暗号通貨革命

独自の視点でデジタル通貨の未来を語る。(リップル、イーサリアム、ビットコイン、Waves、Obits、BitGoldなど)
仮想通貨の可能性を探求し、広く普及させるにはどうしたら良いか考え、色んな事にもチャレンジして行きたいと考えるブログ

当ブログの無断転用を禁止します。内容を利用する場合は、ぜひリンクをお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

世界初のP2Pの分散型取引所!無料のアカウント登録で仮想通貨が貰える
2016年8月に行われた7月度のBuy-Backレポートを追加しました。なお、CCEDK(Brain)がオープンレジャー(Platform)を含めたエコシステム全体を分散型コングロマリット(DC)というイメージに変更しているので統一しました。
CCEDKが展開するDCと呼ばれる分散型コングロマリットプロジェクトには、毎月前月の手数料収入などを使い、自らのト-クン(自社株)の購入を行うBuy-back(バイバック)という仕組みがあります。

上場企業の自社株買いは市場価値を算出して計画的に行われますが、CCEDKのBuy-backは、市場価格に関係なく決まった日付けに行われます。しかも買い上げたト-クンは、DACが保有するのではなく全て燃焼(Burn)され、上限の決まっているトークンの総数は減少します。つまり株主1株当たりの価値は必然的に上昇する事になります。更にプロジェクトの利用者数が拡大すると、手数料収入なども増え毎月のBuy-backに利用される金額も増加します。
インサイダー情報!?もし自社株買いが行われる銘柄を事前に知っていたら?「暗号通貨革命」(2016.1.12)
Burn
実際に行われたObitsの買い戻しの様子「BUYBACK」(2016.4.2)
1603buyback
Buy-backが行われる時間は毎月、月初(Obitsは2日、BTSRは3日)の12:00 UTC(協定世界時)です。日本時間では9時間早く設定されていますので21:00になります。このページでは毎月Buy-backのシステムが導入されている、各プロジェクトの結果をレポートにまとめてみようと思います。また以下ではBuy-backが行われる最新のクラウドセールが確認出来ます。
“仕事がない世界”がやってくる!? 分散型コングロマリットを展開するCCEDKの最新セール情報「暗号通貨革命」(2016.3.29)
プロジェクト一覧(2016.8.12更新)
1.OpenLedger(オープンレジャー)
トークン名:Obits(オービッツ)
総発行量:18,276,898Obits→現在残数:17,578,203Obits(96.17%)
流通数:7,146,007Obits(40.65%)
利益の分配:オープンレジャーの手数料やクラウドセールの売り上げの一部、BitTeaserなどの共同プロジェクトなど、将来加わる新たなプロジェクトの利益の一部がBuy-backに充てられます。
obits
(対ドルチャート:2016.8.12)

「実施日」 「消滅数」   「Buy-back金額合計」     「対BTS比」
2016.8.2:183,588Obits  「3,742,911 BTS + 3.199 BTC」+14.1% (BTS)
2016.7.2:135,080Obits  「3,118,740 BTS + 2.42 BTC」+9.74% (BTS)
2016.6.2:133,284Obits  「3,301,853 BTS + 2.3976 BTC」+12.10% (BTS)
2016.5.2:  71,939Obits  「2,131,249.5 BTS + 2.4 BTC」+6.62% (BTS)
2016.4.2:  66,233Obits  「1,424,961 BTS + 2.14 BTC」+19.18% (BTS)
2016.3.2:  50,770Obits  「1,188,000 BTS + 1.1946 BTC」+40.92% (BTS)
2016.2.2:  49,800Obits  「1,330,200 BTS + 1.257 BTC」 +9.55% (BTS)

2.BitTeaser(ビットティザー)
トークン名:Btsr(BTSR)
総発行量:10,600,000Btsr→現在残数:10,567,369Btsr(99.69%)
流通数:2,267,337Btsr(21.45%)
利益の分配:収益の70%が分配されます。そのうちの80%がBTSRのBuy-backに利用され、残りの20%は月々の配当金またはObitsのBuy-backに充てられます。

「実施日」 「消滅数」   「Buy-back金額合計」     「対BTS比」
2016.8.3:   4,031BTSR  「30789 BTS +  0.2223 BTC + 12.11  ETH + 126.20 USD 」 +7.4%   (USD)
2016.7.2:   7,340BTSR  「47343 BTS +  0.3205 BTC + 18.13  ETH + 213 USD 」+10.3%   (USD)
2016.6.2:   7,194BTSR  「98,970 BTS + 0.3146 BTC + 12.6 ETH」+13.7%   (USD)
2016.5.2:14,063BTSR  「227,634 BTS + 0.783 BTC +  31.68 ETH」+17.42% (USD)

3.ICO OpenLedger(アイシーオ オープンレジャー)
トークン名:ICOO(アイコウ)
総発行量:489,954ICOO→現在残数:489,954ICOO(100.00%)
利益の分配:収益の60%が分配されます。そのうちの60%がICOOのBuy-backに利用され、20%が月々の配当金またはObitsのBuy-back、10%がBloggers' Club、残りのそれぞれ5%がBTSRとCadastralsのBuy-backに充てられます。最初のBuy-backは、2016年10月3日実施予定。

オープンレジャーが提案するDAC型プロジェクト!プロモコード「war」でボーナス
sale

「ぽっち×6」と応援お願いします。

仮想通貨 ブログランキングへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 仮想通貨へ
仮想通貨 にほんブログ村へ
このエントリーをはてなブックマークに追加

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このエントリーをはてなブックマークに追加

「年中無休」最短15分でトレード開始!追証無しのビットコインFX
Steemitのはじめ方
<No.1>今なら10ドル相当のSteemPowerが貰える!話題の分散型ソーシャルメディアSteemit(スティームイット)の登録方法「暗号通貨革命」(2016.7.20)
<No.2>キュレーションサイトSteemit(スティームイット)の報酬が発生する2つの仕組み「暗号通貨革命」(2016.7.22)
<No.3>Steemit(スティームイット)に存在する3つの暗号報酬の役割「暗号通貨革命」(2016.8.3)
Steemit」のプラットフォームでは、3種類の通貨制度が導入されています。そしてこの異なる暗号通貨が、それぞれSTEEMのエコシステムの価値を保つ為に機能しています。それではその3種類の通貨制度とは、一体どのような仕組みなのでしょうか。

1)STEEM
まず一つ目の「STEEM」は、現在外部の取引所で売買されている価格が変動する通貨で、ビットコインとも直接交換する事が可能です。ユーザーはSteemitのアカウント名を利用するだけで、簡単に相手に送信する事が出来ます。毎日0.19%の割合で増え、1年で約10割増加します。高インフレ率の為、保有し続ける通貨としては不適切で、4年に一度訪れるビットコインの半減期のように、3.3年に一度10STEEMが1STEEMに併合される、供給量を調節するイベントが行われます。

新たに作られたSTEEMは「Steem Power」に形を変え、その9割がSP保有者の利子として、残りの1割が投稿や投票の対価としてスティーミアンに分配されます。与えられたSTEEMは、次に説明するSPとSDを購入する為に利用出来ます。

2)Steem Power(SP)
二つ目の「Steem Power」は「SP」と略され、Steemitに登録すると初めに与えられる暗号報酬です。SPは金利の付く通貨の役割を持ち、保有量が多ければ多いほど、ネットワークから多くの利息が与えられます。しかし、この3つの内SPだけは他人に譲る事が出来ず、STEEMに交換するにも1週間当たり1/104ずつしか行えません。なお全てをSTEEMに交換するには約2年が必要とします。

SPは長期保有者にメリットを与え、貯蓄量に応じて投票権が与えられ、キュレーション活動を通じて他のスティーミアンのポスト報酬に影響を与えます。つまりこのSPこそが、最もサイトの品質やSTEEMの価値向上と関係性が高くなり、名前の通りSteemのコンテンツを創り出す工場のエネルギーの源になっています。SPは内部留保されやすく、インフレ通貨であるSTEEMの価格下落抑制作用として機能します。

3)Steem Dollars(SD、SMD、SBD)
最後の「Steem Dollars」は「SD」と略され、価格がドルにペッグ(固定)される設計になっている特徴があります。ブロックの承認作業を行うWitnessは、このSDで年利10%の利子を得ます。ポートフォリオ上のコンバート機能で直接STEEMに交換出来、両替には1週間必要で、レートはその週の中間価格で決定されます。

このSDはSPとは違い流動性の点でメリットがあり、STEEMとの交換には制限がなく、Steemitに併設された分散型取引所で、いつでも自由に売買する事も可能です。しかしビットシェアズの「SmartCoin」と違い、完全に価格がドルに固定される仕組みではありません。ネットワークは取引量に応じてインセンティブ報酬(interest)を与え、流動性の確保を行っています。またSDは自由に譲渡が出来、ドルにペッグされている為決済とも相性が良さそうです。今後STEEMのようにコミュニティー内外で利用され、CtoCマーケットにおける流通通貨としても期待が出来そうです。
steemgetad_man
ビットコイン同様早期参加のメリットが高い ポイントはSPにあり!
現在の価格高騰の理由もこの3種類の通貨の仕組みにヒントがありそうです。つまり、外部の取引所で流通しているSTEEMよりも、保有しているだけで利子が付くSPの割合が非常に大きいのです。さらにスティーミアンがその希少性の高いSTEEMをこぞって購入している事が、時価総額に影響を与えていると推測出来ます。現在はまだスタートしたばかりで会員も少なく、早期参加メリットが大きい事も要因と言えそうです。

最後に要点をまとめると、まず早期にSteemitの燃料にあたるSPを増やす事が、スティーミアンライフの成功への近道と言えそうです。早い段階で多くのSPを保有すれば、複利で利子が増加します。またSPを多く保有すれば、コミュニティー内でコンテンツの報酬を決定する投票において大きな権限が与えられます。つまり、外部の取引所でSTEEMを調達して、SPに両替するのが手っ取り早い方法と言えそうです。
steem_00
1-1.STEEMをオープンレジャーで購入してSPに変更する

STEEMは、ビットコインをWalletのDepositに送金する事により直接購入する事も可能ですが、スプレッドが大きくレートが悪いのが難点です。従って分散型取引所オープンレジャーで購入する事をお勧めします。購入だけでなく売却にもアカウントは必要ですので、まだお持ちでない方は「bitshares.openledger.info」から作成しましょう。登録には記号や数字を含めた、希望IDとパスワードを入力するだけで10秒で可能です。使い方に関する説明ページは以下になります。
1-2.オープンレジャーに入金する
アカウントを作成したらSTEEMを購入する為の資金を入金します。ログインしたら「Deposit/Withdraw」をクリックし、プルダウンのメニューで入金する通貨を選択します。(例:BTCの場合)通貨を選択すると、赤枠にあなた専用のビットコインアドレスが表示されますので、そのアドレス宛に外部からビットコインを入金します。steemit_24
1-3.STEEMを購入する
入金が完了したら、STEEMを購入します。現在「OPEN.STEEM_BTS」、「OPEN.STEEM_OPEN.BTC」の順で取引が活発に行われております。
steemit_26
1-4.購入したSTEEMをSteemitに送金する
取引所でSTEEMが購入出来たら、オープンレジャーからSteemitに送金します。「Deposit/Withdraw」から「WITHDRAWAL」を選択し、通貨名「OPEN.STEEM」を選択し、ブルーの「WITHDRAW NOW」をクリックします。
steemit_27
1-5.Steemitのアカウント名を入力する
送金先アドレス「WITHDRAW TO ADDRESS」には、あなたのSteemitのアカウント名を入力します。
steemit_28
1-6.送金完了
確認画面が表示されるので、問題がなければ「CONFIRM」ボタンを押します。送金には若干の手数料(BTS)を必要とします。
steemit_29
 2-1-1.STEEMをSPに両替する(Power Up)
今度はSteemitのWalletの「Power Up」機能で、手に入れたSTEEMをSPに変更します。STEEMとSPは等価で交換され、両替にあたっての制限はありません。(逆のSP→STEEMの場合は制限あり) 
steemit_30
 2-1-2.STEEMSPに両替する(Convert to Steem Power)
「Power Up」をクリックすると、以下の画面が表示されますので、交換希望金額を「Amount」に入力し「Power Up」ボタンを押します。
steemit_31
 2-1-3.SPに両替完了する
手続きが終わるとWalletの「STEEM POWER」に取引が反映され、HISTORYに履歴が残ります。
steemit_32
3-1
SDをSTEEMに両替する
ブログの投稿などによって貰えるSDは、保有しているだけでは利子が付きません。従って初期であればSPに交換した方が良いでしょう。変更方法には「Convert to STEEM」と「Buy or Sell」の2種類の方法があります。
steemit_14

3-1.Convert to STEEM
「Convert to STEEM」では、1週間かけてSDをSTEEMに変更します。レートはその週の中間価格で決定され、一旦この依頼を行うとキャンセルすることは出来ません。
steemit_33

 3-12.Convert to STEEM(2)
「Convert to STEEM」をクリックすると以下の画面が表示されますので、交換希望金額を「Amount」に入力し「Convet」ボタンを押します。
steemit_21
 3-13.Convert to STEEM(3)
依頼を行うと、一旦管理画面からSDが消えます。※現時点ではここまで確認済み。
steemit_22
 3-2-1.Buy or Sell
「Buy or Sell」では併設された分散型取引所で、SDの売却や購入が出来ます。今回はSDを売却し、STEEMを手に入れます。
steemit_34
 3-2-2.Buy or Sell(2)
STEEMを購入する為、緑のBuyのフォームに取引情報を入力します。今回は、PRICE「3.340(SD/STEEM)」、AMOUNTに「0.09(STEEM)」、TOTALが「0.3(SD)」を入力してみます。注文情報の入力が完了すると、下部のOpenOrdersに表示されます。
steemit_35
 3-2-3.Buy or Sell(3)
無事成約すると、WalletのSTEEMに取引が反映されています。今回は0.0090STEEMに変更されました。
steemit_36
暗号通貨革命人気企画「わらしべ暗号長者」に続く、検証企画第2弾!
bitgold



「ぽっち×6」と応援お願いします。

仮想通貨 ブログランキングへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 仮想通貨へ
仮想通貨 にほんブログ村へ
このエントリーをはてなブックマークに追加

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このエントリーをはてなブックマークに追加

ビットコインが手に入るポイントサイトが増えています!複数併用で大量GET!
pointbanner

「わらしべ暗号長者」も15ヶ月目に入りました。

2009年にノルウェーの男性が、24ドル(約2400円)分のビットコインを購入した。4年後、その男性のビットコインの価値は、なんと数千万円に膨れ上がった。本企画は、暗号通貨に関心の無い一般主婦が、初期投資ゼロから暗号通貨を無料で貰い、他の通貨に交換しながら、4年後にいくらまで増やす事が出来るのかという企画です。

7月末の評価額です。合計10,968円 前月比99.48
wara1607

 第22回 (7月29日掲載分)
・3steem
 
世界的なマイナス金利の影響からか、暗号通貨業界では保有量にインセンティブを与える、利子や配当という概念を導入するプロジェクトが増えているようです。今月登録したキュレーションサイトSteemitは、その代表的なものと言えそうです。

現実の世界では、銀行に預金をすると利子が貰えます。私が子供の頃は、郵便局に定期預金をしているだけで10%の金利が付くなんて時代もありました。これはあなたから預かったお金を銀行が代わりに運用し、その利益の一部が利子として支払われていたわけですが、このSteemitの概念は全く異なるものです。ビットコインはデータ構造とアルゴリズムによって信用を構築し、裏付けとなる担保を不要にしました。Steemitは、さらに配当や利子といった概念をアルゴリズムに組み込んだ画期的な仕組みと言えそうです。

最近はXRPの価格に全く動きがないので、Bitsharesのエコシステムを調べて徐々に理解を深めています。個人的にこのコミュニティーは非常に興味深く、企業家精神溢れる集団だと思っています。やはり、まずはじめにブロックチェーンとAIの融合にチャレンジするのは、この人達ではないだろうかと思ってしまいます。3年後にはコンピューターが人間の能力を超える時代がやって来ると言われていますが、引き続きDACの環境整備を目指すBitsharesに注目して行きたいと思います。

現在の保有資産        
リップル     5338.212233xrp
ルーメン      2025xml
Getgems               151gemz 
ビットコイン   0.00086457btc
SHUMAICARD  1枚
Bitzey      2840.47ZNY 
QBITS      1,000QBITS
BRICS      100,000BRICS
ベイジアコイン     6BSC
Waves     175Waves
steem                      3.222STEEM
Guerilla                   10Guerilla 

BITCOINCHAN       1BITCOINCHAN 
BOJCOIN                1BOJCOIN
CHOCO                  1CHOCO
COGCOIN              1COGCOIN
ESECOIN               1ESECOIN
MUFGCOIN           1MUFGCOIN
NTMEMBERSHIP  1NTMEMBERSHIP
NULLPO                1,000NULLPO
TINCOIN                100,000TINCOIN
コインプロは、小額なので割愛。

取引所の口座開設は、手数料&出来高などの最新比較情報をチェック
ripplebr

※この内容の無断転用を禁止します。内容を利用する場合は、ぜひリンクをお願いします。


「ぽっち×6」と応援お願いします。

仮想通貨 ブログランキングへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 仮想通貨へ
仮想通貨 にほんブログ村へ
このエントリーをはてなブックマークに追加

このエントリーをはてなブックマークに追加

このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたの仮想通貨が値上がりした時に、必ず持っていたい1枚!世界で使えるカード

2009年にノルウェーの男性が、24ドル(約2400円)分のビットコインを購入した。4年後、その男性のビットコインの価値は、なんと数千万円に膨れ上がった。本企画は、暗号通貨に関心の無い一般主婦が、初期投資ゼロから暗号通貨を無料で貰い、他の通貨に交換しながら、4年後にいくらまで増やす事が出来るのかという企画です。
satomi
暗号通貨革命:ITリテラシーの高くない人でも、簡単に暗号通貨と触れ合う事が出来る本格的なサービスが登場しました。 Bitsharesの創設者が開発した分散型SNS「Steemit」が、一気に時価総額で3位に躍り出て業界で話題を集めています。現在はまだスタートしたばかりのβ版で、ユーザーがブログの投稿をキュレーションするサービスだけがメインになっています。

今ならアカウント開設で10ドル相当のSteem Power(SP)が貰えます。SPは保有量に応じて利子が付き、早期に参加すればするほどメリットが大きい仕組みになっています。フェイスブックのアカウントさえあれば、誰でも簡単に登録出来るので、以下の案内ページに従って早速開設してみましょう。
さとみさん:すいません。なぜか会員申し込みが殺到していて、順番待ちになっているようなのですが・・・。

暗号通貨革命:え!本当ですか?昨日は普通に登録が出来たのにおかしいですね・・・。確かに順番待ちになっています。先日ハッキングのトラブルにあったので、その影響かも知れません。残念ですが、再開するまで暫く待ってみましょう。

さとみさん:分かりました。

<翌日>

暗号通貨革命:今日から新規登録の受付が再開されたようです。

さとみさん:では登録してみます。一応説明ページ通りに登録しているのですが、パスワードの箇所が若干違うようです。大丈夫でしょうか?

暗号通貨革命:確かに、今回パスワードが自動的に割り振りされる仕様に変更されたようです。そこは問題ないので、そのまま進めて下さい。

さとみさん:多分これで出来たと思うのですが・・・。

暗号通貨革命:お疲れ様です。
 
あとがき        
暗号通貨革命:個人的に期待しているBitsharesですが、そのエコシステムに救世主が現れたかも知れません。Steemitは、Bitshares上のトークンではないので直接関係がないように見えますが、背後ではその関係者達の協力によって成り立っているようです。もしかしたら、今後Bitsharesのコミュニティーとのシナジー効果も期待出来るかも知れません。なお突如として現れたこのサービスですが、よくあるICOで資金調達を行ったプロジェクトではないようです。ビットコイン同様ゼロから価値を生み出す不思議な仕組みで成り立っており、一部ではこの複雑怪奇なビジネスモデルのせいで、その持続性に関して懐疑的な見方をしている人達もいるようです。しかしながら、まだ何も生んでいないのに過度な評価がされているプロジェクトが多い中で、このSteemitは実際にアプリケーションレイヤーで稼働しています。Bitsharesコミュニティー以外の方でも、今後が楽しみなプロジェクトである事は間違いなさそうです。

本日の収入(レートは登録時)
・STEEM      3Steem Power  804円
 
世界初のP2Pの分散型取引所!無料のアカウント登録で仮想通貨が貰える

※この内容の無断転用を禁止します。内容を利用する場合は、ぜひリンクをお願いします。


「ぽっち×6」と応援お願いします。

仮想通貨 ブログランキングへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 仮想通貨へ
仮想通貨 にほんブログ村へ
このエントリーをはてなブックマークに追加

 

↑このページのトップヘ