日記とか創作とか

日々の雑記、進捗・更新情報など。たまに習作。

お引越しをします


氷上です。
サイト&ブログのお引越しのお知らせです。

■サイト本体のお引越し



上記の新しいアドレスに移転となります。
今までのサイトは、以前もお知らせしたとおり【8/31に閉鎖】となりますので、ブックマークの貼り替えをお願いいたします。

■ブログのお引越し

何年もlivedoorブログさんのお世話になってきましたが、心機一転ブログも新しくすることにしました。
前から準備はしていたんですが、Wordpress2つ管理のやり方が分からず時間がかかってしまいました。
今はもう大丈夫……のはず!



新ブログは上記のアドレスです。まだほぼ何もできてないけど……
しばらく(12/31ぐらい?)はここも生きている状態にしておきます。

以上2点、よろしくお願いいたします。

『櫻にカナリヤ』全文公開しました/その他更新


8月ですね! 氷上です。
またちょこちょこ更新したのでまとめていきたいと思いますー。

■更新1:『櫻にカナリヤ』全文公開
発行から一年経ちましたので、『櫻にカナリヤ』を全文公開いたしました。



桜原皓汰、二十九歳。
都会にぽつりと残った古い家で父と二人暮らし。興味のないプロ野球の中継を、右から左に飯を食う。
このまま、なんとなく滅んでいくのだと思っていた。家も、親父も、俺も。
そんなある日、父の応援する選手が引退会見で婚約を発表。
お相手はどうも――皓汰!?

外堀から始まった事実婚。常識外れの新生活の中で、二人は少しずつ心を通わせ始める。
本当は赦されたかった恋も、本当に愛していた人も、全て見ないふりをして。
禁忌を塗り潰すマイノリティの仮面はやがて――。

親愛を、友愛を、性愛を超えて伝えたい。
あなたが教えてくれた言葉を。
嘘だらけで、とても優しい、苦しまぎれの愛の唄。


紙版には椎弥の遺伝子の話、皓汰の家族の話など本編中には出てこない設定がTIPSとして挿入されています。
装丁はレモンイエローの表紙に白印刷・遊び紙はショッキングピンクのトレーシングペーパー、となかなか面白い感じの仕上がり。

canary_asobigami


お気に召しましたら紙版もご検討いただけますと幸いです!




■更新2:FEの短編を全て移動
FEの二次創作短編を全て新サイトに移しました!
if/テリウス(蒼炎・暁)/ユグドラル(聖戦・トラキア)です。



長編はレイアウトなども考えたいのでまた次の機会に……!


■更新3:パンくずリスト導入
現在地が分かりやすいように、パンくずリストを導入しました。
PCからだと上部、スマホ・タブレットからだと下部に表示されます。

【PC】
pankuzu


【スマホ】
pankuzu_keitai


ぜひご活用ください!

■更新4:「本日の一本」を追加
トップページに「本日の一本」を追加しました。
一次創作の短編がランダムに表示されるだけのお遊び要素です。



えらぶのめんどいぞ! というときなどにお使いください。


今回は以上です!



7月ふりかえり


ワクチン1回目打ったよ。氷上です。
来月は定期健診と2回目接種……最近予定表に病院しか書いてないよ!もう!!

ちょっと早いけど7月について振り返っていきます。

【7月目標】
・FEを10本以上新サイトに移す
・とにかく何か書く
・バイオ7クリアしたい

上から振り返ります~


■FEを10本以上新サイトに移す

36本移しました。
ifは全部、テリウスの途中です。
一覧ページちゃんと作れてないんですがここから読めます




軽く愚痴というか反省会なんですけど、何年か前の作品って
「最初の数行で何の話か伝えようという気遣いがない」
ので、一覧の抜粋用文章を作るのに手間がかかってしょうがない……。
今の方が一行目から楽しんでいただく意識はもう少しできている、と思いたいな……。
でも中身見るとやっぱ好きなのよ自分の書いた二次創作、文章下手なんだけど発想とか台詞回しとか好きなのよ


■とにかく何か書く

9月26日開催のオンラインイベント『ジャンル迷子オンリー』の企画、webアンソロ「漂流」向けに
「多少なりともましな椅子」という短編を提出しました。



櫻井センセーになる前の皓汰と、柏木センセーのお話。
時系列としては

『Evergreen』
「多少なりともましな椅子」←ここ
『赤を囲う(桜色ポラリス)』
『櫻にカナリヤ』

ずっと前から頭の中にあったけれど、どの話に繋げるのも中途半端で迷子になっていたので……「迷子」がテーマならどうにか受け入れていただけないかと……懐の深さを信じて提出しました……。

柏木さんの台詞は全部5回ぐらい書き直しており、それに合わせて皓汰のリアクションも5回ぐらい調整しています。
普通に書くと普通のお母さんになってしまうので、一度流れを作ってから台詞を叩き潰して【優しさ】の破片を除去してもう一度組んでまた叩き壊して【作為】を除去して……みたいなことをして、【柏木夢子】としての純度を高めていっている感じです。
めんど 少し大変です。

方向性は違いますが、雅伸もちょっと近いことをしています。
雅伸の場合は【言葉足らず】が個性なので、一度書いた台詞をどこまで(会話として不親切ではあるが未紅のような慣れた相手であれば理解ができる程度に)削れるか気を配っています

お当番が来て公開されたらまたお伝えしますね。


■バイオ7クリアしたい

しました。
最後のアイテムボックスとは知らず、(グレランもマシンガンも置いて)燃料を使い切ったバーナーと残弾が心許ないショットガンでラスボスに挑まねばならず「詰んだ……」と天を仰ぎましたが、恒例のアンパンマンシステム(最強武器が投げ渡される)のおかげで勝てました。
ありがとうクリス・レッドフィールド

今は追加シナリオ「ノット・ア・ヒーロー」をちまちまやっています。
既にハンドガンの弾を使い切るヘボっぷりを発揮しているのですが、いざとなればクリスは相手を殴れるので安心感が違いますね
DLCセットもセール中に買ったので隙を見てやりたい…「バースデイ」がめっちゃ好きなのでフッテージの「21」が一番楽しみ

もうすぐ『月姫』も届くのに、やりたいゲームが多すぎる……
『月姫』といえば有彦の新キャストが古川さんなのめっちゃくちゃイメージどおりで興奮して夫に話したんだけどミリも通じなかった、漫画版のみ履修の声オタではない人には何も解ってもらえなかった
琥珀さんが桑原さんなのもぴったりで嬉しい。琥珀さんシナリオが一番好き
新キャラもたくさん出てくるみたいなので楽しみです~遠野家ルートと『歌月十夜』も頼む!頼む!!


■他に今月あったこと

・音声作品のあらすじを2本納品しました
R15のちょっとえちちな作品なので、いつもと違う語彙力が試されました。
自分のとは毛色が違って楽しかったです。

・友達が『ファイアーエムブレム風花雪月』を楽しんでいるのを見て6周目を始めました
あんまり楽しそうなので我慢できず。
今回はアビス+教員チームでいこうかな~と。黒鷲です

・みきとPの『DAISAN WAVE』を買いました
「ロキ」「39みゅーじっく!」目当て。聴いたら「PLATONIC GIRL」もめちゃ好き
「少女レイ」はこの時季ぴったりなのでヘビロテしてます。
この曲、あるフォロワーさんがめちゃくちゃ好きそうなんだけど「好きだと思います!返信不要です!!」ってURL送りつけるわけにもいかず「絶対好きやん……」って言いながら聴いています

そうこれを御覧のあなた きっと好き 聴いてみてね




・『夏の青年アンソロ』2稿
『夏の青年アンソロジー』用の原稿を直していました。



同じ表現が頻発してて泣いてた(調整した)
提出までまた寝かせます。
くすぶっていた青年が光を見つけて立ち上がる話です~よろしくお願いします


【8月の目標】

・サイトのビジュアル面調整
・FEテリウス移動
・一次でも二次でも短くても何でもいいから1本以上書く

サイトのどうにもなってねーところを少しでもどうにかしたいのと、FEテリウスを移動し終えたいなと思います。
秋のイベントの準備もしなきゃ~と思いつつ、具体的に何をしよう……
新刊は出しません!! 新刊出すとお金がなくて他所様のご本を買えないからです!!(切実だな)
来年出たいな~と思っているイベントがあるので、新刊はそこ合わせで出せたらなーとぼんやり考えています。

今月もありがとうございました。
8月も適度にがんばります。まずは接種からな


天空交差点/ジャンル迷子ポイント解説


9/26に参加予定のオンラインイベント『ジャンル迷子オンリー vol.0』に向け、弊サークル天空交差点頒布物の「迷子」なポイントをまとめてみました。
だんだん「よくある質問」みたいになってしまいましたがご容赦を。

イベント概要はこちら




『Evergreen』

■『Evergreen』とは
サークル天空交差点内No.1ジャンル迷子作品です。
一応「青春」で登録しておくことが多いです。

■現代? 青春? 学園? 部活? スポーツ?
「現代」もので「学校」を舞台とした「青春」物語です。この辺のカテゴライズでいつも迷います。
舞台が2002年なので、「現代」ではあるでしょうが同時代性はない気がします。
野球部の物語ですが、まともに野球をしているのが春夏だけ(秋冬はしていない)なので、「部活」ものや「スポーツ」ものと呼んでも多分怒られます。

■異性愛? 同性愛? 友情? ブロマンス?
結果として主人公とヒロインは異性愛者として恋人関係になります。
しかしそれも
・女性的な趣味を持つ男子
・男として生きたかった女子
・姉の代わりを続けるあまり性愛の対象が分からなくなった男子
などがジェンダー迷子な三角関係を形成した末のことなので、結果だけ取って「男女カプです!」と言っても誤解が生じる気がしています。
ちなみに「(主人公とヒロインの関係が)河川敷で殴り合って仲直りする文法」との感想をいただいたことがあります。
からっとした漢気とじめっとした女々しさを両方抱えている二人です。

他にも
・同性の幼なじみのために、恋人も才能もかなぐり捨てた男子
・幼なじみの「贖罪」のために、盲目的な献身を受け入れ続ける男子
・傷つけることを恐れるあまり、大切な人の人生に関わることを拒んだ男子
・強烈な女性嫌悪ゆえに、どうでもいい女と付き合っては別れる男子
・恋人の笑顔のために、本当の性格を隠し抜いて全部員と接することにした男子
・愛する人と結婚したが、そのために裏切った親友を今でも恐れている男
・恋した人に想いを告げられず、20年間誰とも愛を育めなかった男
など、こじらせ巨大感情が盛りだくさんです。
(こうやって見るとこじらせているのは大体男子ですが、女の子もそこそこ出てきます)

「同性愛」……ではない、「友情」……というには重い、「ブロマンス」……というにはロマンはない、
こじらせ! 巨大感情!!

■『Evergreen』は、恋友情の隔てなく、「目の前の相手をどう愛せるか」各々が真剣に向き合った物語

『Evergreen・上』 A5サイズ/460P/二段組/フルカラー口絵付き/1~11話収録(一章~三章)
『Evergreen・下』 A5サイズ/344P/二段組/12~17話(四章~終章)・番外編7本収録

「ボーイ・ミーツ・ガール、あるいはボーイ・ミーツ・ボーイ。」
新田侑志は都立高校に通う十五才。帰宅部・無趣味・友達ナシ。
退屈な学校生活を切り裂いたのは、鮮やかな打球――。
「野球部入らないか。君は投手なんだろ?」
「友達になりたいんだ。野球とは違う文脈でね」
侑志が出逢ったきょうだいは、双子のように似通いつつも、真逆の言葉を投げかける。
揺れながら下した決断は、侑志の人生を別の色に塗り替えた。永遠を思わせる緑へと。

試合どころではない面子と、「野球」という枠の中でかろうじて想いを交わしている。
根性も、優勝もない。スポーツにも満たない、不器用な繋がりの物語。


サイトで最後まで無料でお読みいただけます。


ご注文はこちらから。重量があるので、リアルイベントより通販がオススメです。






『やさしくしたい』

■『やさしくしたい』とは
『やさしくしたい』は、四人の女子高生が次々に死んでいくのを見守る、ドミノ倒し観察物語です。

■サスペンス? ホラー?
みんな何に追い立てられるでもなく勝手に死んでいくので、「サスペンス」というほどのハラハラドキドキはありません。
一応宣伝するときは「ホラー」と打っていますが、恐怖を掻き立てるような要素もオカルトな演出もありません。

■じゃあ何が面白いんだよ!
むしろ「誰にも何も強制されていない」というところがキモかもしれません。
彼女たちは「自らの意思だけで」最悪の選択肢をつかみ続けて、最悪の結末に至っていきます。
そこまで追い詰められてしまった彼女たちの悲しさ、誰もそれを救えなかった虚しさ、そして四季折々の風景と少女たちの死……そういったものお楽しみいただければと思います。

■『やさしくしたい』は、人に優しくできなかったために、易しく死体になっていった少女たちのバッドエンド集

『やさしくしたい』 文庫/62P/300円

春子、千夏、秋奈、冬乃は毎日一緒にお昼ご飯を食べる女子高生四人組。
春子がある思いつきを口にした日から、四人の運命は急激に狂い始める。

首吊り。ばらばら。串刺し。丸焦げ。
少女たちはいかにして死体となったか。
犯人探しも謎解きもない、乙女の秘密を紐とくだけの些細な物語。



サンプルはこちら。一章「春子」+各話冒頭をお読みいただけます


ご注文はこちらから。ラスト1冊です






『The Flowers』

■『The Flowers』とは
『The Flowers』は、高瀬恭子さんと氷上涼季が発行した、花と花言葉をテーマにした合同誌です。

■漫画? 小説?
両方です。漫画「フクジュソウ」を高瀬さん、小説「チューベローズ」を氷上が執筆しております。

■猟奇? サスペンス?
いともたやすく行われる犯罪は出てきますが、全年齢のため直接的なグロ描写はありません。
漫画の主人公・透(とおる)も、小説の主人公・薫(かおる)も、それぞれ事件に巻き込まれ立ち向かっていきますが、しかし「サスペンス」の定義とは……?
主人公が危険という意味なら二人とも間違いなく危険の真っ只中です。

■なんでそんな危険なことしてんの?

自作の説明だけに留まらせていただきますが(ネタバレ配慮)、薫は好きな人のためだけに自ら殺人鬼の懐に飛び込んでいきました。
出来事は物騒、けれど芯は純愛です。

■『The Flowers』は、運命に翻弄される妖しく美しい花たちの物語

『The Flowers』 A5サイズ/54P/漫画+小説合同誌/700円

「甘い棘、両手いっぱい召し上がれ。」
言葉を持たない銀髪の女性「しろ」。透の仕事は、由緒正しき斎藤家で彼女の世話をすることだった。しろの不思議な美しさに戸惑いつつ、己の目的を果たそうとする透だが。(高瀬恭子『フクジュソウ』)
薫はおしゃれに命を懸ける高校一年生。電車に揺られながら、自分を殺すつもりの男を待ち焦がれる。「あの子」を守るためにはそうするしかないから。(氷上涼季『チューベローズ』)

「花」×「花言葉」がテーマの「漫画」×「小説」合同誌。
甘美で昏い秘密の園――踏み込むのなら、お覚悟を。



漫画『フクジュソウ』サンプル


小説『チューベローズ』サンプル


ご注文はこちらから。おまけでペーパー2種つきます







『ヘルマプロディートスの縊死』

■『ヘルマプロディートスの縊死』とは
『ヘルマプロディートスの縊死』とは、前述の合同誌『The Flowers』収録「チューベローズ」の続編かつ完結編です。

■前作必読? 単体で読める?
事件自体は1冊で完結しておりますので、単体でお読みいただけます。
キャラクターに深く感情移入をしたい場合は前作『The Flowers』から。

■ミステリー? サスペンス?
犯人は特に隠しておらず、解かせる謎がないので「ミステリー」ではなさそう。
人がぼんぼこ殺されるので「サスペンス」かもしれません。

■主人公は男? 女?
「美少女男子高校生」です。なんて?
いわゆる男の娘ですが、性自認は男・性的指向は異性という服装以外はマジョリティ男子です。
男であることは隠しておらず、着替えもトイレも男子の方にいきます。
好きな女の子が男性恐怖症のため、嫌々女装している……というわけでもなく、それはそれとして「オレの見た目は世界一の美少女」と思っています。

■主人公の立場は? 探偵? 被害者? 被害者の関係者?
探偵役であり、直接の被害者であり、被害者の関係者でもあります。
あらゆる方面から強烈に事件に巻き込まれている状態です。

■主人公vs犯人ってこと?
犯人と対立しているのはもちろんのこと、
・理解のない大人
・子供を利用することに何の良心の呵責も覚えないクソ野郎
・犯人の身内
・ひきこもりの友人
・どんなに美少女に擬態しても触れられない想い人
など、主人公を取り巻く環境は問題だらけなので、基本的にはいつも何かと戦っています。
「サスペンス」というより「青春・ジュブナイル」的な要素もたくさんあります。

■『ヘルマプロディートスの縊死』は、連続猟奇殺人鬼に目をつけられながら、少年少女が奪われた青春を取り戻していく物語

『ヘルマプロディートスの縊死』 新書/150P/800円

小春野薫は都内の高校に通う十六歳。
男性恐怖を患う幼なじみ・月子のために、美少女の姿で街を闊歩する。
五月のある日、月子のトラウマの原因に酷似した連続誘拐事件が発生。
薫の友人・五条あやめも犠牲となる。
薫は犯人逮捕に貢献し、一矢報いたと思われた。
しかし調べが進むうち、彼女の殺害は別人からの依頼だったことが発覚する。
友人の無念を晴らし最愛の人を守るため、真犯人を見つけようと奔走する薫。
そして壮花高校から新たな死者が出る――。

傷つきに傷ついた少年少女が、それでも自らの手で未来を勝ち取っていく、切なくも勇敢な青春サスペンス。



サンプルはこちら。一章無料です


ご注文はこちらから。前作と併せてお得なパックもあります







『櫻にカナリヤ』

■『櫻にカナリヤ』とは
『櫻にカナリヤ』は、桜原皓汰(おうはら・こうた)と三住椎弥(みすみ・しいや)、二人の青年が心を通わせ、共に生きていくことを決める物語です。

■BL……?
「BL」の定義を「男性同士の恋愛」とすると(恋愛の定義はさておき)、この物語は「BL」であるように思えます。
しかし「二人とも同性愛者ではない」のを「BL」と呼んでよいものか……。

皓汰は「バイセクシュアル」です。
相手の性別を気にしない(区分できない人も愛する)「パンセクシュアル」ではなく、「男」「女」という既存の区分の中に好みがあります。男だったらこういう人が好き、女だったらこういう人が好き、というように。

椎弥は(細かいことを言い出すとキリがないのでざっくりと)「ヘテロセクシュアル」です。
いわゆる異性愛者。しかし人生で一度しか恋をしたことがないので、「幼い頃からずっと愛してきた人が女性だから女性しか愛せないだろう」という本人も不確かな性指向です。

■どっちが受? 攻?
彼らは「BL」に不可欠とされている(?)「受」と「攻」が決まっておりません。
書いているときそういう概念が全くありませんでした。
読んでくださった方に「どっちが受けなんですか?」訊かれ、「わかりません」と答えました今もわかりません。
肉体の面・社会的な面でいえばある程度役割は振られているのでしょうが、BLの受け攻めといえば恐らく精神的な役割も含めての分類なのだろうと思われますので、それに関して言えば「どちらでもないフラットな関係である」ということになるかと……。

■そもそも「恋愛」物語なの?
宣伝するとき便宜上「恋愛物語」と書いてしまうのですが、正直この物語で描かれている情が「恋愛」かどうか定かではないです。
どちらかといえば「連帯」「共犯」「相互扶助」といった言葉の方が近い気はします。

■『櫻にカナリヤ』は、青年たちがお互いの心に触れて「家族」を目指すことを決める、人間の覚悟の物語

『櫻にカナリヤ』 B6/88P/500円

桜原皓汰、二十九歳。
都会にぽつりと残った古い家で父と二人暮らし。
興味のないプロ野球の中継を、右から左に飯を食う。
このまま、なんとなく滅んでいくのだと思っていた。
家も、親父も、俺も。
そんなある日、父の応援する選手が引退会見で婚約を発表。
お相手はどうも――皓汰!?

外堀から始まった事実婚。
常識外れの新生活の中で、二人は少しずつ心を通わせ始める。
本当は赦されたかった恋も、本当に愛していた人も、全て見ないふりをして。
禁忌を塗り潰すマイノリティの仮面はやがて――。

親愛を、友愛を、性愛を超えて伝えたい。
あなたが教えてくれた言葉を。
嘘だらけで、とても優しい、苦しまぎれの愛の唄。



投稿サイト『ステキブンゲイ』にて全文読むことができます。


同人誌には本文+こぼれ話(本文に入らなかった設定)を収録。
ご注文はこちらから




ジャンルやカテゴリ的には迷子なのですが、どれも確たる結末に至った物語です。
お手に取っていただけたらとても嬉しいです。よろしくお願いします!!







6月ふりかえり



みんな元気? 今月はまる2週間寝込んでいた氷上です(今月「も」では?)

まず目標のふりかえりから!

【6月目標】
■アンソロ原稿初稿→OK
■本を3冊以上読みたい→OK(3冊)
■web用にも何か書けたらいいな→△

■アンソロ原稿初稿

難産でした。
主人公2回変えて、冒頭を合計5回以上(つらくて途中で数えるのをやめた)書き直してやっと「これで行こう」というものが決まりました。
この作品を提出まで磨いていきます。

言える範囲の情報↓
メイン:新規キャラクター(これまでの作品に登場したことのないキャラ)
世界観:高葉ヶ丘(『Evergrenn』『赤を囲う』他)・壮花(『チューベローズ』『ヘルマプロディートスの縊死』)と同一
時系列:コロナ禍より前の物語(2018年)
その他:主人公は岩茂学園八王子高校出身(『Evergreen』で対戦した高校)

こんな感じ。寄稿原稿なのでいつもより開示少なめです。
事件メインの壮花とは違い、日常の心情がメインの高葉ヶ丘系統のお話になっております。
人死なない! 殴らない! 今回は金属バットではなく木製バットです!!
夏に関する苦くて青くて爽やかな一本です。よろしくお願いしますー。

『夏の青年アンソロジー』、2022年初冬発行予定だそうです。他の方の作品も楽しみ。
近くなったらまたご案内させていただきます!




■本を3冊以上読みたい

最初の1週間にばばっと読んであと読めませんでした。
『教場0』面白かった。


■web用にも何か書けたらいいな

手癖全開だけど書いた!!のぶみく!!たのしい!!




【その他6月について】

・おたんじょうび
月初はいろんな方に誕生日を祝っていただいたりして、とても幸せでした。
もういい歳ですが、いくつになっても「おめでとう」の言葉は嬉しいですね。
ありがとうございます~!!

・BBコミュニティ二期閉会
参加していたBookBaseさんの小説コミュニティ二期が、6月30日で閉会いたしました。
月額3300円×3ヶ月で、小説の書き方を教えていただいたり、作品を任意で提出してアドバイスをいただいたり、discordで作業会や質問相談会をしたりするサービスです。
すごくためになったし楽しかったです。
三期は近日募集開始予定だそうです。興味のある方は続報をお待ちください~。
BookBaseさんのサイトはこちら↓





【7月目標】
・FEを10本以上新サイトに移す
・とにかく何か書いていてぇよ今特に何も思いつかねぇけども
・バイオ7クリアしたい

とにかく、二次創作のFE辺りの移動を中心にやっていきたいと思います。
あともうそろそろがっつり遊びたい。夏休みしたい。

頑張ると倒れるので(負の実績)ゆるっと楽しくいきます!!
よろしくお願いしまーす

2021.06.11. 後輩を偲び



続きを読む

えばぐり人物紹介&短編7本更新しました



かなりお久しぶりに「ふりかえり記事」以外のブログ更新です。
サイトの更新報告になります~


【1】『Evergreen』人物紹介追加

追加と言っていますが元のサイトにあったやつを移し忘れてました。
元データよりスッキリして見やすくなっております。
自分ではそんなに見返すことがないのですが(確認が必要なときぐらい)、あらためて読んでたら「お前らみんなかわいいな……」って思いました。おやばか




【2】短編7本追加

6本は再録です。気に入っているので何回でも再放送するよ!!
『ピアノの顔』とか、本編と齟齬があるにもかかわらず「好き」が勝って持って来てしまいました。
一方『夜中にアイスを買う自由』というのぶみくは先日書いたものでして、「このカップリングで何回も書いたようなことをまたやってるだけだよね?」と思って放置していたんですが……もったいないので更新しました。エコ精神。
何回も書いちゃうほど好きなんだということでひとつ。






今回の更新は以上です!

あと、イベント情報です~

『ジャンル迷子オンリー』イベントに申し込みました!




まだ何もしてませんが……
既刊で参加予定です。
そのうちこのブログに、「ここが迷子だ天空交差点!」みたいな感じで各作の迷子ポイントをまとめておければいいな~と思っております。

引き続きいろいろやっていきます。わくわく。

5月ふりかえり



今月は当月中に振り返るぜ!えらい!
ハードル低めに自己肯定していく氷上です。

目標の達成状況でっす。

【月間目標/5月】
・壮花長編『ヘルマプロディートスの縊死』発行→OK

というわけで新刊出たよ

herphro_hyoushi01


『ヘルマプロディートスの縊死』
新書/150P/800円



「さぁ、お茶会を始めよう」
小春野薫は都内の高校に通う十六歳。男性恐怖を患う幼なじみ・月子のために、美少女の姿で街を闊歩する。
五月のある日、月子のトラウマの原因に酷似した連続誘拐事件が発生。
薫の友人・五条あやめも犠牲となる。
薫は犯人逮捕に貢献し、一矢報いたと思われた。
しかし調べが進むうち、彼女の殺害は別人からの依頼だったことが発覚する。
友人の無念を晴らし最愛の人を守るため、真犯人を見つけようと奔走する薫。
そして壮花高校から新たな死者が出る――。

傷つきに傷ついた少年少女が、それでも自らの手で未来を勝ち取っていく、切なくも勇敢な青春サスペンス。

↓本文サンプルはこちら(一章無料です)



オトクなツインパックもご用意。
前作にあたる、合同誌『The Flowers』



とのセット商品もあります。
バラ買いより100円オトク。
通常購入と同じく特典冊子全種(『The Flowers』2種・『ヘルマプロディートスの縊死』1種)付属。
※『The Flowers』は既刊と同一の内容です。重複購入にご注意ください

がんばっていいもの書いたつもりなので、ご興味のある方よろしくお願いします!



【その他5月の活動】

・短いのも書いた

BookBaseさんの小説コミュニティで「マスク」というお題で短編を書く、という企画がありまして、「キャッチャー【マスク】」で短いのを書きました。

『面目』




森貞の最後の夏(『Evergreen』11話後)です。
学生スポーツ、特に高校生の部活の終わりって独特な空気があって好きです。
「これからも続ける人/もう二度と触れない人」でばっきり別れちゃう感じとか。
ネタさえ浮べば全員分書きたいぐらい。

森貞と富島は性格がウェットですよね。
井沢と侑志の『この突き刺さる青の小さな破片ひとつでも』(2年後の夏の終わり)は割とドライでした。
同じ出来事に対しても、「陽or陰」「ドライorウェット」の組み合わせで随分リアクションが変わってくるかなという気がします。





・アンソロ参加します

『夏の青年アンソロジー』に参加させていただくことになりました!



企画ツイッターの説明文を引用させていただきます。

>一次創作、夏の青年アンソロジーの企画アカウントとなります。
>くすぶる青年時代を過ごす、若者たちのひと夏のきらめきをあなたに。
>2022年初冬頃の創刊予定。

今原稿やってます。よろしくお願いします!



【6月目標】

・アンソロ原稿初稿
・本を3冊以上読みたい
・web用にも何か書けたらいいな

最近読むの楽しいターンになってます。
追い詰められるとインプットできなくなるので、今のうちに仕入れておきたいです。

こんな感じです!
来月もよろしくお願いいたします。


サイトの引っ越し



サイトの引っ越し、基幹部分~一次創作は終わりました。
二次創作は『科学ADV』だけ終わっています。『FE』もちょこちょこ運び出していく予定です。

新サイトはこちらです!デデドン



旧サイトは夏休みの終わり、【2021年8月31日】までで閉鎖する予定です。
ブックマークの貼り替えをよろしくお願いいたします!
ブログはもう少しここを使うので、こちらから辿っていただいてもOKです。

心機一転頑張っていきます~

4月ふりかえり/新刊出るよ



4月、あと1日あると思ってた。ないね。氷上です。
恒例の活動ふりかえり記事です。

まずは達成状況から!

【月間目標/4月】
・壮花長編『ヘルマプロディートスの縊死』三稿まで→OK
・企画かなにかで新規文章1本→OK

・ヘルプロ
一応最終稿近くまで来ています。
今ちょっと身内に見てもらってて、それが済んであと一回ぐらい見直したら入稿する予定です。
予定の5/16はもしかして過ぎるかも。5月中には出します。

・新規文章
恒例『Twitter300SS企画』(https://twitter.com/Tw300ss)さんにて一本。
『ヘルマプロディートスの縊死』で亡くなった生徒が侑志の教え子、という裏設定があって、そういう話です。
ヘルプロ本編に侑志は出てきません。ニアミス的な。
↓作品ページはこちら↓

http://crossingsky.blue/works/%e7%9f%ad%e7%b7%a8/172/

【その他4月の活動】

・テキレボEX2閉幕
売上金を頂戴し本を発送し、観測できてはいませんがご購入いただいた方々のところに届いたことと思います。
三次募集組とはいえ、こういったかたちのイベントは初めてだったのでとても長く感じました。
無事に終えられてよかったです。

・紙本祭さんのおしながきを作ったよ
テキレボでお世話になった、『おしながき集』(https://twitter.com/oshina_s)さんのテンプレを引き続き使わせていただき、『第三回紙本祭』(https://sites.google.com/view/kamihonmatsuri)さんの「サークル紹介企画」に提出しました。
紹介ツイートやPR動画はこちらから↓



ただ流すだけじゃなくて、作品にそった紹介文をつけていただけるのがありがたい。
おしながき単体でも貼っておきます。クリックで原寸出ます。

oshinagaki_kamihon_01

oshinagaki_kamihon_02

作ってから思ったんだけどさ、ピクスクのおしながきって縦書きなんよな……。
また作り直さなきゃいけない……つら……。
店舗外観とかもどうにかしないと……やることが、やることが多い

・小説コミュニティ
BookBaseさんの小説コミュニティ(2期)に参加しています。
https://bookbase.jp/notices/11

「これ面白いのか分からなくなってきました」などと言いながら、
編集者さんに『ヘルマプロディートスの縊死』を読んでいただいたりして、
「面白いので自信を持ってください」と励まされたりしています。
というわけで面白いと思うので新刊読んでください(素直)

【新刊出るよ】

・新刊『ヘルマプロディートスの縊死』の本文サンプルページを作りました↓


書式の問題でいつもみたいにpixivに置けなかったので自サイトで……どういうことかはご自分の目で確かめてみてください!

↓商品ページはこちら


今回も無配がつきます。
生前の五条と薫の友情を描いた「君の恋を知ってる」、以前没になった『うちのクラスの小春野さん』のトリを飾るはずだった一本です。

【5月目標】
新刊出す


がんばります……

記事検索
タグ絞り込み検索
書いている人:氷上涼季(ヒョウジョウ・リョウキ)
連絡先:ryohkih-crossingsky*yahoo.co.jp(*→@)
月別アーカイブ