カテゴリ:
先週に引き続いて内容に人を選ぶ分があると考えてますので、
申し訳ありませんが今週も記載については白地反転です。


去る6月16日早朝に「テロ等準備罪」が参議院本会議にて可決され、
ここ最近のバカ騒ぎも落ち着くかと思ったらそんな事はなかった(笑)

 この何かと悶着の種であった法案の正式名称は正しくは以下の通り。
 「組織的な犯罪の処罰及び犯罪収益の規制等に関する法律等の一部を改正する法律案」
 世界182ヵ国において採用されているごく標準的な法律でもあり、
 採用されていない国は何かと評判のよろしくない国が多いです。

 ぶっちゃけネットの評判ではそれなりに好意的な解釈が多数あり、
 民進党を始めとする野党が強硬に反対しているのが実情です。
 まぁ評価自体が民進党憎しの要素を含んでいる事は否定しませんが、
 実情に沿うのが難しい法律のなかでは最近の世相に沿った物でしょう。

 何しろ国会の答弁などを見ていれば反対の為の合理的意見がなく、
 言うなれば屁理屈とこじつけの応酬に近い有様でしかない状態です。
 主要マスコミも共謀罪だ何だと騒ぎ立てて煽っているようですが、
 ネットの拡散力の前に完全にその力を失っている気がしました。

そう考えると近年の政治は情報に対する付加価値を見出す事よりも、
如何に公正中立かつ事実のみを語るかが重要視されているようです。
その意味で野党時代に粛々とそうした情報の周知徹底を狙いつつ、
実績をもとにそれなりの成果を見せている自民党は賢明だと思います。

 そうした諸々の背景を見つつ近々行われる東京都の都議会議員選挙が
 どのような結果をもたらすのかは個人的にも興味がある所でしょうか。
 鳴り物入りで都知事となってからパッとしない小池都知事の一派が、
 その人気を維持したままで乗り切れるのかどうかが気になる所ですね。

 特に先の都知事選挙での争点でもあった築地から豊洲への移転問題や
 会場や費用面の問題で何かと問題のあった東京オリンピックなど。
 パフォーマンスは一流でも実務面で実績が聞こえてこない実情ですし、
 何より小池氏傘下の会派の面子を見ると信用面で不安感しかなく(汗)

政治自体がネタにするのは何かと敏感な話題ではありますけれども、
生活に直結する部分ですので権利としても大事にしていきたいですね。



まぁ最近はテレビ自体を見る機会も減ってきている状態ではありますが、
こういうのも娯楽の一種と考えればそれなりに楽しめるんじゃないかと(笑)



◆PSO2

今週も1週間分の更新内容で困る事がない程度にネタはあるけど、
それがどちらかと言えばマイナス方面なのはどうしたもんかと(笑)

 .ーナライブでの不具合問題

 オフィシャルでも告知されている動作停止に伴う不具合問題ですが、
 何かしら実装すると不具合が出るのが伝統のような気がしてます。
 とりあえず現状だと自分の環境では再現率がほぼ100%に近くて、
 ライブ中にショップエリアにいると踊ってなくても落されてます(汗)
 純粋に環境の問題ないのかシステム的な問題なのかは不明ですけど、
 こういうのは少なくとも実装前にチェックしといて欲しいと思う次第。

 なおクーナの新曲とその演出については純粋に興味がないので割愛(笑)
 演出自体はかなり頑張った見せ方をしているとは思うけどそれだけで、
 先の不具合含めて手を尽くすべきは他にあるだろうって率直な感想。

 感謝祭での物販告知ミス

 とりあえず告知はこちらで行われていたので御覧いただくとして、
 具体的な詳細については伝聞の域を出ないのでひとまずは割愛。

 イベントに関して少なからずミスが起きる部分は仕方ないとしても、
 自社製品を自社のイベントで誤って告知して販売するのは流石にねぇ。
 しかも事前の告知時点から製品に関しての情報が間違っていたとか、
 情報確認とかダブルチェックとか有限不実行の片鱗が見えてる気も(汗)

 後はこの情報が公式で告知されたのが6月12日の20時頃と言うのも、
 企業の対応として少なからず杜撰さを感じずにいられない印象ですね。
 会場アナウンスやtwitterなどで返金対応を告知してたとありますが、
 そもそも公式情報が間違ってる時点で公式の信頼性ないですしねぇ(笑)
 何より返金対応等でユーザーに対して間違った商品を販売してたのに、
 他の告知情報でそのログを流してしまうという手法もどうなんでしょ?
 何となく「ほら、ここで告知してあるでしょ」的なアリバイ作りで、
 気が付かなかった人にまで周知徹底をさせようって気がない印象も。
 後は個人的に酒井Pのブログで本件に触れてないのもどうかと思ったり。

 自分もこうした業務に携わっていた時期があるので理解は出来ますが、
 だとするなら余計に最後まで誠実に対応する姿勢だけは欲しかったな。
 まぁその誠実さを求めるのが間違ってると言えばそれまでですけど(笑)

 新規SGスクラッチのラインナップ

 こちらも基本的に興味がないので割愛しちゃっても良かったんですが、
 相も変わらずのバリエーション水増しの手法でこれには思わず苦笑い。
 恐らく大半のユーザーがSGに課金してまでスクラッチすると思えず、
 何と言うかマネタイズ思考の欠落っぷりを感じさせるような印象です。

 まぁカラーバリエーション増やして1回でも多くスクラッチをさせて、
 あわよくば追加の課金をしてもらおうってのを狙ってるんでしょうが。
 そんな事をするぐらいなら数を減らして単価を引き上げてくれた方が
 「欲しいからスクラッチする」というのに繋がる気がしますけどね。

 もっともアークスリーグや日々のログインボーナスでばら撒いていて、
 そのうえでマネタイズを狙ってるとしたら色々と正気を疑いますが(笑)

 ご限クエスト(EP2)

 先週のEP1よりは難易度が上がってちょっと面倒になっている印象かな?
 まぁエキスパートブロックでは割とサクサクとプレイできているので、
 その辺に下手なストレスが掛からない事は素直に賞賛すべき部分かも。

 ただ個人的に期限クエ自体があまりレベリングに向いていない印象だし、
 先週と同じく作業感に陥りやすい部分は変わってないのが悩みの種かも。
 後は最後にレアとして出るらしいコートダブリスの迷彩とか欲しいけど、
 どうせ後からボロボロとドロップしそうな気がしているのもちょい不安(笑)

しかし褒めるべき所がない所か批判が先に立つのはPSO2らしいと言うか、
少なくとも5周年を迎えようとする運営のスタンスじゃない気がするなぁ。
もっともこれが単純に運営のスタンスとしての問題としてもそうだけど、
今までの不具合対応から改善の兆しが見えない事の方が重篤な気がする。

このままだと肝心のEP5でも実装と同時に山のような不具合だったりとか、
運営が改善する前にユーザー側で対応してくださいとか言いそうで怖い(笑)


◆艦これ

こちらも引き続きでレベリングと各種任務消化で終わりそうな日々です(笑)

とりあえずクリア出来そうなのを優先して消化するようにしてますが、
実は精鋭「第八駆逐隊」突入せよ!がクリア出来ずに悪戦苦闘中です。
この任務は荒潮改二を旗艦に据えて5-5海域でA勝利2回というものですが、
戦艦レ級がピンポイントで随伴の駆逐艦を狙ってくるので毎回大破祭り状態。
諸々の能力を考慮して朝潮改二を編成に組み込んで出撃してるにも関わらず、
開幕の航空戦から最後の雷撃までダイソン並に吸い寄せてくれる有様(涙)
まぁ実際は開幕の航空戦でこちらがもっと減らせられれば一番ですけどね。

とは言え無い物ねだりで悔やんでばかりでも道が開ける事はないので、
演習などを使ってボチボチと育成を続けるのが最短な気もしますからね。
ただそろそろ各艦娘共にLv80代あたりへと突入し始めている状態で、
なかなか簡単にレベリング出来なくなってるのも密かに悩みの種ですが(汗)