ランキングエントリー中!
久々に佐伯に来た。

( ̄▽ ̄)v

本日は【ラーメン 亀甲】に来店。
f7ff2b3f.jpg

この店は、佐伯から米水津に向かう県道501号線沿い、蒲江に向かう国道388号線と分かれる橋の近くにある。

カウンターに12席、小さな座敷に机が一つ、座布団が4枚敷いてあるが、どうみても二人しか座れないだろう。

( ^^ ;)

座敷に座り、ネギ味噌ラーメンを固麺で注文した。

ffb7b6bd.jpg

テーブルの上には、紅生姜や胡椒、レンゲなどが置かれている。

15:00の来店だというのに、店内には何組かの客がいて、なかなか賑わっている。

カウンターの中には、愛想の良い店主と奥さん、若い男性は息子だろうか?!三人で忙しそうにラーメンを作り続けている。

(* ^^ *)

待ち時間少々でラーメンが出来上がったようだ、カウンターの中から「あがりましたぁ〜」と声がかかり、オイラのラーメンはカウンターの上に置かれた。

それを自分で取りに行き、座敷まで運ぶ。

さてさて、お待ちかねのラーメンは‥‥


Σ( ̄□ ̄;)!!

赤い‥‥

真っ赤なスープに、油で炒めた多量の長ネギ、チャーシュー2枚、たっぷりの胡麻が振り掛けてある。

636fa7b8.jpg

アッサリした豚骨ベースに、甘味のある味噌ダレを加えたような感じのスープ。

豆板醤を使って炒められたピリ辛ネギが多量にのり、スープの表面を、その油で真っ赤に染めている。

45d2e3ab.jpg


( ̄▽ ̄)

なんとも濃厚な口あたりは、たっぷり振り掛けられた胡麻と味噌ダレの相性だろう。

(≧▽≦)ゞ

胡麻と味噌のハーモニーが一層の濃厚さを引き出し、豆板醤で赤く色づいた油が、長ネギの良い香りと、スープにコクを出している。

2b658884.jpg

ピリ辛に炒めた長ネギの油で、見た目は、真っ赤な色をした辛さそうなスープだが、そのわりには、特に苦しいまでの辛さは感じなく、オイラ的には、ほど良いピリ辛である。

(●^o^●)

バラ肉を煮込んで作られたチャーシューは、ほど良い柔らかいさで、味も良く染みている。

麺は、四角い中太ストレスタイプ。

42a396d9.jpg

濃厚なスープがよく絡み、ガツッと腹に溜まるラーメンである。

(o`∀´o)ふぅ〜

メニューは
豚骨ラーメン\500
味噌ラーメン\550
醤油ラーメン\450
塩ラーメン\450
チャーシュー麺\700
味噌チャーシュー\750
醤油チャーシュー\650
塩チャーシュー\650
ネギ豚骨ラーメン\700
ネギ味噌ラーメン\700
ネギ醤油ラーメン\650
ネギ塩ラーメン\650
ネギ味噌チャーシュー\950
ネギ醤油チャーシュー\950
ネギ豚骨チャーシュー\900
ネギ醤油チャーシュー\850
ネギ塩チャーシュー\850
大盛り\100
替玉\100

他に
餃子\400
めし大\300小\200
カレー\450
焼きそば\450

あとう快‥

ん?‥

( ̄ω ̄)

あとう快‥

Σ(゜_゜)

メニューと同じ紙に書かれているのは、あとう快さんのサインである。

09cd1bf0.jpg


(o≧∇≦)o

なんと奥ゆかしいサインだろうか‥

( ^^ ;)

この度、同行した同僚は、醤油ラーメンを注文した。

5b0225c4.jpg

当然、例の如く、お裾分けを強要!

( ̄^ ̄)y-~~

優しく奪い取らせて頂く。

(//▽//)

スープはアッサリしているが、よくダシは効いて旨味を感じる。

やや醤油ダレが勝るタイプだが、中太ストレスタイプの麺との相性も良さそうだ。

素朴な感じの醤油ラーメンだった。

(*´∇`*)

店の裏戸には「本場の味 みそラーメン」と書かれた暖簾がカウンターから見える位置に掛けてある。

750488b1.jpg


( ̄ー+ ̄)

やはり、ここの売りは味噌ラーメンなのだろ。


【ラーメン 亀甲】

場所:佐伯市大字木立 築良田6485-5
電話:0972(29)2698
営業:11:00〜22:00
定休:木曜日