どうも塚田です(●´ϖ`●)


前のブログを読んだ方たちから、「待てるよ」「本当に好きだったら待てる」「4時間待ったことがある」などの声をいただきました。みんな寛大ですなぁ。

私も待ち合わせじゃないけど、「この時間に家に行くね」と言われて待ってたのに終電が過ぎても来ないし連絡もとれないって時はさすがにめちゃくちゃ心配しました。時間も時間だし、心配すぎてとりあえず家から出てみたりして。心当たりなんてないし外出たところでどうしようもないなんて分かってるけど、いてもたってもいられなくてとりあえず歩きながらずーっと電話をかけてたなぁ。そしたらやっと連絡がとれて。安心した反面約束が守られなかったことや心配してたことなどから、いい大人が外で電話越しに泣きながら怒るっていう。そんな私にも、遅れた恋人を笑って迎え入れられる日は来るんだろうか。


(∩^o^)⊃━☆゚.*・。カンワキュウダイ


頭がパンクしてきた!!

最近ようやっと気付いた。私は要領が悪いと。ついでに頭の容量も少ないと。ちょっとバタつくとすぐパンクしちゃう。

特に今週は舞台を1本しか観に行けなさそうなスケジュール(他に行けそうだったら当日券で行く)。ありがてぇ。けど、今週中に片付けたいこと、やらなければいけないことがポンポン浮かんできて処理が追いついてない状況。確かにバタバタするけどめちゃくちゃ忙しいとかではないのに。

そんな中で友人の手伝いとかに手出しちゃうもんだから自分のことが円滑に進まない😓あぁどうしたもんか。


明日のイベントまでにできることはなるべく片付けてしまおう。



あ、明日のイベント、是非遊びに来てくださいね✌️


【塚田に会える日】

4/18 桃太郎販促イベント

http://www.av-event.jp/user_data/evelt/detail.php?event_id=7607

4/20 DMMチャット

http://ow.ly/Kt9O5

4/23 おっぱいオフ会

http://amatyuamodelyuri.blog95.fc2.com/

4/30 居酒屋もも

http://blog.livedoor.jp/momomiyamomo/archives/50940221.html

5/3 クラスA撮影会

http://www.class-a.jp/top.html

6/10 居酒屋ももラストスペシャル



塚レポ13【映画部門「凶悪」】


2013年公開。R15。白石監督初の長編映画にして様々な賞を受賞。雜誌編集者の男が死刑囚からとある告発を受けるところから物語は始まる。リリー・フランキーとピエール瀧が犯した3つの事件を軸に話が進んでいくのだが、まるで忘年会ではしゃぐサラリーマンのようなテンションで人を殺したり、クリスマスパーティーではご丁寧に仮装までして、小学生になる子供に満面の笑みでランドセルをプレゼントする様子はあまりにも「日常的」でかなり不気味である。そして最も恐ろしいのは、これが「実話を基にしたフィクション」だという点。事件のことをうっすら調べたがほぼ本編通りだった。1番好きな台詞はリリーの「ちょっと硬くなっちゃったかな」。言い方や言葉のチョイスが最高。物語が進むにつれて心臓の鼓動が早くなり、ラストシーンでは異様な恐怖心を覚えた。非常に好みだったけどあまりリピートする気分にはならない作品。この作品を観て「うぇぇえ……」となってしまった方への対処法としては、「アナと雪の女王」を観ることをオススメする。オラフ(CV.ピエール瀧)で癒されてください。


Nowplaying…Emerald/亀梨和也