cecilio & kaponoHanoHano Aloha Dining
オープンおめでとう記念です


今頃オープニングパーティー
賑わっていることでしょう
というわけで、今日は朝から
これを聴きながら出勤

また音にピッタンコ晴れやかな朝でして
ご機嫌なドライヴとなりました
アロハといえばこればっかという感もなくはないですが
セシリオ&カポノが良く合う季節であります

Cecilio & Kapono (1974)


しかし今朝これを聴きながら
爽快にクルマで走りつつ考えていたんだが
「継続は力なり」って
言うのは簡単だけど
それを実践するのはなかなかたいへんだよね
なんでかっていうと
「生きて行く」ってことを続けて行ってると
時として必ず何らかの障害にぶつかる
その「障害」ってのは、たいがいは
自分の中に起きてくるものなんだけど
必ず、ぶつかる時が常に来る
というよりも、それがなくっちゃ成長はないから
やって来て当たり前なんだけど

そういう「ここ、乗り越えなきゃ!」って時に
ちゃんとチカラを発揮できてこそ
あるいは
誰かしかるべき相手と
ちゃんとチカラを調和させることが出来てこそ
はじめて「継続」が成り立つわけで
そうしてやって行くためには
ゆったりして無駄なチカラを抜いて
疲れてしまわないように
愛をもって、本当の意味で心をリラックスさせて
時の流れをつかんで
波長を合わせて、波に乗っけてもらう
ちょうど…ロングボードでうねりを捉えて
テイクオフする時みたいな…
そういうのって、コミュニケーションなんだよね

そういうことを実践してこそ
はじめて周りのいろんな出来事や声や
そういう外からやって来るいろんなものに
惑わされない自分の道がしっかり見えて来る
リラックスしてる、ってのは
ぼんやりしてるのとは
ワケが違うんだよなぁ


night music今日も仕事が終って
ま、それなりにたいへんだったけど
帰ってからこれを聴いていて
その思いがもっと確かになりました

Night Music (1977)



本当の意味でリラックスして
ゆっくり生きる事の意味と、それが伝わっていく事の大切さ


そういえば、ずっと前だけど
ハワイの田舎の風景写真がたくさん載った本がウチにあって
おばあちゃんとか娘とか、孫?とか
なんやらわからんけどみんなして集まって
木陰で座り込んで
話したり歌ったり笑ったりしながら
ゆったりキルトを縫ってる写真があった
いいな〜、って思いながら見てたのを今思い出しました


しっかりとした根っこで
ゆったりチカラ抜いて、リラックスして行こうと思います




ちなみにこの歌は上の2枚には入ってないけど
好きなので(笑)