2017年間回収率130,6%達成。
2018年は150%を目標に競馬予想を記します。
※かなり脱線が多く、見苦しい発言が多いです。。。

2019皐月賞の予想。



どーもー。



お久しぶりです❗


フェブラリーステークス以来の投稿ですが、久しぶりにブログを更新します。


実はフェブラリーステークスを含めて、今年は馬券の調子が悪すぎて、まともな馬券を取っていません。


WINSにいく回数も減り、競馬から離れつつありますが、今日は久しぶりにWINS新横浜へ行ってきます。

WINSはこれまでに横浜、新横浜、渋谷、汐留、錦糸町、川崎に行ったことがありますが、新横浜は一番設備環境が良いですねー。


客層やらアクセスやらを考慮すると、

新横浜>川崎、汐留>渋谷>横浜、錦糸町

ですかねー。


横浜と錦糸町は昔ながらのギャンブルをやりにきた雰囲気を醸し出しているので嫌いではありませんが、誰かといく分にはオススメできませんねー。


まあ、一緒にいく人はいつも同じ人なんですが。





さて、皐月賞。

3歳クラシックレースという事で、パドックを重視。
具体的には輸送減りしていないかとか、テンションが高くないかとかが知りたいんですが。


本命は決まっておらず、いかんせん馬券の長子が悪すぎて買うのすら怖い。
 

今月は飲み会があと2回あるのに、財布には3万円程しかありません。


生活がかかっているので、じっくり検討したいですね。


 因みに1番人気のサートゥルナーリアは、ローテーションが気になるところ。 

更に高速馬場ならホープフルSより時計を4秒くらい詰めないといけません。

血統的にもパドックでのテンションの有無も気掛かりで、単勝1倍代ではちょっとてが出しにくい…



気になっている馬はシュヴァルツリーゼ

馬券下手な自分は弥生賞はスルーしましたが、新馬戦の競馬が強く道悪よりも高速馬場の方が向いているように見えます。

キャリア2戦で揉まれずに大外ぶんまわしの競馬しか経験していないのは気になりますが、枠も中の偶数を引き、父ハーツクライなので時計勝負でも比毛をとらないかも。


スムーズなら3着とかはありそう。


しかし何故か単勝5番人気とかなり売れている。


みんな考えることは同じですね。。。




ではまたいつの日か。。。


(笑)





2019フェブラリーSの予想。ブログ休載のお知らせ。



どーも。


まずはフェブラリーSの予想を。


◎サンライズソア

JBCクラシック3着、チャンピオンズカップ3着と高いレベルで安定。
どちらも他馬に競りかけられる不利がありながらのもので、スムーズなら着順も上がっていたかも知れない。

今回はマークが薄まりそうで、展開に恵まれると見込んで本命に。



○サンライズノヴァ

根岸Sで大敗も叩いての上向きに期待。 
チャンピオンズカップは前+内で決まってしまい、参考外。
ベスト条件の舞台での巻き返しに期待。



▲オメガパフューム

東京大賞典でGⅠを勝ちましたが、戦績をみるに右回りで好走して、左回りで連帯をはずしています。

来んかは左回り+距離短縮ですが、外枠を引けたのはプラス材料で、ペースも緩みそう。

4歳馬と言うことで、成長力にも期待して抑えます。



Screenshot_2019-02-17-02-32-05





久しぶりにレース前に馬券を貼れたような気がします。





タイトルにも書きましたが、しばらくブログの更新をお休みしたいと思います。


というのも、仕事の方が忙しすぎて疲労が蓄積して、ブログを書く気力が無くなってしまったからです。。。

人手不足による業務量増+インフルエンザの流行で、完全にやられてしまいました。

加えて、新人職員を教えつつ、この間は夜勤明けをいれたら12連勤していました。

しかも、集中的に新人職員を教える立場になってしまい、いろいろとキャパを越えてしまっています。

悪い風潮で、それでも超過勤務は認められず、回りがサービス残業をしているから、誰も言い出せず。

結果、人手不足は加速していきます。 


今月は人が足りないので公休が1日減らされました。

来月以降に回るか、買い取りになるそうです。



 愚痴ってばかりで申し訳ないですが、そんな感じで、落ち着くまではブログは休載させてください。   



数少ない閲覧者の皆様、ありがとうございました。


 
最後に、昨日(ダイヤモンドS)のソールインパクトの写真を……



DSC_1468
DSC_1470
1550304821996
1550304825559


 


ではまた😪


2019フェブラリーSの出走馬について見解を。

DSC_1464


2018フェブラリーSの出走馬について見解を。http://blog.livedoor.jp/crowcom/archives/74922084.html


どーも。
 

ついに、自分の施設でもインフルエンザが蔓延してしまいました。


利用者も職員も大変ですが、人手不足も加速して、業務が回らないのが一番大変。

こういう時に、身勝手にならないように上手く立ち回っておくと後々有利でしょう。




しかし、疲れる。


果たして、この疲労はインフルエンザによるものなのか、ただの疲れなのか。


さて、競馬。



フェブラリーSの枠順が発表されました。


今年も1頭づつ見解を書き記していきます。



1-1 クインズサターン 57
(牡6、栗東・野中、四位)

距離短縮で結果を残していますが、東京1600mはベスト条件。

しかし重賞ではGⅢで2着がやっとで、切れ味勝負になっても同じ脚質で強い馬が他にもいるので、余程展開に恵まれない限り馬券内は厳しそう。

2-2 ユラノト 57
(牡5、栗東・松田国、福永)

根岸Sは勝ち馬に上手くなられての結果で、この馬も強い競馬はできた。

前がそれほど速くならなさそうで、また自身のラップを踏めれば3着はありそう。

3-3 ゴールドドリーム 57
(牡6、栗東・平田、C.ルメール)

東京大賞典は勝ち馬には完敗でしたが、距離適性の差が出てしまっただけで、東京1600mに戻れば逆転も可能。

気になるのは、調教後馬体重がプラス30㌔とのこと。

報道にはありませんが、一昨年はフェブラリーSをステップにドバイに行っているので、叩きの可能性も……

3-4 メイショウウタゲ 57
(牡8、栗東・安達、北村宏)

ハイペースになればチャンスがあるかも知れないが、それは他の馬も同じ。

南部杯3着がありますが、メンバーレベルを考えると今回は厳しい。

4-5 サクセスエナジー 57
(牡5、栗東・北出、松山)

短距離の先行馬で、今回はこの馬がハナを切りそう。

力のいる馬場の方が合いそうで、恵まれても3着まで。

4-6 インティ 57
(牡5、栗東・野中、武豊)

1番人気ですが、初の距離短縮、マイル、芝スタートと乗り越える課題が多すぎる。

今までは番組選びが上手く行って、マイペースで自分のラップを刻めましたが、今回は短距離で走ってきた馬もいるので、人気程の信頼はない。

内枠もマイナスで被されて終わるシーンが容易に想像できる。

横典のアンジュデジールが回避、鞍上が武でキタサンブラック状態になる可能性があるのがプラス材料。

5-7 サンライズノヴァ 57
(牡5、栗東・音無、戸崎)

東京1400m~1600mしか使われていませんが、脚質の割りに末脚は確実で安定感は魅力。

しかし、前走の根岸Sではまさかの末脚不発で大敗。 しかも自身より後ろの馬にも刺される始末。

終わったとみるか、叩いて変わるか、どちらにせよ6番人気は人気が無さすぎる。

5-8 モーニン 57
(牡7、栗東・石坂正、和田竜)

以前とは馬が変わって、いまは短距離馬。

マイルGⅠは厳しい。番組がないから使う感じかな?

調教は良いらしい。

6-9 ワンダーリーデル 57
(牡6、栗東・沖、柴田大)

流石に無理。

6-10 サンライズソア 57
(牡5、栗東・河内、田辺)

一応本命◎の予定。

外枠よりの偶数番、鞍上で人気を落としている点が魅力。

JBCクラシック、チャンピオンズカップともに恵まれない競馬も3着に残る辺り相当強い。

今回はペースも落ち着きそうでベストは1800mでも対応できそう。

インティやゴールドドリームが人気を背負っている点も魅力で、先行してマークが緩くなるのはこの馬でしょう。

頭まで。

7-11 コパノキッキング 57
(セ4、栗東・村山、藤田菜)

コパノキッキングと藤田菜々子について。http://blog.livedoor.jp/crowcom/archives/79040092.html
殆ど↑に書いた通り。
当てるなら買えない。

7-12 ノボバカラ 57
(牡7、栗東・森、F.ミナリク)

加齢とともに行き脚が鈍くなり、このメンバーではどうしようもない。

8-13 ノンコノユメ 57
(セ7、美浦・加藤征、内田博)

前哨戦を使わなかったのは気になりますが、特殊なコースだけに人気を落としているなら狙ってみたい。

8-14 オメガパフューム 57
(牡4、栗東・安田翔、M.デムーロ)

ゴールドドリームに完勝した東京大賞典は評価できますが、東京マイルになれば逆転されそう。

左回りも合わなさそうで、キレ負けしそう。

鞍上以外ではちょっと狙いにくい。





以上、簡単に評価をしてみました。

◎サンライズソア以下はまだ決まりませんねぇ。

高いレベルで混線だと思います。


ではまた。


最強競馬ブログランキングへ


ギャラリー♪
  • 2019フェブラリーSの予想。ブログ休載のお知らせ。
  • 2019フェブラリーSの予想。ブログ休載のお知らせ。
  • 2019フェブラリーSの予想。ブログ休載のお知らせ。
  • 2019フェブラリーSの予想。ブログ休載のお知らせ。
  • 2019フェブラリーSの予想。ブログ休載のお知らせ。
  • 2019フェブラリーSの出走馬について見解を。
  • コパノキッキングと藤田菜々子について。
  • ダイヤモンドSにソールインパクトが出走。
  • しっかし当たらんなー。