どうも塚田です(●´ϖ`●)


先日Twitterで、


このようなことを呟いたのですが、リプを見たところどうやら意味がよく伝わっていなかったようで。

「正解がほとんどいない…みんな分からないんだなぁ」って一瞬落胆したけど、改めて読み返してみると「これの真意分かる人の方がすごいわ」と思い直したのでこの言葉について詳しく解説したいと思います。


…いや、解説も何もただ単に「久しぶりのセックスなのに相手がデカチンで子宮潰れるかと思ったよ~(´^o^`)子宮痛い~幸せ~(´^o^`)」ってだけなんですけど。

子宮パーン→子宮潰れた(潰れてない)ってことだったんですけど、これだけだと心配される方もいそうだなと思って「(吉報です)」を付け足したわけです。


子宮が痛くて幸せってどういうこと?という問いに対しては「なんとなく」としか答えられません☹️痛いのが好きとかそういう性癖は持ち合わせてないし。ただ私は奥を突かれるのが好きなので、事後に子宮がジンジンすると「たくさん奥突いてもらえたんだなぁ」と実感できるんだと思います。気持ちの問題ですね。

昔デカチンのセフレがいた時、その人と身体を重ねれば重ねるほど奥に当たるようになってきて(私が奥好きだって知ってから意識して突いてくれてたのかもしれない)、最終的に腟内で「メリっ」って音がしたのが分かるくらい奥を突かれた時は「ひぎぃっっ!!」みたいな悲鳴をあげつつもすごく幸せでしたね。身体的快感と言うよりは精神的快感。こんなところにまで届いちゃうんだっていう感動と幸福感っていうのかな。今思い返してみると我ながらエロ漫画みたいなセックスだったなと思った。



話を戻して、こないだの撮影(子宮パーンなった日)はこんな感じで汗ダクダクになったよ~。セックス中真冬でもない限り暑くて汗ダラダラになることが多いけど、終わった瞬間サーって体温下がるから汗が冷えて寒くて寒くて。

実はお相手してくださった方がすーごい久しぶりにお会いした方だったんですが、私のことを覚えてくれてて「髪切ったんだね」って言ってくれたのが密かに嬉しかったり。楽しい撮影現場だったなぁ。

多分宣伝できると思うので、作品の情報出たらお知らせしますね~🙋


うーん、書いてたらムラムラしてきましたねぇ………。


Nowplaying…アメイジング ザ ワールド/SCREEN mode