心理カウンセラー◆近藤あきとし《Counseling Service》

訪問ありがとうございます。こちらは「カウンセリングサービス」所属
心理カウンセラー「近藤あきとし」のブログ/プロフィールページです。

カウンセリングサービス所属: こんどう あきとし(東京地区担当)

超自立男性との恋愛の悩み失恋・浮気・片想い、また不倫・離婚・セックスレスなどの男女関係の問題解決においてクライアントから非常に高い評価をいただいている。コミュニケーション・自己成長に関わる問題について、親子間の葛藤・母子癒着など家族関係にあらわれる問題の解消など、幅広い分野を得意とするカウンセラー。理論を駆使した「心理分析」と、感覚を活用する「セラピー(心理療法)」の両面で感情を癒すことを強みとしている。

自身の「うつ病」の回復過程でカウンセリングと出会い、人生の転機を得てカウンセラーへ転身。その実体験に基づくアドバイスの説得力から、「うつ」に悩む本人はもとよりその家族・援助者からも支援を求める声が集まっている。また自らの経験から、ハードワーク・燃え尽きの解消の為のアプローチに長けており、問題の泥沼から抜け出す為のサポートを提供し続けている。

親しみやすい人柄と面倒見の良さから、クライアントからは『頼れる先輩』のような印象を持たれることも多く、「少し先に立っていて導いてくれるガイドのような存在」・「いつも今いちばん大切なものは何かを教えてくれる人」などの声と共に全幅の信頼を寄せられている。実直で飾らない語り口と、穏やかで抑制のきいた「味のある声」に癒されているファンが実は多いらしい。


初回無料《電話カウンセリング》(45分)受付中です。
 ※日本国外居住の方には「Skype」を使用した電話カウンセリングをご利用いただけます。

●目黒区駒場の「カウンセリングルーム」で《面談カウンセリング》を行っています(⇒アクセス
<直近の面談カウンセリングを実施できる日程です>6月3日(土) 4日(日) 6日(火) 10日(土) 11日(日) 
正確な予約状況は【カウンセリング予約センター】までお問合せ下さい >>>近藤のスケジュールへ
◇クライアント様・読者様へ…近藤へのメッセージはコチラから(※近藤宛とお書添え下さい)
◇マスコミ各社の皆さまへ…講演・取材依頼はコチラです(※カウンセリングサービス会社案内へ

ここ最近、 「頑張ってもなぜか報われない恋愛ばかりしてしまう」 というかたのカウンセリングをすることが多かったように感じています。 「パートナーに優しくしてきたのに」 「素敵な相手と出会いたいのに」 「頑張っているのに上手くいかない、報われない・・・」 今までもカウンセリングを通して、多くの「頑張ってきた」クライアントさんとお会いしてきましたが、どうやらそういったかたの深層意識には共通の心理があるように感じています。 ...

5月はGWがあったことも影響して、少しイレギュラーな日程になってしまいました。 6月はいつも通りのスケジュールにもどっています。 ただ、月後半の面談カウンセリングの日程については、土日の予約枠を確保できませんでしたので、休日にご利用を希望されるかたは前半の土日の枠をお申込みいただければと思います。ご面倒おかけしますがよろしくお願いいたします。 ...

前回の記事では、自立した生き方をしてきた分だけ合理的な思考に偏りがちになり、失恋の「痛み」に気づきにくくなってしまうことがあるのです、というお話をしました。 私たちは大切な人を失う経験をすると、気分の浮き沈みを繰り返しながらも、徐々に起こったことを受け入れて、立ち直っていくプロセスを辿るものですが、 時にその痛みから目をそらしたり、誤魔化したりしているうちに、感情が本来の動きを失っていき、心を閉ざしてしまうことがあります。 ...

今週の土曜日、13日に電話カウンセリング枠をご用意できることになりました。 ふだんは平日に電話カウンセリングをおこなっていますので、土曜日に予約枠をつくれるのは何年振りになるか覚えていないくらい久しぶりのことです。 どうぞこの機会にご利用くださいね。 ...

今週は諸々事情がありまして11日木曜日に面談カウンセリングの時間をご用意できることになりました。 13時と16時の2枠のみになりますが、土日がお仕事などでなかなか都合が合わなかったというお客さまは、ぜひこの機会にカウンセリングをご利用いただければと思います。 ...

超自立男性とおつき合いしていると、刺激はあるものの心の中の「女性」としての部分が傷つくことがとても多いんですよね。 だから自分を褒めて、労わって、癒して、自己愛を高めていくことはとても大切です。 ずいぶんと頑張りすぎて心がやせ細っていたのではないでしょうか? もうね、好きに生きていってください。「私の人生これから」ですよ。 本当に良かったです^^ ...

ものすごく燃え上がった恋が終わった時。 パートナーとお互いに想いをぶつけあって数えきれないくらいケンカして別れた時や、浮気相手との三角関係になってこじれた末に彼から手酷くフラれた時など。 そういった失恋の後は、疲れ切ってしばらく何もしたくない無気力な感じが続いたりするものです。 ...

前回の後半部分でもお伝えしましたが、頭で意識的に考えている部分では自分に「親密感への恐れ」があるとはそうそう気づくことはできません。なぜなら、心の痛みをいちいち感じていたら生活できないので、ふだんは感情を抑圧したり切り離しているからです。 ...

今日は読者さまより私のブログ記事への感想をお寄せいただきましたので、こちらに掲載させていただきます。 こんな風に読んでくださっているんだなあ、ということが知れて嬉しいです。が、同時にちょっと照れくさくもありますね^^; ...

恋愛のカウンセリングをしていると、良く出てくるお話として、男女関係が進展していきそうな時に限って ・今ままで頻繁にメールのやり取りをしていた彼(彼女)からの連絡が来なくなったり ・態度がよそよそしくなって、何となく距離を感じるようになったり ・離れたりくっついたりを繰り返してしまったり などの状況になってしまう。というケースがあります。 その場合のテーマとして浮き彫りになってくるのが「親密感への恐れ」と呼ばれる不安です。 ...

私のカウンセリングで女性クライアントからよくお聞きするのが、 彼に対して気持ちを伝えようとしたり、大事な話をしようとすると、逃げられたりはぐらかされたりして、「どうして向き合ってくれないの?」という不満についての話題です。 時には一日のカウンセリングの半分以上がこの種のお話だった、ということもあります。 なぜパートナーシップでこういった不満がよく出てくるかと言うと、ここには男女のコミュニケーションのズレがあるからなんですね。 ...

『クレイジージャーニー』というテレビ番組が好きです。 毎週、独自の価値感やこだわりで日本や世界を飛び回るちょっと(だいぶ?)クレイジーな人たちがスタジオに現れて、MCたちに体験を語ってもらったり、スタッフが同行して撮った本人のビデオを視るというスタイルのバラエティ番組です。 ...

パートナーシップに関するカウンセリングをしていると、クライアントさんから良く聞く言葉がいくつかありますが、中でも最も多いかもしれないのが 「(パートナーに)もっと向き合ってほしい。」 だと思われます。 たいてい女性側がパートナーである彼や夫に対して感じている場合が多いですね。 どうしてこんな不満が出てくるかと言うと、ほとんどの男性は子供時代から感情を抑えて我慢しながら生きるように学んでいるからです。 ...

ただ今、【3月31日】までの カウンセリングのご予約を承っております。 面談/電話カウンセリングとも お電話でご予約いただけます。 ペンとメモをご用意のうえ、 【カウンセリング予約センター】 06−6190−5131 までおかけください。 ...

たまに女性のクライアントさんから、 「男性ってみんなこうなんですか?」と聞かれることがあります。 どんなことかと言うと、 どうして彼は… ・カフェに行ってもコーヒーを飲み終わるとすぐに出ようとするの? 「せっかく一緒にいるのに、楽しくないの?何を考えているの?」 そんな疑問がでてくるのは当然のことと思います。 ...

恋愛のカウンセリングをしていると 「好きな人ができても、いつも告白できずに終わってしまうんです」 というご相談を聞くことは少なくありません。 そしてかなりの割合で、 「好きな人には、いつも既にパートナーがいるんです」 というケースが出てきます。 ...

私は2007年2月1日にプロカウンセラーとして活動をはじめましたので、この2月で丸10年が経ったことになります。 10年前の(ボランティアカウンセラーとしての経験があったとはいえ)まだまだ知識も経験も浅く、未熟な駆け出しカウンセラーの私を信頼してくださったクライアントさんたちには、ひたすら感謝するしかありません。 ...

↑このページのトップヘ