新年度になって一日が過ぎようとしています。

歳の差のある私の家庭では、新年度への意識が、どうもずれているようです。

今日は日曜日ですが、長年教師をやってきた者は、4月1日は新年度の始まりの日であり、これからの1年に向けて、身が引き締まる思いになる癖がついています。

ところが子どもたちは春休み中で、まだ新学期にならないので、のんびりとした一日を過ごしています。

また、私が教師を辞めてまでの月日を同じ家庭の人間として過ごしていない相手は、それまでの学生気分が抜けないのか、子どもとともに春休み気分の一日です。

歳の差というのは、年齢が離れているということで単に身体の問題だけではなく、日々の生活感やこの先への考え方といったものが、大きく異なるものだということを、今日もあらためて思いました。

いっしょに住んでいるので、他人様から見れば、家族みんな同じようなものだと思われるのでしょうが、家のなかでは一人焦っている私です。

にほんブログ村 恋愛ブログ 教師と生徒の恋愛へ
にほんブログ村

にほんブログ村 恋愛ブログ 年の差恋愛へ
にほんブログ村

にほんブログ村 恋愛ブログ 秘密の恋愛へ
にほんブログ村