DSC_5040
天皇杯ディフェンディングチャンピオン、セレッソ大阪の試合中継が2回戦に続き3回戦も中継なしという仕打ちを受け、当日まで行けるかどうか微妙だったが14時に仕事を切り上げ出発することに。
時間がないのに途中、尼御前サービスエリアで海を眺めるw
JPEG_20180711_172713_6084316341028585065
スタジアム最寄りの金沢西ICの時点で18時。
でもスタジアム照明設備が見えるほど近いので左折すればすぐに到着。
駐車場が無料なのもありがたい。
DSC_5006
初めての西部緑地公園陸上競技場
JPEG_20180711_181043_6666557300587572893
天皇杯なのであまり期待はしていなかったスタジアムグルメだがいい意味で期待を裏切ってくれた。
DSC_5009
アルコール、コーヒーなど豊富な飲み物と「勝つサンド」とホットドッグ
DSC_5013
DSC_5014
ボリューム満点の豚串
DSC_5015
DSC_5018
あと2時間出発が早かったら市内でお寿司でも食べようと思ってたけどお腹もすいていたのでカツカレーにw
DSC_5019
DSC_5038
こちらも肉串
DSC_5022
車じゃなければビールとで食べたかった。
DSC_5024
DSC_5025
ソーセージ大盛り500円はフクアリの喜作よりいいかも。
DSC_5028
これも食べたかった、ツエーゲン焼き
DSC_5029
DSC_5030
ツエーゲングッズ売り場
DSC_5031
DSC_5032
バックスタンドとゴール裏は同じA席扱い。
DSC_5034
正直来れると思っていなかったので当日券で。
A席、前売料金+500円で天皇杯仕様のチケットGET。
最初メインスタンド側にしようと思ってたけど前売料金+1000円だったので諦める。。
DSC_5154
せっかくなのでアウェイ側入場口からは入らずツエーゲン側から入ることに。
DSC_5033
ツエーゲン、ゴール裏
DSC_5037
清原、庄司の横断幕もあり。
DSC_5041
ツエーゲンのゴール裏、常に声が出ていて雰囲気良さそう。
特にGreen Dayの♪Basket Caseのチャントは一気に気に入った。


平日開催の金沢にも関わらず多数のセレサポが。
試合前にお寿司食べてるセレッソサポーターも多く、金沢滞在時間3時間半の自分からしたら羨ましい限りw
DSC_5056
両チームメンバー
DSC_5042
DSC_5044
セレッソはワールドカップメンバーの蛍、ジンヒョンと体調不良で沖縄キャンプ不参加の高木俊幸を除けばベストメンバーの布陣。
DSC_5047
DSC_5048
ツエーゲンは清原、庄司は共にスターティングメンバー。
主審は村上さん。
DSC_5050
基本メインスタンド観戦なので背中越しの整列は新鮮。
DSCPDC_0002_BURST20180711185556483
DSC_5055
キックオフ前には西日本豪雨の被害者を弔う黙祷
DSC_5057
DSC_5058
開始早々から主導権を握るセレッソ。
ボールもよく回り、サイドから中央からと相手のプレッシャーをいなし、チャンスを作りまずは曜一朗のパスに抜け出した水沼の先制点。

DSC_5066
先制点後もペースを握り続け曜一朗のクロスから清武の頭で2点目。
DSC_5085
得点シーン、動画は間に合わなかったw
キレキレで2アシストの曜一朗がどこか痛めたらしく前半で交代するアクシデント。
軽傷であることを願うのみ。
DSC_5079


前半は得点以外にも相手のプレッシャーをものともせずボールを回せていたしほぼ主導権を握れていた。
ディフェンディングチャンピオンらしく格の違いを見せつけれたかな。
DSC_5088
ハーフタイムにも天皇杯の軌跡。
前回チャンピオンのセレッソのシーンももちろん。
勝ち上がれば毎回このシーンが見れると思うと天皇杯観戦がより楽しみに。
DSC_5089
DSC_5091
DSCPDC_0001_BURST20180711195511961
DSC_5092


丸橋ミドル
清原は残念ながら後半の早い時間帯に岐阜時代に雨の長良川でオーバーヘッドを決められた佐藤と交代に。
DSC_5100
セレッソはサイドから有効的な上がりを見せる

丹野の見せ場

試合をしながらコンディション上がっていけばいいな、キヨ。
DSC_5112
セレッソとしては無理をせず、安全にボールを回しながらスキがあれば狙っていいかなという省エネサッカーを展開。
見ている観客としてはダレる部分もあるけどこういったサッカーが出来るようになったチームに対しては嬉しい気持ちも。

 
この日の観客は5540人
試合前に
ツエーゲンスタッフ「見込み予想が5000人くらい」
ツエーゲンサポ「平日なのに5000人も来るなんてセレッソ様々」
なんて会話が聞こえてくたので下位カテゴリーのホームで開催するのもいいことかな。
DSC_5119
バックスタンドもよく入ってた。
DSC_5140
いつものようにミドルを披露するソウザ

尹晶煥の中ではオスマル>ソウザなのかな。
この日もソウザが交代。
DSC_5127
オスマルのこういった前線への出し方、個人的には好き。

試合後に清原と庄司がセレッソゴール裏へ挨拶に来るかなと予想してアディショナルタイム前にゴール裏へ移動することに。
リーグ戦のスポンサーボードが無造作に置かれてた。
DSC_5134
DSC_5135
DSC_5136
この移動のせいで福満の得点シーンを見逃す失態。。
DSC_5138
3-0でツエーゲン金沢に勝利してセレッソが天皇杯4回線進出!
DSC_5147
DSC_5143
DSC_5142

ゴール裏に来た玉田社長にフランスの19歳取ってと無理すぎるお願いをするサポーターw
DSC_5149
セレッソをJ1へ連れていってくれたゴールを決めた清原と将来のセレッソを担ってほしい庄司へ向けてセレッソサポーターが色々と促すw
まずは清原のチャントと庄司のコールを。

 
DSC_5152

はっきり言って大人のサッカーに徹したセレッソ。
真夏の殺人的スケジュールを前にしてこんな現実的な省エネサッカーができたことは頼もしい。
ツエーゲン金沢の柳下監督のコメントがこの試合の全てかな。
_20180712_102059
_20180712_102125
_20180712_102235
_20180712_102337
4回戦は8/22、またもや平日で相手はヴァンフォーレ。またアウェイ開催になりそうだし移動距離も金沢より増える。。
選手、チームととっては勿論サポーターにとっても試練w
対するヴァンフォーレ甲府もJ2でありながらルヴァンカップ決勝トーナメント進出で天皇杯も4回戦進出。
チームの最大目標は勿論J1昇格のはずだが自ら過密日程に足を踏み入れて大丈夫なのか?
ルヴァンカップ準々決勝で当たる可能性もあるしもしそうなれば甲府と連戦の可能性もw
まあJ1昇格に専念させてあげる、優しさを見せてあげないと。
DSC_5093
元セレッソの選手の挨拶までスタジアムで堪能してゆっくり駐車場へ戻り出庫。
特段ストレスを感じることもなくスムーズに出れた。そしてすぐに高速のIC。
本当は寿司でも食べてゆっくり帰りたいが翌日も仕事で帰宅予定時間は25時。
残念ながらおとなしく帰ることに。。
あまりに高速のICとスタジアムが近すぎるのも地域活性化の視点からいえば問題かなw
お金が落ちない。
まあお金を落としたくてもそうさせてくれない現地滞在時間三時間半の自分が悪いのだが。。
DSC_5153
今度は観光もグルメも兼ねてもっとゆっくりと来たいなと。