」と聞き返したら

週末料金だからということで、

なんと片道約1時間の道のりの往復切符が€7.8(=約803)

欧米は週末に家族で出かけるっていう文化をすごっく大切にする文化だから、こういうシステムも充実してるし

行く場所によって家族割引とかのサービスなんかもある。

日本も、働くばっかりじゃなくて見習ってほしいなぁ。。。

 

カナダに居た時もそうだったけど、

日曜と祝日に働く場合は、労働者のその日の給料が
2倍になるというシステムが法制化しているので

日・祝は店を閉めるもしくは短縮営業のところがほとんど。

日本みたいに「いつでも便利」的な環境に慣れてしまっている我々には、店が閉まりすぎて不便さを感じることも多いけど

家族を持つような労働者側の生活を考えると、

こういうシステムも悪くないかもって思う。

 

 

ところで、着きましたアントワープの駅は、

まだ駅構内にも拘らずイキナリ立派。

95アントワープ中央駅1_R97アントワープ中央駅3_R

 

ここは世界のダイアモンドの研磨・取引の中枢となっているらしい。

駅を出て、まず予約しているホステルまで歩くこと15分。

今まで気にならなかったのに、アントワープでは妙にユダヤ教徒を多く見かけるなぁ」と思ってたら、それもそのはず

この地域でダイアモンド取引を牛耳っているのは、

ユダヤ人たちなんだって。

ユダヤ人は迫害というその悲しい歴史の上で世界中に散らばって、それぞれ新しい地域で生き抜いていくために、

商売を成功させている人たちが本当に多いと感じる。。。

 

 

真昼間の日差しの中、街歩きへ。

102ノートルダム大聖堂1_R103ノートルダム大聖堂2_R
109市庁舎周辺2_R110ステーン城_R


 

ここに来るまで知らなかったけど

「フランダースの犬」の舞台になった街なんだって。

ただ当初この本が出版されたのがイギリスと日本だけだったから、地元の人は当然知らず

この物語の史跡を求める観光客が増加したことによって

ベルギーでの出版が決まり、その後に記念碑なんかが建てられるようになったんだとか。

 

だから、TOYOTAスポンサーで日本語が刻まれてるのね。。。

106フランダースの犬記念碑1_R107フランダースの犬記念碑2_R

 

折角来たからには偶然知ったとはいえこの碑の写真を撮りたかったんだけど、恐らくそんな物語など知らない(興味ない)

白人らがこの碑に座って長いこと休憩してて()

撮影待ちに時間がかかりました。

文化の違いやねぇ。



croccicrocci at 15:25│コメント(0)トラックバック(0)

2012年07月31日

2012/05/25():第81カ国目ベルギー



昨日行った観光の続き。


一般民家を改造してオリジナルのビールを生産する醸造所に

したというグース博物館へ行くも、簡単な説明後自分で勝手に

歩いて周って最後に試飲するだけのハズレ観光でした。

まぁお酒が飲めたら楽しかったのかも知んないけど・・・

52グース民営ビール醸造所3_R54グース民営ビール醸造所5_R
56グース民営ビール醸造所7_R59グース民営ビール醸造所10_R


ベルギーといえばワッフル以外にも忘れちゃならないのが、

チョコレートでしょう!

期待できないと予想しつつも、

一応行ってみましたカカオ・チョコラテ博物館。

まずは入ってすぐ、自慢のチョコレート試食。

ある程度人数が集まったところで実演開始(英語解説アリ)。

62カカオ・チョコラテ博物館1_R63カカオ・チョコラテ博物館2_R
66カカオ・チョコラテ博物館5_R68カカオ・チョコラテ博物館7_R


あれ?? この実演、見てて「おぉー!」とか「へぇ~」とか、

何もないカラッポじゃありません??

と思って周りを見渡すと、展示してある数々の作品が・・・

できれば拡大してよぉぉぉぉぉく見てみてください。
70カカオ・チョコラテ博物館9_R71カカオ・チョコラテ博物館10_R



・・・クオリティ低くね!?


とてもプロとは思えない、趣味に毛が生えたレベルに見えてしまうのは私だけでしょうか・・・

パティシエや料理人みたいに多彩な材料を使い分けるわけでもなく、見た目的な盛り付けのデザインが高度なわけでもなく、

そもそもチョコレートを型に流し込むだけの作業で

この出来って・・・

この内容で入場料€6って、突っ込みどころ満載すぎ!

 


 


そして、最も有名なブリュッセル名物と言っても過言ではない

世界三大ガッカリと言えば、

この子。

73小便小僧2_R74小便小僧3_R

日本人のいう世界三大ガッカリとは、この3つだそうで

①ブリュッセルの小便小僧

②シンガポールのマーライオン

③コペンハーゲンの人魚姫


ワタシは③は見たことがありませんが、

②を見たときは “さほどガッカリでもないじゃん!

つーかもっとガッカリなもの他にたくさん見てきたから全然アリ!”と感じたので、今回も意外というほどガッカリでもないかもな~と思いながら行きましたら・・・

見事、そんなワタシの予想を裏切るガッカリさ。笑

 


だって、全体図アレ↑(写真右)ですよ!?

最初見逃して通過したっつーの。。。

 


 


ただ、小便小僧の話はこれで終わりではありません。

実はこの小便小僧から徒歩10分くらいのところに

ジャンネケ・ピスという像があります。

この子。

76小便少女1_R80小便少女5_R

そう、小便少女なのです!!!

 


・・・いやいや、

元はと言えば二つとも何の目的で作ったんだ???

 


 


最後は宿近くにあるグランプラス(市庁舎など)の光景。

81グランプラス周辺1_R82グランプラス周辺2_R
83グランプラス周辺3_R84グランプラス周辺4_R

ザ・西洋文化!って感じ。

ブリュッセルの街はどこを歩いていても

名もなきこういう光景が何気なく現れるので、

これぞ外国!異文化だなぁ~としょっちゅう実感してしまう。

 


また、ベルギーならではの光景としては

76ワッフル屋_R88スーパーにもワッフルがいっぱい_R
街にあるワッフル屋のバリエーションが半端ない!!(写真左)

スーパーでワッフル売り場の占める棚面積が半端ない!!(写真右)

 



それぞれの国の持つ文化って多種多様で面白いなぁって、

旅をしていて日々実感します。



croccicrocci at 14:28│コメント(0)トラックバック(0)

2012年07月30日

2012/05/25():第81カ国目ベルギー

 

 

昨日行った観光の詳細から。

 

まずは楽器博物館。

大したことないだろうと覚悟はしつつ、

ピアノを結構本気で練習していた学生時代を思い出し

無料でコンサートが聴けるという時間に合わせて10時過ぎに到着するも、無料コンサートとは名ばかりで

音楽愛好家達の歌レッスンを見学できるだけだった・・・。

8楽器博物館4_R10楽器博物館6_R
14楽器博物館10_R16楽器博物館のフリーライブ…_R
博物館自体は、覚悟していた以上の大ハズレでガックリ。

 

ここで「ガイドブックにあるベルギーワッフルのお店と近い!」

なんて思ったのが運の尽き。

確かにさほど遠くはなかったけど、迷う迷う迷う!

たかだか1kmちょいの距離をさまようこと1時間以上。

やっと見つけたブリュッセルワッフル・・・。

生クリームとチョコレートのトッピング付きで€5.8(=約580)

西ヨーロッパ価格ナリ。

でも、それでもいいからまた食べたい!幸せ!!と思える

先進国のクオリティ♪

18ブリュッセルワッフルⅠ2_R19ブリュッセルワッフルⅡ3_R

日本にある、ワタシのベルギーワッフルのイメージ;

カステラみたいなべっちょり重い感じ、とまったく違って

サクサク軽やかで美味い。ハマるよ、これは!!

というのも、これは“ブリュッセルワッフル”という種類のもので

触感も味も全然違う。 日本で見るのはリエージュワッフルという別種類のものらしいが。

 

 

そんなワッフルをランチ代わりに、

またしばらく迷っていると謎のイベントに遭遇。

突然カウントダウンの声が聞こえてきたと思ったら、

風船を空にぶちまける!

20謎のイベント1_R22謎のイベント3_R
・・・まではよかったけど、

網に引っ掛かって空に舞わなかった風船が多数あって

それらを思いっきり踏み潰して割ってた・・・

何に為に用意したんだか、風船も浮かばれない。

 

 

次はトラムを乗り継いで郊外の「ミニ・ヨーロッパ」へ。

その名の通り、ヨーロッパの名だたる世界遺産を25分の1

再現してあるテーマパーク。

それ以外にも遊園地みたいな乗り物のエリアやレストランエリアもあって、家族連れでにぎわってた。

23ミニヨーロッパ1_R31ミニヨーロッパ11・ロンドン_R
33ミニヨーロッパ13・パリ_R40ミニヨーロッパ20・ローマ2_R
 

これで入場料€16だったかな?

ま、とにかく余裕で1000円以上するわけです。

旅した経験から「あーここ行ったことある~♪」みたいな感動が少なからずあるかと思いきや

作りがチープなので全くそんな感情も無く・・・

正直、金持ちが休みの日にすることないから行ってみるかぁ~?くらい、余裕がある人の暇つぶしって感じでしたよ。。。



croccicrocci at 00:23│コメント(0)トラックバック(0)

2012年07月29日

2012/05/24()25():第81カ国目ベルギー





フライトは11:45成田発。
2時間前に成田に着くように電車を調べると

実家の最寄り駅;石神井公園発は7時半頃と、朝ラッシュの

どピークであることが判明!

うーん、無理すれば行けるけど、

バックパックとサブバック合わせて30kgちょいある荷物を

ラッシュの急行電車に押し込むのは、体力的にも他人への配慮としても微妙・・・。

ということで、父の通勤ついでに車で山手線の大塚駅まで送ってもらいました。



JALは成田の第二ターミナル。
第二出発のときは出発前のひとときに、

いつもクレープ食べるんだな♪と思って行ったら、

あったクレープ屋さんが撤退していた・・・

日本出立前 最後の楽しみにとっといたのに・・・。



その分の(?)サプライズか、
JALの機内で吉野家が出てきたのには驚きました。

うまか~。

2JALのair吉野家2_R3JALのair吉野家3_R




11時間かけて降り立ったロンドンのヒースロー空港は、
噂に違わぬ最悪のサービス・対応で

入国審査を抜けるだけで40分以上を消費。

ただ、これはかなり早いほうらしい。

今年これからオリンピックあるのにどうする気なんだろう・・・。

先進国にも拘わらず、大抵どの国でもある“空港の無料wi-fi

が無いと来た。

マジで終わってる!!!!!



バスターミナルへ移動して、
夜は夜行バスで7時間かけてベルギーはブリュッセルへ。

ところが、このバス、全く眠れません。

国境を越えるからパスポートチェックはあるだろうことは想定内だったけど、ブリテン島からユーラシア大陸に移動するときに

トンネルでなくフェリーを使う経路だったから

フェリーに乗ったときバスから降ろされ、フェリーを降りる時バスに乗せられ・・・と1時間寝たと思ったらすぐに妨害が入る!

そんなこんなしているうちに、

予定よりやや早い早朝6時ごろブリュッセルに到着。

このあと予約した宿まで行くのに、まぁぁぁぁぁ迷いましたよ!

通常30分の道のりを2時間かけて、
30kgちょいある2つの荷物と共に早朝の街を彷徨う。

フライトから含めたらもう36時間ほど、まともに寝てませんが。



むろん、汗だく。



そして大量の消耗が半端ない。。。



それでもまだ頑張れる28歳。

8時半頃やっと宿に辿り着き荷物だけ置いて、市内観光へ!
もちろんここでも迷います。

もともと方向音痴の素質を持っているワタシですから。

ベルギーの街の作りは碁盤の目状になっていない上に、

ドイツ語・フランス語・オランダ語の複合国家のため

通りの名前もやたらと長く複雑。

聞き慣れない日本人にとっては確認するだけでも時間かかるし

しかも通りの名前の看板もたまにしか出ていないと来た。

地元の人に聞いても、

地元人は小道の名前なんて覚えちゃいないので皆知らない。



地図を見て歩くのを諦めたワタシは、

「影の出来方と太陽の位置から方角だけを頼りに歩く」という

先進国ではとても考えられない原始的な方法で街歩きをしたのだった・・・。



フライトでパンパンにむくんだ足で、少なくとも5km以上

歩いたと思います。

今日おろした新品のビーサン。

87一日しか履いてないビーサン_R


さて、ここでみなさんに質問です。

ビーサンがこうなるのってワタシだけ!?

よく見て。踵との右拇指のところが異常に凹んでるでしょう。

でもコレ、履き古したものでもなんでもないし、今日おろす前は

超フラットだったのよ。

私のビーザンやソール(靴の中敷き)は、いつもこうして踵がぺちゃんこに潰れて、しまいにゃ踏んだ石とかを貫通するくらいに

擦り減ってダメになる。

自分が後ろ重心なのは知ってたけど、

ホステルとかで人のビーサンを見てもこんな感じのに

めったに出会わないのです・・・。



あげく、心地良い日本の生活で

人生最大に太った体重+荷物という状況に

膝と足関節が悲鳴をあげているようで、痛い。。。

 これを機に本気でダイエットに励もうと決意。

どうせ、この先しばらく安くて美味しいものなんてないしね。。。



やっぱり日本の食文化は世界最強です!



croccicrocci at 00:59│コメント(0)トラックバック(0)