グルジア/第99カ国目

2013年10月29日

2012/07/29()31():第99カ国目グルジア・第36カ国目トルコ(2度目だから)

 

 

クタイシからバトゥーミに移動したものの、

この街の人間は冷たい人が多くて居心地が悪い。

というのもここは少し前までグルジアから独立を主張していた

固有民族が支配する地域で・・・厳密に言うと、

トビリシにいるグルジア人とは違う民族であるわけだ。

 

なんどもくどいが、旅において最重要なのは“人”である。

つまり、この街に用はないということで、

翌朝さっさとパトゥーミをあとにし、グルジアを出国。

リゼ行きのバスに乗り、いよいよトルコへと戻った。

トラブゾンの隣街:リゼは紅茶の街として有名なので、

紅茶工場を訪ねたのですが・・・

やはりトルコの田舎町。

観光案内所も、工場も、歩行者も、誰一人 英語を話さない。

ま、トルコではそもそも学校教育で英語の授業がないんだから

話せるわけないやな。
 246リゼ紅茶工場1_R247リゼ紅茶工場2_R




249リゼ紅茶工場4_R251リゼ紅茶工場6_R








でも、トルコ人の場合、トルコ語ゴリおしだけど、

いつもなんとか伝えようとしてくれる。

だから好き。

大切なのは受け入れようとする気持ちだもん。

その気持ちに応えて、帰りは売店でリゼ紅茶を土産用に購入。

 

普段紅茶は飲まないスガキ家ですが、せっかくなので

リゼ一番の丘に登って茶畑を見学しながらチャイ(甘い紅茶)

一杯飲んでみる。。。

259丘から見える茶畑2_R

260丘の茶畑1_R




5TL_R 

 





 

トラブゾンに戻ると、

安宿のホテルベンリが日本人割引をしてくれて

通常20リラ(=約960)のシングルを「日本人だから」という理由で15リラ(=約720)に値下げしてくれた。

(もちろんこのやりとりも英語ではない)

ほんと、トルコ人の日本人びいきは相変わらずすごい。

ありがたいっす!

一体いつ我々はトルコの人全体にここまで好感を持ってもらえるようなことしたんだろうか?

 

トラブゾンでの観光は前回既に済ませてしまっているので

いよいよ、トラブゾンからイスタンブール経由でエジプトに飛びます!!

 

ちょうど今はイスラム教のラマダン=断食月に当たる。

そんなラマダン中にも拘らず、

機内食はアラブ系の人もみんな食べていたので意外だった。

のちに他の旅行者から

「病人・妊婦・子供以外に、旅行中もラマダン免除らしい」

との情報を得たのだけど・・・

なんじゃそりゃー!じゃない???

病人・妊婦・子供が除外なのはわかるとしても、

旅行に特例与える神って・・・胡散臭ッ!笑

 

 

さて、コーカサスの旅を終え、いよいよ目指すはアフリカ大陸。

 

東海岸縦断を目指して、次はエジプトに再上陸です!!



croccicrocci at 00:14│コメント(0)トラックバック(0)

2013年10月28日

2012/07/28():第99カ国目グルジア

 

 

クタイシに来たのは、このスリコ・メディコの宿を体感したかったのが大きな理由でしたけど

せっかく来たならば観光もしてみよう、ってなことで

ゲラティ修道院とモツァメタ修道院を目指します。

この修道院も途中までミニバスが使えるものの、

やはり有用な公共交通が無い=徒歩。

昨日スリコ劇場でご一緒させていただいた日本人の話によると

1.ものっすごい歩く!

2.サンダルで行かず靴を出してよかった!

3.苦労したわりに見れたのは大した物でもなく、

別に行かなくてもいいレベル。

・・・という3つの情報。

 

とはいえ他にやることも無いし、

歩く道もアップダウンはなく延々と歩くだけってことだから

試しにチャレンジしてみることにしました。

 

まず最初に行ったのは、こっちは行く価値ある!といわれた

ゲラティ修道院。

バスが修道院まで直通で行ってくれるので余裕です。

ただし希望者が多くすぐ真人になってしまうので

8:30発のところ1時間くらい前からスペース確保に向かい、

バスの中で時間を潰しました。。。

 

ゲラティ修道院までの道は山道で、

おんぼろバスがとにかく頑張って登る!

内部のモザイクが素晴らしいのはおっしゃるとおりでした。

バスなら行く価値あり。
89ゲラティ修道院5_R90ゲラティ修道院6_R




88ゲラティ修道院4_R95ゲラティ修道院9_R








99ゲラティ修道院13_R101ゲラティ修道院15_R








103ゲラティ修道院17_R















106ゲラティ修道院20_R96ゲラティ修道院10_R









 

なんだか怪しげな、

ゲラティ修道院オリジナルウェーターらしきものも販売中。

91ゲラティの水 販売1_R

92ゲラティの水 販売2_R







 

抜けそうなスカイブルーの空が気持ちよくて、

芝生に座ってしばしぼんやりしてた。

 

そんなことも束の間・・・勝負はこれから。

バスがひたすら登ってきた道を徒歩で下ります。

機能的に、下りの坂や階段が筋・関節に与える仕事量は

上りのときのそれより大きいのです。

だからリハビリには必ず上りから始めるのが通常なのですが

そんな機能的な面とは違い体感としては、

下りって上りと比べてなんて楽で早いんでしょう。

上るんだったら徒歩はヤだけど、

下るんだったらなんとかなっちゃうもんなのです。。。

 

なんてことを考えながら、分岐点らしきところに差し掛かる。

言っておきますが、

観光開発の進んでいないグルジアにおいて、

修道院行きの看板なんてもちろんありません。

事前に情報ノートやバックパッカーたちのクチコミ掲示板で

道を調べておいた上で、の話。

そんなポイントとなる“線路”を発見。

今では使われていないというこの線路をたどって、

2-3kmひたすら歩くそうです。

108モツァメタ修道院への道1_R109モツァメタ修道院への道2_R







 

さあ来た。

周りには誰もいない・・・ので、カラオケタイムスタート!

歩きながら、MP3で聴いた音楽を口ずさむ。

いや、堂々と歌う。

声だして歌うのなんて久しぶりで気持ちいーーーーー☆

とか思いながら、のんびりと歩く。

50分近くたったころ、人の声が聞こえたのでのぞいてみると

(もちろん看板なんてない)

みつけた~モツァメタ修道院らしき場所!!

111モツァメタ修道院2_R

116モツァメタ修道院7_R




117モツァメタ修道院8_R118モツァメタ修道院_R












119モツァメタ修道院10_R121モツァメタ修道院12_R










 

 

先の日本人から聞いていた道のりは

ワタシにとっては全く辛くなく、あっけなく終了。

しかも普通にビーサンで。

馬鹿にするわけでも自慢するわけでもないけど

やっぱりこれだけ旅すると、場数も違うもんだなぁと

しみじみ考えてしまったりして。

ワタシの旅慣れ適応力は自分でも目を見張るものがある。

 

旅人として必要に思える方向感覚は皆無に等しい私ですが、

それをカバーすべく歩き回る体力は人一倍兼ね備えているようです・・・。

 

ほんと、いつもいつも思う。
ここまで丈夫に産んでくれた母に感謝ですね。



croccicrocci at 20:55│コメント(0)トラックバック(0)

2013年10月27日

2012/07/27():第99カ国目グルジア

 

 

グルジアのクタイシには世界遺産級の民家宿があると

バックパッカーの間では評判だ。

(注:もちろんあくまで世界遺産“級”であり、

世界遺産ではありません)

 

その名も「スリコ・メデイコの宿」

 

アルメニア/エレバンに続き、

またしても一般民家なので看板などはないのですが・・・

この街には住所の番号がこまめにかかっており、

彼らの家の住所は入手していたので

エレバンの「リダの家」よりは全然簡単に見つけられました。

というか、付いたバスターミナルからは少し距離があるので

タクシーに尋ねたら事前情報とケタ外れのボリ金額だったので

腹が立って交渉しているところを

「大学生の娘の迎えに来ている」という粋な父ちゃんが

新車で送ってくれたのでした。

 

お金を支払いたくないわけじゃないけど、

やっぱり法外にボられるのはおもしろくない。

こういう人の優しさに触れられるのは、とっても嬉しい出来事。

 

そんなこんなでリダの家とは違い、

ちゃんとドミベッドに空きがあって一安心。

この一般民家がなにゆえ世界遺産級かって? それは・・・

 

老夫婦の夫の方:スリコが御年70歳を越えるご高齢にして
なお現役の大酒呑み!!

毎晩旅行者と飲み語らうのが彼の楽しみだそうで、

そりゃーもう呑む呑む・・・。

ワタシも勧められるけど、もちろんひとくちでアウト。

だってこの家の地価で醸造してるワインらしいけど、

すっごい強いんだもん!無理無理!!
128スリコ劇場1_R



 


 

ドイツからの男性客らが主に餌食となっていました。笑

131スリコ劇場4_R132スリコ劇場5_R




134スリコ劇場7_R136スリコ劇場9_R




137スリコ劇場10_R









 

微笑ましかったのは、この光景。
143スリコ劇場15_R144スリコ劇場16_R






 

酔っ払ったスリコが、奥さんであるメディコに I love you~☆

と言ってキスをせがむんだけど

酔っ払っていない冷静なメディコは冷ややかに拒否。

しょうがないわねーってな感じで笑ってあしらう。

ワタシも結婚していた時代に呑んだくれのパートナー経験が
ありますから、メディコの面倒くさい気持ちよくわかります!

酔っ払ったときに絡んできて甘えられるのって、

面倒くさいことこの上ないんですね。笑

 

でも、この光景を見る限り、あぁいい夫婦だなぁ・・・って

きっとこうして何十年も歴史を積み重ねて一緒に歳をとってきたんだなぁって、ほっこりしちゃいました。

 

メディコのゴハンはおいしいし、

スリコは一風変わった劇場を見せてくれるし()

息子さんには英語が通じるから

(夫:スリコはダメだけど、妻:メディコはちょっと通じる)

時間があれば、こんな環境を一度は体験してみるのもオススメです!

 

ちなみに、つい最近日本人がスリコ劇場に巻き込まれ寄って

暴れて何か壊した(?)とかで

日本人の宿泊客はドミ25ラリ(=約1250)から30ラリ(=約1500)に値上がりしました。

(スリコは無理矢理呑ましたりはしないので、

たまたま起きてしまった事故かと・・・。)

 

お泊まりの際は、

ご高齢の二人に迷惑はかけないようにしましょうね。。。



croccicrocci at 18:21│コメント(0)トラックバック(0)

2013年07月08日

2012/07/19()21():第99カ国目グルジア

 

 

グルジア/トビリシで、観光案内所を探して街を歩いていたときのこと。

まぁマイナーな国ですから、アジア人がいるともなると

少なからず視線を集めるわけです。

それは慣れているから好きに見ろ!ってところなんですが

それに伴って“良からぬ輩も発生するワケで・・・

大概、酒に酔ったおっちゃんか、陽気or興味津々な青年や

子供が話しかけてくるんだけど、このときはパッとしない30代くらいの男性がしきりに何か聞いてくる。

しかし言語の95%以上がワタシには解読不能で(おそらく現地語またはロシア語)全く会話にならない。

 

そんな会話でのコミュニケーションが困難な中でも男はワタシの向かう方向についてきてしきりに何かを訴えている。

 

うーん、この感じ・・・確実にいい話では、ない。

 

適当にあしらうも全く諦めず、ジェスチャーを交えてくる。

・・・やっぱり。

今度はストレートに「sex・・・fack・・・」とか言い出してる。

もう・・・ほんと、

なぜ世界中にはこういった輩が大量発生するのでしょう!?

 

ワタシ個人としては、別に“セックスフレンド“というシステムを否定するつもりはない。

そこに愛があるとか無いとかそんなものは双方の価値感次第で、お互いの利害が一致するなら好きにすればいい。

ただ、例えばワタシがセックスフレンドを作るならば

「ヤレれば誰でもいい」わけではない!

性欲だけなら凸と凹があればそれで成立するのでしょうけど

たとえヤリ友とはいえ、人となりはやっぱり大事だもん。

 

・・・なんて、奴らにいっても通じない。

凸と凹だけで成立するから、

言葉のコミュニケーションが全く出来ないワタシを選んでる。

いや、むしろ言葉が通じないからこそ、

何か面倒が起こったときには会話できないことを盾に

しらばっくれることができて、奴らには好都合なのかも。

 

とかいろいろ考えてるうちに腹立たしくなって、

コイツをこのままのさばらせておく訳にはいかない!と

対策を思いつきました。

 

ちょうど観光案内所を探していたワタシ。

格式高い国立博物館の受付に併設されている。

とりあえず相手の言ってることの意味がわからないからついてこい、と英語で説明し

(もちろん相手にこれが通じていないであろうことは計算の上)

ついてこいといわれたことに期待をよせるキモ男。

よしよし、それでいい、

ありもしない妄想に期待を寄せるがいい・・・。

 

そして着いた先は国立博物館。

男は当然、なんでここ?という顔で入場を嫌がるが、

いいから来てと受付まで連れて行く。

そして英語の話せるスタッフに、ワタシはまずこう言った。

『彼がワタシに話しかけてきてずっとついて来るんだけど、

会話が成立しないの。

彼が何を訴えたいのが訳してもらっていいですか?』

するとスタッフはそれを彼に伝えると、

彼は一瞬戸惑ってもっともらしい言い訳を始める。

「あなたが困っているそぶりだったから、

ここまで案内してあげたって言ってるわ」

 

ハイ、筋書き通り。

ひときわ大きな声で、ワタシはトドメの一発を言った。

 

『ホントに? ワタシは道を歩いていただけで

彼が突然ワタシに話しかけてきたのよ。

それからここまでの間ずっと“sex,sex,fack,fack“って

言い続けてあとをついて来たわ。

ワタシにはその言葉の意味がよくわからないんだけど、

それが道案内って意味なの?』

 

広間に響き渡るワタシの声。

現地人が英語をわからなくても“sex,sex…fack,fack“のところはわかってしまうわけで、降り注ぐ受付嬢達の軽蔑した視線と露骨な“キモイ!”の態度で状況はみてとれる。

男はそそくさと逃げるようにその場を立ち去った。

 

ざまぁみろ。

 

受付嬢達は「大変だったね、大丈夫?あいつクレイジーよ・・・」とワタシを気遣った。

 

 

すぐにそこを出て逆上したキモ男に襲われてもたまらないので

その後しばらくワタシはそこで情報収集して時間差をつけてから宿に帰りました。

 

日本人女性ナメんじゃねーぞッ!!!



croccicrocci at 23:10│コメント(0)トラックバック(0)

2013年05月17日

2012/07/19()21():第99カ国目グルジア

 

 

ビザが発給されるまで2日。[水曜午前申請で金曜午後発行]

 

その間、ムツヘタという街にある世界遺産の教会を見に行きます。

一応ネットで体験談とかは調べてあったけど、情報なんてものは時と共に変わるわけで

現地で常に最新情報を収集するのが旅の基本ではありますが

前回述べたように、残念ながらこのホステルスタッフは情報収集能力が著しく欠けている。

なので、自力で何とかするしか道はない・・・。

 

まぁそうは言っても今回の場合は運よく事前情報と大きな変化がなかったので

無事目当てのマルシュルートカ[乗り合いバスのこと]を見つけて、

周りの乗客にムツヘタのカテドラルを見に行くんだ!をアピールすることで降りる場所を

教えてもらうという基本的な方法で難なく辿り着きました。。。
2ムツヘタ・スヴェティ・ツホヴェリ修道院1_R3ムツヘタ・スヴェティ・ツホヴェリ修道院2_R




6ムツヘタ・スヴェティ・ツホヴェリ修道院5_R
8ムツヘタ・スヴェティ・ツホヴェリ修道院7_R




9ムツヘタ・スヴェティ・ツホヴェリ修道院8_R13ムツヘタ・スヴェティ・ツホヴェリ修道院12_R 








14ムツヘタ・スヴェティ・ツホヴェリ修道院13_R19ムツヘタ・スヴェティ・ツホヴェリ修道院18_R







 


21ムツヘタ・スヴェティ・ツホヴェリ修道院20_R22ムツヘタ・スヴェティ・ツホヴェリ修道院21_R












 

観光客は数人いたけど、まぁ基本的には閑散としている次第でして。。。

この規模だったら結構観光客集められそうなポテンシャル秘めてる気がするんだけど

なんといってもグルジアという国自体マイナーで観光客が絶対的に少ないですからね・・・

 

 

翌日はウプリツィという遺跡とゴリの街を観光。

トビリシからマルシュに乗ってウプリツィへの分岐でおろしてもらってから遺跡まで約2km

川沿いの道を優雅に歩いて到着。

ここはさすがに有名なのか、駐車場には観光バスみたいなのも停まっていた。
36ウプリスツィヘ4_R37ウプリスツィヘ5_R




40ウプリスツィヘ8_R41ウプリスツィヘ9_R




43ウプリスツィヘ11_R46ウプリスツィヘ14_R




 48ウプリスツィヘ16_R49ウプリスツィヘ17_R




52ウプリスツィヘ20_R55ウプリスツィヘ23_R








 

岩場に掘られている旧住居なので、内部観光の道はなかなか険しい。

そんな岩場から見下ろすウプリスツィヘ周辺の景色は・・・

44ウプリスツィヘ12_R






なんもねぇ!!! ただ高台だから風がめっちゃ強いだけ!

 

 

観光を終え、次はゴリの街を目指す。

ここからゴリへは大して遠くない。

マルシュルートカが通ればいいんだけど、12時間に1本の運行のため確率が低く

ヒッチハイクするのが一般的。

・・・と通りかかった高校生くらいの少年2人が運転する車。

「マルシュルートカ?(ここ通る?の意味)」というと、マルシュルートカが拾える場所まで

1kmくらい乗っけてくれた。ご親切にありがとうと思って別れると、

2分位して引き返してきて、「ゴリ行くならいくらで乗せるよ」と金額提示。

いくらって言ってた忘れたんだけど、それ相場の2倍でしょっていう金額だったことは確かで

最初は親切だったのに小金を稼ごうとした若者たちに残念な寂しさを感じました・・・。

「外国人は金になる」とか思われてんのかなぁ。

 

そのあとの通りかかったおじちゃんの車は当たり前のように乗せてくれた。

同じ場所で待っていた地元民が、さも普通ににおじちゃんに乗せてくれ!という姿を横目に

ワタシは勇気を出せず“ワタシも乗せてくんないかなー”と視線を送っているとそれに気付き

『ゴリ?』といってワタシが頷くと、笑顔で乗れ乗れのジェスチャー。

言葉は通じないけれどとってもあたたかくて、結局目的地まで連れて行ってくれた。

もちろん、最後にお金の請求とかそんなオチもなしに。

なんか、最初の少年たちとギャップを感じずにいられないのがやっぱり哀しい。

 

そんなここゴリでの観光はスターリン博物館

共産主義を代表する人物;旧ソ連のスターリンは、なんとこのグルジア/ゴリの生まれ。

ということで、面白半分で博物館に行ってきました。

英語の説明はほぼないのであんまり意味は良くわかってません。

内部は撮影禁止なので、最初の部分をちょっとだけ。

57スターリン博物館2_R60スターリン博物館5_R










これとは別に古くなった鉄道車両を保管している庭があって、そっちは撮影OK

なんでも政府関係者を搬送した特別車両なんだとか。。。



croccicrocci at 00:26│コメント(0)トラックバック(0)