心理カウンセラー◆大門昌代オフィシャルブログ

◇こちらは心理カウンセラー達が作る癒し系サイト「カウンセリングサービス」のカウンセラーのプロフィールページです。
大門昌代(だいもんまさよ)  大阪地区所属(東京・名古屋も担当)

カウンセリングサービス神戸メンタルサービス所属カウンセラー&トレーナー
2005年よりカウンセラーとして活動。
現在は大阪を中心に東京、名古屋にてカウンセリング、講座、ワークショップを開催。
数十人〜100人規模のグループセラピーをリードするトレーナーでもある。

恋愛や結婚、浮気や離婚など男女関係、対人関係やビジネス関係、家族関係、子育て、子供の反抗期・思春期の問題など、幅広いジャンルを得意とし、女性ならではの視点と、優しさ、母としての厳しさと懐の深さを使ってのカウンセリングには、定評がある。

50代・離婚歴あり・子供男1人女1人

>>>カウンセラーの一覧へ
>>>カウンセリングサービスのHPへ
>>>カウンセリングサービスって?

0038-04



muryo-daimonl

無料説明会へいらっしゃいませんか?

11月12日(日)13時から大阪江坂にあるホテル・パークサイド2Fにて、無料説明会を開催いたします。

無料説明会ですから、ご参加はもちろん無料です。
2時間程度使って、カウンセリングや神戸メンタルサービスのシステム説明と、心についてのお話をしています。

ご興味のある方は、ぜひご参加してみてください。

皆さまにご利用いただいているカウンセリングサービスのカウンセラー達は、全員が神戸メンタルサービスの出身者です。

神戸メンタルサービスは、カウンセリングサービスの母体であり、カウンセラーの養成や、各種講座、ワークショップを開催しております。

カウンセラー養成と書くと、「カウンセラーになるつもりがない私には、ご縁がないかも?」と思われるかもしれませんが、実は私もカウンセラーになるつもりなど毛頭ない状態で、この神戸メンタルサービスのワークショップに参加した者の一人です。

「カウンセラーになるつもりはない」
「でも、少しでも楽に生きる方法を知りたい」
「自分の今の状況を変えたい」

そんな気持ちで私は、「カウンセリングサービスの母体で何やらやっているらしいので、ちょっと覗いてみようか」という軽い動機で参加したワークショップでした。
そのワークショップで衝撃を受け、「これ、おもしろそう!」「私の今の状況何とかなるかも?」と、まったくもってカウンセラーになるつもりもなく通い始めたわけです。

私の場合は、たまたま職を探していたときであり、「どうせ勉強するならカウンセラーになってみようか」というあまり自慢できない理由で、カウンセラーになったのですが、一緒に学んだ仲間たちの中には、カウンセラーにならなかった人たちもいます。

カウンセラーには、なってもいいし、ならなくてもいいのです。

カウンセリングサービスがメインでご提供しているのは、「カウンセリング」です。
とっても明確でわかりやすいです。

ですが神戸メンタルサービスがご提供しているものは、「癒し」であり、「学び」というものであり、「親密感」「感動」「やる気」「生きる力」「つながり」・・・ちょっと聞いただけではよくわからないのです。
でも私たちが生きていくうえで、とても大切なものでもあるのです。

そこで!無料説明会というものを開催しているのです。

今なら、「無料説明会とくとくキャンペーン」というのを行っております。
神戸メンタルサービスに入会する場合に必要な入会金3,240円が無料になります。
そして、神戸メンタルサービスの心理学入門講座、恋愛心理学講座(2時間)、カウンセリング講座(受講料3,240円)のうちどれか1回が無料で受講していただける「無料体験チケット」をプレゼントしております。
(※無料説明会とくとくキャンペーンの特典は、神戸メンタルサービスに新規入会される方が対象です)

各地域の講座日程表から参加ボタンをクリックしてお申し込みいただけます。

講座日程表:大阪・神戸
講座日程表:東京
講座日程表:名古屋
講座日程表:福岡

------------------------

《カウンセリング予約センター》
電話番号:06-6190-5131
受付時間:12:00〜20:30
定休日:毎週月曜日
※ただし、月曜日が祝日の場合は翌火曜日にお休みをいただきます。

3352515d
カウンセリングサービス発!人気カウンセラーのすぐに役立つ心理学講座がオーディオで聴ける☆心理学講座音声配信サービスきくまる!無料で聴ける心理学講座を続々配信中!まずは、無料音源をお試しください!


大門の人気ブログ【あの時知りたかったよ!】シリーズを、きくまるお知らせブログでも紹介しております>>>

武豊騎手の週刊誌に掲載された問題で、奥さまの対応が神対応だと高評価のようですね。

確かに、取り乱すことなく、マスコミの方々にも笑顔で対応されていますし、誰のことも批判しておられないので、素晴らしい対応だと、私も思いました。

奥さまをインタビューの中で言っておられましたが、「私からも、きつく主人には言いました」とのことで、そりゃそうでしょうと思うわけです。

ご夫婦のことですから、私を含め周りの人間がとやかく言うことではないのですが、「そりゃ言いますよねっ!」と思いました。

マスコミの皆さんが報道しておられることが、すべて真実なのかどうなのかは、私にはわからないことです。
でも、もしも夫が浮気している!なんてことが発覚したら、なかなかあんなには、落ち着いていられないでしょうね。(私は昔そうでしたから)
MKJ_uwakiwohakkenshitaahirucyan_TP_V4

まっ武騎手のことは、置いておいて、神対応と言われるものについて、今日は少し書かせていただこうかと思います。

家の中ではどうかは知りません。
知りませんが、あの奥さまは、マスコミの皆さんに対してお話しになっていることは、誰のことも批判していないのです。

旦那様のことも、お相手とされる女性のことも、またマスコミの皆さんに対してもです。

誰のことも批判せず、攻撃しない姿勢は、人に好印象を与えますね。

腸が煮えくり返っていようが(あの奥さまがそうなのかは、私にはわかりません)、ニコニコと笑顔で対応し、批判しないでい続けることは、そう簡単にできることではないでしょう。
だからこそ、あの奥さまの対応は、神対応と言われるわけですね。

お見事だと私が思ったのは、批判しないだけでなく、相手への配慮というものです。
旦那様に対しては、その社会的な立場に対して配慮しておられますし、お相手とされる女性や、関係者の方々に対しても、「大変なご迷惑をおかけして・・・」と、配慮しておられます。

また、私ならあれだけ家に押しかけられたら、迷惑だと顔に出てしまうところでしょうが、あの奥さまは、「こんなところまで、わざわざ来ていただいて・・・」と、これまた配慮されています。

すごいですねぇ〜

あの奥さまが、おうちの中ではどうなのかは、知りません。
旦那様に対して、お皿の2枚や3枚は投げつけて怒っていてくれると、なんだかホッとしますけど・・・

あの報道を見て、浮気してしまった旦那様に対して、私はあの奥さまのように、寛容な態度ではなかったと、自分を責めている人がいないことを祈ります。

繰り返しますが、あの奥さまがお家の中で、どうなのかは、誰にもわからないことです。
ひょっとしたら、おうちの中でも、もうすでに終わったこととして、旦那さまを許して穏やかにしておられるのかもしれませんし、激怒したり泣きわめいたりしておられるかもしれません。

誰かと自分を比較して、自分を責めないでくださいね。

多くの人は、ああいうことがあれば、激怒しますし、かなり落ち込みます。

あのような事例だけでなく、どんなときも、誰のことも批判せず、配慮ができるようになりたいと、芸能ニュースを見ながら思うのでした。

そして、腸が煮えくり返ろうとも(どうしても、煮えくり返るようだ)笑顔でいられたらと思う次第です。
引きつりながらでもいいので、とりあえず口角をあげることができれば、誰かを攻撃しなくてもいいかもしれませんね。

神対応と言われる人たちに共通するのは、「笑顔」「批判しない」「相手への配慮」この3つではないかと思います。
------------------------

《カウンセリング予約センター》
電話番号:06-6190-5131
受付時間:12:00〜20:30
定休日:毎週月曜日
※ただし、月曜日が祝日の場合は翌火曜日にお休みをいただきます。

3352515d
カウンセリングサービス発!人気カウンセラーのすぐに役立つ心理学講座がオーディオで聴ける☆心理学講座音声配信サービスきくまる!無料で聴ける心理学講座を続々配信中!まずは、無料音源をお試しください!


大門の人気ブログ【あの時知りたかったよ!】シリーズを、きくまるお知らせブログでも紹介しております>>>

今年に入ってからか?
『忖度』という言葉が、頻繁にテレビなどで使われるようになりましたね。

正直に告白すると、私はテレビで度々取りざたされるまで、『忖度』という言葉を知らなかったし、その意味も知らなかった・・・

どうやら『忖度』というのは、『他人の気持ちをおしはかること』『推察』ということらしい。

『忖度』することが、良いことなのかどうなのかは、置いておいて、日本で生きていくうえで、自分以外の人の気持ちをおしはかることは、結構やらなくてはいけないことのように思います。
これがうまくできないと、『生きづらさ』につながってくるのかもしれません。

それが忖度なのかどうかは、私は知りませんが、『空気を読む』というのも日本社会ではありますよね。

場の空気を読んで(空気に何も書いてないよっ!)、適切な言動を求められるわけですね。
察するということが必要なわけですが、これもまた難しい。
PAK74_mawarihariarujyu_TP_V4

よくある夫婦喧嘩で、『あなたは、私の気持ちをわかってくれない!』と奥さまが激怒するというのがありますが、『相手にわかる言葉で伝えていますか?』というのがあります。
そして次に、相手にわかる言葉で伝えていたとしても、『相手が理解できない』ということもあり得ます。

『いつも頑張っているのに、あなたは私のことを認めてくれないので、私は悲しい』と伝えたとしたら、言葉としては理解してくれるかもしれません。

ですが・・・

『認めてくれないって言うけれど、俺は認めてるよ』とか
『どうして、認めてもらえないと、悲しくなるのだ?』とか
『そもそも、悲しいことなんていっぱいあるのだから、そんなこと言っても仕方ないよ』

そんな感じで、言葉としてはわかるけれど、その気持ちを察するということは、苦手でできないということもありえるのです。

また、会社などで上司から『みんなのお弁当を、適当に見繕って買ってきて』なんて言われたときに、上司の気持ちを忖度できないと、『みんな』とは誰のことなのか?『適当』てどういうことなのか?サッパリわからなくて、上司の思惑とは違うことをしてしまって、ものすごく怒られるなんてこともあるかもしれません。

こんな出来事を、忖度できないというのか、空気が読めないというのかは、私は知りませんが、こういうトラブルによって、人間関係が悪くなってしまったというご相談は、多くお受けします。

もし、意図しないところで、誰かを怒らせたり、悲しませたりしてしまうことが多いのであれば、それはあなたが悪いわけではなく、『気持ち』というものが、わかりづらいだけかもしれませんし、あなたと相手の考え方が違うだけかもしれません。

忖度や、空気を読むということが、うまくできなくても、トラブルは減らしていくことができます。
それによって、生きづらさも解消していくことができますよ。


------------------------

《カウンセリング予約センター》
電話番号:06-6190-5131
受付時間:12:00〜20:30
定休日:毎週月曜日
※ただし、月曜日が祝日の場合は翌火曜日にお休みをいただきます。

3352515d
カウンセリングサービス発!人気カウンセラーのすぐに役立つ心理学講座がオーディオで聴ける☆心理学講座音声配信サービスきくまる!無料で聴ける心理学講座を続々配信中!まずは、無料音源をお試しください!


大門の人気ブログ【あの時知りたかったよ!】シリーズを、きくまるお知らせブログでも紹介しております>>>

自分の未力(みりょく)を受け入れるというのは、ものすごーーーーく勇気が必要であり、とーーーても大切なことです。

無力ではなく、未力であるところがポイントです!
まっ私が勝手に「未力」と言っているだけなのですが、力がまだ発揮されていないということだと思って下さい。

未力を受け入れて、絶望しましょうと言うことではなく、未力を受け入れないと、そこにある問題を乗り越えられないからなのです。

例えば、「やる気になったらできる」と言いつつ、そのやる気がなかなか出てこない場合。
その事ができるほど、まだ気力がないことを認める必要があります。
そうしないと、永遠にやる気を出すことができませんからね。

「ダイエットやるぞ!」と意気込んでも、なかなか始められないことってありませんか?
心のどこかに「ダイエットを実現する気力」を邪魔する何かがあって、未力なのかもしれませんよ。
そうだとしたら、気合や根性だけでは、どうにもならないわけです。

「私は根性がない・・・」と責めるのではなく、「まだ力が発揮されない状態なのだ」とまずは受け入れる。
そして、未力の原因を探り出す。

「どうせ、無理」と潜在意識が言っているのかもしれませんし、「食事制限は嫌だ」と潜在意識が言っているのかもしれません。(理由は人それぞれですけどね)

これと同じで、大切な誰かと仲良くしたいけれどできないとか、仕事を頑張りたいけれどできないときも、まだ未力な状態であり、その原因がどこかにあるのかも?です。
008MIZUHO171010_TP_V4

誰にでも、まだ発揮されていない力はたくさんあります。
力の発揮方法がわかれば、やりたいことができるようになります。

まずは、「まだ力が発揮されていないのだ」と受け入れてみてくださいね。
自分ができていないこと、力が足りていないことを受け入れるのは、すごく勇気が必要ですが、受け入れた先には、その原因発見や、解決方法があります。

大阪での面談カウンセリング、11月8日(水)・11月11日(土)・11月12日(日)に、ご利用可能なお席があります。
ぜひご利用下さい。


------------------------

《カウンセリング予約センター》
電話番号:06-6190-5131
受付時間:12:00〜20:30
定休日:毎週月曜日
※ただし、月曜日が祝日の場合は翌火曜日にお休みをいただきます。

kikumaru_s


人には、やろうと思ってもできないことがあります。

例えば私。

何をどうやっても、方向音痴は治らない。
『どうして、そこを曲がるのかなぁ〜』と言われたこと多数。
『どうして、わからいの??本当に不思議だよ』と言われたこと多数。

事前に地図とにらめっこしようが、迷うものは迷う。
路線図なども、まったくもって理解できない。
仕方ない。
PAK63_koukyomawarinoensen20131026_TP_V4

私は生まれも育ちも大阪なので、この『仕方ない』ということを、『しゃーない』と言う。

しやーないので、方向音痴を治すことは、諦めた。
そして、まず方向音痴であることを、周りの皆さんに報告した。
そして、あれほど嫌いだったナビを採用した。

その結果、道案内を知人やナビがしてくれるようになった。

よって、方向音痴問題は、大した問題ではなくなった。

方向音痴は治らないけれど、それによって不具合が起こらなくなれば、問題はないも同然。
ある意味、問題が解決したと思っている。

私の友人にも、忘れ物がものすごく多い人がいる。

『どうして、それを忘れるの?』
『事前に、ちゃんと確認しなきゃ!』
などと、周りからたくさん言われるし、その人も努力をいっぱいしている。

でも、忘れる。

『しゃーない』のです。

何とか周りに迷惑をかけないようにしようと、頑張るのだけれど、忘れるものは忘れる。
そうなのだとしたら、それは私の方向音痴と同じだと思うのです。

『忘れ物をしない自分になる』というのは、私が『方向音痴を治す』と言っているのと同じことで、かなりの困難を極めるうえに、無理なことなのかもしれないのです。

できないことは、悪いことではありません。

周りの人に、『私は忘れ物をします。しかも、信じられないものまで忘れます』と公表して助けてもらうのも、対策の一つです。

また、『私は忘れ物をするのだ』という大前提を受け入れることも大切。
否定したり、嫌悪したりするのではなく、ただ受け入れる。
そうすることで、持ち物リストを作ることだってできるかもしれません。
持ち物リストを作ることさえ忘れてしまうかもしれませんが、それもまた誰かに助けてもらえばいいのです。

頑張ってもできないことは、『しゃーない』のです。
悪いことではないと受け止めてくださいね。
これを、『受け入れる』というのかもしれませんね。

ちなみに、『私は、〇〇ができない』と自分を責めていると、なかなか気づけないのですが、方向音痴の私には、喋って書けるという才能があることに気付きました。

『みんな、そんなに人前で喋れないものなのね』と驚いたこと多数。
『みんな、書くのにそんなに時間がかかってしまうのね』と驚いたこと多数。

そうです!
自分を責めるより大切なことは、自分の才能に気付くことなのです。
そうすると、自己肯定感とやらが、上がりますよ。


11月分の大阪と名古屋での面談カウンセリング受付中です。
よかったら、ご利用下さいね。
あなた自身を否定せず受け入れ、できないことは笑い飛ばし、才能をみつけていきましょう。
------------------------

《カウンセリング予約センター》
電話番号:06-6190-5131
受付時間:12:00〜20:30
定休日:毎週月曜日
※ただし、月曜日が祝日の場合は翌火曜日にお休みをいただきます。

kikumaru_s

このページのトップヘ