心理カウンセラー 大野愛子

 ◇こちらは心理カウンセラー達が作る癒し系サイト「カウンセリングサービス」のカウンセラーのプロフィールページです。

カウンセリングサービス所属カウンセラー
大野愛子  東京地区担当

東京でカウンセリング活動をしている大野愛子です。

電話カウンセリングにつきましては全国から、面談カウンセリングは東京駒場の面談ルームにてご相談をお受けしています。

「失恋からの立ち直り、不倫や都合のいい女からの卒業、本気の婚活、浮気や離婚問題を乗り越える、夫婦関係の修復、離婚からの再出発」など、恋愛&男女関係のご相談に多くのご依頼をいただいております。

このブログでは、30歳からのうまくいかない恋愛を卒業する秘訣、40歳からのこじれた男女関係を修復する方法についての記事をメインに書いています。

左にあるカテゴリ一覧から、お悩みのジャンルにあわせて読んでいただければと思います。

アメーバブログ公式サイト『恋愛テクニック』 では、「不倫と浮気」「うまくいかない恋の処方箋」の執筆を担当。 独身・既婚女性のライフスタイルと幸せを応援しています。

>>>カウンセラーの一覧へ
>>>カウンセリングサービスのHPへ
>>>カウンセリングサービスって?

01c0767b-s

■自分のことなんだから、自分でなんとかしたいと思うあなたに。

こんにちは。
カウンセリングサービスの大野愛子です。


今日はカウンセラーのひとりごと。
なので、あまり気にしないで読んでくださいませ。

e09227888512bc96e3cef71c798371ed_s

「自分のことなんだから、自分でなんとかしたい」
なにかに悩んだ時、そう思う人がいます。


自分でなんとかしたい。それはそれでいいんです。
私もそういう生き方、好きですし。


「誰にも頼らず克服したい」


その思いが強ければ強いほど、周りの人との壁を作ることがあります。
その壁の内側に入ることを、孤独といいます。


誰にも頼らず生きて行けたら完璧かもしれないけど。
その自分になったら、誰も必要としない自分になるでしょうね。


それが、孤独。


人は人から必要とされたいし、してあげられることがあれば、してあげたいもの。そういうふうにできています。


いいんですよ、迷惑かけても。
いいんですよ、頼っても。


そのかわりに、今度はあなたがその人の力になってあげましょう。
あなたが頼ってあげなければ、その人もあなたに頼れないのですから。


でもね。


これぐらい言っても頼れない人が、カウンセリングに来るんです。
近くの人に頼れないから、ちょっと遠くのカウンセラーの方が少しだけ頼りやすい。


あなたもそうでしょう?
ええ、だからいつでもお待ちしてますよ。


 >>自分もそうだと思う方は下記をクリック!
 無料電話カウンセリングを受けることができます!

107_1024

◎大野愛子のカウンセリング◎
ただいま4月のご予約を受付中です。

直近でご利用いただける面談の枠(東京)です。
ご予約をお待ちしております。

3/23(木)10時・13時
3/26(日)10時・13時・16時
3/30(木)13時

月のカウンセリングのご予約を受付中です。
>>
4月カウンセリングのスケジュール

■カウンセリング予約センター■
℡ 06-6190-5131

受付時間 12:00~20:30
月曜日定休(祝日の場合は翌日代休)


カウンセリングについて(面談/電話)
無料カウンセリング
カウンセリングルーム(会場案内)
料金とお支払い方法
カウンセリングの予約方法

■4月の面談・電話カウンセリングのご予約を承ります。

こんにちは。
カウンセリングサービスの大野愛子です。

いつもカウンセリングのご利用をありがとうございます。

4月分の面談・電話カウンセリングのご予約を20日(月)12時より承ります。

うまくいかない恋愛(片思い・失恋・不倫)、こじれた男女関係(浮気・離婚問題)などのご相談をとくに多くいただいております。

もうそろそろどうしかしたいお悩みがある方、どうしたらいいのかわからないお悩みがある方、一度お話し聞かせていただけませんか?

あなたの幸せを応援したいのです。ご相談お待ちしております。

※4月分の電話カウンセリングの枠はいつもより少なめのご用意です。ご希望の時間帯がある方は、早めのご予約をお勧めいたします。

※なお、3月の電話カウンセリングは満席です。
面談カウンセリングは下記でご利用いただけます。

3/23(木)10時・13時
3/26(日)10時・13時・16時
3/30(木)10時・13時

<大野のカウンセリングについて>
私のカウンセリングでサポートできる具体的なこと
カウンセリングってどんなことをするの?
私のカウンセリングスタイルについて
カウンセリングで話すということの意味について
無料電話カウンセリングを受けることができます!

カウンセリング予約センター
☎ 06-6190-5131

受付時間 12:00~20:30
月曜日定休(祝日の場合は翌日代休)

スマホ










●面談カウンセリング

4月の面談カウンセリングの日程
1日(土)・2日(日)・9日(日)・11日(火)
14日(金)・15日(土)・16日(日)17日(月)
19日(水)・22日(土)・24日(月)・30日(日)
おおむね10時/13時/16時での待機となります。


目黒区駒場:東京カウンセリングルーム
で、直接お会いしての面談カウンセリングです。

◎面談カウンセリング120分 (21,600円~)
より個人にフィットした心理分析をもとに、原因となっている心の痛みを癒すセラピーを用いたり、どうしていけばいいのかについて具体的なプランをお話しをさせていただきます。

◎面談カウンセリング60分 (10,800円~)
ご相談内容について「なぜそうなってしまうのか」「これからどうしていけばいいのか」についてのお話を心理分析と具体的なアドバイスを交えてお話しさせていただきます。

上記の二種類をご用意しております。
まず1時間でご予約いただき、当日に2時間に延長をすることも可能です。
料金は当日面談ルームにてお支払いください。

詳しくは
>>
面談カウンセリングってなにするの?
>>料金などについてのご説明
>>東京カウンセリングルーム(会場案内)

●電話カウンセリング

お電話でのカウンセリングです。
日常の中にいながらご自身のペースでカウンセリングが受けられます。

「なぜそうなってしまうのか」「これからどうしていけばいいのか」についての心理分析と具体的なアドバイスを交えてお話しをさせていただきます。

平日の20時、21時、22時でご用意しております。

◎初回の電話カウンセリングは無料
(45分間)※お電話代のみご負担下さい。
・カウンセリングがどのようなものか体験したい
・カウンセラーとの相性をお試しいただくために
初回は無料で電話カウンセリングをご提供しております。

詳しくはこちら
>>
無料カウンセリング

◎電話カウンセリングのセットコース
(45分×4回 12,960円)
・遠方で面談カウンセリングを受けることが難しい
・忙しいので面談カウンセリングの時間が取れない
・面談を受ける前にまずは話をしてみたいなどの方に

4回セットでのカウンセリングをご提供しております。
料金は銀行振り込みにてお支払いください。

詳しくはこちら
>>
電話カウンセリング
>>料金とお支払い方法


空を見る











■カウンセリングのご予約・お問い合わせ■


面談・電話・初回無料カウンセリングについてのお問合せ・ご予約については、下記にて承ります。お電話をお待ちしております。

カウンセリング予約センター
☎ 06-6190-5131

受付時間 12:00~20:30
月曜日定休(祝日の場合は翌日代休)

〒153-0041 東京都目黒区駒場4-6-8
〒564-0063 大阪府吹田市江坂町1-23-17-602


>>もっと詳しく知りたい方には
カウンセリングについて(面談/電話)
無料カウンセリング
カウンセリングルーム(会場案内)
料金とお支払い方法
カウンセリングの予約方法

お問い合わせ
大野宛へのメッセージはこちらからお送りください。
電話・面談カウンセリング後の振り返り、ご感想などもこちらよりどうぞ。
可能な限りは返信を差し上げます。

■不倫にはまる心理(3)母子癒着

こんにちは。
カウンセリングサービスの大野愛子です。

不倫にハマる心理はいくつかあるのですが、今日はその主なものをご紹介します。

今回の関係性の定義としては、「独身女性×既婚男性」というバージョンでお届けします。

前回に続き、不倫にはまる心理(3)母子癒着をお届けします。


前回分はこちら
>>
不倫にハマる心理(1)父性を求めて(お父さんとの関係性での不足感を埋めたい)
>>不倫にはまる心理(2) 抑圧からの解放を求めて (いい子・優等生・しっかりもの長女の裏の顔)


***

■不倫にはまる心理(3) 母子癒着(お母さんと仲良し)


不倫をする心理に、お父さん問題があったのならば、お母さん問題はないのか?という疑問がわいてくるかと思うのですが。


ちゃんとあります、お母さん問題。
こちらは、いわゆる母子癒着(お母さんと仲良し)の心理がちゃんとあります。


これはなにも不倫ばかりではありません。
彼女がいる人をいつも好きになったり、彼に浮気をされたり、彼が自分よりも仕事に夢中だったり、なぜだかうまくいかない恋愛に共通してみられる傾向です。


お母さんとの心理的な距離が近すぎると、いわゆる不自由な恋愛をしやすくなることがあります。


たとえば、こういうケース。


・お母さんがものすごく心配性で過干渉で、なにかと口出しをする人だった。


・小さいころからお母さん好みの洋服を着せられていて、それがクラスの女の子の着ているものとはちょっと違う感じがしたのだけど、イヤだとは言えなかった。


・部屋のお掃除をしてくれるのはいいんだけれど、机の引き出しにいれておいた日記を読まれたことがある。


・なんとなく、カバンの中身を見られているんじゃないかと感じたこともあった。


・電話も多いときで、一日に2、3回。ちょっとでも帰るのが遅くなると、どこにだれといるのか知りたがるので大変。


・私ももういい大人なので、やめてほしいと思うのだけど、すこしでもそういう雰囲気をだすと、「育ててやった親に逆らうのか?」「お母さんを捨てるつもり?」などと言われてしまうので、本当に困ってしまう。


・・・なんてケースです。
実際のクライアントさんからもこれぐらいのレベルで普通に語られます。


自分は当てはまらないな、と安心しているみなさん。
最近増えている形としては、お母さんべったりの仲良し親子も含みます。


最近増えていますよね、「仲良し親子」。週末は、お母さんと一緒に映画を見にいき、ランチを食べて、お買い物に行く。


お母さんが全部お金を出してくれるし、お母さんとは話が合うし、女友達と過ごすよりも気を使わなくてラクという、明るい母子癒着のタイプもあります。

044ea91b495082566b75545b698723cc_s

さて、過保護、過干渉の問題があると、どういう恋愛をするようになるか?


そもそもお母さんとの距離が近い、つまりは親離れ、子離れしていない分だけ、心のなかにお母さんが占める比重はとても大きくなりますよね。


心の中にお母さんの占める比重が多い人というのは、会話のなかにお母さんの話題がよくでてきたりしますし、なにかを選ぶときもお母さんの意見を優先することが多くなります。


すると、そこに他の人が入る余地ってあまりなくなるんですよね。


彼氏ができても、門限があるので、帰る時間を気にする。お泊りのデートなんて、お母さんが心配するので、絶対に無理。彼氏にも、「僕よりお母さんのほうが好きなんじゃないの?」と言われます。


お母さんが気に入らない男性とは付き合いません。
お母さんがちょっとでも反対すると、それを押し切ってまで関係を続けようとは思えないのです。


そういうことを繰り返すと、自分がしたい結婚をするというよりはお母さんの望む結婚をしなければいけないので、結婚に対する憧れが抱けないし。


自分が不自由で窮屈な思いをしたぶんだけ、あまり子供を生みたくないなぁって、密かに思っていたりもします。


普通だったら、彼氏ができたら、親なんてどうでもよくなるじゃないですか。それが適正な親離れなんですけど、そうならないんです。


もっとはっきり言えば、彼氏ができたとしても、「彼氏が優先順位の一番め!」にならないんですよね。


彼氏とのデートよりも、お母さんとのお買い物のほうが、じつは楽しくて大事って、心の中では思っていることもあります。


でもね、ここにひとつ問題が・・・・
自分がそういう心のバランスだと、相手も同じようなバランスの人を引き寄せます。


たとえば、こんな感じ。
私はお母さんにべったり。すると、仕事人間な彼を選んだりします。


お母さんと過ごす時間をもちたいわけですから、仕事人間の彼のほうが、深層心理的に都合がいいわけです。


恋愛の悩みも、つどお母さんに相談するようになります。女友達の意見よりもお母さんの意見のほうが優先されるからです。


心理的には、いつもお母さん連れでデートしているようなものなんですよね。だから、恋人っぽいロマンスはもちにくくなりますし。


浮気性とか遊び人な彼を選んでしまうという場合もあります。
好んでこういう人を選ぶわけではないのですが、自分がお母さんにうつつをぬかすぶん、彼もまたほかの女にうつつをぬかすという深層心理です。


多趣味な彼という場合もあります。
平日は仕事、週末は男の趣味の時間。いつデートすればいいんだみたいな。


でも、デートもできずにさみしくても、実家でお母さんと過ごしたい人にしたら、ちょっと都合がいいという深層心理が隠されていたりします。


親離れ、子離れは、それぐらいむずかしい問題なんですが、親との距離感が恋愛に影響するケースはとてもたくさんあります。

ff80c6a1edc832feadc4d43b03c3d89c_s

ここでのテーマは、「親との適正な距離感」です。


多くの人は、「じゃぁ、ひとり暮らしをしなければ」「親と連絡を取るのをやめよう」と考えますし、それも一つの方法かもしれませんが。


カウンセリングでは、「自分は何もできないと思い込みすぎていませんか?」「自分の気持ちに正直に生きたこと、どれぐらいありますか?」と聞いてみたいですね。


不倫のご相談は、恋愛のご相談だけにとどまるわけではないのですよ。
表が不倫でも、裏のテーマは、「どう自分の足で立ち、どう生きていくか」ということですから。


皆さんも一度、お母さんとの距離感がどうなっているかをイメージしてみるといいかもしれません。


すこし不安になっている方もいるかもしれないですね。
でも、大丈夫。
よかったら直接ご相談くださいませ。


自分を変えるチャンスにしてくださいね。
あなたの幸せを応援します!


107_1024

◎大野愛子のカウンセリング◎
ただいま3月のご予約を受付中です。

直近でご利用いただける面談の枠(東京)です。
ご予約をお待ちしております。

3/23(木)10時・13時
3/26(日)10時・13時・16時
3/30(木)10時・13時

3月の電話カウンセリングは満席です。ありがとうございます。
4月分の受付は3月20日(月)より承ります。

のカウンセリングのご予約を受付中です。
>>
3月のスケジュールはこちら

■カウンセリング予約センター■
℡ 06-6190-5131

受付時間 12:00~20:30
月曜日定休(祝日の場合は翌日代休)


カウンセリングについて(面談/電話)
無料カウンセリング
カウンセリングルーム(会場案内)
料金とお支払い方法
カウンセリングの予約方法




■不倫にはまる心理(2) 抑圧からの解放を求めて

こんにちは。
カウンセリングサービスの大野愛子です。

不倫にハマる心理はいくつかあるのですが、今日はその主なものをご紹介します。

今回の関係性の定義としては、「独身女性×既婚男性」というバージョンでお届けします。

前回に続き、不倫にはまる心理(2)をお届けします。


前回分はこちら
>>不倫にハマる心理(1)父性を求めて(お父さんとの関係性での不足感を埋めたい)


***


■不倫にはまる心理(2) 抑圧からの解放を求めて (いい子・優等生・しっかりもの長女の裏の顔)


さて、不倫をするのは、「いい人が多いってご存知でしょうか?
不倫をするのは、いい人が多いんですよ。


そういうと、「人のものに手をつけるヤツのどこがいい人なんだ」と、世間一般の常識ではいわれるかもしれません。でも、いい人が多いんです。


ここでいういい人は、いい子ちゃん、優等生、長女気質など、しっかりものタイプの人達のことを言っています。


いい子ちゃんを頑張ってしていると、悪い子ちゃんの自分が出せなくなります。悪い子になるための時間として不倫にハマるというケースは、じつは少なくありません。


たとえば、こんなケース。


彼女は子供の頃から、しっかりもののお姉ちゃん。妹や弟の面倒もよくみてきました。


お母さんのお手伝いも進んでする子で、お母さんからは、「あなたがいてくれると、本当に助かるわ」とよく言われていました。そういわれると嬉しくて、ますます頑張ってしまいます。


こういう人は学校でも率先して先生のいうことを聞く優等生になりやすいですし、人の面倒を見ることが身についていますから、部活やサークルでもまとめ役として活躍することが多くなります。


親を喜ばせたくて勉強をがんばった人も多いので、それなりに名のとおった大学や就職先に入っていることも多いでしょう。


社会人になれば、先輩や上司からの受けも良く信頼されることが多くなりますし、プライベートでも友達が多く、何の問題もなく見えるタイプです。


このように、仕事もできるし、友達も多く、なんの問題もないようなタイプが、ある日突然に、気がついたら、不倫にハマりこむというケースがあります。

e1e070ab28759816d63e68667f0cdd0b_s

そんないい子ちゃんに、必ず聞く質問があります。
「子供時代、お母さんに甘えられていましたか?」


ほぼ9割の確率で、こう言います。
「妹や弟がいましたので、じゅうぶんには甘えられなかったと思います。でも、お母さんなりには私をかわいがってくれましたし。父も忙しい人でしたが、とても優しい人でした。」


ここでカウンセラーはそれを「ふーん。そうなんだ。ちゃんとかわいがってもらったんだね」なんて思いでは聞いていません。


ここから何がわかると思いますか?


ガンバっていい子をしてきた。頑張って優等生をしてきた。
そんな人がなんで不倫をしているの?


なので、もうひとつ聞いてみます。


「悩んだときに相談できる人っていますか?この不倫の悩みのこととか、今まで誰かに相談できましたか?」


そういうと、「友達はいるのですが、誰にも相談していません。だって、こういうことはちょっと相談しにくいです。」と言います。


いい子や優等生をしていると、自分の弱いところ、ダメなところを見せることが苦手になるんです。それはもう絶対にしてはいけないことというレベルで苦手になります。


「いい子をするのが、もう板についてしまっているんだな・・・」
カウンセラーとしては、そんな視点でみています。


そもそも、人っていいところばかりではないですからね。
いつも明るくにこにこしている人だって、ネガティブにもなるし暗い顔をする日もあります。


ごく自然に明るくしている人は、調子が悪い日には「今日は調子が悪い」とちゃんと言うことができます。


でも、人に好かれたくて、嫌われたくなくて、頑張って明るくしている人というのは、そうではありません。


心のなかがモヤモヤとした曇りの日でも、どしゃぶりの雨の日でも、頑張って明るく前向きにしようとするので、そのぶんだけストレスがたまるんです。


いい子にしているというのは、そもそも人に迷惑をかけたくないからであって、どうして人に自分のことを相談することが苦手になります。


表に出さなかったネガティブな感情は、身体のなかにどんどんたまっていきます。


いわば“負”のエネルギーをため込むわけですから、それはヘドロのような、どろどろとした、自分でもみたくないような感情であることがほとんどです。


たまったものは、なんらかの方法で解消をしなければいけません。
その一つが不倫です。


不倫というのは、いわば裏の顔です。
表でいい子をするために必要な裏の顔。


こういう人には、私はこんなことをいうことがあります。
「あなたにとっての不倫は、痛み止めみたいなものですね。」


決して表には出せない、ダメな私、弱い私、情けない私、暗い私、そういう自分を解放できる場所が必要になってくるのです。


でもそれは、あくまでも緊急避難場所のようなところであって、ずっとそこに住み続けるわけにはいかないのです。


だから、この場合は「不倫をやめる前に、まずいい子ちゃんをやめましょうね」というご提案をすることが多いです。


いい子ちゃんをやめるというのは、悪い子になるという意味ではなくて、ダメな自分を普段の生活のなかでも出せるようにしていきましょうということ。


たとえば、こんなふうに言うことがあります。
「仲のいいお友達に、私カウンセリング受けてるんだ」って言ってごらん。


だいたいは、「え?なんで?なんか悩み事でもあるの?」って聞いてくれるでしょう。そして、「もし話せたら、自分のこと話してみてね」って言っておくんです。


不倫のことを話せというわけではないんですが、「ちょっとしんどいだよね」と言えるかどうか。そういう人がいるかいないかでは大きな差があるわけです。

40750f173262f993c5e19126ffab8d61_s

私は自分のブログで、不倫をしている側の記事をあえて多めに書いているのには、理由があります。


「不倫している話なんて、怒られそうで誰にも話せなかった」という人、とても多いんです。


私はこのような方がご相談に来たときには、こうお伝えします。
「言いにくい話だったでしょう。話してくれてありがとう」と。


相談できないからひとりでくるしんで、ますます抜け出せなくなるケースって、何も不倫だけではなくたくさんあると思うんです。


不倫はそのひとつであるというだけであって、人のよってはその抑圧の解消が、ギャンブルやお酒への依存、買い物依存、セックス依存、借金もそうですね。


これらすべても抑圧の解消の手段です。
一時しのぎの痛み止めは、私たちの誰もが持ちうるのです。


さて、あなたははどうでしょうか?


あなたは、ダメな自分、弱い自分、情けない自分を、誰の前ならさらけ出せますか?どれぐらい自分をオープンにできていますか?


そういえば・・・世間を騒がせたあの不倫もこのパターンだと思うのですが。
そう理解した人は、あまり多くなかったようですね。


>>次に続きます
不倫にはまる心理(3)母子癒着(お母さんと仲良し)


107_1024

◎大野愛子のカウンセリング◎
ただいま3月のご予約を受付中です。

直近でご利用いただける面談の枠(東京)です。
ご予約をお待ちしております。

3/23(木)10時・13時
3/26(日)10時・13時・16時
3/30(木)10時・13時

3月の電話カウンセリングは満席です。ありがとうございます。
4月分の受付は3月20日(月)より承ります。

のカウンセリングのご予約を受付中です。
>>
3月のスケジュールはこちら

■カウンセリング予約センター■
℡ 06-6190-5131

受付時間 12:00~20:30
月曜日定休(祝日の場合は翌日代休)


カウンセリングについて(面談/電話)
無料カウンセリング
カウンセリングルーム(会場案内)
料金とお支払い方法
カウンセリングの予約方法


■不倫にはまる心理(1)父性を求めて

こんにちは。
カウンセリングサービスの大野愛子です。

今までは夫の浮気に悩む妻の相談がとても多かったのですが、ここ数年は自分が不倫をしていることに悩む女性のカウンセリングをすることがとても増えてきました。

不倫にはまる心理はいくつかあるのですが、今日はその主なものをご紹介します。

今回の関係性の定義としては、「独身女性×既婚男性」というバージョンでお届けします。

***

■不倫にはまる心理(1)父性を求めて(お父さんとの関係性での不足感を埋めたい)


あえて選んでいるわけではないのだけれど、「なぜか既婚者ばかりを好きになってしまう」という女性がいます。


同年代の男性は子供っぽく感じてしまい、頼りなく思うのでどうしても魅力を感じられない、と思ってしまうところが特徴です。


たとえば、ある女性は、好きになる男性が年上ばかりで、そのほとんどが不倫になってしまうことに悩んでいました。


そういう人の多くは、「自分は不倫体質なのでは?」と悩んでいらっしゃるのですけれど、そうなるにはそうなるだけの理由というものが存在します。


そういう人によくあるケースですが。


小さい頃のお話しをお伺いしていくと、お父さんが仕事で忙しくて、休みの日もほとんど構ってもらえないままに成長し、大人になっていったようです。


逆にお母さんとは仲がよかったという人が多くなります。でも、お父さんはすごく遠い存在に感じていた。


そうすると、こんな感じがします。
「お父さんがいるんだけれども、お父さんがいないような感覚。」


このポッカリと心に穴が空いたような感覚があると、その不足感を埋めるために、恋愛をつかって、「お父さんのもつ要素」を感じたくなる人がいます。


お父さんの持つ要素というのは、頼もしさや包容力や頼りがいなど、本当はお父さんからもらいたかった父性のことをいいます。


そうすると、どういう恋愛になるかというと。


彼と一緒にいるときは、本当に甘えてばかりの女性になるんです。
それは、小さい女の子が無邪気にまるでお父さんに甘えるような感じに似ています。


大人の女性として恋をしているようで、満たされない女の子の部分が父親を求めていると、彼の前でだけは子供っぽくなるなんてことがあります。


それなりに自立的な女性に多く見られるケースでもあり、彼の前でだけは「本当の自分が出せる」という感じがするので、離れがたく感じることが多いでしょう。

5

もちろん、お父さんとの関係性が満たされなかった人全員が不倫にハマるわけではありません。


普通の恋愛でも、お父さんにもらえなかった要素を彼に求めてしまう、お母さんにもらえなかった要素を彼女に求めてしまうというケースはたくさんあります。


これは私たちの恋愛の基本的な心理ですから、そういうニーズがあるからこそ人を好きになれるという面でもあるのです。


不倫はしたくてするわけではないのですが、「なぜか好きになってしまう」という気持ちがあるのは、かつて子供の頃に感じていた「お父さんと一緒にいたい」「お父さんをもっと近くに感じたい」という心残りがある場合があります。


いつもどこか満たされないさみしさがあるような、そんな感覚をお持ちではないでしょうか?


そんな深い親密感や繋がりを、年上の男性、既婚者との関係によって手に入れようとする心理があるんだということを、ぜひ知っておいてください。


>>次に続きます
不倫にはまる心理(2) 抑圧からの解放を求めて (いい子・優等生・しっかりもの長女の裏の顔)


107_1024

◎大野愛子のカウンセリング◎
ただいま3月のご予約を受付中です。

直近でご利用いただける面談の枠(東京)です。
ご予約をお待ちしております。

3/23(木)10時・13時
3/26(日)10時・13時・16時
3/30(木)10時・13時

3月の電話カウンセリングは満席です。ありがとうございます。
4月分の受付は3月20日(月)より承ります。

のカウンセリングのご予約を受付中です。
>>
3月のスケジュールはこちら

■カウンセリング予約センター■
℡ 06-6190-5131

受付時間 12:00~20:30
月曜日定休(祝日の場合は翌日代休)


カウンセリングについて(面談/電話)
無料カウンセリング
カウンセリングルーム(会場案内)
料金とお支払い方法
カウンセリングの予約方法


Profile

大野2










心理カウンセラー 大野愛子

1969年9月生まれの天秤座。長野県出身。

うまくいかない恋の数々を経験したことから、男女の心理への探求を始める。

2009年よりプロカウンセラー活動を開始。恋愛・結婚生活に悩む人の駆け込み相談所的な存在である。

現在は夫と二人暮らし。趣味は喫茶店でのんびりと過ごすこと。


Twitter
Blog内検索
カウンセリングのご案内

reserve_3


カウンセリングは、面談・電話共に完全予約制です。

水・土・日に面談カウンセリングを、平日20時・21時・22時に電話カウンセリングをしております。

毎月20日から翌月分のご予約を承ります。
カウンセリングサービスの
ご案内

■カウンセリングのご案内…100名以上の心理カウンセラーがあなたのお電話お待ちしています。
無料カウンセリング
カウンセリングのメニューと料金
会場案内(カウンセリングルーム)
カウンセラー一覧(名前順)
カウンセラー一覧(地域別)
ご予約方法
カウンセリングとは?コラム編/理論編/マンガ編
カウンセリングの効果
体験談FAQ
カウンセリングの実際

■ワークショップのご案内…心理学をライブで学ぶ!心を癒す!カウンセラー達と会ってみる
心理学ワークショップ(東京/大阪/名古屋/福岡)
カウンセラーズ・フェスタ(東京/大阪)
カウンセリングサービス感謝祭

■無料コンテンツ…読み応えたっぷり。心を知る/学ぶ/癒すためにご活用下さい。
心理学講座心理学ワークショップ
ご相談事例集無料相談コーナー
びっくり心理テスト~あなたならどうする?~
心のアンケート集
カウンセラーのコラム集
心理カウンセラー発!毎日が輝くハッピーライフの秘訣
40代からの心理学
心のエクササイズ集

カウンセリングサービス@携帯

■メールマガジン…自宅で職場で気軽に心に触れる/学ぶために
「カウンセラー発!すぐに役立つ心理学講座」
「心理カウンセラー発!毎日が輝くハッピーライフの秘訣」
「40代からの心理学」

「ミニミニ心理学 」(携帯版)
「心のエクササイズにTRY! 」
  • ライブドアブログ