心理カウンセラー◆大門昌代オフィシャルブログ

◇こちらは心理カウンセラー達が作る癒し系サイト「カウンセリングサービス」のカウンセラーのプロフィールページです。
大門昌代(だいもんまさよ)  大阪地区所属(東京・名古屋も担当)

カウンセリングサービス神戸メンタルサービス所属カウンセラー&トレーナー
2005年よりカウンセラーとして活動。
現在は大阪を中心に東京、名古屋にてカウンセリング、講座、ワークショップを開催。
数十人〜100人規模のグループセラピーをリードするトレーナーでもある。

恋愛や結婚、浮気や離婚など男女関係、対人関係やビジネス関係、家族関係、子育て、子供の反抗期・思春期の問題など、幅広いジャンルを得意とし、女性ならではの視点と、優しさ、母としての厳しさと懐の深さを使ってのカウンセリングには、定評がある。

50代・離婚歴あり・子供男1人女1人

>>>カウンセラーの一覧へ
>>>カウンセリングサービスのHPへ
>>>カウンセリングサービスって?

0038-04



浮気したパートナーに対して、関係を修復しようと、やさしくしはじめることってありますよね?

許せない!という気持ちもありつつ、『このままではよくないよね』と思って、傷ついた気持ちを抱えつつもやさしくする。

『最近作っていなかったし、お弁当でも作ってあげよう』とか
『居心地悪かっただろうから、話しかけてみよう』とか
『いってらっしゃいも言ってなかったから、言ってみよう』とか・・・


あれやこれやと努力しているにも関わらず、相手の態度が今まで以上に悪くなるということがあります。

カウンセリングの中でも、関係修復を望まれている場合、『悔しいですが、怒ってばかりだと関係性が悪化してしまうので、やさしくしてみましょうね』と、提案させてもらうことがあるのですが、頑張ってみようとチャレンジしてくれているにも関わらず、相手の態度がすこぶる悪いということがあります。

カウンセリングでは、あらかじめ『旦那さんの態度、今まで以上に悪くなることがありますからね』とは、注意させてもらいます。

今まで以上に態度が悪くなるのに、どうしてそんなことしなきゃいけないの?と思われるでしょう。

ちょっと想像してみてください。

アイスクリームを食べたい子どもがいたとします。
食べたくて食べたくて、お母さんにお願いします。
でも、お母さんはアイスクリームを食べさせてくれません。
何度もお願いしますが、ダメだというばかり。
そのうち子どもは諦めます。
そしてある日、お母さんが寝坊して子どもを起こすのが遅くなってしまいました。
子どもは学校に遅刻してしまいます。
帰宅した子供に、お母さんが、『今日はごめんね〜アイスクリーム買ってきたから食べる?』と聞く。
素直に『食べる!』という子供もいるでしょうが、中には『アイスクリーム?いらない!』と悪い態度の子供がいます。

『ずっと欲しいとお願いしていたときは、買ってくれなかったのに、寝坊して悪かったからと言って、アイスクリーム買ってきたって、もう遅い!!今はアイスクリームなんて食べたくないやいっ!!』
と悪い態度になるわけですね。

あれと同じだと思って下さい。

ずっとやさしくしてもらいたかったのに、してもらえなかった。
すっかり諦めてしまった。
(だからって、浮気がいいことだとは言いませんよ)

『そんな時に、今更やさしくされたって、もう遅い!』
と態度が悪くなるわけですね。

でも、『いらないっ!』と言った子供も、本当はアイスクリームを食べたいのと同じで、悪い態度のパートナーも、やさしくされたくないわけではないのです。

相手が悪い態度だからといって、すぐにやさしくすることをやめてしまうと、『ほらっやっぱりそうなんだよ』となります。
ですから、相手の態度が悪くなったとしても、続ける必要があります。

悔しくて、悲しくて、苦しいけれど、続けるのです。
そうしていると、『あれ?本当にやさしくなったのかも?』『あれ?許してくれているのかも?』と、だんだんと態度が軟化してきます。

くれぐれもお伝えしておきますが、あくまでも『だんだんと』です。

その変化は微妙です。
『今更遅いんだよっ!』と怒鳴っていた声が、今までより少し小さくなるとか、怒鳴る回数が減ってくるとか、不機嫌な顔は変わらないけれど、何も言わなくなったとか・・・

その他にも、今まで一度も目を合わせなかったのが、10回に1回目があうようになるとか、問いかけに対してやはり10回に1回返事をするようになるとか・・・

微妙な変化を見逃さないようにしてくださいね。
それは、相手が軟化していたサインですからね。
そのまま続けていきましょう。

やさしく接するのは、相手を変えるためではありません。
自分自身がパートナーに対しての愛を思い出していくためです。

一人でチャレンジしていると、心が折れそうになることもあるでしょうから、そんな時は、カウンセリングを使って下さいね。

------------------------

《カウンセリング予約センター》
電話番号:06-6190-5131
受付時間:12:00〜20:30
定休日:毎週月曜日
※ただし、月曜日が祝日の場合は翌火曜日にお休みをいただきます。

3352515d
カウンセリングサービス発!人気カウンセラーのすぐに役立つ心理学講座がオーディオで聴ける☆心理学講座音声配信サービスきくまる!無料で聴ける心理学講座を続々配信中!まずは、無料音源をお試しください!


大門の人気ブログ【あの時知りたかったよ!】シリーズを、きくまるお知らせブログでも紹介しております>>>


『ええっーーーっ!そんなことあるんですかっ!』

とおしゃっる方が、カウンセリングでお話しさせていただく方の中には、少なくありません。

何に驚いていらっしゃるかというと・・・

例えばのお話しですが、共働きのご夫婦。
奥さまは日曜日、平日の食事の準備を忙しくしています。
帰ってきてすぐに夕ご飯を出せるようにと、日曜日になると食事のストックを作っておられるわけです。
食事のストックを冷蔵庫に作り置きしておこうと思うと、食材だけでも結構な量になります。
ですから、朝から掃除して、洗濯物を干したら、大量の食材を買い込みにスーパーへ出かけます。

買い物には、旦那様も同行されるのですが、帰宅して奥さまが食事のストック作りに忙しくしはじめると、フラッとどこかへ行ってしまいます。

奥さまは、頑張って家事をこなします。
食事作りだけでなく、掃除もしなくてはいけませんし、干した洗濯物は取り込まなくてはいけません。

一日中バタバタと忙しく動いて疲れた頃、夕方になると旦那様が帰ってきます。

奥さまは、思うわけです。
『どうして、家事を手伝ってくれないのよっ!!』

でも、新婚さんなので、言いません。
これが結婚数年目になってくると、『どうして手伝ってくれないのよっ!』と、怒りの形相で言うのでしょうが、そこは新婚さんなので、ケンカしたくないからと黙っています。

そして、奥さまは考えるのです。
『ひょっとして、うちの旦那様は、私にやさしくないのでは?』

『私ばかり日曜日に、家の用事をさせて、うちの旦那は冷たい!』
『離婚したほうがいいのではないか?と思うのです』
とカウンセリングでご相談下さいます。

そこで、私が解説するのです。

『もしかしたら、旦那様は、自分のお部屋には奥様にも入ってきてもらいたくないタイプなのではないですか?』

『はっ・・・はいそうです。自分の部屋の掃除は自分でやっていますね。私が部屋に入るのを嫌がるんですよ。そういうところも、冷たい人だって思うんですよね』

『もしかしたら、旦那様は冷たいのではなく、奥さまを大切に思うからこそ、日曜日に家事
をしないで、外にフラッと出かけているかもしれませんよ』

『ええっーーーっ!そんなことあるんですかっ!』
『ああ、ビックリ!』
NEKO9V9A9131_TP_V4

となるわけです。

これどういうことか?

全てのケースがこれに当てはまるわけではありませんが、私たちは誰もが投影ということを自動的にしています。
投影というのは、自分の心の中の状態を外に映し出しているということなのですが、私がもしかしてと思ったのは、旦那様は、自分の部屋には奥様にも入ってもらいたくないタイプです。
ということは、自分のテリトリーに誰かが侵入してくることを、極端に嫌がるタイプ。
これが悪いわけではありません。
人にはそれぞれパーソナルスペースというものがありますからね。

で、この旦那様は、『俺は自分のテリトリーには、誰にも入ってきてもらいたくない。その方が落ち着く』と思っているとします。
そうなのだとしたら、自分がそうなのだから奥さまもそうであろうと思います。
これが投影というものです。

家事ということに対して、旦那様が奥さまのテリトリーだと思い込んでいたとしたら、自分が侵入してほしくないように、奥さまも侵入してほしくないであろう。

『だったら俺は外にでかけてあげよう!』

と奥さまに対してのやさしさで、フラッと出て行っている可能性があるのです。

お互いが、相手に良かれと思ってしていることが、実は逆効果になっていることは少なくありません。

普段から、『私はこう思う』『僕はこう考える』ということをコミュニケーションすることは、大切なのです。
意見が違っていてもいいのです。
その違う意見を、お互いが理解していくことが大切なのです。

例にだした新婚さんのように、『ケンカしたくないから』と必死で我慢して耐えていると、ある日大爆発してしまうことも少なくありません。
大爆発してしまうと、修復にはかなり時間がかかってしまいます。
積年の恨みというのは、そう簡単には消えてくれませんからね。


------------------------

《カウンセリング予約センター》
電話番号:06-6190-5131
受付時間:12:00〜20:30
定休日:毎週月曜日
※ただし、月曜日が祝日の場合は翌火曜日にお休みをいただきます。

3352515d
カウンセリングサービス発!人気カウンセラーのすぐに役立つ心理学講座がオーディオで聴ける☆心理学講座音声配信サービスきくまる!無料で聴ける心理学講座を続々配信中!まずは、無料音源をお試しください!


大門の人気ブログ【あの時知りたかったよ!】シリーズを、きくまるお知らせブログでも紹介しております>>>

muryo-daimonl

無料説明会へいらっしゃいませんか?

11月12日(日)13時から大阪江坂にあるホテル・パークサイド2Fにて、無料説明会を開催いたします。

無料説明会ですから、ご参加はもちろん無料です。
2時間程度使って、カウンセリングや神戸メンタルサービスのシステム説明と、心についてのお話をしています。

ご興味のある方は、ぜひご参加してみてください。

皆さまにご利用いただいているカウンセリングサービスのカウンセラー達は、全員が神戸メンタルサービスの出身者です。

神戸メンタルサービスは、カウンセリングサービスの母体であり、カウンセラーの養成や、各種講座、ワークショップを開催しております。

カウンセラー養成と書くと、「カウンセラーになるつもりがない私には、ご縁がないかも?」と思われるかもしれませんが、実は私もカウンセラーになるつもりなど毛頭ない状態で、この神戸メンタルサービスのワークショップに参加した者の一人です。

「カウンセラーになるつもりはない」
「でも、少しでも楽に生きる方法を知りたい」
「自分の今の状況を変えたい」

そんな気持ちで私は、「カウンセリングサービスの母体で何やらやっているらしいので、ちょっと覗いてみようか」という軽い動機で参加したワークショップでした。
そのワークショップで衝撃を受け、「これ、おもしろそう!」「私の今の状況何とかなるかも?」と、まったくもってカウンセラーになるつもりもなく通い始めたわけです。

私の場合は、たまたま職を探していたときであり、「どうせ勉強するならカウンセラーになってみようか」というあまり自慢できない理由で、カウンセラーになったのですが、一緒に学んだ仲間たちの中には、カウンセラーにならなかった人たちもいます。

カウンセラーには、なってもいいし、ならなくてもいいのです。

カウンセリングサービスがメインでご提供しているのは、「カウンセリング」です。
とっても明確でわかりやすいです。

ですが神戸メンタルサービスがご提供しているものは、「癒し」であり、「学び」というものであり、「親密感」「感動」「やる気」「生きる力」「つながり」・・・ちょっと聞いただけではよくわからないのです。
でも私たちが生きていくうえで、とても大切なものでもあるのです。

そこで!無料説明会というものを開催しているのです。

今なら、「無料説明会とくとくキャンペーン」というのを行っております。
神戸メンタルサービスに入会する場合に必要な入会金3,240円が無料になります。
そして、神戸メンタルサービスの心理学入門講座、恋愛心理学講座(2時間)、カウンセリング講座(受講料3,240円)のうちどれか1回が無料で受講していただける「無料体験チケット」をプレゼントしております。
(※無料説明会とくとくキャンペーンの特典は、神戸メンタルサービスに新規入会される方が対象です)

各地域の講座日程表から参加ボタンをクリックしてお申し込みいただけます。

講座日程表:大阪・神戸
講座日程表:東京
講座日程表:名古屋
講座日程表:福岡

------------------------

《カウンセリング予約センター》
電話番号:06-6190-5131
受付時間:12:00〜20:30
定休日:毎週月曜日
※ただし、月曜日が祝日の場合は翌火曜日にお休みをいただきます。

3352515d
カウンセリングサービス発!人気カウンセラーのすぐに役立つ心理学講座がオーディオで聴ける☆心理学講座音声配信サービスきくまる!無料で聴ける心理学講座を続々配信中!まずは、無料音源をお試しください!


大門の人気ブログ【あの時知りたかったよ!】シリーズを、きくまるお知らせブログでも紹介しております>>>

武豊騎手の週刊誌に掲載された問題で、奥さまの対応が神対応だと高評価のようですね。

確かに、取り乱すことなく、マスコミの方々にも笑顔で対応されていますし、誰のことも批判しておられないので、素晴らしい対応だと、私も思いました。

奥さまをインタビューの中で言っておられましたが、「私からも、きつく主人には言いました」とのことで、そりゃそうでしょうと思うわけです。

ご夫婦のことですから、私を含め周りの人間がとやかく言うことではないのですが、「そりゃ言いますよねっ!」と思いました。

マスコミの皆さんが報道しておられることが、すべて真実なのかどうなのかは、私にはわからないことです。
でも、もしも夫が浮気している!なんてことが発覚したら、なかなかあんなには、落ち着いていられないでしょうね。(私は昔そうでしたから)
MKJ_uwakiwohakkenshitaahirucyan_TP_V4

まっ武騎手のことは、置いておいて、神対応と言われるものについて、今日は少し書かせていただこうかと思います。

家の中ではどうかは知りません。
知りませんが、あの奥さまは、マスコミの皆さんに対してお話しになっていることは、誰のことも批判していないのです。

旦那様のことも、お相手とされる女性のことも、またマスコミの皆さんに対してもです。

誰のことも批判せず、攻撃しない姿勢は、人に好印象を与えますね。

腸が煮えくり返っていようが(あの奥さまがそうなのかは、私にはわかりません)、ニコニコと笑顔で対応し、批判しないでい続けることは、そう簡単にできることではないでしょう。
だからこそ、あの奥さまの対応は、神対応と言われるわけですね。

お見事だと私が思ったのは、批判しないだけでなく、相手への配慮というものです。
旦那様に対しては、その社会的な立場に対して配慮しておられますし、お相手とされる女性や、関係者の方々に対しても、「大変なご迷惑をおかけして・・・」と、配慮しておられます。

また、私ならあれだけ家に押しかけられたら、迷惑だと顔に出てしまうところでしょうが、あの奥さまは、「こんなところまで、わざわざ来ていただいて・・・」と、これまた配慮されています。

すごいですねぇ〜

あの奥さまが、おうちの中ではどうなのかは、知りません。
旦那様に対して、お皿の2枚や3枚は投げつけて怒っていてくれると、なんだかホッとしますけど・・・

あの報道を見て、浮気してしまった旦那様に対して、私はあの奥さまのように、寛容な態度ではなかったと、自分を責めている人がいないことを祈ります。

繰り返しますが、あの奥さまがお家の中で、どうなのかは、誰にもわからないことです。
ひょっとしたら、おうちの中でも、もうすでに終わったこととして、旦那さまを許して穏やかにしておられるのかもしれませんし、激怒したり泣きわめいたりしておられるかもしれません。

誰かと自分を比較して、自分を責めないでくださいね。

多くの人は、ああいうことがあれば、激怒しますし、かなり落ち込みます。

あのような事例だけでなく、どんなときも、誰のことも批判せず、配慮ができるようになりたいと、芸能ニュースを見ながら思うのでした。

そして、腸が煮えくり返ろうとも(どうしても、煮えくり返るようだ)笑顔でいられたらと思う次第です。
引きつりながらでもいいので、とりあえず口角をあげることができれば、誰かを攻撃しなくてもいいかもしれませんね。

神対応と言われる人たちに共通するのは、「笑顔」「批判しない」「相手への配慮」この3つではないかと思います。
------------------------

《カウンセリング予約センター》
電話番号:06-6190-5131
受付時間:12:00〜20:30
定休日:毎週月曜日
※ただし、月曜日が祝日の場合は翌火曜日にお休みをいただきます。

3352515d
カウンセリングサービス発!人気カウンセラーのすぐに役立つ心理学講座がオーディオで聴ける☆心理学講座音声配信サービスきくまる!無料で聴ける心理学講座を続々配信中!まずは、無料音源をお試しください!


大門の人気ブログ【あの時知りたかったよ!】シリーズを、きくまるお知らせブログでも紹介しております>>>

今年に入ってからか?
『忖度』という言葉が、頻繁にテレビなどで使われるようになりましたね。

正直に告白すると、私はテレビで度々取りざたされるまで、『忖度』という言葉を知らなかったし、その意味も知らなかった・・・

どうやら『忖度』というのは、『他人の気持ちをおしはかること』『推察』ということらしい。

『忖度』することが、良いことなのかどうなのかは、置いておいて、日本で生きていくうえで、自分以外の人の気持ちをおしはかることは、結構やらなくてはいけないことのように思います。
これがうまくできないと、『生きづらさ』につながってくるのかもしれません。

それが忖度なのかどうかは、私は知りませんが、『空気を読む』というのも日本社会ではありますよね。

場の空気を読んで(空気に何も書いてないよっ!)、適切な言動を求められるわけですね。
察するということが必要なわけですが、これもまた難しい。
PAK74_mawarihariarujyu_TP_V4

よくある夫婦喧嘩で、『あなたは、私の気持ちをわかってくれない!』と奥さまが激怒するというのがありますが、『相手にわかる言葉で伝えていますか?』というのがあります。
そして次に、相手にわかる言葉で伝えていたとしても、『相手が理解できない』ということもあり得ます。

『いつも頑張っているのに、あなたは私のことを認めてくれないので、私は悲しい』と伝えたとしたら、言葉としては理解してくれるかもしれません。

ですが・・・

『認めてくれないって言うけれど、俺は認めてるよ』とか
『どうして、認めてもらえないと、悲しくなるのだ?』とか
『そもそも、悲しいことなんていっぱいあるのだから、そんなこと言っても仕方ないよ』

そんな感じで、言葉としてはわかるけれど、その気持ちを察するということは、苦手でできないということもありえるのです。

また、会社などで上司から『みんなのお弁当を、適当に見繕って買ってきて』なんて言われたときに、上司の気持ちを忖度できないと、『みんな』とは誰のことなのか?『適当』てどういうことなのか?サッパリわからなくて、上司の思惑とは違うことをしてしまって、ものすごく怒られるなんてこともあるかもしれません。

こんな出来事を、忖度できないというのか、空気が読めないというのかは、私は知りませんが、こういうトラブルによって、人間関係が悪くなってしまったというご相談は、多くお受けします。

もし、意図しないところで、誰かを怒らせたり、悲しませたりしてしまうことが多いのであれば、それはあなたが悪いわけではなく、『気持ち』というものが、わかりづらいだけかもしれませんし、あなたと相手の考え方が違うだけかもしれません。

忖度や、空気を読むということが、うまくできなくても、トラブルは減らしていくことができます。
それによって、生きづらさも解消していくことができますよ。


------------------------

《カウンセリング予約センター》
電話番号:06-6190-5131
受付時間:12:00〜20:30
定休日:毎週月曜日
※ただし、月曜日が祝日の場合は翌火曜日にお休みをいただきます。

3352515d
カウンセリングサービス発!人気カウンセラーのすぐに役立つ心理学講座がオーディオで聴ける☆心理学講座音声配信サービスきくまる!無料で聴ける心理学講座を続々配信中!まずは、無料音源をお試しください!


大門の人気ブログ【あの時知りたかったよ!】シリーズを、きくまるお知らせブログでも紹介しております>>>

このページのトップヘ