暗号通貨革命

独自の視点でデジタル通貨の未来を語る。(リップル、イーサリアム、ビットコイン、Waves、Obits、BitGoldなど)
仮想通貨の可能性を探求し、広く普及させるにはどうしたら良いか考え、色んな事にもチャレンジして行きたいと考えるブログ
さまざまな仮想通貨(ビットコイン、リップル、ライトコイン、ドージコイン等)をトレード可能!送信も簡単にできるウォレットサービス Mr.Ripple(ミスターリップル)
当ブログの無断転用を禁止します。内容を利用する場合は、ぜひリンクをお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

世界初のP2Pの分散型取引所!無料のアカウント登録で仮想通貨が貰える
本日新たにID/パスワードが発行され、投票が再開されました。期間は10月31日まで。(2016.9.30)
DC(分散型コングロマリット)の構築を目指すCCEDKのセントラルトークン、Obitsの配当方法の変更に関する投票が本日スタートしました。今までは、毎月の収益がBuy-Back(自社株買い)という仕様でトークンホルダーに還元されていましたが、今回新たにSharedropping方式に変更する案が提案されています。SharedroppingとはObitsの保有割合(シェア)に比例して分配される方式になり、毎月株主に収益すべてが配当として確実に与えられる事になります。この方式に変更されると、例えばあなたがObitsのシェアを10%保有していた場合、月の収益が50btcだとすると、毎月確実に5btcに該当する配当が受けられるのです。
インサイダー情報!?もし自社株買いが行われる銘柄を事前に知っていたら?「暗号通貨革命」(2016.1.12)
現在Obitsには、自社株買いに該当するBuy-Back(&Burn)というユニークな還元モデルが導入されています。しかし2016年9月5日現在7,115,608Obits(40.59%)が市場で流通していますが、サービス導入期である為、残りまだ約60%あまりがCCEDKにホールドされています。

ICOO(アイコウ)のように全てトークンの配布が完了されて状態で行われるならまだしも、ト-クン燃焼という現在の株主還元策は、取引を行わない方にとっては一時的な価格の上下でしかなく、時価総額の視点からみても正直上手く機能しているとは言えません。

しかも8月時点で月間200万円以上あったその収益の殆どは、ICOなどのプレセールの収益がほとんどで、今後は新たに作られたICOO(アイコウ)を中心に還元される構造に変化しています。
TheDAOの弱点を補った!?ハンズオン型のクラウドファンディング専門ファンドICOO(アイコウ)「暗号通貨革命」(2016.5.21)
Obits
トークンホルダーに対する3つの選択
Obitsホルダーは、 obits-votingからあなたのアカウントに送付された投票券にあたる1BTSに添付されているmemo(メモ)からID.パスワードを取得し、Obitsの「投票ページ」にて以下3つの案から投票します。なお期間は9月30日まで行われ、50%以上のポジティブな投票になった場合有効となるようです。有効投票はObitsの保有数に比例する形式のようです。

1)Sharedropping

Buy-Back構造の代わりに、90%がBTS、10%がOPEN.BTCでトークンホルダーの保有割合に応じて還元されます。(sharedroppingの詳細はコチラで確認出来ます。)
2)BuyBack & Burn
現在の方式です。
3)Sharedropping and BuyBack/Burn, 50% each
収益の半分をBuyBack & Burn、残りをsharedropping方式に変更します。

しかし、この50%以上のポジティブな投票とは(2)以外の項目の投票比率なのでしょうか・・・。もし保有者の投票参加率であったのならかなり疑問です。さらに通常企業でこういった重要な決断をする場合、データを基にシュレーションを行い、最も効果的な方法を採用します。最近では人工知能を使って膨大なデータから最適な意思決定を行う時代になっています。つまり今後DACやDAOなどの分権化された組織も、独自の人工知能を開発しトークンホルダーが簡単に正確な判断が行える環境を用意しなければならないだろうと考えます。そうしなければ、DACがコスト優位性だけでドットコム企業を滅ぼす事など、私は到底無理だと思います。

話が横にずれましたが、ぜひこの機会にObitsホルダーは投票に参加して未来のDACの在り方を真剣に考えて見ては如何でしょうか。以下、投票参加方法になります。

1.Memoの解錠を行う

Obits保有者は、オープンレジャーのアカウントにログインするとobits-votingから1BTSが送られていると思います。確認出来たらmemo(メモ)の中身を読むために、赤枠の鍵マークをクリックしパスワードを入力して解錠を行います。そして緑の文字で表示されている「TRANSFER」をクリックします。
obits1
2.投票の為のID/パスワードを確認する
赤枠に表示されているあなた専用のIDとパスワードを確認します。
obitsvote

3.Obitsの投票ページにアクセスしログイン
投票ページ」にアクセスするとログインページが表示されるので、先ほどのID/パスワードを入力します。表示されている3項目の中からあながた希望するものに投票して完了です。ちなみに、私は3番目の「Sharedropping and BuyBack/Burn, 50% each」に投票しました。
obits3

オープンレジャーが提案するDAC型プロジェクト!プロモコード「war」でボーナス
sale

「ぽっち×6」と応援お願いします。

仮想通貨 ブログランキングへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 仮想通貨へ
仮想通貨 にほんブログ村へ
このエントリーをはてなブックマークに追加

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このエントリーをはてなブックマークに追加

「げん玉」もビットコインと交換可能になりました!ここから登録すると250P貰えます

ビットコインの取引所「コインチェック(coincheck)」が、現在時価総額で5位のMonero(モネロ)の取り扱いを本日9月23日から開始しました。モネロはBitcoinよりも匿名性が強いことが特徴です。また8月26日より時価総額12位のFactom(ファクトム)の取り扱いも開始しています。本日から一週間程、遅い夏休みに入るので取り急ぎの案内となります。

まだアカウントをお持ちでない方は、こちらのページから無料の口座開設を行って下さい。
coincheckmonero
またCoincheck(コインチェック)は、トップページをプチリニューアルしております。最近取り扱い種類を急速に増やしており、日本ではここでしか手に入れる事が出来ないアルトコインばかりです。取引所として差別化を行っている今後のコインチェックの動向に注目です。
coinchecktop

GMO運営のビットコインと交換可能なポイントサイト!登録だけで500Pゲット!
ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

※この内容の無断転用を禁止します。内容を利用する場合は、ぜひリンクをお願いします。

「ぽっち×6」と応援お願いします。

仮想通貨 ブログランキングへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 仮想通貨へ
仮想通貨 にほんブログ村へ
このエントリーをはてなブックマークに追加

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このエントリーをはてなブックマークに追加

オープンレジャーが提案するDAC型プロジェクト!プロモコード「war」でボーナス
sale

ソフトバンクの孫社長は「ARMの買収が、シンギュラリティにおける最も重要な布石になる」と言います。シンギュラリティとは、人工知能(AI)が人類の知能を追い越す転換点(技術的特異点)の事を指し、早ければ2029年~2045年頃にやって来ると言われています。

人工知能が人類の知能を追い越す。それはまさに革命であり、現在我々が常識だと思っている事も覆される事もあります。つまり今後人類が考えつかなかった、多くの事が明らかになる可能性があると言う事です。

孫さんは会見の中で『人類の知能を追い越した人工知能は、”ディープラーニング”が行えるようになる。人工知能がディープラーニングするには、大量のデータが必要。そのビッグデータは、IoTデバイスにより集められる。したがって、IoTデバイスに搭載するチップを開発できるARMの買収が、シンギュラリティにおける最も重要な布石になるということだ。』と、その買収の意味を明かしました。

今後人工知能の品質が、ビジネスに大きく影響を与え、その成否を分ける事は明白です。このブログでは、暗号通貨はお金という側面だけでなく組織であり、意思決定が重要だという事を学びました。つまり組織の頭脳を代替やサポートする人工知能は、近い将来暗号通貨(証券)に大きな影響を与えるのは確実です。IBMも最近ブロックチェーンと人工知能(Watson)を使った、プロトタイプの開発に動き出したようです。
IBMの新ワトソンセンターが人工知能とブロックチェーンを一体化「ユーディーアール」(2016.6.10)
【SoftBank World 2016】 基調講演 孫 正義「ソフトバンク(SoftBank)」(2016.8.2)
AI(人工知能)の開発競争のポイントとは?
それではAIの開発競争におけるポイントは一体何でしょうか。人工知能の原理を考えると、大きく分けて、1)半導体、2)アルゴリズム、3)データの3つの要素によって決定される事に気づきます。つまりこの3要素の掛け合わせによって、AIの品質が決まると言えます。基本的に半導体はハードですから、メーカー以外はアルゴリズムとデータで勝負して行く事になり、Google、Apple、Facebook、Microsoft、Amazonなど両方を持ち合わせる企業以外は、他企業とのアライアンスによってアルゴリズムやデータなどをそれぞれ持ち寄り、強みを活かして競争して行くことになりそうです。

次に人工知能が飛躍的に向上したと言われるディープラーニング(深層学習:多層のニューラルネットによる機械学習)について調べてみたいと思います。GoogleDeepMindが開発したAlphaGo(アルファ碁)によって注目された技術は、『人間に頼らず自ら学んで進化する』のが革新的な点です。つまり、AI自らがデータを作り出す事が可能であり、日本でもNHKスペシャルで取り上げられ一気に話題になりました。

AIは完全情報ゲームと呼ばれるチェス、将棋、囲碁と、より複雑なゲームの中で人間と対戦する事によりアルゴリズムの構築方法も進化して行きました。このアルゴリムは大きく分けて、大局観と呼ばれる局面の良し悪しの形勢判断を行う「評価関数」と、何手先まで読むかといった「探索プログラム」の2つで成り立っているようです。最初のチェスの段階では両方人間が作っていましたが、将棋はボナンザ革命によってプロ棋士の対戦データを機械学習し、評価関数を構築する事によって進化しました。囲碁は、このディープランニングによってAlphaGo同士の対戦(強化学習)によって学習データを増やし、精度の高い評価関数を構築したのが特徴です。AlphaGoのアルゴリズムは、ディープ・ニューラルネットワーク(人工神経回路)を用いて、実装された「value network」と「policy network」によって動くモンテカルロ木探索を行います。
将棋電王戦への道 :コンピュータ将棋に革命をもたらしたボナンザのアルゴリズ「engadget日本版」(2015.10.2)
グーグルらが人工知能で「囲碁の謎」に挑む理由「WIRED」(2016.1.1)

NHKスペシャル 【天使か悪魔か 羽生善治 人工知能を探る】「NHKオンライン」(2016.5.15)
自動化された人工知能は非常用ボタンが必要 ブロックチェーンは?
ブロックチェーンは、ビザンチン将軍問題を解決しましたが、シンガポールの人工知能によるDBS銀行の犯罪予測システムは、9割の確率で職員の不正行為を事前に発見し、未然に防ぐ事が可能だと言います。先進的な取り組みを行っているこの国では、未来のIoT社会、シェアリングエコノミーなどをイメージする事が可能です。国家によってスマホやセンサーによってあらゆる行動履歴(データ)が集められ、人工知能を使って効率的な社会を実現させる実験を行っています。

またブロックチェーンと人工知能は同じ自動化されたシステムですが、TheDAO事件前までのブロックチェーンはダウンしない事が素晴らしいと評価されていました。しかし人工知能を学べば、IoT社会ではそれが問題である事が容易に理解出来ます。コンピュターが分散化されたIoT社会では、いつでもどのコンピューターからも同じ情報が引き出せる事が重要なポイントです。ステファン・トーマス氏も柔軟性に乏しいブロックチェーンに見切りを付けたと言いますが、IoT社会におけるブロックチェーンも、ビットコインの「分散型台帳」とは異なるアプローチが必要になると言えそうです。
圧勝「囲碁AI」が露呈した人工知能の弱点「日経新聞」(2016.3.7)
人工知能の暴走を防ぐ「非常停止ボタン」はつくれるか「WIRED」(2016.6.8)
ビットコイン以外にも人気のイーサリアムやLISK、Factomの取り扱いも実施!
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin


「ぽっち×6」と応援お願いします。

仮想通貨 ブログランキングへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 仮想通貨へ
仮想通貨 にほんブログ村へ
このエントリーをはてなブックマークに追加

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
DC
オープンレジャーは、デンマークのCCEDK(Crypto Coins Enterprise Denmark)がビットシェアズのメンバーと組んで開設した世界初の分散型取引所であり、ビットシェアズのウォレットも兼ねています。このブロックチェーンベースのスタートアップを手助けするCCEDKは「Fintech2015」の影響力のあるフィンテックブランドで、世界31位に選ばれており、DCと呼ばれる世界初の分散型コングロマリットの構築を目指しています。

参考までにNasdaqが23位でUBSが36位です。Nasdaqはアメリカの世界最大のベンチャー向け株式市場で、UBSは総資産120兆円を誇るスイス最大の銀行です。なおコングロマリットとは、多種の業種・プロジェクトを統合してできた巨大プロジェクト集団を指します。

ビットシェアズは、DACの整備・構築を目標としており、金融プラットフォームを目指すオープンレジャーは、ICOO(Initial Coin Offering Openleger)というICOに特化したファンドを立ち上げ、毎月のように新たなDACが資金調達の為のクラウドファンディングを行っています。
DAC(分権化された自動企業)の強みと弱み「暗号通貨革命」(2015.6.18)
私がDACの構築を目指すビットシェアズに関心した理由「暗号通貨革命」(2015.12.6)
「OpenLedger」CCEDK - Innovation & Passion(2016.7.3)
 
経営者でさえ安泰ではない!世界の半分以上の仕事が失われる
ビットコインを代表とするブロックチェーンテクノロジーによって、お金に対する考え方は大きく変わろうとしています。さらに今後人工知能(AI)やロボット・DACによって、20~10年後は完全自動化になって行く社会が容易に想像出来ます。世界の労働者の70~50%以上の仕事が無くなり、企業のトップでさえ無関係ではいられないと言われています。

あなたが株主としてCCEDKのDCプロジェクトに参加する事は、将来来るであろうロボット社会における労働者不要環境への備えであり、あなたの代わりにDACに働いてもらう事と同じです。今は資本主義からテクノロジー時代への過渡期であり、今後は収入の為に働くという概念は時代遅れで、新しい収入のあり方が真剣に求められるだろうとも言われています。このDACへの投資は、まさに形を変えたベーシックインカムとも言えるかも知れません。
「クローズアップ現代」“仕事がない世界”がやってくる!? (2016.3.15)

CCEDKのDCの特徴は、自社株買いのようなBuy-back
DACは企業では無い為利益を出す必要性がありません。特徴的である買い戻し(Buy-back)という自社株買いのような仕組みは、全ての共同プロジェクトに導入されており、長期的に株式に該当するトークンの価値を上昇させてくれます。買い戻されたトークンは、DACが保有するのではなく消滅されるので、株主の1株当たりの価値は必然的に上がる仕組みになっています。
インサイダー情報!?もし自社株買いが行われる銘柄を事前に知っていたら?「暗号通貨革命」(2016.1.12)
CCEDK分散型コングロマリット Buy-Back(自社株買い)レポート「暗号通貨革命」
あなたがCCEDKの分散型コングロマリットのセールに参加する時に、暗号通貨革命の「Promo code:プロモコード」わらしべ暗号長者の「war」を利用すると、全てのセールにおいて特別ボーナスが貰えます。ぜひご活用ください。

また参加にはオープンレジャーのアカウントが必要です。まだお持ちでない方は「bitshares.openledger.info」から作成して下さい。登録は記号や数字を含めた希望IDとパスワードを入力するだけで10秒で可能です。使い方に関する説明ページは以下になります。
オープンレジャー(OpenLedger)の歩き方:使い方「暗号通貨革命」(2016.4.12)
openleger100
セール案件1.プロジェクト名:DC(分散型コングロマリット)一時停止中
obits
トークン名:Obits(オービッツ)
総発行量:18,276,898Obits(所有者名簿&取引状況
公式資料:PDF(日本語)
内容:CCEDKと分散型取引所オープンレジャーによる世界初の分散型コングロマリット(DC)の公式トークン
特徴:ObitsのオーナーはオープンレジャーやCCEDKが展開するコングロマリットに加わるプロジェクトの利益を保有数に応じて受け取る権利を有しています。これらの利益はBuy-backという形で支払われ、CCEDKより発行される全ての共同プロジェクトの収益の一部がObitsのBuy-backに利用されます。
セール購入先:「公式サイト(日本語)
プロモコード特典:500Obits以上の購入で50Obitsボーナス
最初のBuy-back:2016年2月2日実施。当日Obitsの価格は40%上昇しました。
購入方法&関連記事
セール案件2.プロジェクト名:BitTeaser(ビットティザー)継続
btsr
トークン名:Btsr(BTSR)
総発行量:10,600,000Btsr(所有者名簿&取引状況
公式資料:PDF(準備中)
内容:分散型アド(広告)ネットワーク。
特徴:Googleのアドワーズのような100億ドル越えを目指す暗号通貨プロジェクト。広告主とメディアが分散型技術により直接結びつき、中間業者の中抜きを可能にする。
利益の分配:収益の70%が分配されます。そのうちの80%がBTSRのBuy-backに利用され、残りの20%は月々の配当金またはObitsのBuy-backに充てられます。
セール購入先:「公式サイト(日本語)
プロモコード特典:500Btsr以上の購入で50Btsrボーナス
最初のBuy-back:2016年5月2日実施。
購入方法&関連記事
3.プロジェクト名:ICO OpenLedger(アイシーオ オープンレジャー)
icco
トークン名:ICOO(アイコウ)「公式サイト(英語)
総発行量:489,954ICOO(所有者名簿&取引状況
内容:フィンテックブランド世界31位に選ばれた金融とITのプロオープンレジャーの運営元CCEDKが中心となって展開するクラウドファンディング専門の投資信託(ファンド)プロジェクト。
特徴:詐欺が多いハイリスクなICOへの投資を、「CCEDK」によって選ばれたメンバーが、あなたの代わりにデューデリジェンスを行い投資判断を行う。スタートアップと一緒に働きICOを人材面でサポートするケースもある。
利益の分配:収益の60%が分配されます。そのうちの60%がICOOのBuy-backに利用され、20%が月々の配当金またはObitsのBuy-back、10%がBloggers' Club、残りのそれぞれ5%がBTSRとCadastral(今後予定されている土地台帳プロジェクト)のBuy-backに充てられます。
購入先:「ICOO_BTS」「ICOO_OPEN.BTC
最初のBuy-back:2016年10月3日実施予定。
購入方法&関連記事
セール案件4.プロジェクト名:Bitland(ビットランド)
bitland
トークン名:CADASTRAL(CADASTRAL)
総発行量:30,000,000CADASTRAL(所有者名簿&取引状況
公式資料:PDF(英語)
内容:ブロックチェーンを活用した土地管理台帳。
特徴:アフリカのガーナでスタートした土地管理台帳プロジェクト。土地や不動産の所有権をブロックチェーンに登録して汚職を撲滅し、海外からのインフラ投資を呼び込み、国家の繁栄の為に人々に財産権の重要性について教育する事をミッションに掲げている。
セール購入先:「CCEDKApS
プロモコード特典:1,000CADASTRAL以上の購入で10CADASTRALボーナス
購入方法&関連記事
ビットコインを手に入れるならFXも提供するリクルートや三菱UFGが出資の取引所
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で


「ぽっち×6」と応援お願いします。

仮想通貨 ブログランキングへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 仮想通貨へ
仮想通貨 にほんブログ村へ
このエントリーをはてなブックマークに追加

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ