2017年04月24日

近況報告とかその他諸々

 Blogを更新しないまま約一年が経過してしまいました。

 更新する時間がまったくなかったかと言われればそんなことはなく。ネタがなかったのかと言われてもそんなことはなく。行なったことを書き留めておく習慣がすっぽり抜け落ちてしまっただけで、すべては私自身の怠惰の賜物でございます。

 さて、近況報告です。

 この間に起こった最大の出来事としては、結婚ですね。2014年からですから、付き合って三年目に突入する節目の年――だったよね? に、ということになります。本来はもっとスマートに事が流れる予定だったのですが、いろいろありまして、そんな感じになります。

 住処は相変わらず端っこのほうにあります。子どもができたとかそういうこともありません。経済的に苦しいことも変わっておりません。強いていえば、余っていた部屋がなくなったことと、ゴミ屋敷だった我が家がしっかりとした家らしくなったことくらいでしょうか。

 ゴールデンウィークには帰っていると思いますが、ほとんどの日にちは埋まってしまっていて、皆さんとお会いするのは厳しいかと。ですから、お盆ウィークに帰っていれば会えるかもね? という感じでいてくれれば幸いです。夏の予定はいまのところ立っておりませんので。

 特に互いの行動を縛るような取り決めはありません。

 なので、生活が大きく変わったということはなく、週末は相変わらず本屋併設のドーナツショップで安逸な時間を過ごしたりしています。ここ最近は資格取得(実用的なものではなく)が職場の流行りなので、それに乗っかって私も、漢字検定の一級取得を目指してみようかなと思っています。

 大体そんな感じで。適当にスペースが埋まったのでこれにて失礼します。

 ぶっちゃけこのBlogの存在自体を忘れていたので、思い出したからには、また更新したいです。

crows_seikou at 22:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!雑記 

2017年02月19日

11

 (2017年4月24日 22:31)

 十一周年です。

crows_seikou at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!記念/祈念 

2017年01月31日

00

131は忘れられない数字になることでしょう。

crows_seikou at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!記念/祈念 

2016年04月01日

プロポーズ

 煌びやかなライブステージを見ながら、少し焦っていた。

 ここに連れてきてくれた先輩たちと、終わったあとは打ち上げといきたかった。しかし、隣には連れもいた。何か月かに一度しか会えない、その、たまの一度を、ライブを見てはいさようならというわけにもいかないだろう。何か手はないものか。

 いや、手は考えてあった。いずれするだろうプロポーズを今日決めてしまえば、それで事は済む。

 だからこそ焦っていた。

 ライブのセットリストというものは終盤にバラード調の楽曲を入れるものではないのか。それがどういうことだろう、定番の、盛り上がる楽曲が入ってからというものテンションを上げっぱなしにしているアーティストたちが遠く向こうで熱唱していた。

 焦っていた。バラードがくることを切望していた。

 すると不意に会場が静まった。待ち焦がれた瞬間がやってきた。流れるバラード。歌詞によく耳を傾けると、失恋の類を歌った楽曲ではないことが分かった。これで行かなければ終わりだ。これで行かなければ、だが何と切り出したらいい? 頭の中でセリフはぐるぐると回ってばらばらになる。

「あのさ」

 声を張って隣に話しかける。傾けられる耳。

 楽曲は間奏にさしかかっていた。この間に言い切ろうと言葉はただ奔る。

「ひさしぶりにこっちに来たから、先輩がたとこの後飲むことになると思うんだ。だからごめん、この後に飯でも行こうと思っていたんだけど、難しそう。だから、本当はそのときに言おうと思ってたんだけど」

「結婚してください」

crows_seikou at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!四月一日 

2016年03月03日

世界収束二一一六

 ここ一、二年くらい、amazarashiというバンドの楽曲をよく聞く。

 歌というよりは歌詞をメロディにのせつつ朗読しているという感じなんだけれど、これがなかなかオツで、昔のヤコゼン(漢字は忘れてしまった)をちょっと思い出す感じがするんだね。「ガムテープで顔面をぐるぐる巻きにする」ってやつ。知ってるかな?

 ずっとミニアルバムとフルアルバムしか出していなかったんだけど、ここ最近はタイアップとかでシングルも出し始めて、その出来が個人的な好みとは外れていたから何となく注目度は下がっていたのだ。それが、最近フルアルバムを出したので、お布施のつもりで買ってみた。

 どうやらライブツアーで、「いままでで一番悲観的なアルバムができた」と話していたらしい。

 聞いてみると、確かに全体的にアンダー系の楽曲が多かった。一曲目の、ロック調の「タクシードライバー」はお気に入りになりそうだ。あとは先行MVが出ていた「多数決」も、当初はそうでもないなーと思って聞いていたけれど、MVは置いておいて、楽曲自体は味があった。

 そのほかはあんまりコメントするほど聞きこんでないのだけれど、いまは「エンディングテーマ」が流れているからそれについても書いておこうか。この楽曲はなんだかよくあるいい曲みたいな感じで好きではない。これも先行MVが公開されていたから見たけれど、こっちのMVはなかなか面白かったな。

 amazarashiの何がいいのかって、代弁してくれるところなんだ。

 いま守りに入った生活を送って、それで満足しているわけではない自分にしっくりくる感じに「それでいいのかよお前」という感じで訴えてくる――というか、聞いていて「これで俺は良かったのかな」と思わされる。そういうのってあまりないじゃない。

 排他的な言葉が氾濫していて、普段自分が飲み込んでいた言葉たちを吐き出してくれるところが好きなんだ。あとはあんまり視聴者に媚びない感じのライブをやってくれるのも魅力。人に勧められるかって聞かれたら絶対に首を横に振るね。そういうのじゃなくて、外に出すんじゃなくて、ビールを飲みながらタバコ吸いながら、ノスタルジーにひたりながらぼれらーっと聞いているのがいい。そんな感じかしらね。

crows_seikou at 00:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!雑記 

2016年02月28日

ビールの神はいないのか

 バッカスの酒で有名なバックスはワインの神だというが、ビールの神はおらんのか。これほど民衆に定着しているというのに。

 どうやらBlogも十周年を迎えたことだし、俺と酒の出会いを振り返ってみようかしら。たぶんフライングしていたと思うんだけれど。当時は出始めた酎ハイをおっかなびっくり飲んでいたような気がする。どうやって買って持ち込んだかは忘れたけれど、仲の良かった友人たちで飲んだんだよなー。

 本当に酔っぱらっていたかは分からないけれど、女子も混じっていたので粗相もあったな。

 その頃、お酒ってのはあまり美味しいと感じる飲み物ではなくて、大学に入学するまではほとんど手を出さなかった気がする。いや、何度は飲んでいたけどね。いまのように常飲する感じではなかったんだよ。やはり大学生になってからの飲み会がでかかった。

 新歓コンパでカクテルを飲んで、あーこういう美味しいお酒もあるんだなと感じたことを覚えているよ。ジントニックとかモスコミュールとかね。ビールには見向きもしなかった。甘いカクテルばっかり飲んでいた覚えがあるな。どうしてなのかしら、いつのまにかビールしか飲めなくなったけれど。

 大学も二年に進学するころには躍起になって飲み会を開いていたなーと思う。麻雀と酒だけが大学生活のすべてだったわ。サークルと関係ないところで生きていたからね。大学生活も半ばになって、サークルに参加する頃にはもうビール一本になっていた気がするね。甘いカクテルは悪酔いを促進することがわかっていたからさ。

 ロクな大学生活を送ってないな。

 なんだっけ、あの子、otaniくんと親密な関係になったボーイッシュな子(このBlogで出せる名前を忘れた)が唯一、男同士の無茶な飲み会によく参加してくれていた気がするんだけれど、それもあいまいな記憶だよな。なんか隣の席にケンカ売って俺が止めたことは覚えてるんだけど。超懐かしい。

 ビールの神様がいれば信奉するっていうのに、そういう立ち位置のキャラがいないからどうしようもないわけで。とにかく俺の大学生時代ったら黒歴史が多いからここで語るには忍びねいわけだよ。それこそotaniくんとかBBくんとかJunkieくんとかがいないと語れないよね。

 あーそっち戻りてえよ。

crows_seikou at 23:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!雑記 

2016年02月19日

ten

 (2016年2月28日 22:43)

 ひっそりと十周年を迎えました。

crows_seikou at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!記念/祈念 

2016年02月02日

ガタがきている

 身体的にも精神的にもガタがきている。

 大学生のころはいくら不摂生をしたって、数か月あれば取り返せたのに。回復のための所要時間が飛躍的に伸びを見せていて、その間にまた不摂生を繰り返すわけだから、プラスマイナス=マイナスで、どんどんと身体に衰えがくるわけだね。

 例えばここ最近話題にしている臓器関係を見てみようか。

 肝機能も腎機能もやられて、おまけに糖尿寸前だ。

 呼吸器も見てみようか。

 どうやらやっぱり睡眠時無呼吸がハードモードらしくて、こちらも治療対象になった。

 本当に余命に関わるレベルなのかと聞かれたら鼻で笑ってしまうけれど、それでも長期的なスパンでみるとたぶんなかなかに厄介なことなんだろう。定期的に採血やら何やらで数値を見ているから、この衰退には目を見張るものがあるね。

 別にいつ死のうが知ったこっちゃないけれど、苦しんで逝くのは嫌だなと何となく思う。にしたって臓器系でやられるんだろうから、きっと痛いんだろうな。そうなる前に脳がショートして、俺が俺でなくなればいいのになんてちょっと本気で思ったりもする。

 まだまだ先の話だけど。

 閑話休題。

 皆さんこの冬はいかがお過ごしでしょうか。私はどうしようもなく、物理的に寒い日々を送っています。灯油タンクが外付けじゃなくて内臓タイプだから貯蔵量が多くなくて、満タンにしておけば一冬越せるなんてことは全然なくて、満タンにして一か月持つかどうかなんだけど、そもそも満タンにするためにポリタンクで何本分の灯油を用意すればいいのか分からないから、継ぎ足しで使っています。

 これまじ何とかして屋外タンクになってくれないもんですかね。

crows_seikou at 00:40|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!雑記 

2016年01月31日

二周年記念

 xx1月31日xx

 二年だってよ。全然実感わかねえわ。

crows_seikou at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!記念/祈念 

2015年12月31日

一年を振り返る後付け

 後付け(2016/01/18)

 気が付いたら一カ月以上更新が滞っていてびっくりしたよ。更新する暇がなかったわけではないけれど、更新するネタがなかったんだ。Blogの更新のために生きているわけじゃないから、常にメモを持ち歩いて、「ああ、これを記事にしよう」と書きとめておくわけにもいかないしね。

 まあ穴埋めに、一年を振り返ってみよう。

 今年はアニメやドラマをよく見ていた気がする。というのも、私の家には小さいテレビしかなくて、録画機能もないものだから、近くに住んでいる会社の同僚が録画しているアニメやドラマを見に、彼の家へよく遊びに行っていた。それから、その同僚が持っていた古いアニメも見た。一番長期間にわたって見たのは「CLANNAD」だったろうか。一部で人生そのものとも評価されるアニメで、ところどころでウェブサイトからの説明を必要としたけれど、確かに面白かった。

 あとは強いていえばスロットにはまっていたくらいだ。週末といえば寝腐っているかスロットを打ちに行っているかくらいのレベルだった。顔を真っ赤にして夢中になっているのではなく、無表情で、ただ淡々とレバーを叩きボタンを押していく。作業と化していることは否めないのだが、他にやることもなかったのだった。

 いかんなあ、いかんなあと思いつつ。

 何か別の趣味になるようなことでもあればいいんだけれど。でもギャンブルをやらなくなるならずっと寝ていたいな。一日中寝て過ごして、夜になって「ああ、無駄な一日を過ごしちゃったな」なんて虚無感に苛まれるのもオツなものなのだ。

crows_seikou at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!雑記