2011年03月26日

【4月スケジュールのご案内】

こんにちは、山下ちなみです。

東北地方太平洋沖地震が発生して2週間が経ちました。
まだまだ寒さがぶり返すこの時期、被災地の方たちが少しでも、より多く暖をとり、より心地よく過ごせるように祈るばかりです。


避難所にいた10歳くらいの子が、「寒いから赤ちゃんがかわいそう」といっていたそうです。
自分も避難所で寒い思いをしているはずなのに、自分よりももっと小さな子供のことを思う気持ちは、こちらの心を暖めてくれるようです。
こうした思いが、私たちを強くしてくれるのかもしれません。






お知らせです。
4月のスケジュールを提出しました。
急な事情により、4月いっぱいの面談カウンセリングと、4月11日(月)までの電話カウンセリングをお休みさせていただくことになりました。
楽しみにしてくださっていた方には、本当に申し訳なく、お詫び申し上げます。

また、4月中は多くの時間を確保することが難しく、予定のある方はお早目のご予約をお願いできますでしょうか。
詳しいスケジュールに関しましては、事務所までお問い合わせください。

皆様とお話できるのをお待ちしております。



なお、すでに3月分のご予約をいただいている方につきましては、お約束どおりお待ちしておりますので、ご安心くださいね。


今後とも、よろしくお願いいたします。


山下ちなみ



cs_chinaru at 19:07|Permalinkお知らせ 

2010年12月04日

【今年の締めくくりに、バージョンアップしてみませんか? 12/5(土)スペシャルワークショップのお知らせ】

私たちは人とのつながりや自分自身の心とのつながりが切れたところに「問題」や「悩み」が生まれるようです。
あなたにとって、ひととのつながりを深く感じるときってどんなときでしょうか。


「自分の気持ちを話して、受け入れてもらえたとき」
「相手が真剣に、深い話をしてくれたとき」
「分かってもらえている、って感じたとき」


私たちの多くは、こんな感覚を感じたくて、コミュニケーション(自分を表現)するのかもしれませんね。


私はカウンセリングを学び始めてようやく、初めて表現できた(言えた)ことがあります。
それまであまりに封印していたため、まったく自分がこんな風に思っていたとも感じていなかったんですよね。
このことを自分が意識して伝えることができたとき、上記のような気持ちを味わうことができたのです。


コミュニケーションって、こういうところってあると思うんです。
自分では思いもつかなかった発想というか、そんなことを言ってもいいの?、と思っていたところに、真実があることが多いようです。


自分を表現することは、あのひととより深くつながれるためのチャンスでもあります。
ほんのちょっとココロを開いて自分自身をコミュニケーションできたとき、心の柔らかくなる感じ、ハートが暖かくなる感じ、優しい感覚がとっても嬉しくしあわせに感じられるんですよね。


そんな気持ちを分かち合いたい、みなさまにも体験していただきたいと思って、ワークショップを画しました。
つながりとか親密感とかいうけれど、どんな感じなのか分からないと思っている方、体験してみませんか?

小粒でもスパイシー&フレッシュな成井裕美カウンセラーとともに、自己表現の講座をいたします。



◆より深く人とつながるために~自分も相手も大切にする自己表現~◆
日時 : 12月5日(日) 18:30-20:30
会場 : 江坂・ホテルパークサイド2F会議室
当日はスペシャル・ワークショップデーとなっております。
1日で3本のワークショップを開催しますので、2本以上参加される方には、割引料金が適用になります。
1本…\3150-
2本…\5775-
3本…\8400-






cs_chinaru at 13:04|Permalinkお知らせ 

2010年10月04日

10/31(日)大阪フェスタ講演『変容をもたらすコミュニケーション 〜母親とのコミュニケーションを例に〜』


10/31(日)の大阪カウンセラーズフェスタにて講演をさせていただくことになりました。
今回の大阪フェスタのテーマは「コミュニケーションの極意」です。





私がよくいただくコミュニケーションのご相談といえば、
「分かってくれない」
「言いたいことが伝わらない」


私たちは、たとえ状況や相手が思ったようにならなくても、分かってもらえている、理解してもらっていると思うだけで安心して納得することが多いものです。
ところが、相手を変えてみても、いつも同じところを分かってもらえないとしたら。
私のことなんて理解してくれるひとはいないのだと、さびしく感じてしまうかもしれません。
それがために、相手と距離を置いたり、本音を言わなくなったりして、あきらめてしまった経験、あなたにはないでしょうか。


コミュニケーションは、大きく分けて二つあります。
ひとつは自分とのコミュニケーション。
もうひとつは相手とのコミュニケーション。


コミュニケーションがうまくいかないときというのは、どちらかを重視しすぎてしまうときなんですね。
どちらも大切で、要はバランスなんです。
意外と見落としがちなのが、自分がどう思っているのか、どう感じているのか、どうしたいのか、どうなりたいのかといった自分とのコミュニケーションです。
これができていないと、何を言っても伝わっている気がしません。
答えが分かっていなければ、答え合わせはできませんよね。
そして、コミュニケーションによる分かち合いの過程は、相手を知るとともに、自分のことを知る機会でもあります。


また、私たちは、本当の自分を分かってもらいたいと思う反面、
「パートナーに、わかってもらえなかったらどうしよう」
「いつもお母さん(お父さん)に分かってもらえなかった」
「誤解されたらどうしよう」
「嫌われたらどうしよう」
という気持ちも持ち合わせています。
傷つきたくないという気持ちから、とても遠まわしに表現していたり、無意識に言いたいことを避けていることも多いものなのです。


それゆえ、私たちは自分の本音すら誤解していたり、自分で分かっていないことも少なくありません。
一方で、私たちは、相手が言葉でどんなことを言ったとしても、本音かどうかはかなり正確に見抜いているものです。
ここで、話し手と聞き手にずれが起こってしまうのです。





真実のコミュニケーションを持つことができたとき、それは新しいレベルの理解や受容を生み出し、調和をもたらします。
コミュニケーションは、自分という枠組みを超えて、視野を広げ、つながりをもたらしてくれるためのツールなのです。
人間関係そのものに変化をもたらし、自分自身を癒して、ともに前進することができるのです。


あなたもコミュニケーションというツールを使って、変容をもたらしてみませんか。
ここのところ非常に多くご相談いただく、母親との関係に変容をもたらしたコミュニケーションを例にしてお話をする予定です。




『カウンセラーズ・フェスタ大阪』

■日時 : 10/31(日)10:00-18:00
■会場 : 天満橋・エルおおさか
■交通 : 地下鉄谷町線・京阪天満橋駅徒歩3分
■料金 : 3150円(出入り自由のフリーパスです)

山下の講演は、17:10-17:40です。


お待ちしております。


cs_chinaru at 23:22|Permalinkお知らせ 

2010年06月02日

【大阪カウンセラーズフェスタにご参加いただきましてありがとうございました】


5/29に大阪にて開催されましたカウンセラーズフェスタにご参加いただきましたみなさま、遅らばせながら、ありがとうございました。


もともとは、人前でどころか、一対一でも話しをするのが苦手だった私。
今回のフェスタでは、みなさまとの一体感のような暖かい感覚を講演の間じゅう感じていました。


みなさまは講演を聴くために来てくださっているのですが、それでも、ず〜っと話をききっぱなしでいるのって疲れますよね。
にもかかわらず、本当に熱心に耳を傾けていただき、私と一緒に泣き、笑ってくださり、ともに感情のジェットコースターに乗っていたような・・・。
そんな体験をすることができたことが嬉しく、楽しかったです。


一緒に講演した岡崎陽子カウンセラーは、
「最初はラフマニノフ調だったけど、途中から転調したわよね。モーツアルトになったわ。そして、最後にはまた調和して・・・よかったわ〜
と表現してくれました。
そんな格調高い話をしたかしらん? 


ともあれ、アメブロでも大人気の卓越した表現力の岡崎カウンセラーとともに、6/19にジョイニングセッションを行います。
持ち味の違う二人のカウンセラーで作り出す、未知の世界。
どう調和させていいスープを出すか、二人で話し合っています。
詳しい内容は、またブログにて伝えしたいと思います。


カウンセラーズフェスタでは、朝から多くの方にきていただきまして、ありがとうございました。
個人的は、クイックカウンセリングでは人数の都合で、すべてのかたにゆき渡らなかった点もあったかと思います。
次回にこの経験を活かし、より暖かくみなさまと触れ合うことができればと思っています。
ありがとうございました。


山下ちなみ




cs_chinaru at 22:25|Permalinkお知らせ 

2010年05月23日

【おいでませ〜5/29(土)は大阪カウンセラーズフェスタです〜】


みなさま、こんにちは。
最近、ガラスを磨くのがマイブームになっています。
ちょっと曇ったグラスや鏡を、専用の洗剤を使って磨き上げると、きれいによみがえり、心もなんとなく晴れやかな気持ちになります。


クリアに輝くガラスの質感を瞳で味わいながら、しあわせな気分に浸っています。
なんとも、お手軽なしあわせですが、意外と心のもやもやもすっきりして気持ちがいいです^^


さて、今週末5/29(土)の大阪カウンセラーズフェスタのテーマは「男と女の心理学」です。


私たちがパートナーシップに一番望むもの。
それは、お互いにありのままを受け入れ、理解してつながっていたい、そんな親密感ではないでしょうか。


とはいえ、オトコとオンナ。
お互い、違うものを持っていたり、同じことでも違うように感じたり・・・。
ありのままが見えなくて、すれ違ったり、理解できなくなってしまうことも。
それに、そもそもありのままの自分をさらすということはとても勇気のいることでもあります。


本当に好きなひとには、私たちは嫌われたくないから、自分が嫌っている部分は見せたくないんですよね。
ですから、ありのままの自分を愛してもらいたくて表現しているつもりが、遠まわしすぎて相手に伝わっていなかったり、キレ気味に表現してしまい、相手があなたを愛するために近づこうにも近づけないことも少なくありません。
また、そんな相手を理解していても、どうやって愛してあげたらいいのかワカラナイこともとても多いものですよね。


私たちは、ありのままの自分を一番大切なひとに理解してもらいたい、愛されたいと願いながらも、なかなかうまくできずにいます。
ほとんどのパートナーのお別れの原因が、ここです。
何度もトライするんだけど、うまくいかない・・・本当につらいんですよね。
自分は愛されていない、理解されていない。
相手を理解できない、愛せない。
でも、これは誤解なんです。


今回は、ふたりがそんな風に距離を感じたときに、どんな心理でこんな行動をとるのか、さらに、どうやったら二人の距離を縮めていくことができるのか、どうやったらありのままを愛してあげることができるのかということまでお伝えしたいと思います。


二人の距離が縮まってつながりを感じられたとき、感動のようなじーんとした感覚が胸いっぱいに広がる感覚を味わうことができます。
二人で新しく築き上げた関係、というのはあなたやパートナーの間をより強いもので固めてくれることでしょう。


私の講演は、「ありのままで」というタイトルで14:50-15:20になります。
ぜひぜひ、お越しくださいませ。







『カウンセラーズ・フェスタ大阪』


■日時 : 5/29(日)10:00-18:00
■会場 : 天満橋・エルおおさか
■交通 : 地下鉄谷町線・京阪天満橋駅徒歩3分
■料金 : 3150円(出入り自由のフリーパスです)




cs_chinaru at 17:28|Permalinkお知らせ 

2010年04月21日

【5/29(土)の大阪カウンセラーズフェスタでの講演が決定しました】


みなさま、こんにちは。
5/29(土)に大阪にて開催されますカウンセラーズフェスタで講演させていただくことになりました。
今回のフェスタのテーマは、「男と女の心理学」です。


男と女、というと、その違いがすれ違いになる理由としてあげられがちですよね。


でも。
自分とは違うからこそ、私たちは相手に興味を持つのではないでしょうか。
だから、男女は惹かれあうのかもしれません。


自分とは違うからこそ、知りたいと思います。
だから、男女は理解しあいたいと願うのかもしれません。


自分とは違うからこそ、自分の枠を越えさせてくれるような、思いもよらないひらめきや恩恵をもたらしてくれる存在にもなりうると思うのです。
だからこそ、かけがえのないパートナーとして異性を求めるのかもしれません。


そしてまた、自分とは違うからこそ、愛しいと感じるのかもしれません。
そんなお話をしたいと思っています。


私の講演は、14:50-15:20 「ありのままで」です。
皆様のお越しをお待ち申しあげております。








『カウンセラーズ・フェスタ大阪』


■日時 : 5/29(日)10:00-18:00
■会場 : 天満橋・エルおおさか
■交通 : 地下鉄谷町線・京阪天満橋駅徒歩3分
■料金 : 3150円(出入り自由のフリーパスです)




cs_chinaru at 00:37|Permalinkお知らせ 

2010年03月29日

キラキラをありがとうございます 〜ワークショップにご参加いただきましてありがとうございました〜


本日は久しぶりのよい天気が広がる中、ワンディワークショップにお越しいただきまして、ありがとうございます。


ワークショップというのは、「安全な場所による(疑似)体験」だと思っています。
「受け取る」というテーマで、少しでも「体験」をしていただき、実生活で役に立ててもらうことができたらという思いでさせていただきました。


最後の実習で、みなさんの笑顔や、応援する姿勢、楽しみながらやってくださっているのを見て、私自身も本当に嬉しくて嬉しくて、みなさんの美しい姿に、拍手を贈りたい気持ちで一杯でした。
みなさんが意欲を持って取り組んでくださったこと、そして愛情と信頼を持って周囲をサポートしてくださったことで、ワークショップが完成していくのを感じました。
あの楽しい感覚、信頼する力、ユーモア・・・あのときに出てきたさまざまなもの、それはあなたの中にあったものです。
そのことを信頼し、感じてください。


あのとき感じたこと、その感覚、一緒に取り組んだ仲間とのつながりがワークショップであなたが得られたものです。
自分ひとりだと思ったときには、どうか、あのときの周りのぬくもりを感じてくださいね。
そして、与えたいと思ったときに、受け取ることができた自分の勇気や愛情も。


もし、あの時にうまくできなかったとしても、それはあなたが今思っている以上にもっともっと受け取る余地があるということなんです。
もっとしあわせになっていいんだ、そんな風に受け取ってもらえたらさいわいです。


私自身も楽しい時間を過ごすことができ、心から感謝したいと思います。
ありがとうございました。


cs_chinaru at 01:09|Permalinkお知らせ 

2010年03月26日

あるがままを受け取りましょう 〜受け取りレッスンのお知らせ〜

みなさん、こんにちは。
ブログを書くのは久しぶりです。
あ、もちろんアメーバブログにも書いていますが、こうしてカウンセリングサービスのHPにブログを書くのは久しぶりで、なんだかほっこりした優しい気持ちになりますね^^
心をこめて、今日のメッセージをつづりたいと思います。



最近、私が思うこと、それはありのままの自分でいいんだ、ということです。
ありのままを受け入れるということは、大きな成長をもたらし、パートナーシップや人間関係を、より大きな飛躍へと私たちを導いてくれます。


私たちは、成長したい生き物です。
だから、よりよくしていくために「ありのままでいい」というのは逆説的に響くかもしれませんね。


「ありのままでいい」、というのは私たちが成長するときの、自分が思っていた理想の中に眠る「より大きな可能性」のように思います。
自分の「理想」の中にある可動の部分、「ゆとり」の部分です。
これが大きいほど、より大きな可能性が手に入る余地ができます。
日本語では「遊び」という、なんとも言いえて妙の、遊びのある言葉がありますね。


よりよくなりたい、そう願うとき、どこかで私たちは状況や自分自身を判断しています。
ココが足りないから、ココが悪いから。
それは、知らず知らずのうちに、自分で「こうあるべき」未来を形成してしまいます。
それはすばらしい理想ですが、今までの自分の経験に裏打ちされたよりよい未来でしかありませんね。
つまり、自分が経験していないことや今の自分に想像できないほどの、もっといいものが手に入ることを、数に入れていないのです。
周囲の協力や、時が味方してくれることや、自分自身が成長しているということなども。
逆にこの可能性は計算に入れることができませんね。
そのとき、そのときで受け入れていくものだからです。


ありのままでいい、というのは現状をただ受け入れるということです。
変化させるとしたら、それはあなたのあり方なのです。





A子さんは目鼻立ちの大きな美人さんですが、唇にぽってりと厚みがあるのがコンプレックスでした。
だからいつも口紅は薄めのものを小さく塗っていました。

ところがある日、パートナーと話をしているときに、彼が彼女の顔の中で一番好きなパーツは唇だと聞かされます。
彼女はものすごい衝撃を受けたそうです。
自分が一番嫌いだった部分が好きだったなんて、そんな思考は彼女には全くありませんでした。


最初は日本語の意味すら分からなくなって混乱したそうです。
A子さんにとっては、まさしく「ありえない」出来事だったからです。


それからしばらくして、彼女は変わりました。
目に見えて変わったのは、メイクです。
あでやかな唇にふさわしいメイクになって、ふっくらとグロスを塗るようになりました。
周囲からもキレイになったね、と評判がよかったそうです。


もし、A子さんが、ありのままを受け取らなかったとしたらどうでしょう。
「何言ってるのよ、こんな唇がいいなんて、私のことバカにしているの?」
と、彼をののしったり、
「ありがとう」
といいながらも、彼はきっと思いやりで言ってくれているんだわ、とますます唇を目立たないメイクを続けて、口元を隠して生活していたことでしょう。



「受け取る」ということは、ただあるがままを受け入れるということです。
それは言葉から連想できるように自分以外の誰かを介してなされ、双方に喜びをもたらすものなのです。
子供が道端でつんできてくれたお花も、それがありきたりの雑草であったとしても、「ママ、きれいね」という子供の心からの気持ちが、それを素敵なギフトにしてくれますよね。
その美しい行為は、子供の成長や感性といったものの表現でもあります。
そして、それを受け取る力があってこそ、初めてそれをすばらしい贈り物として受け取ることができるのです。
「受け取る」と「与える」は同じ意味を持ち、どちらも双方にかけるつながりや愛情の架け橋なのです。


A子さんも、この言葉を素直に受け止めることによって自分の概念が覆され、彼ほど自分のことを愛してくれるひとはいない、と思えましたし、彼もA子さんがコンプレックスを持っていたことを知って驚きましたが、自分の言葉で彼女がますます輝いていくのを見て、心からの愛情を感じたそうです。


受け取るということは、自分ひとりでは想像もできなかったような素晴らしい「今」を手に入れることでもあるのです。







この「受け取る」ということをテーマに「受け取りレッスン」という講座を開講します。
実習を多く盛り込み、できるだけ「体感」をしていただける場にしたいと考えています。


泳げるようになる本を100回読んでも泳げませんよね。
まぐれの1回でも泳げたほうが、「体感」しているのでより泳げる近道になるのは想像がつくと思います。
実際のワークショップで「体験」をしてみませんか。


今回のワークショップは3本立てです。
2本、3本を受けていただく方はおトクな割引料金もあります。
目には見えないけれど、あなたの「体験」や、共に学ぼうとした誰かとの繋がりがあなたへのお土産です。
チャレンジしてみませんか。


【受け取りレッスン 〜簡単にハッピーを手に入れる〜】
日時:3/28(日)16:00-18:00
場所:大阪・江坂ホテルパークサイド
講師:三島桃子・山下ちなみ

詳しくはコチラを




cs_chinaru at 14:56|Permalinkお知らせ 

2010年02月22日

【大阪カウンセラーズフェスタにご参加いただきましてありがとうございました】


みなさま、こんばんは。
昨日のカウンセラーズフェスタは、貴重な休日にもかかわらず多くの方に足をお運びいただきまして、ありがとうございます。


もっともっと伝えたいことがたくさんあったはずなのに、
まだまだお話を聞かせていただきたかったのに、
あっという間の一日でした。


わたくしごとではありますが、私は子供のころから自分の話をすることはあまりなかったんです。
まして、コンプレックスの話など・・・笑わなかった過去からしても、お分かりいただけるように、一度もしたことがありませんでした。
そのためか、恐ろしく緊張してしまいましたが、にもかかわらず、暖かく多くのご感想をいただきましたことを、この場を借りてお礼を申し上げます。
さらに、ブログを読んでいただいているとのお声もいただき、満悦至極にございます。
今後も表現力により磨きをかけて、より分かりやすいようなお話を提供させていただきたいと思います。


みなさまのハートのチカラで、暖かい、ハートフルな一日となりました。
ありがとうございました。


山下ちなみ




cs_chinaru at 22:49|Permalinkお知らせ 

2010年02月19日

【2/21(日)の大阪カウンセラーズフェスタにて講演します♪】


みなさま、こんにちは。
寒い日が続きますね。
私は、電気毛布が手放せません。


お布団に入る前に暖めておいて、
電気毛布を発明してくれたひとに「ありがとう」
作ってくれたひとに「ありがとう」
安く販売してくれた電気屋さん「ありがとう」
と、毎日ぬくぬくあますところなく、電気毛布の恩恵にあずかっています。


さらに薬剤師でもあるわたくしが愛用しているのが、ヴェレダ社のアルニカマッサージオイル。
筋肉痛などのためのハーブを配合したマッサージオイルなのですが、これが体を温めてくれます。
寒い日にはお風呂上りにこれを冷えやすい部分に塗布していると、ぽかぽかと湯ざめしないんです。
天然成分で優しくリラックスしながら、
「シュタイナー博士、ありがとう」
とこれまた科学の恩恵に浴しています。


今の私は、「受け取る」ということがテーマのようです。
毎日のように、受け取るべく事態に遭遇しますが、受け取ってみて分かるのは、
「受け取るとこんなにラクなんだ〜
ということです^^


今まで歯をくいしばってやってきたことも、
必死で努力してきたことも、
いともやすやす、ラクに簡単にクリア。


そして、みなさんの中にも、この「受け取る力」があります。
でも、私たちは与えるのは上手だけど、受け取るのは下手なんですよね。


だからこそ、受け取り上手になることで、あなたの希少性が光ります。
あなたが光れば、あなたは周囲のインスピレーションになります。
それが「受け取り上手」を増やす流れを作り出していってくれます。
受け取り上手になって、ただ輝いていれば、あなたにも周囲にもしあわせをもたらしてゆくのです。


人生や恋愛がうまくいっている人とうまくいっていない人の大きな違いは、「受け取る」ことができているかどうかです。
この世の中に、受け取り上手が増えればもっともっと世界はゆたかになります。
そんなふうになったらいいですよね。


2/21のカウンセラーズフェスタにて、この「受け取る」ということについて講演します。
さらに、3/28のスペシャル・ワークショップでも、三島桃子とともに「受け取る」ということについて講座をします。


あなたは今までの人生でどれくらい受け取ってきましたか?
受け取り上手になって、さらにゆたかな人生を築いていきましょう。


今回は、ゲストも含め、9名のカウンセラーで公演&クイックカウンセリングやふれあいタイムを設けてお待ちしております。
ぜひぜひ、お越しくださいませ。




『カウンセラーズ・フェスタ大阪』

【詳細】
■日時 : 2/21(日)10:00-18:00
■会場 : 阪神西宮・西宮市民会館3F中会議室2
■交通 : 阪神西宮駅「市役所口」改札北へすぐ ・ JR西宮駅から西徒歩約10分
■料金 : 3150円(出入り自由のフリーパスです)




cs_chinaru at 00:37|Permalinkお知らせ