心理カウンセラー/大門昌代オフィシャルブログ

心理カウンセラー達が作る癒し系サイト「カウンセリングサービス」のカウンセラー、
大門昌代のブログです。


カウンセリングサービス

本日、2月21日お昼12時より、3月分のカウンセリング受付開始しております。
ご希望の方は、予約センターにお電話下さいませ。

今週末2月23日(土)2月24日(日)には、大阪面談カウンセリングで、ご予約可能な時間帯がありますので、お急ぎの方はご利用下さいね。

群れではなく、一人ですごすのが好き


74a232cb8594177ae41d9dcf136fc05a_s

「あまり、誰かと一緒にいたいと思わないんですよね。」

「休みの日は、家でおこもりしたいんですよね。」

こんなことを言ってくれる人がいると、私はすかさず「私もですっ!!」とおこたえします。

それ、悪いことではないですからね。
みんながみんな、手と手をつないで、四六時中一緒にいないと寂しくなっちゃう人ばかりじゃないですからね。

人と、どれくらいの距離を心地よいと感じるかは、人それぞれですからね

無理して、いつも一緒の仲良しのふりをすると、疲れますよ。
疲れた結果、人のことがどんどん煩わしくなってしまいます。

ある意味、性分ともいえるのかもしれませんが、自分のその性分を悪いものと認識しなければ、結構楽に過ごせますし、人との距離の取り方も結構うまくできるようになります。 

ただ、一人じゃないと苦しくなるとか、周りの人たちがうっとうしく感じるとか、自分の気分が良くない状態になるのであれば、ちょっと問題かもしれません。

また、パートナーがほしいけれど、デートはしたくないし、誰とも関わりたくないというのも、出会えないので、それはそれで問題ですよね。

そんな時は、人と距離が近づくと嫌な思いや、苦痛を感じた経験が元になっていることがあります。
特に、子どもの頃の親や兄弟など、家族との関係というのは、近い距離感ですからね。
そこでの経験が何かしら影響を及ぼしている可能性は大です。

家族との心理的距離を改善していったり、経験してきたことで傷ついたのであれば、傷のケアももちろん必要ですね。

そこまででは、ないけれど、一人好きの自分はダメなのかな?と思ってしまっているのであれば、その思いは訂正していただきたいですね。

それはあなたの性分なのかも?


自分のことをダメだと思ってしまっていると、ダメだと思われないために、無理をして我慢をして、苦しくなってしまいますからね。

私はカウンセリングや、セミナーのトレーナーをしていますが、基本的には一人が好きです。
いや別に・・・誰かと一緒に過ごすのが苦痛ということではないのです。
大勢で過ごすこともありますし、楽しいと思います。
ただ、予定を突き合わせて、都合をつけて、すり合わせるのが、少々邪魔くさいと感じるタイプです。

「〇月〇日に、××に行くので、一緒にどう?」と声をかけてもらって、自分の都合が空いていて、しかも行きたい場所であった場合は、「行く!!」となります。

でも、行きたい場所でない場合や、その日には予定が入っているなんて場合は、「ごめん行かない。またね〜」とお断りします。

そこで、「そんなこと言わずに、一緒に行こうよ!」とか「予定何とか空けられないの?」とか、「××って、楽しいんだよ。あなたも体験すべきよ」なんて強引に誘われると、余計に行きたくなくなるという、癖のある性格です私。

自分が強引に誘われるのが嫌いなので、他の人のことも強引に誘いません。
なかには、強引に誘ってもらうくらいがちょうどいいという人もいるでしょうから、そういう人からすると、私は誘ってくれない人なのかもしれませんね。

そんな自分のことを、「冷たいのか?」と悩んだことも、はるか昔にはあるのですが、とことん関わるときは関わるし、好きなことにはのめり込むので、冷たいわけではないと思うのです。

友人は少数でいいという人もいる


ご近所づきあいの、ランチ会が苦手だとか、同僚に誘われるカラオケが苦手だとか、そういうことがあるならば、「それ苦手なので、行きません」というのは、ありかなと思いますよ。

ご近所で仲間外れにされるとか、同僚に嫌われるという怖れが出てくるかもしれませんが、あなたがあなたの気持ちを表現しただけで、仲間外れにする人や、嫌ってくる人に、嫌われてもいいんじゃないですかね?

あなたが、あなたを表現しつづけていると、同じように自分を表現する人たちと、必ず関わるようになってきます。
集まってくるんですよね。
その人たちとは、とても楽にお付き合いできますから、ストレスかかりませんよ。

よく、自分が変化してくると、友人が変わるなんて言うのですが、それこのことです。

無理や我慢しながら関わっていたことをやめると、無理や我慢が当たり前で一緒に居た人たちとは距離ができていきます。
でもその代わり、楽に関われる新しい友人が現れてくるのです。

無理と我慢を繰り返すよりも、少数でも一緒に居て楽な友人や、あなたのその性分を理解してくれるパートナーがいれば、それでいいのではないでしょうか。

ワークショップ情報


06fd25257b25c9d015e1c37ab25fd32a_s

【男前女子のための、大人コミュニケーション力アップ!ワークショップ】開催します。
◆日時:4月7日(日) 昼の部:13:30-17:30 夜の部:18:30-20:30
◆講師:大門昌代
◆料金:昼の部:¥8,000(税込 ¥8,640) 夜の部:¥5,000(税込¥5,400)
◆会場:江坂・ホテルパークサイド
・昼の部・夜の部と2部通し参加いただけると¥12,000+税(税込 ¥12,960)とお得に受講できます。
ワークショップについて詳しくはこちらへ>>>
>>>ワークショップお申込みフォーム<<<

3月分のカウンセリングは、2月21日お昼12時から受付開始です。


《カウンセリング予約センター》
電話番号:06-6190-5131
受付時間:12:00〜20:30
定休日:毎週月曜日
※ただし、月曜日が祝日の場合は翌火曜日にお休みをいただきます。
3352515d
カウンセリングサービス発!人気カウンセラーのすぐに役立つ心理学講座がオーディオで聴ける☆心理学講座音声配信サービスきくまる!無料で聴ける心理学講座を続々配信中!まずは、無料音源をお試しください!

背中合わせのカップル

浮気問題や、借金問題など、夫婦関係が危機的になる出来事は、できれば起こってほしくないことです。

でも、そのような問題が起こった場合、どうすればよいのか?

正解があるわけではないでしょうが、夫婦関係の延命措置をとるよりは、根本的治癒を目指すのが、おすすめではあります。

そうしないと、例え夫婦として延命したとしても、根本的な治療を行っていないので、いつかは根本的なところと向き合う必要が出てくるからです。

更に!そのころには、根本的な治療を行う気力も体力もなくなっている可能性があるということ。
なので、できるだけ早い段階で、問題には取り組んだほういいです。
※ここでいう延命措置や根本的な治療という言葉は、わかりやすくする例えですので、もちろん医療行為のことではありません。

だって、新婚さんならば、まだ夫への不満や怒りもそうは蓄積していないでしょうが、結婚生活が長くなれば長くなるほど、不満や怒りもたまっているでしょうからね。

もちろん不満や怒りが蓄積しているのは、妻だけでなく、夫も同じことでしょうしね。

夫婦共に、たまりにたまったものがあると、風邪がこじれて肺炎になるかのごとく、夫婦関係もこじれまくってしまいますからね。

私自身が、こじれさせまくった過去がありますから、できるだけ皆さんには、こじれさせないでほしいなと勝手なことを思っております。

でも当時は、延命措置をしているつもりはなく、まっとうな対処をしているのだと思い込んでいましたからね。

本当、誰か教えてほしかったですよ。

夫婦関係の延命措置は、気づかないうちにやっていることもある



◆浮気などの問題に目をつむる。見てみないふりをする

◆「私さえ我慢すれば」と、ひたすら耐え忍ぶ

◆「こうなったのも、私の責任」と、自分を責めまくる

◆「夫婦なんてこんなもの」と、諦めようとする

◆子どものことだけ考えようと、夫(妻)から目をそらす

「ええっーーーーー!!!それもただの延命措置なの!!」
と思われるかもしれませんが、残念ながら延命措置にしかなりません。

ちょっと想像してみてください。
先に書いたような延命措置をしている期間って、夫(妻)のこと、愛せますか?

「うちの旦那、今日もきっと浮気相手とデートしているだろうけれど、責めるのはよくないと聞いたから、見て見ぬふりするのよ!」

とやっているときって、夫(妻)のこと愛せませんよね?

確かに浮気など、問題が発生したときに、相手をひたすら責めるのはよくはありません。
でも、だからと言って、見て見ぬふりするのは違います。
なかったことにしても、現実問題としてあるものは、あるのです。

「夫婦なんてこんなものだから、余計なことは何も考えずに、粛々と生きていこう」

夫婦なんてこんなものと思い込もうとしても、その間相手からは、たくさんの要求がつきつけられるかもしれませんよ。
あなたの気持ちを大切にすることは諦めたのに、相手は諦めないのです。

相手に不満や怒りをもたずにい続けられますか?

真正面から受け入れるのはつらいかもしれませんが、見て見ぬふりをしたところで、怒りはどんどん蓄積していきますし、浮気を続ける夫(妻)のことを、どんどん愛せなくなっていってしまいます。

要求をつきつけ続ける夫(妻)のことを、どんどん腹立たしく感じ、愛せなくなってしまいます。

愛することができない人と、そう長くは一緒にいられませんからね。
蓄積した怒りや不満が、我慢しきれずに爆発するころには、こじれすぎて修復不可能になっているのです。

どうすれば、相手を愛することができるのか?


相手を愛する方法を考えられる気力と体力があるうちに、問題とは向き合った方がいいです。

どうすれば、相手を愛することができるのだろうか?
これを考えるかどうかは、とても重要なのです。

「もうすでに愛することは100%不可能!」というのであれば、愛することができない人と一緒にいる人生は、つらいだけですからね。
別の生き方を考えた方がいいかと思います。

でも、100%不可能なんてことは、ほとんどないでしょうから、少しでも可能性があるならば、後で後悔しないためにも、チャレンジあるのみです。

夫婦関係の根本的な治療を目指すなら、その場しのぎの対処法ではなく、「なぜその問題が起こったのか?」に取り組む必要があります。

ついつい後回しにしてしまいたくなるのですが、借金は放置していると利息が大きくなるように、仕事をため込んでいると、最終的には残業しまくりになるか、上司に怒られまくることになるように、後回しにしても、仕方ないのです。

その日は、必ずやってきてしまうのです。

修復不可能な状態になる前に、放置している問題を直視する勇気をもって下さいね。

ワークショップ情報


06fd25257b25c9d015e1c37ab25fd32a_s

【男前女子のための、大人コミュニケーション力アップ!ワークショップ】開催します。
◆日時:4月7日(日) 昼の部:13:30-17:30 夜の部:18:30-20:30
◆講師:大門昌代
◆料金:昼の部:¥8,000(税込 ¥8,640) 夜の部:¥5,000(税込¥5,400)
◆会場:江坂・ホテルパークサイド
・昼の部・夜の部と2部通し参加いただけると¥12,000+税(税込 ¥12,960)とお得に受講できます。
ワークショップについて詳しくはこちらへ>>>
>>>ワークショップお申込みフォーム<<<

3月分のカウンセリングは、2月21日お昼12時から受付開始です。


《カウンセリング予約センター》
電話番号:06-6190-5131
受付時間:12:00〜20:30
定休日:毎週月曜日
※ただし、月曜日が祝日の場合は翌火曜日にお休みをいただきます。
3352515d
カウンセリングサービス発!人気カウンセラーのすぐに役立つ心理学講座がオーディオで聴ける☆心理学講座音声配信サービスきくまる!無料で聴ける心理学講座を続々配信中!まずは、無料音源をお試しください!

クローバー

3月2日(土)3日(日)に、ヒーリングワークベーシックを大阪の江坂にて、開催いたします。
今回のヒーリングワークベーシックは、わたくし大門昌代が、トレーナーとして担当させていただきます。
じっくりと、お話しをお伺いさせていただけますので、ぜひ動いてしゃべる大門に会いに来てくださいね。
ブログとはまた違った切り口で、様々なお話をさせていただきます。
ご参加いただいた皆様の悩みや問題を、じっくりとお伺いし、心理分析を行い、解決していく手助けをさせていただく2日間です。

ヒーリングワークベーシックとは?


日頃皆様にご利用いただいておりますカウンセリングサービスの母体である、神戸メンタルサービスが主催しているものです。
カウンセリングサービスでは、1Dayワークショップというものを、開催しておりますが、1Dayワークショップで、ご提供させていただいているものを、2日間かけてより深く体験していただけるのが、ヒーリングワークとなります。

ヒーリングワークベーシックでは、カウンセリングサービスのカウンセラー達が実践している心理学の土台となっている癒しの基本的な理論を学ぶとともに、「癒しの体験」をしていただきます。

この「体験」というのが、とても重要なのです。

できないには、訳がある


「部屋を片付ける方法」や「おいしいお料理のレシピ」などの書籍は、たくさんあります。
でも、その本を読んで、「なるほど〜」と思っても、実際にやれるかどうかは別問題になってきます。
実際に部屋を片付けようとすると、できない理由が出てきますし、実際においしい料理を作ろうとしても、うまく作れなかったりします。
本に書いているようには、いかなかったりするのです。
それは、本に書いていることが間違っているわけではなく、「できない理由」があるからなのです。
その「できない理由」を理解し、「できるようになる体験」をしていただこうというのが、「癒しの体験」なのです。

もちろん、部屋を片付けたり、料理を作ったりすることが目的ではありません。
お集りいただいた皆さまが、それぞれ抱えておられる問題や、悩みを理解し、乗り越えていく体験をしていただくのが、ヒーリングワークの目的です。

ヒーリングワークベーシックは、2日間をかけて行われます。
初日は、心理学の基本的な考え方を学び、それを実習を通して体験していただきます。
2日目は、希望者を募り、個人の問題をセラピーを通して解決していきます。
セラピーでは、ロールプレイという手法を使います。

ヒーリングワークは、初めての方がご参加いただけるベーシックと、2回目以降の方がご参加いただけるアドバンスの二つに分かれています。
3月2日(土)3日(日)の二日間で行われるのは、ヒーリングワークベーシックとなります。

ぜひ、この機会にヒーリングワークベーシックにお越しください。

※神戸メンタルサービス主催の講座やワークショップを初めて受講される方は、入会金として3,240円が必要となります。
taira_muryo

※神戸メンタルサービスの入会金が無料になり、講座無料券がもらえるキャンペーン開催しております。
◆無料説明会:2月27日(水)19:00〜20:50・江坂ホテルパークサイド2F
※2月27日(水)の無料説明会は、弊社代表の平が担当いたします。

<ヒーリングワークベーシック>


◆日時:3月2日(土)10:00〜20:00・ 3月3日(日)10:00〜20:00
◆参加条件:2日間終日ご参加ください。
■受講料:47,520円
■会場: 大阪−江坂・サニーストンホテル
■お申込み:ベーシックのお申込み・キャンセルについてをご確認ください>>>※ベーシックをはじめて受講される方には「返金保証制度」があります。
※未成年の方、妊娠中の方、お子様連れの方のご参加についてはこちらをご覧ください>>>

3c3c993a4cf253347273b43bb84c9fe0_s

「男って頼りない」と思って男性を、ちょっと下にみてしまっている女性が、頼りない男性よりも嫌いで許せないものは、何でしょうか?

ちょっと、クイズ形式にしてみましたが、わかりますか?

男って頼りないよね!」
「本当に男ってば、あてにしても裏切るよね!」
「ったく、男ってやつはさぁ〜」

これらのセリフを言う、もしくは言わないまでも心の中で連呼しまうのは、男性に対して期待があるからなのです。

そりゃ期待もしますよね?

「か弱い女性である自分が、こんなに頑張って生きているのだから、女性よりも体力ありそうな男性が、女性である私より弱いと、私のことをフォローできないじゃん!」

私を支えたり、フォローしたりすることができないのは、困ってしまうので、期待するわけです。

別に支えたり、フォローしたりしてくれなくても大丈夫な場合は、期待はしませんよね?
そんな欲求もちませんからね。

ということは、男性に支えてほしい、フォローしてほしいという願いがある分だけ、期待値が上がるということになりますね。

期待することが悪いわけではない


それは別にいいのです。
自分にできないことがあり、助けが必要なのだから、男性に支えてほしい、フォローしてほしいとお願いするわけですからね。

ところが、自分にできないことがあり、助けが必要で、男性に支えてほしい、フォローしてほしいと思っている自分を、自分で受け入れることができないと、お願いするというスタイルではなく、男性への文句という形で出てきてしまうのです。

ということは・・・・

男って頼りないよね!」
「本当に男ってば、あてにしても裏切るよね!」
「ったく、男ってやつはさぁ〜」

と、つい言ってしまうタイプの女性が、頼りない男性よりも嫌いなのは、頼りないか弱い自分とうことになります。

その自分を嫌っているので、「助けが必要です」とか、「守ってほしいです」とか、「やさしくしてほしいです」というお願いができないのです。

お願いができないと文句になってしまうことも


お願いができないので、がぜん強気に、「あなた!頼りない!!」「もっとしっかりしなさいよっ!」と言っているので、すごく強い女性のように思われてしまうのですが、本当のところは、弱い部分だってあるわけです。

「そうであってくれないと困る」

この思いが、相手への期待になるのです。
これは、他の状況の場合でも、言えることです。

お金を稼ぐ自信がない人は、親やパートナーがお金を稼いでくれないと困ります。
ですから、親やパートナーが経済的に豊かであることを期待します。

自分はかわいくないとか、かっこよくないと思っている人は、パートナーにかわいらしさや、かっこよさを期待します。
そうでないと、困るのです。

ただ、人間である以上、困ることがあって当然と言えば当然ですね。
だから、「私には困ることがあります」ということを、受け入れることができれば、「困っているのでお願いします」と言えるのですが、受け入れられないでいると、文句という形になって表れてしまうのです。

困っているのに、困っていると言えないので、本当に困りますね。

期待は変換して伝えましょう


期待は、お願い事として伝えられるようになると、叶えられえる確率が上がりますよ。

と、サラッと書かせていただきましたが、自分のか弱さを受け入れられない女性は、自立の度合いがかなり強い女性ですから、「お願い事するくらいなら切腹します!」くらいに思ってしまうようです。

自立の度合いが強いということは、それくらい自分で様々なことをやらなくてはいけなかった過去や、状況があったということです。
その時はそりゃもう、あらゆることに耐えて、自分に厳しくするしかなかったでしょうからね。

それでも、例え悶絶しようとも、自分の弱さを受け入れていくことができれば、頼りない男性に文句を言い続けなくてもよくなりますし、頼りないと思っていた男性が、助けの手を差し伸べてくれることもあるのです。

自分の弱さと向き合い、受け入れるということを、やってみる価値はありますよ。

ワークショップ情報


06fd25257b25c9d015e1c37ab25fd32a_s

【男前女子のための、大人コミュニケーション力アップ!ワークショップ】開催します。
◆日時:4月7日(日) 昼の部:13:30-17:30 夜の部:18:30-20:30
◆講師:大門昌代
◆料金:昼の部:¥8,000(税込 ¥8,640) 夜の部:¥5,000(税込¥5,400)
◆会場:江坂・ホテルパークサイド
・昼の部・夜の部と2部通し参加いただけると¥12,000+税(税込 ¥12,960)とお得に受講できます。
ワークショップについて詳しくはこちらへ>>>
>>>ワークショップお申込みフォーム<<<

3月分のカウンセリングは、2月21日お昼12時から受付開始です。


《カウンセリング予約センター》
電話番号:06-6190-5131
受付時間:12:00〜20:30
定休日:毎週月曜日
※ただし、月曜日が祝日の場合は翌火曜日にお休みをいただきます。
3352515d
カウンセリングサービス発!人気カウンセラーのすぐに役立つ心理学講座がオーディオで聴ける☆心理学講座音声配信サービスきくまる!無料で聴ける心理学講座を続々配信中!まずは、無料音源をお試しください!

話しをするカップル

何かにつけて、語りまくる男性のことを、私は勝手に【語る君】と、密かに呼んでおります。

「スポーツというのはね。楽しむことももちろん大切なのだけれど、競争するという意識も大切でね・・・」

「男って生き物はね。夢を追いかけるのが大好きでね。どうしてそうなのかというと・・・」

という具合に、聞いてもいないのに語りだされると、うんざりしてしまう女性も少なくないですよね?

もちろん、こちらが教えて欲しいことであれば、語っていただくのは大変ありがたいことなのですが、そうではないことであっても、一方的に語りだされると困ってしまいます。

婚活パーティーで、そのような男性に遭遇したとか、うちの夫が語りだしたら止まらないのですというお話しは、よくお伺いします。

女性からは、婚活パーティーで出会った男性が、何も話してくれなくて、ガッカリしたとか、うちの夫は何も話してくれなくてさみしいというお話しもお伺いするので、男性からは、「語ればいいのか?黙ればいいのか?」と、質問されてしまいそうですけどね。

語る君はどんな人?


もちろん一概には言えないことですが、語る君は、教えてあげたい症候群なんですよね。

誰かに自分が持っている知識や情報を、教えてあげたくって仕方ない。
良い人と言えば良い人なのですけどね。

問題は、相手が必要としている知識や情報なのかということに関係なく、自分が教えたいことだけを語ることですね。

中には、「俺すごいだろ?」という自慢が入っている場合もありますが、すごいと言ってもらいたいとか、認めてもらいたいという欲求は、誰しもが持っているものですから、語る君だけが特別というわけではないかもしれませんね。

ただ、あまり認められた経験がないような人の場合、認めてもらいたい欲求が強くなりすぎて、強く語る君になってしまうこともありますね。

語る君のコミュニケーションは、キャッチボールになっていないので、女性からは不評になってしまいます。

コミュニケーションはどうすれればよい?


よく「会話のキャッチボール」なんて表現したりしますが、その表現の通り、コミュニケーションというのは、相手がキャッチしやすいボールを投げて、ボールを受けた側が今度は相手がキャッチしやすいボールを投げ返すという、キャッチボールで成り立ちます。
ということで、会話というのをキャッチボールに例えてお話しさせてもらいますね。

一方的に、どちらかが投げているだけでは、キャッチボールになりませんよね?
自分が投げたいボールを、投げたいように投げられると、受ける側は困ってしまいますよね。

語る君のコミュニケーションは、

「キャッチボールする?」
「うん。キャッチボールしよう」

という相手の同意を得るという部分が抜け落ちているのです。

相手がグローブをつける前に、ボールを投げるようなものなのです。
そのボールも、野球のボールかと思えば、テニスボールだったり、ドッジボールだったり、
サッカーボールだったり・・・・

語る君の場合は、相手に教えてあげたいという思いが強いので、とりあえずは相手に届くようなボールを投げてはいるのですけど、教えたい熱が高すぎるので、次から次へとボールを投げてしまっているような感じですね。

語る君よりも、コミュニケーションが苦手で、女性の地雷ばかり踏んでしまうタイプの男性の場合は、相手を見ないし、見ても相手との距離を測ることもしませんし、相手が受け取れるボールを投げるなんてこともしません。
一方的に、ボールを投げ込んで、相手にボールを当ててしまうような感じですね。

女性の投げたボールには、どう対処する?


言いたい放題好きなように書かせていただいていますが、男性からすると、女性の会話は「暴投ばかりじゃないか!」と、お叱りをうけそうですね。

でもね。
女性同士だと、暴投ではなく、ちゃんと成立しているんですよ。
適当に投げて、気が向いたら投げ返す。
うまくボールがとれなくても気にしない。

女性から投げられたボールを、全てきちんと受け止めて、そのボールについて感想を述べようとするので、男性は疲れてしまうのではないかと私は思っています。

女性から投げかけられたボールは、全部受け止めなくてもいいのです。
女性は、話しをすることで、自分の気持ちに整理整頓をつけていくところがありますから、とりあえずボールを投げさせてあげるのです。

そして、そのボールについての感想など言わなくていいし、ましてや投げ方のコーチなど必要ありません。

大切なことは、ボールを投げている女性の方を見ること。
全部キャッチしなくてもいいのならと、よそ見していると、すごく怒らせてしまうことになりますからね。

語る君がそばにいる女性の皆さんは、突然ボールを投げられるとビックリすることや、そのボールじゃなく、違うボールがよいことや、今はキャッチボールする気分じゃないことを、何度も何度も教えてあげる必要があるかもしれませんね。

コミュニケーションスキルに関しては、男性と女性では、大人と子どもほど違いますからね。

2月17日(日)大阪で無料説明会があります


私が所属しているカウンセリングサービスの母体、神戸メンタルサービス無料説明会を、明日2月17日(日)大阪江坂にて行っております。
無料説明会の今回の担当は、わたくし大門昌代です。

お時間のある方は、ぜひご参加下さいね。
無料説明へいらっしゃいキャンペーンもやってます。
無料説明会についてご説明している記事は、こちら>>>muryo-daimonl

---------------------------
4月7日(日)【男前女子のための、大人コミュニケーション力アップ!ワークショップ】開催します。

---------------------------
2月分のカウンセリング受付をしています。
ぜひ、あなたの問題を解決するために、ご利用下さいね。
《カウンセリング予約センター》
電話番号:06-6190-5131
受付時間:12:00〜20:30
定休日:毎週月曜日
※ただし、月曜日が祝日の場合は翌火曜日にお休みをいただきます。

3352515d
カウンセリングサービス発!人気カウンセラーのすぐに役立つ心理学講座がオーディオで聴ける☆心理学講座音声配信サービスきくまる!無料で聴ける心理学講座を続々配信中!まずは、無料音源をお試しください!

↑このページのトップヘ