今週はお休みです。もしもし リーズ その1

2008年07月30日

西野公論名言集

たとえ、芸人としてのパフォーマンスだとしても。



これらの言葉が本当に実際の彼を表しているのか、
そこはどうでもいい、と僕は思う。
この内容を意識することで、
何らかの前向きの力が生まれるのなら、
僕はそうすることを選びたい。
「真実か否か」という評価は、問題にならない。

純粋に自分の損得を考えられるように、少しは、なってきた。
そうした方が後悔が少ないということも覚えたから。

中学〜高校の頃は嫌いなものが多かった。
あらゆるものを、小馬鹿にしたような目で見て、
粗を探して、最後にはそのもの自体を否定する。
何かを嫌いだと言うことで、自分を保っていられるという感覚。
若さって、この感覚のことを言うんじゃないかな。

最近は、
「自分にとってどう考えることが一番得だろう?」
まず、それを考えることにしています。



・・・お喋りが過ぎました。僕の言葉はここまで。
2ちゃんねるで最も嫌われている芸人の言葉をどうぞ。
たとえ嘘だとしても、これだけ前向きな言葉を発し続けてくれると、
それだけで、ありがたみあるよなぁって、僕なんかは思いますが。
ネガティブな言葉を吐く人、最近多いと思いませんか?
(「最近」?否。時代を問わず。昔っから。)
僕はそうなりたくない。
貴方にもそうなってほしくない。


>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>


嘆くのはとても簡単。だから僕達が考えなきゃいけないのは、
この状況で、いつまでたっても変わらないこの状況で、
どう動くか、それを考えることだと思う。
今、現在自分が置かれている状況を嘆いたってしかたがない、
それじゃ何も変わらないし、
「だとしたらオマエ、自分に追い風の時しか動かないのか?」
ということになる。
向かい風でも前に進むんだ。ヨットにできて、人間様にできないはずがない。


ひたすらやってやるのだ。
とにかく自分に隙を与えてはダメだ。
いろいろ考えてしまって、最後には寂しくなるからだ。



すぐに認められる人というのはかえって不幸だよ。
耐える免疫がないから。
そして結局最後は積み重ねたモノのほうが強い。
3匹の子ブタだよ、まさに。

ボクはその点ではとても幸せ。さて、そろそろ丶丶丶


そう考えると大変な思いは進んでしておくべきだ。
何か信じられないくらいデタラメに大変なことを、
探して、経験して、クリアしておくべきだ。
「自分はやり遂げる奴」という事を体に染み込ませておけば、
もう何がきたって大丈夫。



最近思うのは、何だってできるということ。
僕は「何だってできる」と思っているからね。


かといって「みんな変わっちまったぜ」なんてウンコ臭いことは言わない。
変わることは何も間違った事ではないからだ。


でも本当はね、仕事って楽しいもんなんだよ。
中途半端にやるから楽しさを見出せないんだ。
徹底的にやると楽しい、そして「楽しい」というのは読んで字のごとく、
ラクなんだよ。こっちの方がラクなんだぜ。



今のボクに迷いは一つもないのです。
大きな賭けに出たということは自覚できているので、
もうやってやるしかないんです。
ドカーンです。


「努力してる?」と訊かれたら、
「メチャクチャしてますよ。たぶん僕が一番してます」と答える。
「自信はある?」と 訊かれたら、
「メチャクチャありますよ。間違いなく結果出せますよ」と答える。
僕はそういう戦い方が好き。


今日も明日も僕の夢でした。
それがなんとなく叶っていく度に努力とやらの存在を僕は肯定するよ。


約一万人の漫才師の中で僕が一番努力しているのだ。
どの方面であろうと自分が「一番」を要していれば気が楽になる。
人より努力するなんて簡単なことだ。
それは臆病な自分と向き合えばいいだけだからだ。



早く終わらせて楽になりたい。
ただ、思うことがある。
これができたら僕はもう何だってできるんじゃないか、ということ。
これ以上に苦しい事はそうそうないだろうから何がきても大丈夫。

そんな気がするのだ。


僕はこの試練に耐えようと思う。
本当に辛くて、たまにどうにかなっちゃう時もあるけれど…。
自分で勝手に作ったこの試練に耐えてみようと思う。

それは結局のところ、日本中を驚かせたいからなんだ。


最近になって思うのは、
完成までにこれだけの年月を要するものに出会えたのは幸せだということ。
僕だって人間、簡単な言葉を使うと、しんどいのは嫌だ。
だけどこれだけしんどい思いをしても今回のは「作ろう」と思えたのです。
完成は何年後かになるのに、「作ろう」と思えたのです。
言っておくが、これは幸せだ。
この先、僕が何年生きるかは知らないけど、そうそう出会えるもんじゃない。

そんなものに出会わずに生涯を全うする人だっているわけだ。
そう思うと本当に僕は幸せだと思う・・・
絵本制作の時は、そう自分に言い聞かしているのです。
ツライぞ、バカヤロウ。


それまではお正月なんてやって来ない。
何も明けないし、何もめでたくない。


ボク達は遊ばないと意味がないんだ。最近、それを本当に強く強く思う。
遊ばないと意味がない。好きなことをしないと意味がない。
その為の努力、その為の少しの才能と、その為の仲間。
他人の目なんて本当にどうだっていい。自分が楽しめりゃ勝ちだ。
まわりが自分の話題をすれば勝ちだ。
心ない人の言葉で止まってちゃダメだ。適当にウンコを投げてやればいいんだ。
それよりボク達は自分が遊べる場所を必死で探すんだよ。もがくんだよ。


「知るか、そんなもん」という言葉を呑みの席でボクはよく口にするんだけど、
別にそれは自暴自棄になっているわけでもなく、
まわりの視線くらいではブレーキは踏まないということで。


やりたい事が山ほどあるんだ。
だからもう何かを始めている人、それが何であろうともうボクはバカにはしないよ。
ボクがそいつを鼻で笑っている間にそいつは前に進んでいるわけだ。
そんな恐いことできないよ。ウサギとカメだよ。
カメが勝つとかそういう事じゃなくて、カメであった方が楽しい。そういうこと。
・・・(中略)・・・何でも、とりあえずはやってみた方がいいね。皆もそうしなよ。
人のあげ足を取ることに汗を流すより、よっぽど楽しい人生だぜ。

人の謝罪をいつまで楽しんでんだ、と思うね。まぁ、そんなことはいいか。


そして気がつけば23時、頭か口か手を動かし続けて12時間。
とりあえず今日はかなり充実した一日。今日は完勝です。
こんな日を続けていきたいもんだ。


僕は僕が思うように動く。
思うように動かないと、きっとそれは体に良くないから。
何事も思うように動けるようになりたい。
だから頑張るのだと思う。


毎日、頭フル回転だぜ。


「忙しかったから無理」などというウンコみたいな事は言わないのです。


始めますか、今日も。密度の濃い一日にしてやるぜバカ野郎。


朝御飯を食べると胃が活発になって、一日中お腹がすくでしょ?アレと同じ。
朝から頭を真剣に回すと脳ミソが活発になり一日中グルグル回りだす。


TVをつければ「この舞台で伝えたかったことは・・・」
てなことを舞台演出家が喋っていた。
つまりは結局、伝わってないじゃないか。
・・・(中略)・・・伝えたいことなんて何もないですよ。
「芸術」と言い切って逃げるのは気持ちが悪い。
感動させる為に簡単に人を殺して安っぽい涙を得るのも気持ちが悪い。
僕が作った舞台の判断の仕方はいたって簡単。
笑い声が起こらなければ駄作。これだけ。


僕達はこれからも時代の流れに翻弄される、それでも生き抜くのだ。


頑張っていれば、青春は続けさせてくれるようだ。


ここのところ充実した毎日をおくれています。
前から準備していたことが少しづつ少しづつカタチになってきて、
それが自分の目で確認できて、体力的には少し辛いときもあるけれど、
楽しさで吹き飛んでしまうのがほとんどです。
・・・きっと幸せなんだと思います。


引き続き作業に戻ろうと思う。
もう少し待っててね。
あなたの期待を裏切りたくないからね、
少し時間がかかるんだ。
ボクはやるよ。


会場のカタチはどんなだろう?
舞台も客席もキュッと締まった感じだったら嬉しいし、
前回の独演会のようにミラーボールが回っているような場所でも、
それはそれで腕がなる。
とにかく大事なのは「やる」ということだ。
頭じゃわからない、やらなきゃ何もわからない。


変に考えてコジンマリしてしまうのが一番くだらない。


あいかわらず『舞台』ってのはすごい熱量だ。
時代がこうなってしまったことを嘆く暇があるのなら、
人の胸を熱くするようなことにボク達は尽力すべきだ。

ボクはそれを『舞台』に見つけた。


とりあえず仕上げた2枚の絵をお渡しした。
絵を受け取りキラキラした目でハシャギまわる幻冬舎の皆さんを見て、
結局ボクはこの様が見たいのだと、あらためて思う。


ワケがわからないよ。宇宙だよ。


今集中してやらなければいけないものが何かはわかっています。
今の僕は特に見失っていない。


この世界は何一つ腐っていないと思う。


あぁ、なんだこの嬉しい気持ちは。僕はね、ずっとこの感じでいたいと思うよ。


いつの日か、頭の中を真っ白にして、僕はあなたの隣に座ってシュークリームを食べたい。




crystal_hearts at 00:00│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
今週はお休みです。もしもし リーズ その1