ヌオー

前回 がっこぐらし!9巻までの考察 まとめ その14はこちら



※考察 まとめ その1から読んでいる方前提で話を進めていますので
読んでいない方はこちらからどうぞ


どうもー cryです
今回は青襲推子さんについて!

なお 理学棟の女性が『青襲』と確定したのは
みーくんが「青襲さん」と言ったからですが・・・

No-0009

あれ?自己紹介したっけか・・・?

そこは話のテンポをよくするため 自己紹介をカットした・・・で良いですよね?(心配)
はたまた名乗りを私が見逃してるのでしょうか

細かいところに突っ込んでると 細かいところが気になります


では がっこうぐらし! 9巻までの考察 まとめ その15
 
1.『青襲 推子』はいつから情報収集している?

考察まとめその10で 『青襲さんは黒幕側の人間の可能性がある』と書きましたが
9巻含め 改めて青襲さん周辺の事柄を洗っていくと 別に見えてくるものがあったので
そういった事情を含め整理していきましょう

まずは青襲さんについての『謎』をピックアップ


・必要以上に隠されている『顔』

8巻までは気にならなかったのですが
9巻の表紙を見た瞬間 違和感をバリバリ感じました

No-0001
青襲さん 顔 隠れすぎじゃないですか?
(ロゴ『がっこうぐらし!』の『がっ』が良い感じに仕事してますな)

「あれ?他のシーンどうだったっけ?」と思い見返してみると・・・

No-0002
どこもかしこも隠れてるぅ!(7巻 9巻参照)


「学園生活部と直接顔を合わしていない人は顔を隠してる?」とも考えたのですが
ワンワンワン放送局のお姉さんは 面識無いのに顔出てるんですよね


No-0004

では何故顔を隠しているのか?理由は後述



・ズバ抜けた情報収集能力 情報量 その理由は?

まずは6巻巻末資料の『電波受信記録』

No-0005

事細かに無線を傍受し 内容を記録しているノート
今回は内容ではなくその量に注目 『vol.29』(29冊?)と恐ろしい量になります



更に9巻カバー裏の資料

No-0006

こちらは9巻51話『せきにん』のコマより
青襲さんの持ち物だという事が判明しております


No-0007
↑コメントでもご指摘ありました!情報感謝です


世界地図に手書きで印を打っているところから
青襲さんが何らかの方法で情報を入手し 書き込んでいったのでは?と思います

ではどうやって情報を入手したか?インターネットや政府の放送?
でもネットも国も機能していないっぽいし・・・
ん?じゃあ国が機能している時は?と考えた時



まだ国のインフラが機能している状態 つまり パンデミック初期段階で集めた情報?

ではないでしょうか
なので状況再現すると・・・



→Ωウイルス「パンデミック発生!」

→青襲「マジか!ヤバイ!情報集めないと!安全な場所はないのか!?このパンデミックどこまで広がってるんだ!?」

→日本「私の国はもうアウト あの国もヤバイ その国もヤバイ」

→青襲「クッソ!日本ヤバイ!世界は!?どこに逃げれば!?」

→調べた結果を世界地図に書く

→日本「もう限界です」国のインフラが崩壊 これ以上調べようがなくなる


このように次々状況が変わる切羽詰まった状況 情報も錯乱 何が正しいかわからない なので

世界地図には端的に必要な情報しか書き込まれておらず
時刻を書き直したような跡(情報の錯誤)や

『○』しか書いておらず 情報がない国があるのでは


No-0006
情報はスピードが命


さて 更に仮説を続けていきましょう
私は今回の一連のパンデミック事件は数十年単位の事件だと考えております(考察その2参照)
先ほどの事由から『青襲さんは初期の頃からパンデミックを研究している』つまり・・・



・青襲さん パンデミック事件について何十年も研究してる?


はい ここで世界地図の根拠だけだと「また突拍子もない事言いやがったよコイツ」となるので
前述した『必要以上に隠されている顔』や膨大な量(vol.29)の『電波受信記録』を活かしていきましょう



・『必要以上に隠されている顔』は年齢を隠すため?

No-0010
↑やっぱり顔見えなーい

顔を隠すのは年齢を隠すため つまり青襲さん

大学生ではなくオバサン凄く年上のお姉さんなのでは?

少しメタ視点になりますが
大学に居るからこそ『大学生』
理学棟に居るからこそ『理学生』というミスリードを狙ったのではないでしょうか

『電波受信記録』の裏に書いてある『情報生化学部』は

No-0011

青襲さんが大学時代にパンデミック事件が発生し 卒業出来ていないという意味合いだったら面白いですね


何はともあれ 顔が出た時 実はすっごいオバサン年上のお姉さんだったらビックリ・・・するはず(心配)

コメントにもありましたが もしかしたら理学棟にすら居ないかもしれませんよね
無線やネットに詳しい青襲さん 違う場所からみーくんに話しかけた可能性も面白いです


・膨大な量(vol.29)の『無線受信記録』は何十年と書いてきた成果

No-0005

突然ですが ここでノート29冊はどれくらいで使い切れるか計算してみましょう

仮にページ数を40ページとします

(キャンパスノート ページ数でググッたら40ページの物が一番上に出てきたので)

書けるページ数は裏表で80ページ
(コメント見るまで40ページで計算してました 本当にありがとうございますorz)

vol.29という事は28冊は使い切ったということ つまり
28×80=2240ページ

更に巻末資料に付いてる6ページを足すと
2240+6=2246ページ


そして青襲さんの無線記録の書き方は『無線の種類』毎に書いています

No-0008
↑この場合クラウド放送は『毎日14時に5回聞いた』という書き方

無線を『傍受するたび』に書くならともかく そうそう毎日違う種類の無線は流れてこないので 3日に1ページ書き足していくとしましょう
2246ページを使うには・・・
2246×3=6738日

6738日=約18.4年で使い切る計算!

(そ それっぽい数字になった!(感動))


細かい数字云々はともかくですね(本当に3日に1ページか?とか 本当にノート40ページか?とか)
何が言いたいかというと

短い期間で29冊は厳しいという事が言いたいのです


なので最低でも数年がかりで書いているのでは?と思います


以上の事から

・青襲推子は初期パンデミックの被害者 数十年と事件の研究をしている

のかな?と思いました


今回はここまでで!
次回は更に更に青襲さんを掘り下げるのと
別のキャラクターに注目したいと思います!




後書き:考察についてのちょっとした感想

※ここからは考察じゃないのでスルーしていただいても大丈夫です

いやー 気付けば考察その15まで来れたことに自分でもビックリしております・・・
そろそろ『考察のまとめ』でも書かないと 初めて来た人が「何のこっちゃ」となる量になってきました(驚)
記事冒頭に「その1からお読み下さい」と書いておりますが

お前の記事を1から順番に15記事も読むのかよ!

と皆様の心の声が聴こえてきそうです
・・・うん やっぱり『考察のまとめ』を書こう(今決めた)


始めは『クローン説』『繰り返し実験説』を書いて 『がっこうぐらし!』の成り行きを見守ろうとしていたのですが
皆様(コメントやツイッター等々)の激励や推理に刺激されここまでやってきました
毎度の事ながら返信出来なくて申し訳ないのですが 全て読まさせていただき励みにしております(感謝)
やはり好きなものを共有できるって良いですよね・・・うんうん

まだまだ『がっこうぐらし!』楽しんでいきましょう!

2017/03/21 更新しました!↓

続き がっこうぐらし! 『クローン実験説』考察まとめはこちら