2016年12月01日

(●´ϖ`●)<休憩なう。


どうも塚田です(●´ϖ`●)


小話①

私帯電体質?ってやつらしく、冬になると静電気によく悩まされるのですが、先日の撮影でフェラしようとちんこをペロッと舐めた瞬間舌に電気が走って悶えるという初体験をしました。

しかも3回。

床のふかふかのラグが原因だと思われるのですが…あれはびっくりしたなぁ。バチって音したもんね。舌でも静電気発生するんだなぁ。

その日限定でフェラがトラウマになりましたとさ。



小話②

今、他の女の子が撮影している傍らでこのブログを書いてるのですが、喘ぎ声がエロい。めちゃくちゃエロい。いいなぁ。あんなエロい喘ぎ声出してみたいわぁ。あの喘ぎ声を聞きながらオナニーしたい。



小話③

18の頃ハプバーというものが存在すると知り、それ以来「成人したら絶対ハプバーに行くんだ!」と強い強いあこがれを抱いてました。憧れすぎてハプバーで働きたいと思ってたくらい。

そしたら結果20目前にして更に刺激的なAVの世界に飛び込んじゃったもんだから、立場上行きづらかったりもあってハプバーへの憧れは徐々に薄れていって、これもう一生行かないかなぁなんて思ってたんだけど。


行ったよね。ある日突然。


結局2回くらい行ったのかな?で、行った結果分かったことがひとつ。

「向いてない」。

いや~向いてなかった。まぁ、行ったのがパリピ集まりまくってます☆みたいなとこだったから違うお店なら楽しめたかもしれないけど、それでももう行こうって気にはならないですね。べらぼうにムラムラする時にハプバー…!ってなるけど必死に我慢する感じ。

なんというか、女の子がたくさんいるAV現場にいる方がムラムラするなって思ったんです。そう考えた瞬間また冷めちゃって。

ハプバーに行ったことはまったく後悔してないですけどね。私には合わなかったんだって知ることができたし。



小話④

唇の裏に口内炎ができた。しみないタイプのやつ。

しみないことや場所的な都合をいいことに、気が付いたらもうずっと口内炎噛んでます。痛いけどしみないから(しみない重要)。

噛まれる痛みが好きなんですよね。甘噛みじゃなくてガチのやつ。ガチで噛んでくるかな…と見せかけての甘噛みも好き。甘噛みも好き。噛まれて噛まれて噛まれまくった結果一般的な前戯をまったくしてないのにアソコびちゃびちゃだった時はちょっと引いた。職業柄そういうプレイはなかなかできないんですけどね。

で、噛みすぎた結果口内炎が肥大化してめっちゃ邪魔です。しみないからいいけど。




小話終わり。

明日は大阪で撮影会じゃーい。あとM-1じゃーい。情報だけリアルタイムで追うことにします。



【ツカダスケジュール】
12/4 キューティースマイル撮影会(大阪)
12/10 クラスA撮影会(満枠)
12/24 居酒屋もも
12/30 コスホリ


塚レポ4[映画部門「ゴールデンスランバー」]
2010年公開。伊坂幸太郎の小説が原作。原作の素晴らしさをそのままトレースしたんじゃないかというくらい魅力的な作品に仕上がっている。「犯人を見つける」より「自分が助かる」ことにフォーカスをあて、「世間はなんて残酷なんだ」と失望しつつも「人って捨てたもんじゃないな」と思わせられ最終的にはめちゃくちゃスカッとする上なんだか泣ける一作。何気ない会話にも見逃せない伏線がはられており名言だらけ(例「イメージですよ、イメージ」「人間、生きててナンボだ」「あーびっくりした」「信じてるんじゃない、知ってるんだ」「たいへんよくできました」)。連続通り魔役の濱田岳は原作の時点から当て書きだったらしくかなりハマっている。余談だがヒメアノールの時より随分痩せていて奇天烈感満載。一度本編を見てからこのディスクの写真を見るとめっちゃ感動する(120%個人的見解)しもう一度最初から本編を見たくなる。はず。勘のいい人はタイトルから察せるやつ。


shiori_tsukada at 12:28|PermalinkComments(3)雑記