ここ最近は昼も夜も暑さの厳しい日が続いており、
完全にエアコンなしでは生きていけない状態に…。

 下手をすれば夜中にも暑さで目が覚めたりして、
 もう完全に文明の利器なしでは生きられない(笑)
 来月には変則開催となったコミケもあるので、 
 まだ色々とアツい日が続くかもしれません…。

今週は『7周年イベントの後半戦開幕(PSO2)』と、
そして『のんびりモード(艦これ)』をお届けです。

それでは今週もお時間の許す限り、よろしくお願い致します。



PHANTASY STAR ONLINE 2

 今週実装されたのはクエスト2種にスクラッチが1種で、
 これで豊富と感じた自分はかなり毒されてる気が…(汗)

  実際には焼き直しと難易度修正した程度の内容で、
  ある意味で予想通りな完成度の低さを感じます。
  普通に考えれば7年近くも作り続けてきた作品が、
  この程度の品質とは本気で心配になるレベル。

 開幕前に運営が掲げていた原点回帰の要素自体が、
 この状況のどこで反映されているんですかね…(呆)

  しかも開幕からこの3か月間の状況を見る限りは、
  完全に仕事の杜撰さが随所で目に付く有様です。
  ここから盛り上がる未来予想図は浮かびませんが、
  運営は本気で逆転の秘策でもあるんですかね…?


 1.緊急クエスト 〜 UH版《徒花》

  以前の《超界探索》が非常に残念な内容だった通りで、
  こちらも期待を裏切らないガッカリな仕上がりに…(汗)

   変更点は難易度に見合うステータスの修正程度で、
   それ以外だと挙動面で目立った改変はない印象。
   実際はUH版に応じた加速で深遠の闇が暴れたり、
   ちょっとイラッとする部分も増えてましたが(笑)

   報酬に★15級レアの可能性があるとは言っても、
   それも次のレアに追い抜かれるまでの期間限定。
   追加されまくったレアの影響が大きいとは言え、
   まさか《徒花》も産廃コースとは予想外でした。

  個人的に今回のUH版で最大の問題点を挙げるなら、
  この難易度詐欺をいつまでやるのか…でしょうね(呆)

   そもそも《徒花》自体が初期実装は2015年の事で、
   流石にもうネタ切れにしても良い時期な気が…(汗)
   むしろ難易度が変われば報酬も変更になるワケで、
   重要なのはそれ以外だと思わないんでしょうか?

   単純に新規開発するセンスもリソースもない分、
   こうしないと話題が保てないんでしょうけどね。
   今後も同様にUH版が実装されていくはずですが、
   また同じ展開を運営は繰り返すんでしょうね…。


 2.後半戦 〜 常設クエスト《壊世試練》

  今回の《壊世試練》は面白さの要素が皆無に近くて、
  あのEP5を象徴するに相応しい悲惨さに満ちた印象(笑)

   実装前のテスト段階で気が付く点も多いはずで、
   その修正の手間を惜しんで敢えて無視したのか、
   問題点すら気付かなかったのかは不明ですが…。
   これが7年近く運営を続けてた経験の蓄積なら、
   流石にもうどうしようもない気もしますけど(汗)

   個人的に今回は前半の《特別訓練》と比べると、
   やけに大雑把で適当さが垣間見える感じです。
   意図的にマルぐるの雰囲気を残した結果なのか、
   かなり散発的にボスや雑魚敵が出現したりと、
   前半より全体のテンポも悪化した気がします。

  テンポ悪化の原因は周回方式をマルぐるにした事や、
  個別回収の手間が発生した事などがあると思います。

   このタイミングでマルぐる方式を採用したのは、
   単純に周回効率を上げる意図だと思いますが…。
   ただ実際は出入りの間隔がバラバラになる事で、
   多人数のマルチに参加しても急に人が減ったり、
   かなり周回が不安定になっている気がしました。

   そして戦闘とアイテム回収を同時並行する事で、
   全体の足並みが揃わない結果になった印象です。
   しかも状況次第で複数のEトラが同時発生して、
   対応に追われる慌ただしい展開が続く事も…。

   今回も前半同様に一斉スタート形式であれば、
   もう少しマシな評価に収まったような気も…。
   運営に何か深い意図があったとは思えないし、
   これも原点回帰の一環になるんでしょうかね?(笑)

  今週はブースト対象の《徒花》が非常に多い事から、
  とりあえずLv10を目指したい所ではありますが…。

   周回するモチベーションが既に枯渇気味な状態で、
   しかも《徒花》のレアにも期待が薄いですからね。
   本気でこれからの2週間がちょっと憂鬱かな…(汗)


 3.週間総括

  現状の運営に余剰リソースの余裕がないとは言え、
  その成果がこれでは開発能力自体に疑問符が…。

   表舞台から「開発に専念する」と雲隠れした責任者や、
   プレイヤー出身だとアピールして期待感を煽ったら、
   実際の対応が乖離し過ぎて墓穴を掘ってる担当者とか。

   この3ヶ月で実装された内容のクオリティを見る限り、
   確実に以前より完成度が落ちていると思いますが?
   むしろ最初のPh実装した瞬間がピークだった印象で、
   時間と共に直滑降気味の転落を見ている気分に…(笑)

  そんな状況が続けば不信や疑念が起きるのも当然だし、
  実際に出来上がった成果物がアレでは仕方ない事と。

   まして新規開発よりバランス調整主体の対応が続けば、
   方向性自体に疑問符が付くのも正常な気がしますが?
   むしろ運営には新規開発できるスキルもセンスもなく、
   結果的に流用と調整に逃げてる可能性すら浮かびます。

   試用期間的にも3か月は十分な時間だと思いますが、
   いつまで我々は待っていればいいんでしょうね…?



艦隊これくしょん -艦これ-

 相変わらずやってる事は日々の任務消化と遠征メインで、
 ひとまず資源も各20万前後となって危険水域を脱出へ…。

  新規追加された遠征も情報が揃いつつある状況なので、
  こちらも達成可能な遠征を順次で攻略している感じに。
  単純に資源回復ができる手段が増えるのは嬉しい反面、
  むしろ必要なのは安定的な回復手段なんですけど…(汗)

  結果的に資源上限の引き上げも先送りの形になったし、
  どうやら運営はそこを変えるつもりは現状でない感じ。
  実際にその決定がどうなるかは現時点で不明ですしね。

 肝心の第2期改装もそろそろ1年近くが経過する状況で、
 これと言った続報がないのも気になる所ではあります。

  それなりに機能の追加や修正がされているとは言え、
  本格的な改装があれで打ち止めって事はないはず…。
  これからFlashの終了と共にHTML5がより普及して、
  最終的に上手く展開が進めば期待できそうかな…?

  ただ技術は基本的にアイデアを活用するツールで、
  必要なのは面白くする為の発想の部分ですからね。
  その部分にも個人的には期待したい所ですが…?