血統クロスオーバー Xのブログ

中央競馬、地方競馬(ばんえいを除く)の全コースごとの得意な血統がまるわかりのソフト「血統クロスオーバー X」のブログです。

カテゴリ: ソフトマニュアル

1.初期セットアップの方法

2.予想ファクター集計の方法

血統クロスオーバーXでは、血統や騎手などのコース適性を示す値として「集計着順率」が用いられています。一般的には「好走確率」として「勝率」などが利用されますが、同じ「1着」でも「6頭立ての1着と、18頭立ての1着では価値が異なる」という考え方もできます。そこで血統クロスオーバーXでは、出走頭数によって「好走」の基準を変え、その基準をクリアした確率を「集計着順率」として評価しています。
・集計着順…「好走」基準とする着順(初期設定では出走頭数の6分の1以内)
・集計着順数…指定した期間内に、「集計着順」に入った回数
・集計着順率…集計着順を記録した確率

「集計着順」の基準は「予想ファクター集計」の際に指定します。初期設定では「(出走頭数の)1/6位以上」となっており、6頭立てなら1着(以内)、18頭立てなら3着以内が「集計着順」となります。なお、対象レースが「オプション」設定により指定した数以下の場合は、別の計算方法が取られます。
集計着順率1

画面は2016年1月24日の高知1レース(1300m・6頭立て)の出馬表を表示した例です(各ファクターの集計着順率はインストール時のもの)。「馬番」の欄には、1番の集計着順率「14.2」から、6番の集計着順率「17.8」までが表示されいます。
集計着順率2

「予想ファクター集計」機能の「馬番」で、集計対象期間を2014年1月1日~2015年12月31日、集計着順を「1/3位以上」として再集計を実行した例です。各条件を入力後、「集計開始」ボタンを押し、終了したら「予想ロジックとして保存」を行います。
集計着順率3

新たな集計結果が各馬番に反映され、1番は「14.2」から「28.8」に、6番は「17.8」から「34.8」に更新されました。また、「総合」の値もそれに従って変化しています。
集計着順率4

「総合」値は、各予想ファクターの平均値となるため、この「集計着順」をファクターごとに変えることで、ファクターの「重み」を調整することができます。この例では「馬番」を「1/6位以上」から「1/3位以上」にしたため「集計着順率」が大きくなり、結果として「総合」値に占める「馬番」の重みが増しています。
ただし、「集計着順」の基準を厳しくしすぎると、特に「血統」や「インブリード」では「集計着順数」が少ない馬ばかりになります。逆に緩すぎると、各レースで多くの馬が「好走」扱いとなり、「予想ファクター」としての意味をなさなくなりますので、適切な範囲内で調整してください。
続きを読む

血統クロスオーバーXのオプション設定について説明します。

「オプション」設定は、メニューバーの「ツール」-「オプション」から行います。オプション1

出馬表
オプション2-1
「環境オプション」-「出馬表」では、出馬表にあるインブリード欄の表示数を設定できます。初期設定では血量の濃い順に3行分表示されますが、表示行数を拡大したり、行数の上限なくしてすべてのインブリードを表示することもできます。

下の画面は「インブリードを全て表示する」にチェックを入れて出馬表を表示した例で、1枠2番のクリノマルボルクは4行分のインブリードが表示されています。
オプション2-2

予想ファクター集計
オプション3-1
「予想ファクター集計」機能において、指定した期間内の対象レース数が少ない項目(種牡馬、騎手等)の扱いを指定します。初期状態では「対象レース数が30未満の場合は、集計着順数を30で割って100を掛けた値を集計率とする」設定になっています。

画面例のテンビーは対象レース数「19」、集計着順数「3」で、そのまま計算すれば「3÷19=15.79%」が集計着順率になります。しかし実際は、上記オプションで指定した対象レース「30未満」に合致するため、集計着順数「3」を「30で割って100を掛けた値」である「10.00%」が集計着順率として採用されています。
オプション3-2
続きを読む

各集計データをVictoryPROで利用するには、事前にVictoryPROをインストールしておく必要があります。

VictoryPROのインストールはこちら


VictoryPROでの利用方法はこちら

「VictoryPRO出力」機能の期間指定について
各集計データをVictoryPROで利用する際の期間指定は以下の通りになります。

予想ファクター集計 … VictoryProで利用する集計データの「集計期間」
VictoryPro出力 … VictoryProで「シミュレーションや自動運転を行う期間」

例として、2010年1月1日~2014年12月31日の血統クロスオーバーXの「血統」集計結果を利用し、VictoryProで2015年1年間のシミュレーションを実行する場合は、以下の手順になります(別途、両ソフトでその期間に応じたデータのインポートが必要です)。

1)血統クロスオーバーXのメニュー「データ」-「予想ファクター集計」で、集計ファクターは「血統」、対象期間に「2010年1月1日~2014年12月31日」を指定し、「集計開始」ボタンで集計後、「予想ロジックとして保存」を行う。
vpro出力1
2)血統クロスオーバーXの「データ」-「VictoryPro出力」で「日付範囲」を「2015年1月1日~2015年12月31日」とし、「血統」にチェックを入れて、「出力実行」ボタンをクリックする。
vpro出力2
3)VictoryProの「馬券シミュレーション」で、日付を「2015年1月1日~2015年12月31日」とし、単勝率計算に「血統クロスオーバーX」の「血統確率」を指定する。vpro出力3

上記の例のように、血統クロスオーバーXの集計期間と、VictoryProのシミュレーション期間は重ならないことが望ましいです。しかし、集計、シミュレーションともに短期間では信頼性が乏しくなる上、集計データが古すぎると最近の傾向に合致しなくなる可能性もあります。集計とシミュレーション期間が重なる形も含め、さまざまなパターンで試行してください。

取得データのインデックスファイルが壊れてしまった場合、インデックス再作成を行って下さい。

メニューインデックス再作成.jpg

インデックス再作成

実行を押すと再作成が開始します。

続きを読む

↑このページのトップヘ