こんにちは。
カウンセリングサービスの大野愛子です。


あなたは自分を大切にしていますか?


「自分を大切にするとはどういうことか?」


そもそも、それがわからないという人、
とても多いような気がします。


今日は誰でも簡単にできる、
自分を大切にする方法をひとつお伝えしますね。


e1e070ab28759816d63e68667f0cdd0b_s

自分を大切にしている人と、
自分を大切にしていない人には、
ひとつ、違いがあるのです。


それは、私という「主語」。


なにかを話すときに、
どれぐらい「私」という主語を使って
話しをしているかに現れるのです。


たとえば、


「あの人がこう言ったから」
「普通はこうだ」
「みんなこう言っている」
「うちの主人が」「お母さんが」


相手の意見を、
あたかも自分の意見のように言う。



これらの表現には、
すべて「私」が抜け落ちています。


このような表現を続けていくと、
・自分と相手の境界線があいまい
・自分より人を優先する
・自分の気持ちを我慢する
・自分の気持ちがよくわからない
という問題を抱えやすくなります。


自分の気持ちはそっちのけで相手のことを心配したり、
自分のことより他の誰かの話題が多かったり、
自分も大変なのに他の人の心配ばかりをしたり。


「私」が抜け落ちているばかりに、
「他の誰か」で穴埋めしてしまっているのです。


これはね、
それなりにつらいことなんだけど、


それに気がついていない人、
多いような気がする。


だからこそ、
自分に近しい人との関係性ほど、
「私」という主語をちゃんとつける。


相手に軽く扱われやすいという人も、
「私」という線引きは必要。

ff80c6a1edc832feadc4d43b03c3d89c_s

「あの人がこう言ったから」
「普通はこうだ」
「みんなこう言っている」
「うちの主人が」「お母さんが」


これだと、
どこからが相手の感情で、
どこからが自分の感情なのか、
わからなくなっちゃう。


「私はこうしたい」
「私はこう思う」
「私としては」
「私はこれがいい」


自分をないがしろにしないことが、
自分を大切にする、ひとつの方法なんです。


自分の心を大切にできると、
結局は、相手の心も大切にできるんですよね。


知らず知らずに入り込まれたり、
入り込んでいたりするから。


「私」という主語。
ちょっとだけ意識してみると、いいかもね。



107_1024

◎大野愛子のカウンセリングのご案内◎
初回の電話カウンセリングは無料でご利用いただけます。
お気軽にお試しください。

ただいま6月の電話・面談カウンセリングのご予約を受付中です。
>>6月のスケジュールはこちら

東京で面談カウンセリングをしております。
直近でご利用いただける面談の枠です。
ご予約をお待ちしております。


6/3 (土) 13時・16時
6/4 (日) 10時・16時
6/10(土) 10時・16時

大野宛へのメッセージは下記よりどうぞ。
カウンセリングのご感想、振り返りなど、
可能な限りは返信を差し上げます。
>>
お問合せフォーム

■カウンセリング予約センター■
 06-6190-5131

受付時間 12:00~20:30
月曜日定休(祝日の場合は翌日代休)


カウンセリングについて(面談/電話)
無料カウンセリング
カウンセリングルーム(会場案内)
料金とお支払い方法
カウンセリングの予約方法