心理カウンセラー/大門昌代オフィシャルブログ

心理カウンセラー達が作る癒し系サイト「カウンセリングサービス」のカウンセラー、
大門昌代のブログです。


カウンセリングサービス

先日、大阪で開催された1DAYワークショップでのことですが、トレーナーの根本がレクチャー中におもしろいお話しをしてくれました。

根本 『大門は、東京や名古屋、福岡などに移動する時に、空港から現地までの地図を人に作らせようとします。』

大門心の声 『確かに、綿密な地図を作るように依頼しましましたが、何か問題でも??』

根本 『自分で作ろうという気が、さらさらないのです。』

大門心の声 『そんなにキッパリ言わなくても・・・・でもまぁ〜さらさらありませんが・・・』

根本 『その結果ですね。大門が移動するとなると、迷子に備えて携帯を握り締めて待機する人間が現れるんですよ。』

大門心の声 『そうですが、何か問題でも??度々助けていただいております。』

根本 『昔は、少しは自分でやろうとしたことも、ありましたよね?』

大門 『あったような気がしますね〜』(遠い目・・・)

つまり、何でも自分でやろうとすると、うまくいかないこと(迷子になって迷いまくる)が出てくるが、恥を忍んで(今は恥とも思いませんが・・・)誰かをあてにすると、色んな方面から助けがやってくるというお話しだったのです。

確かにそうなのです。
自分では無理と認めて受け入れて、周りの人に助けてと言うと、各方面から様々な援助がやってくるのです。
決して脅して地図を作らせようとしているわけではありませんよ。←ここ強調しておきます!
でも、『どうせ迷うから、わかりやすい地図でも作ってやろう!』という素晴らしい人が現れるのです。
こうして、私はたくさんの人に助けられて生きているのです。

先日、とある会社で講演をさせていただいたのですが、ビジネスの場では特に、自分の弱点を見せるのは難しかったりします。
『弱みを見せたら負け!』というのが、ビジネスの場ですから、当然ですが、みんな強くあろうとします。
その結果、誰にも助けを求めることができず、一人で問題を抱え込んでしまうということが起こります。特に自立的な人ほど、助けが求めにくいものです。
ですが、勇気を出して誰かをあてにしたみたら、結構助けがやってきたりもしますから、ぜひ周りの人をあてにしていただきたいなと思うのです。

助けを求める、援助を求めるのは、決して恥ずかしいことでもありませんので、ぜひぜひ勇気を出してみてくださいね。

『デジタルカメラを買おう!!』と決心した大門です。
そして、いったいどんな物があるのかと、下見に出かけました。
店員さんが、付きまといます。
『申し訳ないですが、必要な時だけ呼びますので、向こうに行ってて!』とは、小心者なので言えず、黙ってカメラを物色していたのですが、私の横で、私がカメラを手に取るたびに言います。


<店員の声>
『それは、画質がいまいちで・・・・』
『それなら、携帯のカメラとあまり違わないですよ』
『あっそれは、軽すぎて手振れしやすいんですよねぇ〜』
『ズームはやはり、前が飛び出すタイプでないとねぇ〜』
『あっそちらのメーカーは、あまりおすすめできないんですよねぇ〜』
『それはねぇ〜操作が難しくて・・・初心者には・・・』


<大門の心の声>
『ええいっ!うるさいっ!!』
『てかっ、あんたは良いところをまったく言わないのだねっ!!』

とは、言えず・・・・・
店員に追いやられるように、あるカメラの前にきたら、急にテンションが変わる店員。


<店員の声>
『これはね、手振れしにくいし、初心者にも扱いやすいですよ。』
『ほらっ!この液晶見てくださいっ!他のより明るくて見やすいでしょう!!』


<大門の心の声>
『つまりなんだね。』
『君は、そのカメラを売りたいのだねっ!!』
『全ての商品の、良いところを私に説明しろっ!!』

とにかくイライラするので、何も買わずに店を出てきてしまいました。

誰かと比べて自分が劣る・・・と落ち込んでしまうとき、誰かの良いと思うところと、自分の駄目だと思うところを比べていませんか?
人と自分は違って当たり前で、違うからこそ人間なのですが、どうしても比べずにいられないというときは、誰かの良いと思うところと、自分の良いと思うところを比べましょう!!

『あの人は、仕事がテキパキとできる・・・それに比べて私は、いつもゆっくりしか仕事をできない・・・』

ではなくっ!!

『あの人は、仕事がテキパキとできる。私は仕事をゆっくりと丁寧にできる。』
に変えていきましょうね。
そんな事を思った、電器店でのできごとでした。

お願いだから、私を店内で放置してください。
お願いです・・・
必要な時、呼びますから、放置を希望しますっ!!

ふと気付いた。
『ピラピラドレスを見ても、吐き気をもよおさなくなっているぞっ!!』

そうですっ!!
私の姫のイメージは、すこぶる悪く、最悪に近い状態だったのです。
詳しくはこちらを→童話で凹む ・ 童話で凹むその2

よって、娘の結婚式とはいえ、ピラピラフリフリのドレスを見たら、昔なら吐き気をもよおすぐらいに拒否反応が出ていたはず・・・

ところがっ!
吐き気どころか、ボルテージ上がりまくり、『ついでに母も試着させてくださいっ!』状態。

何を隠そうわたくし、とおーーーーーーーーーーーい昔に結婚式をした時に、自分のドレスを選ぶのが邪魔臭く、『何でもいい〜〜』と言ってのけた女なのです。
それぐらい、自分がドレスを着るということに拒否反応を示していたわけですね。

それがっ!
『お色直しって、やってもいいんですよね?』
『この会場は、プリンセスラインのドレスでも大丈夫?』
『ティアラとか、ベールとか好きなの選んでいいのかしら?』
などなど・・・・

何も自分が花嫁でないので、吐き気をもよおさないわけではなく、自分も試着する勢いですから、ピラピラドレスや、お姫様状態に拒否反応が出なくなっているようなのです。

これはきっと、女性性アップの為に努力してきた結果に違いなしっ!!

男性にも男性性と女性性がありますし、女性にも男性性と女性性があります。
私の場合は、男性性を強化することに、日夜努力していた人生だったので、自分が女性であると感じると、気持ち悪くなり『オエーーーーーーッ』と吐き気をもよおしていたという訳です。

日々の努力が実り、ピラピラドレスを試着しちゃうぞっ!!状態まで成長したわたくし。
どんな努力をしたかと言いますと・・・

●ピラピラの洋服を何度も試着した(決して買わないところが、ある意味こだわりです)
●エステだっ!ネイルだっ!アロマだっ!興味はあるが、恥ずかしくてやっていなかったことをやってみた。
●重い荷物は、男性に持ってもらうことにした。(しょぼい??)
●お願いごとをするようにした。(それまでは、何でも自分でやっていました・・・)
●少々邪魔臭くても、お化粧直しをするようにした。

・・・・すべてしょぼい

ですがっ!!
ピラピラドレスが、試着できるまでに成長したのですっ!!

40歳を過ぎて、やっと自分が女性であると、素直に受け入れられるようになってきました。
大門は、日々成長しておりますっ!!
微妙に進歩しておりますっ!!

大阪江坂で開催される1DAYワークショップに、ゲスト参加いたしますっ!!

1DAYワークショップとは、カウンセリングとは少し違った感じですが、皆様の心をたっぷりと癒して、新しい自分を発見してもらい、新しい生き方にシフトチェンジしてもらえるとっても素晴らしい1日なのです。

ゲストカウンセラーとして、私の他にも、木村祥典、斉藤亜紀、田中三知代が参加いたします。
トレーナーとして、1DAYワークショップをリードしてくれる根本も、何やら悪巧みも考えているようです。(姑息な手段なようですが・・・)

私が始めてワークショップに参加したときは、衝撃の連続でした。

『こんなに涙って出るもんなんだぁ〜』
『こんなに人って、やさしいんだぁ〜』
『そんな生き方があるんだぁ〜』
『えっ?!私ってばそんな人だったのね!』

『いったい丸一日かけて何をすんだ?』と思いつつ参加したものですが、あっという間の一日になっていました。
皆様にとっても、きっと素晴らしい一日になることと思います。
根本が責任をもって、そうさせていただきますっ!!

当日は雨だと思います。
たぶんそうです。
いや、きっと雨です。
雨に違いありませんっ!
なんたって、トレーナーの根本が強力な雨男なのです!!
ですが、雨でも気分が落ち込まない素晴らしい一日になります。

場所は大阪江坂のパークサイドホテルですから、大門も迷子になりませんっ!!
なんたって、カウンセリングルームのすぐ近くです。
時間通りに、大門は会場に到着しています!!(かなり自信あります)

参加ご希望の方は、申し込みフォームからお申し込みをお願いしますね。

【詳細】
大阪・癒しの1DAYワークショップ

日時:6月15日(日) 10:00〜20:00
場所:ホテルパークサイド2F会議室(御堂筋線・徒歩1分)
料金:21,000円

トレーナー・根本裕幸
ゲストカウンセラー:木村祥典、斉藤亜紀、大門昌代、田中三知代

お申し込みはこちらから→お申し込みフォーム

『幸せになりたいのに、幸せになれない』そんな時は、幸せになりたくない理由が無意識に眠っている場合があります。
なので、『私は幸せになる』と無意識に何度も何度も聞かせてあげると、無意識がその気になって、幸せの方に動き出すということがあります。
自分の言葉を一番聞いているのは、当然ながら自分ですから、どうせ聞かせるのなら『幸せになれるのかな?』ではなく、『幸せになる』にした方がいいのです。

って!!
こんな真面目なお話を書くつもりではなかったのです!!
では、ここからが本題です。

わたくし、確かに今年のお正月に自分に誓いました。
『今年中に結婚する!』『素敵な旦那様を見つけて楽しく暮らす!』
当然ならが、私はこれをぶつくさと念仏のように唱えておりました。
自分の無意識に届くようにと、ぶつくさぶつくさ・・・・・

しかーーーーーーーーーーーーーーーしっ!!

私は、とても大きな間違いを犯してしまいました。

『私は』を、付け忘れたのですっ!!!!!

オーマイガッーーーーーーーーーーーーッ!!!
やっちまったぜ・・・・・

カンのいい方はもうおわかりかと思いますが、このたび我がアホ娘が結婚する事になりました。
先日ブログに書いた『サル以下になった日』に、出かけたのは、結婚式を挙げる予定のレストランの下見です。

レストランに到着し、説明を受けながら歓声をあげる親子

キャーーーーー!何て素敵な場所なの!!
えっ!そんなDVDも作れるんですかっ?!
ステージまであるじゃないですかっ!!
バーカウンターで、飲み放題!!

展示されているドレスを見て、ボルテージが上がる親子

キャーーーーーーー!かわいい!
こんなの着て、ブーケ投げちゃったりなんかできちゃうんですか!
お色直しとかも、やっちゃっていいんですか?

キャーキャー、ワーワーはしゃぎまくって、二つ目の目的地に疲れ果てて行けなくなったのでした。詳しくは、『サル以下になった日』をご覧下さいませ。

さてさて、『私は』を付け忘れた為に、私が結婚するのではなく、娘が結婚することになってしまったのですが、ある意味、私の誓いといいましょうか、祈りは聞き届けられたわけです。

みなさんに、声を大にしてお伝えしたいのはっ!!
目標が達成するように、自分の無意識に話しかける時は、必ず!必ず!かーなーらーず!!
主語をお忘れなきようにということです。

ある意味、無意識への語りかけは強力な力を発揮するという事が、実証されましたので、もちろん今後は『私は』を、付ける所存でございますっ!!

↑このページのトップヘ