暗号通貨革命

独自の視点でデジタル通貨の未来を語る。(Ripple:リップル、Ethereum:イーサリアム、Bitcoin:ビットコイン、Bitland:ビットランドなど)
『世の中の価値が暗号技術に変化している 世界に広げよう!暗号通貨革命 』
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
当ブログの無断転用を禁止します。内容を利用する場合は、ぜひリンクをお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Ripple社よりパートナーシップの相談を受け、XRPの取り扱いも開始!
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

2017年3月15日、Ripple社の会長であるクリス・ラーセン氏が、国際通貨基金(IMF)のHigh Level Advisory Group on FinTechのManaging Directorに選ばれました。 そろそろこのゲームの核心に、迫っても良いタイミングが来たのかも知れません。

先日1ビットコインの価格が、金1オンスを初めて超えました。おそらく一部でデジタルゴールドと呼ばれている、現在のビットコインの価格に関して違和感を感じ始める一般投資家の方も現れて来たのではないでしょうか。

1944年7月に、1オンス35ドルで金と交換が保証された、米ドルを基軸通貨とするブレトン・ウッズ体制が開始されました。その時、この「IMF」と「世界銀行」が、国際通貨体制を守る為の機関として作られましたが、実はその会議で世界共通通貨(国際決済通貨)、「バンコール」を提案した経済学者がいます。

そう、このブログでも何度か紹介している経済学者、ケインズ(イギリス代表)です。結局この提案は、アメリカ代表の経済学者、ホワイト案が採用された事によって実現しませんでした。そして1971年のニクソン・ショック後の現在も、ドルを世界の基軸通貨とする不安定な通貨体制が続いています。
IMF Managing Director Welcomes Establishment of High Level Advisory Group on FinTech「IMF」(2017.3.15)
フェニックス
新たなデジタル社会における世界統一通貨は、ゴールドに固定されたSDR!?
それでは、この世界共通通貨、バンコールとは一体どのような仕組みなのでしょうか。日本経済新聞では、以下のように紹介しています。 

『ドルやユーロへの信認が揺らぎ、新たな通貨体制を構築しようとの議論が活発になっている。金(ゴールド)を通貨価値を測る指標にした基軸通貨の創設を提言する専門家もいる。そんななかで再注目されているのが、20世紀を代表する経済学者、ケインズがかつて提案した基軸通貨「バンコール」だ。バンコール(bankor)とは、英語の「バンク(bank)」と仏語の「金(or)」を組み合わせた造語。戦後の国際通貨体制の枠組みを決めた1944年のブレトンウッズ会議に英国代表として参加したケインズが創設を訴えた。金に対して価値を固定させた通貨を、国際金融機関(銀行)が発行するという構想だった。英国経済が衰退する中で米国の覇権を阻止しようという狙いもあったとされる。米国が主張する「金・ドル本位制」への移行が決まり、バンコール創設は幻に終わった。しかし、国家間の決済手段として用いようというバンコールの理論は、国際通貨基金(IMF)が69年にSDR(特別引き出し権)を創設したときに生かされた。金を軸とする新たな通貨は果たして将来、誕生するのか。ケインズが生きていれば何を思うだろう。』

「池上彰のやさしい経済学」では、当時の時代背景も含め分かりやすく解説されています。変動相場制に移行する前に発足したSDRは、当時純金0.888671 グラムおよび、1米ドルに設定され、現在でもペーパーゴールド(俗称)と呼ばれています。「IMF:SDR参照」

そしてこの制度下では、ICU(The International Clearing Union: 国際清算同盟)という幻の世界中央銀行が想定されていました。これは「各国の中央銀行」に対する「中央銀行」で、全ての国の国際貿易における決済は、ICUを通してバンコール建てで行われる。この辺りの仕組みを理解すれば、なぜRipple社が少なくとも500億XRPを2021年までリザーブする(確定ではないが)と宣言しているのか、その意図を読み取る事が出来るかも知れません。
バンコール「日本経済新聞」(2011.10.3)
池上彰のやさしい経済学―戦後の国際通貨体制で長く続いた固定相場制 「NIKKEI STYLE」(2016.7.23)
中国の中央銀行もデジタル版eSDRの創設を提案
中国の中央銀行にあたる中国人民銀行の周小川総裁は、2009年にIMFの特別引き出し権(SDR)は準備通貨として機能する潜在力があると指摘し、ドルに取って変わる可能性を示唆します。

そしてロイターの記事によれば、中国人民銀行金融研究所の姚余棟所長は、2015年11月17日付の政府系紙・上海証券報のコラムで、IMFは世界の金融市場や決済システムで幅広く利用されるようなデジタル版の準備通貨「eSDR」を創設すべきと提案しています。この時、人民元はIMFのSDRの構成通貨として採用されました。

Rippleのクリス・ラーセン氏は、2013年のインタビューでこう答えています。『政策的な通貨への信頼は揺らぎつつあります。自由主義者でなくても分かる。誰の目にも明らかです。そして、ゴールドは答えではありません。数学に基づく通貨が必要とされるのは、それによって現在のシステムに対する揺らぎつつある信用を立て直す事が出来るからです。』

さて、数学に基づく通貨(暗号通貨)と正貨であるゴールドがコラボレーションしてXRPという名のゴールドに裏付けられたeSDRが誕生したら、世界の通貨体制はどのようになるでしょうか。考えただけでも世界は大きく変わりそうです。先程イギリス代表であったケインズの意思を引き継ぐかのように、英国の中央銀行にあたるイングランド銀行とRippleによる、世界初の中央銀行におけるブロックチェーンを活用した、2通貨間決済に関する共同実証実験が発表されました。

果たしてクリス・ラーセン氏には、魔法のようにXRPを黄金のゴールドに変える力があるのでしょうか。。。う~ん考えるだけでも、馬鹿馬鹿しい(笑)。ギリシャ神話に登場する、「どこかの王様」じゃあるまいし。信じるか信じないかはあなた次第です。(投資の判断は自己責任でお願いします。)
IMFはSDRのデジタル版創設を=中国人民銀・金融研究所所長 「ロイター」(2015.11.17)
世界で要人発言が続き日銀も動く 人民元がIMFのSDR構成通貨へ!暗号通貨革命の裏読みとは? 「暗号通貨革命」(2015.12.10)
mrRipple 
※この内容の無断転用を禁止します。内容を利用する場合は、ぜひリンクをお願いします。 

「ぽっち×6」と応援お願いします。

仮想通貨 ブログランキングへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 仮想通貨へ
仮想通貨 にほんブログ村へ
このエントリーをはてなブックマークに追加

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

クラウドセールへの参加は、お得なプロモコード「CCR004」でボーナス!
Apptrade
2017年3月5日追記:Obitsが初めてオープンレジャー以外の取引所(Livecoin)に上場。さらに今後4カ月以内に5~7の取引所に上場する予定のようです。

ICO情報:Centz(プロモコード:CCR003)とApptrade(プロモコード:CCR004)のICOが行われています。ICOに参加される場合は、購入時に2%のボーナスがもらえる、暗号通貨革命のプロモコードをご利用下さい。
CCEDKが展開するDCと呼ばれる分散型コングロマリットプロジェクトには、毎月前月の手数料収入などを使い、自らのト-クン(自社株)の購入を行うBuy-back(バイバック)という仕組みがあります。

上場企業の自社株買いは市場価値を算出して計画的に行われますが、CCEDKのBuy-backは、市場価格に関係なく決まった日付けに行われます。しかも買い上げたト-クンは、DACが保有するのではなく全て燃焼(Burn)され、上限の決まっているトークンの総数は減少します。つまり株主1株当たりの価値は必然的に上昇する事になります。更にプロジェクトの利用者数が拡大すると、手数料収入なども増え毎月のBuy-backに利用される金額も増加します。
インサイダー情報!?もし自社株買いが行われる銘柄を事前に知っていたら?「暗号通貨革命」(2016.1.12)
Burn
実際に行われたObitsの買い戻しの様子「BUYBACK」(2016.4.2)
1603buyback
Buy-backが行われる時間は毎月、月初(Obits,ICOOは2日、BTSRは3日)の12:00 UTC(協定世界時)です。日本時間では9時間早く設定されていますので21:00になります。このページでは毎月Buy-backのシステムが導入されている、各プロジェクトの結果をレポートにまとめてみようと思います。また以下ではBuy-backが行われる最新のクラウドセールが確認出来ます。
“仕事がない世界”がやってくる!? 分散型コングロマリットを展開するCCEDKの最新セール情報「暗号通貨革命」(2016.3.29)
プロジェクト一覧(2017.3.13更新)
1.OpenLedger(オープンレジャー)
トークン名:Obits(オービッツ)
総発行量:18,276,898Obits
現在残数:17,013,357Obits(93.08%)
流通数:12,120,307Obits(71.23%)
利益の分配:CCEDKが展開するDCのセントラルトークン。オープンレジャーの手数料やICOO、BitTeaserなどオープンレジャーだけでなく将来加わる新たなプロジェクトの収益の一部がBuy-backに充てられます。

「実施日」 「消滅数」   「Buy-back金額合計」     「対BTS比」
2017.3.2:    60,867Obits   「 813,664BTS + 0.263BTC」 +6.53%(BTS)
2017.2.2:    49,812Obits   「 625,079BTS + 0.2847BTC」+8.6%(BTS)
2017.1.2:  163,555Obits   「 1,509,913BTS + 1.043BTC」+19.7%(BTS)
2016.12.2:  46,497Obits   「731,883BTS + 0.384BTC」+4.4%(BTS)
2016.11.2:130,952Obits  「2,108,390BTS + 1,3376BTC」+8.19%(BTS)
2016.10.2:63,483Obits  「1,104,8371BTS + 0.98BTC」+5.2%(BTS)
2016.9.2:  49,680Obits  「668,112BTS + 0.7446BTC」+8.4%(BTS)
2016.8.2:183,588Obits  「3,742,911BTS + 3.199BTC」+14.1%(BTS)
2016.7.2:135,080Obits  「3,118,740BTS + 2.42BTC」+9.74%(BTS)
2016.6.2:133,284Obits  「3,301,853BTS + 2.3976BTC」+12.10%(BTS)
2016.5.2:  71,939Obits  「2,131,249.5BTS + 2.4BTC」+6.62%(BTS)
2016.4.2:  66,233Obits  「1,424,961BTS + 2.14BTC」+19.18%(BTS)
2016.3.2:  50,770Obits  「1,188,000BTS + 1.1946BTC」+40.92%(BTS)
2016.2.2:  49,800Obits  「1,330,200BTS + 1.257BTC」+9.55%(BTS)
▼レポートは公式サイトでも確認可能です。(日本語あり)
Obits-1

2.BitTeaser(ビットティザー)
トークン名:BTSR(ビーティエスアール)
※2017年1月3日に総発行数が変更されました。
総発行量:10,600,000Btsr→3,400,000Btsr
現在残数:10,539,989Btsr(99.43%)→3,342,263Btsr(98.30%)
流通数:3,341,053(99.96%) 
利益の分配:収益の70%が分配されます。そのうちの80%がBTSRのBuy-backに利用され、残りの20%は月々の配当金またはObitsのBuy-backに充てられます。

「実施日」 「消滅数」   「Buy-back金額合計」     「対USD比」
2016.3.3: 33,337BTSR  「70,500BTS +  0.205BTC + 13.63ETH + 258USD」11.54%(BTS)
2016.2.3: 22,485BTSR  「50,000BTS +  0.1844BTC + 17.75ETH + 200USD」13.24%(BTS)
2017.1.3: 27,156+7,114,748.1449BTSR  「62,360BTS +  0.2498BTC + 29.84ETH + 256.25USD」+7.5%(BTS)
2016.12.3: 9,194BTSR  「35,037BTS +  0.1655BTC + 16.55ETH + 127.5USD」+7.5%(BTS)
2016.11.3: 9,263BTSR  「54,983BTS +  0.3193BTC + 21.5ETH + 253USD」+9.14%(USD)
2016.10.3: 5,166.3BTSR  「33,313BTS +  0.26BTC + 11.97ETH + 161.55USD」+4.9%(USD)
2016.9.3:3,757.11BTSR  「23,113BTS +  0.2271BTC + 11.07ETH + 130.50USD」+4.9%(USD)
2016.8.3:   4,031.14BTSR  「30,789BTS +  0.2223BTC + 12.11ETH + 126.20USD」+7.4%(USD)
2016.7.2:   7,340.85BTSR  「47,343BTS +  0.3205BTC + 18.13ETH + 213 USD」+10.3%(USD)
2016.6.2:   7,194BTSR  「98,970BTS + 0.3146BTC + 12.6ETH」+13.7%(USD)
2016.5.2:14,063BTSR  「227,634BTS + 0.783BTC +  31.68ETH」+17.42%(USD)
▼レポートは公式サイトでも確認可能です。(日本語あり)
BTSR-2

3.ICO OpenLedger(アイシーオ オープンレジャー)
トークン名:ICOO(アイコウ)
総発行量:490,748ICOO
現在残数:476,121ICOO(97.01%)
利益の分配:収益の60%が分配されます。そのうちの65%がICOOのSharedropに利用され、20%が月々の配当金またはObitsのBuy-back、10%がBloggers' Club、残りの5%がBTSRのBuy-backに充てられます。2017年1月3日から配当方法がBuy-backから、Sharedropに変更されました。

「実施日」 「消滅数」  「配当金額合計」 
2017.3.2:     Token drop  4.92BTC
2017.2.2:     Token drop  7.66BTC
2017.1.3:     Token drop  7.8BTC
2016.12.3:   4,689ICOO  4.69BTC
2016.11.3:   4,610ICOO  5.486BTC
2016.10.3:   5,328ICOO  6.74089BTC
▼レポートは公式サイトでも確認可能です。
ICOO-2 

クラウドセールへの参加は、お得なプロモコード「CCR002」でボーナス!
GetGame-2

「ぽっち×6」と応援お願いします。

仮想通貨 ブログランキングへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 仮想通貨へ
仮想通貨 にほんブログ村へ
このエントリーをはてなブックマークに追加

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

GMO運営のビットコインと交換可能なポイントサイト!登録だけで500Pゲット!
ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

2009年にノルウェーの男性が、24ドル(約2400円)分のビットコインを購入した。4年後、その男性のビットコインの価値は、なんと数千万円に膨れ上がった。本企画は、暗号通貨に関心の無い一般主婦が、初期投資ゼロから暗号通貨を無料で貰い、他の通貨に交換しながら、4年後にいくらまで増やす事が出来るのかという企画です。
satomi
暗号通貨革命:みずほ、りそななど国内47行が参加し、内外為替一元化コンソーシアムが展開する、Rippleをクラウド上で活用する世界初の試み「RCクラウド」のスケジュールが公になって来ました。もともと4月以降と発表されていましたが、海外送金は夏以降、国内に関しては秋以降に随時開始されるようです。そこで、今日はWAVESとGEMZを海外の取引所「bittrex」でビットコインに交換後、XRPにしたいと思います。ところでブロックチェーンを活用した銀行のサービスに関するニュースをTVや新聞で見ましたか?

さとみさん:いえ、見てないです。知らなかったです。

暗号通貨革命:そうですか。やはり一般の人には、目に留まっていないようですね。そうしましたら「bittrex」のサイトにアクセスし、サイト右上の「LOGIN」から新規でアカウントを開設します。表示されたページの「Sign Up」をクリックし、メールアドレスとパスワードを登録して、規約に同意してアカウントを開設します。その後、登録したアドレス宛に確認メールが届くので、リンク部分をクリックし、登録を完了させます。登録後「Settings」にて2FAの設定を行って下さい。
bitterex01
アカウントで取引を始めるにあたって、初めにビットコインを入金する必要があります。各アセットの左端に表示されている「+」が入金、「-」が出金先になります。
bitterex03
 
まず入金「+」をクリックします。表示された画面で「New Address」をクリックしてアドレスを作成します。
bitterex04
あなた専用のアドレスが赤枠に作成されますので、このアドレス宛にビットコインの入金を行います。ビットコインの入金が終わったら、同じようにWAVESとGEMZのアドレスを作成し、取引する為に入金をします。着金すると「PENDING DEPOSIT」に数字が反映され、「AVAILABLE BALANCE」に移ると取引が可能になります。
bitterex05
次に売買に関してですが、SELL側の「Units」に保有している売却希望数(275GEMZ)を入力し、「Ask」に売却したい対BTCプライスを入力します。取引が成立したら、WAVESも同様の手続きをしてBTCへ交換します。あとは、手に入れたビットコインをXRPに交換すればOKです。今回は、最終的に6086.69824XRPを新たに手に入れる事が出来ました。
bitterex05
 
あとがき        
暗号通貨革命:外国為替は内国為替における中央銀行のような組織がない為、各国のコルレス銀行がその役割を追っています。wikipediaによれば、日本のコルレス銀行は東京三菱UFJ銀行(円)がほぼ独占していると言います。その東京三菱UFJ銀行は、内外為替一元化コンソーシアムとは別枠で、シンガポールの中央銀行が行うRippleを活用したプロジェクトに参加しています。このプロジェクトには、JPモルガン・チェース(米ドル)、HSBC(ポンド)などのコルレス銀行やR3などが参加しています。流動性の面から考えると、必然的にこちらのプロジェクトの方が早く稼働する可能性が高そうです。
本日の交換後保有数   
・175Waves →  0.03225740BTC
・275GEMZ →  0.00066384BTC
・0.03292124BTC → 6086.69824XRP                       

Ripple社よりパートナーシップの相談を受け、XRPの取り扱いも開始!
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

※この内容の無断転用を禁止します。内容を利用する場合は、ぜひリンクをお願いします。



「ぽっち×6」と応援お願いします。

仮想通貨 ブログランキングへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 仮想通貨へ
仮想通貨 にほんブログ村へ
このエントリーをはてなブックマークに追加

このエントリーをはてなブックマークに追加

ソロス一族も投資!無料のアカウント開設や初回デポジットでゴールドプレゼント!
Goldmoney

「わらしべ暗号長者」も21ヶ月目に入りました。

2009年にノルウェーの男性が、24ドル(約2400円)分のビットコインを購入した。4年後、その男性のビットコインの価値は、なんと数千万円に膨れ上がった。本企画は、暗号通貨に関心の無い一般主婦が、初期投資ゼロから暗号通貨を無料で貰い、他の通貨に交換しながら、4年後にいくらまで増やす事が出来るのかという企画です。

2月末の評価額です。合計9,512円 前月比86.52%
wara1703
内外為替一元化コンソーシアムにおいて 「RCクラウド」の構築完了及び実証実験実施のお知らせ~コンソーシアムは今後の商用化を見据えた活動を継続~「SBIホールディングス株式会社」(2017.3.2)
『人事を尽くして天命を待つ』2015年4月に日本最初のゲートウェイ、RTJ(リップルトレードジャパン)が突然破綻しました。Rippleへの投資が日本の暗号通貨普及の一番の近道であると、Ripple信用回復も兼ねて2015年5月に始めたこのブログもあれから丸2年。日本の金融機関47行が参加する、内外為替一元化コンソーシアムが「RCクラウド」の構築完了を発表しました。既に日本におけるRipple導入のシェアは30%以上に達しており、今年の夏以降に海外送金を、秋以降(年内5行を目途)には国内にて随時サービスを開始するようです。またRipple社のYoshikawa氏によれば、プロジェクトの参加行は年内さらに10~20行が増える見込みであり、国内の銀行総数におけるシェアは40%に達するとの事。

これでRipple導入行間における送金は、海外も含め24時間365日可能になり、コストも10分の1以下で僅か数秒で行える事になります。

もうやるべき事はやりました。4月以降にはRippleを活用した海外送金も開始される予定との事でしたので、個人的に行っていたトレード用のBTCも2月の最終日にポジションを全て解消し、XRPへと交換しました。一部ではXRPに関して風説の流布が行われているようですが、後はなるようになる。結果を待ちたいと思います。
現在の保有資産        
リップル     6338.212233xrp
ルーメン      2025xml
Getgems               275gemz 
ビットコイン     0.00086457btc
SHUMAICARD   1枚
Bitzey       5217.22ZNY 
QBITS      1,000QBITS
BRICS      100,000BRICS
ベイジアコイン    6BSC
Waves      175Waves
steem                      6.118STEEM
Dinomess      75Dinomarkers 
Guerilla                   10Guerilla 
global iDPoints   100GIDP
moppy Points       54P

コインプロは、小額なので割愛。以下のコインは流動性が低いので評価額から外しました。
BITCOINCHAN       1BITCOINCHAN 
BOJCOIN                1BOJCOIN
CHOCO                  1CHOCO
COGCOIN              1COGCOIN
ESECOIN               1ESECOIN
MUFGCOIN           1MUFGCOIN
NTMEMBERSHIP  1NTMEMBERSHIP
NULLPO                1,000NULLPO
TINCOIN                100,000TINCOIN

Ripple社よりパートナーシップの相談を受け、XRPの取り扱いも開始!
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

※この内容の無断転用を禁止します。内容を利用する場合は、ぜひリンクをお願いします。

「ぽっち×6」と応援お願いします。

仮想通貨 ブログランキングへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 仮想通貨へ
仮想通貨 にほんブログ村へ
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ