ハンガリー/第88カ国目

2013年01月04日

2012/06/13()14():第88カ国目ハンガリー・第89カ国目オーストリア

 

 

ブタペストといえば、もう一つ忘れちゃいけないのが、夜景。

まぁカップルでもないし、友達と来てるわけでもなし、さほど興味は無かったんだけど

ルーマニアでTakaさんが思ったより良かったと勧めてくれたのでせっかくだから行くことに。

しかしこの時期は陽が長いから22時頃にならないと暗くならなくて、待つのに苦労した。。。

 

ワタシ一人旅になってから健康維持のために食生活にはかなり気を遣っていて、消化活動を考えて陽がくれる前に夕食を済ませ、日没後に遠出はしないポリシーなのです。

酒が飲めないとこれを守るのは非常に簡単で、体調もすこぶる良い。 だからこの日、暗い街中を歩くっていうのがかなり久しぶりでした。。。

57ブダペストの夜景158ブダペストの夜景2
60ブダペストの夜景459ブダペストの夜景3

 

ちなみに陽が暮れる前はこんな感じ。

115昼のくさり橋1

 

 

4日目、朝から王宮周辺観光へ。 

63国会議事堂166国立オペラ座
70聖イシュトヴァーン教会271聖イシュトヴァーン教会2

74聖イシュトヴァーン教会575聖イシュトヴァーン教会6
80王宮の丘1
 

 

王宮の丘から見下ろすくさり橋と国会議事堂。

84王宮の丘から見下ろすくさり橋187王宮の丘から見下ろす国会議事堂1

 

中でもこの聖マチャーシュー教会は見ごたえがありました。

89聖マチャーシュー教会191聖マチャーシュー教会3
92聖マチャーシュー教会494聖マチャーシュー教会6
97聖マチャーシュー教会999聖マチャーシュー教会11

 

 

ついでに寄ってみたマジパン博物館。

101マジパン博物館2_モスクワ_80kg_5ms

↑行ったことがあるモスクワ/ロシアの教会!

かなり精巧にできてるなぁ・・・。

 

104マジパン博物館5_ハンガリー地図_35kg_80hs102マジパン博物館3_くさり橋_50kg_3ms
103マジパン博物館4_マチャーシュー教会_80kg_5ms

↑言わずと知れたハンガリー地図と、くさり橋。
 そして昨日見たマチャーシュー教会。

 

なぜかディズニーシリーズ;白雪姫・三匹の子ぶた・101匹ワンちゃん・人魚姫。

105マジパン博物館6_白雪姫106マジパン博物館7_三匹の子ぶた
108マジパン博物館9_101匹ワンちゃん109マジパン博物館10_人魚姫



これ以外にもかなりいろいろ精巧なものがありました。

何カ月もかけて製作したらしい。

 

 

ただ、正直ハンガリーに飽き飽き・・・。

何がって、観光のつまらなさに加えた人の不親切さ。

これ以上嫌いになる前に、とっとと出よう!

ってことで昼前に安いユーロラインのバスで移動。

やってきましたオーストリア。

地図上は東欧に分類されるとはいえ、

西へ移動するにつれてどんどん物価が上がる・・・。

なにはともあれ予定通りの日程で到着出来て良かった。

明日は楽しみにしていたイベントへGO



croccicrocci at 01:00│コメント(0)トラックバック(0)

2013年01月03日

2012/06/12()13():第88カ国目ハンガリー

 

 

ヴェスプレームから帰ったあと少し時間があったので

温泉に行ってみることに。 ハンガリーは温泉でも有名で、

ブタペストにはいくつかスポットがあります。

ワタシはその中でも病院施設があって、

治療色の濃いルカーチ温泉に行ってみました。


118ルカーチ温泉1119ルカーチ温泉2
123ルカーチ温泉6122ルカーチ温泉5


温泉とはいっても水着着用で男女混浴な上に水温も
40度以下とぬるくて日本人感覚の“温泉”を思うとがっかりします。

わかってたけどやっぱ物足りない・・・。

マッサージも全然圧が入って無いただオイルを塗りたくるだけって感じだったのも残念。

126ルカーチ温泉9127ルカーチ温泉10
 

まぁでも治療用の施設が少し見れたから、良しとしよう。

121ルカーチ温泉4←おそらく頸椎ヘルニア用?

 

 

セーチェニ温泉というところはテーマパークみたいになっていて

“風呂チェス”で有名。

128セーチェニ温泉1129セーチェニ温泉2

(写真は宿で同室になった人に頂きました。)

しかしここハンガリーはゲイがかなり多くて『男性一人で温泉に来る=ゲイパートナー探し』という意味が含まれているとか。

セーチェニは特にそういう傾向があるらしいので、

男性一人旅は要注意かもね・・・。

 

 

3日目、行くかどうしようか迷いました、カロチャの街。

ここがまたバスで2時間くらいの街なんだけど

ガイドブック情報でこの2日間ずっと裏切られていることや、

行った先でのハンガリー人の反応の悪さに疲れてしまって。

観光にアタリハズレがあるのはしょうがないけど

道を尋ねた人が「英語しゃべってら、めんどくせ」って感じで

相手にしてくれないってことが多々ありまして・・・

それが「だったらもういいよ!」的にワタシの心をやさぐれさせます。笑

 

それでも行かなかった後悔より行った後悔。

挑みました、カロチャの街。

カロチャはハンガリーの国民食でもあるパプリカ、

そして伝統刺繍が名産。

ここでも冷たく相手にしてくれないハンガリー人に3回連続であたり・・・

迷いながらほぼ自力でたどり着いたパプリカ&刺繍博物館。


49カロチャの刺繍151カロチャの刺繍3
52I LOVEカロチャはパプリカ型←ILOVEカロチャはパプリカ型で可愛い♪
54パプリカ博物館256パプリカ博物館4


大ハズレとまでは言わないけど、

別に時間とお金をかけてまで行かなくても良いかな・・・。

 

 

ただこの日の夜、ブタペストで食べたパプリカのビーフシチューがめちゃくちゃうまくて感動!

61パプリカベースのビーフシチュー

普段サラダなんかに入ってる生のパプリカは嫌いで、よけて食べるのに

粉末状にしてタレにするとこんなにも美味しいなんて!

勢いでスーパーで売ってたパプリカの粉末、買ってしまいました。 もちろん自分でr調理できる自信は無く・・・誰かお願い!っていう他力本願のもとに。笑

 

もう一つ嬉しいのが、ハンガリー周辺の東欧の国々ではパラチンタというデザートがあって日本で言うクレープなんですよね。

チョコクレープ好きなワタシにはたまらない一品で、

メニューで見つけるたび食べてました。

48パラチンタの店742パラチンタの店1

 

ちなみこっちはクレープとは関係ないけど、

シュムロイ・ガルシュカというスポンジケーキをラム酒に浸して

チョコソース・生クリームを合わせたもの。

生クリームも大好きなワタシには久々ガッツリだったけど、

ラムで若干酔っぱらう。。。

62シュムロイ・ガルシュカ



croccicrocci at 00:44│コメント(0)トラックバック(0)