どうも塚田です(●´ϖ`●)


IMG_7285

Twitterに「フォロワー5万人いったら過去の性生活を吐露する」と呟き、早速5万人達成したはいいものの(フォローありがとうございます)、いざ書こうとするとなかなか筆が進みませんなぁ。

そもそもどうしてそんなことを言い出したかというと、もともと思い出に残ってるセフレとのエピソードを記録に残したいなと思い始めていたからです。それならブログのネタにしちゃえば一石二鳥なんじゃないの?とも。どれも大分前の話だし、今はほとんど遊んでいない人たちばかりだから別にいいかなって。

まぁこんな前置きをしちゃうと、どんなとんでもエピソードが待ってるんだ…!?とワクワクされてしまう気がするけど、別段普通の話が多く、どちらかというと「性に触れてから今までの日記」感覚で吐露していきたいなと思うのでそのへんはあまり期待しないでください。そして私のことだから飽きたらきっと突然やめるんだ…。気まぐれで生きてるから今こんな感じになってるんだよな。


IMG_7240

そんなことは置いといて、さて本題です。

本当は「初めて勃起したちんこを見たときの話」からスタートしようと思ったけど、ふと思い出したことがあるのでもっと遡ったところからお話してみるとします。


私が初めて「性」に触れたのは小学4年生の頃でした。

当時狭いワンルームのアパートに父親と二人暮らしをしていました。箪笥と私の勉強机、食卓を置くと、もう一人分の布団を敷くスペースしか残らず、そのアパートに住んでいた二年間ほどは、父と同じ布団で寝ていました。父親のことは大好きだったからなんの苦でもなかったけども(多分父親は嫌だったと思う)。


そんな時期の、真っ昼間にもかかわらず自宅にいたので土日だったか、はたまた当時不登校の節があったのでズル休みをしていただけで平日だったのかも定かではないのですが、とにかく父が働きに出て私が家で留守番をしている時のことです。

父は漫画が好きで、当時はジャンプとサンデーは毎週買っていたのに加え、時折別の週刊誌を買っていました。ゴシップ記事などがメインで載っていて、少し漫画も掲載されているやつ。私も前者二誌はよく読んでいたのですが、それ以外には手をつけたことがありませんでした。

その日は特にやることもなくて暇だったんでしょうね。父が箪笥の上に平積みにしていた週刊誌に手を伸ばしてみたんです。ジャンプ、サンデーは専用の本棚があったのに、それ以外の雑誌は日頃私が手を伸ばさない、というか箪笥がまぁまぁ高くて手を伸ばすのに苦労するような場所に置いていたの、今となってはよく理解できます。


一冊手に取って適当にページをめくったら、杉本彩さんが裸で縛られて悶絶している姿が飛び込んできました。

当たり前のようにギョッとしましたね。状況が何も理解できなかったというか。ただ、「これは袋とじといって、お父さんはこれをすごく丁寧に開けたんだなぁ。俗に言うスケベってやつだ」ということを割と早い段階で飲み込んだのはよく覚えてます。本当、もともと綴じられてなかったんじゃないのってくらい綺麗に開けられてたんですよ。あの美しい切り目には最早執念さえ感じ取れた。うちの父親、割かし大雑把な人間なのに。

そんな風に父親をうっすらディスりながらも、とにかくその緊縛特集からしばらく目が離せなかったです。衝撃的すぎて。少し嫌悪感を覚えた気もします。でもそれは目の前の光景に対してではなく、「自分がこの光景から目を離せなくなっている状況」にだったと思います。父をディスってたあたり、見てはいけないものを見ている感覚はちゃんとあったんでしょうね。

そのあと、他の雑誌もペラペラしたところ「エロ漫画」という存在に気付きます。ただ当時の私はセックスの仕組みをよく分かっていなかったのであまりピンとこなかったけど、緊縛特集同様「なんだかエロい」「なんかよく分かんないけど興奮する」と思ってました。今思うとそんな状況でよく興奮できたな。直感ってやつかしら。まぁ裸の男女が抱き合ってたらそりゃザワザワはするか。


その中でもやっぱり縛られている描写に敏感でした。漫画でそういう描写があったら何度も読んでいたし。

その結果、父親がぎっくり腰をやらかした際に使っていたコルセットで自分の身体を縛るという一人遊びを開発しました( ˙-˙ )

IMG_9357

👆こういうやつ。

これ、恥ずかしすぎてあんまり言ったことないんですけど…この写真の感じで腕ごと縛って、寝転がってじたばたしてました。なにやってんだまじで(遠い目)。でも興奮してました。確実に。

この出来事が今の性癖にかなり影響を与えたなぁと思っています。杉本彩さんは尊いです。


ここからセックスの仕組みをざっくり知るのが小学校六年生、しっかり理解するのが中学校二年生くらいです。オナニーを覚えたのもこの頃。まぁコルセット使ってたのもある意味オナニーっちゃオナニーなのかなとも思いますが…。

こうして振り返ると、性への目覚めの時期が割かし普通というか、下手したらちょっと遅いんじゃないのって思います。当時はもちろん他人にこんな話をすることもないからなんとも思わなかったけど、大人になって色んな人とこのへんの話をすると自分の平凡具合に落ち込んだりします。基本的にエロのポテンシャル低いんです、私。ただ身体の発達はそのへんの人よりも早かった。お察しのとおり。


IMG_7238

セフレの話がしたいって言ってたのにどうして私はコルセットで遊んでた話をしているんだろう。次はちんこ登場させたい。


(∩^o^)⊃━☆゚.*・。カンワキュウダイ


質問箱にいただいた質問に答えます。

・最終学歴は?
大学中退です。一年で行かなくなっちゃった。

・顔面騎乗位が好きなんですが詩織さんは好きですか?
好きか嫌いで言えば、正直のところ嫌いです。クンニが苦手なんです。行為自体は気持ちいいけど、自分の性器がどうも綺麗なものに思えなくて、舐めてもらうのが申し訳なくて。
ただ、それでも構わず舐めてくれるとすごく嬉しくて愛おしくなるあたり、本当は舐めてほしいんだろうなと思う。めんどくせ!

・塚田さんみたいに胸が大きい方はどういう風に内科検診しますか?
聴診器を当てる時の話ですね。おそらく「ブラからどうやっておっぱいを出すのか」ということを訊きたかったのでしょうが、マジレスすると、服の上から鎖骨と胸の間に当てられることが多いのでそもそも脱がないです。服を捲らなきゃいけない時も大体同じ場所に当てられるので胸はノータッチですよ。

・胸は何歳くらいから大きくなったんですか?
小学校二年生くらいの時には割と膨らんでましたね。Bカップくらいあったんじゃないかな。この質問、されすぎて答えるのがめんどくさい時は「昔からずっと大きいですよ」と返すんですが、たまに「え?赤ちゃんの頃からおっきかったの?」と斜め上な反応をされます。ちげーよ。

・この仕事をしていることに悩んだりしますか?
それは「この業界に居ることに後ろめたさがあるのか」という意味でしょうか。だとしたらありません。割と始めた当初からフラットな感情でこの仕事に臨んでいたと思います。


質問、まだまだ受け付けています👇


IMG_5585

会いに来てほしい日(∩^o^)⊃━☆゚.*・。
4/29 居酒屋ももスペシャル

5/26 クラスA撮影会

Nowplaying…サヨナラは今もこの胸に居ます/ZARD