心理カウンセラー◆大門昌代オフィシャルブログ

◇こちらは心理カウンセラー達が作る癒し系サイト「カウンセリングサービス」のカウンセラーのプロフィールページです。
大門昌代(だいもんまさよ)  大阪地区所属(東京・名古屋も担当)

カウンセリングサービス神戸メンタルサービス所属カウンセラー&トレーナー
2005年よりカウンセラーとして活動。
現在は大阪を中心に東京、名古屋にてカウンセリング、講座、ワークショップを開催。
数十人〜100人規模のグループセラピーをリードするトレーナーでもある。

恋愛や結婚、浮気や離婚など男女関係、対人関係やビジネス関係、家族関係、子育て、子供の反抗期・思春期の問題など、幅広いジャンルを得意とし、女性ならではの視点と、優しさ、母としての厳しさと懐の深さを使ってのカウンセリングには、定評がある。

50代・離婚歴あり・子供男1人女1人

>>>カウンセラーの一覧へ
>>>カウンセリングサービスのHPへ
>>>カウンセリングサービスって?

0038-04



『女子力?なんじゃそりゃっ!!』

と思ったことは・・・

みなさんはありませんよね。(私だけかもしれませんね)

「女子力」という言葉が、巷で使われだしたころから、カウンセリングのご相談でも、『私、女子力ないんです・・・』とか『友達に女子力低すぎと言われました・・・』というお話が出てくることが多くなりました。

『女子力?なんじゃそりゃっ!!』と思うような私は、自分なりに「女子力」なるものを解釈してみました。

あくまでも、自分なりの解釈ですので、違っていたらごめんなさいです。

◆美しいもの、かわいいもの、綺麗なものに敏感
◆細やかな配慮をしている

この2点くらいしか思いつかない・・・

おそらくその時点で巷では「女子力なさすぎっ!」と言われるのかもしれませんけどね。

料理で言うならば、「食べられればよい」というのが、女子力が低い状態で、料理を盛り付ける器やテーブルなどにもこだわり、美しく盛り付けたりするのが、いわゆる女子力が高いと言われる状態ではないかと分析するのです。
AKAP0I9A3153_TP_V4

ひょっとしたら、お掃除や洗濯、家事全般が得意というのも、女子力が高いということに分類されているのか?

女子力が何を表しているのかは、少し置いておいて、この巷で言われている「女子力」とやらが、自分にはないのではないか?とか、少なすぎるのではないか?と、自己嫌悪してしまっている女性が結構多いのです。

そして、「私は女子力が低いから、彼にフラれたんだ・・・」とか「女子力が低いから、彼ができないんだ・・・」と、女子力と問題をくっつけてしまっているのです。

誤解を恐れずに言いますと、女子力と問題は、あまり関係ないのです。

もし女子力と問題が関係あるのだとしたら、料理に対して「食べられればよい」という価値基準を持っている女性は、彼ができないということになってしまいますよね?

もし女子力と問題が関係あるのだとしたら、お料理もおしゃれに作れて、彼に細やかな気づかいができる女性は、絶対に彼にフラれることはないとなりますよね?

でも、実際にはそうではありません。
「食べられればよい」という価値基準の人も、彼ができますし、お料理をおしゃれに作れても彼にフラれることだってあります。

全てまるっとひとくくりにして、「私の問題は女子力のせい」にしないでくださいね。

女子力のせいにしてしまうと、本当の意味での問題解決ができなくなってしまいます。

また、正確なのかどうかはわかりませんが、巷でいう「女子力」というのは、どうも「感性」であったりするようなので、人によって違うのは当たり前かと思います。
ですので、「女子力」というものを、磨くというのは、悪いことではありませんが、「女子力」という言葉に振り回されて、自分という人間を見失わないでほしいなと思うのです。

大丈夫です。

『女子力?あまりご縁がありません』とか『女子力?なんじゃそりゃっ!』という女性も、ちゃんと彼ができます。
あまり気にしなくてよいです。
ましてや、自分を責めないでくださいね。

一番大切なのは、どんな自分も自分で受け入れていることです。


------------------------

《カウンセリング予約センター》
電話番号:06-6190-5131
受付時間:12:00〜20:30
定休日:毎週月曜日
※ただし、月曜日が祝日の場合は翌火曜日にお休みをいただきます。

kikumaru_s


12月でカウンセリングサービスを脱会する安田カウンセラーに、「ジプシー気質だよね」と言った大門です。
(その記事はこちらへ>>>

安田カウンセラーとは、昔から本当に仲が良く、カウンセラーになる前からのお友達として関わらせてもらっていました。
ですので、安田カウンセラーがジプシー気質であるのは、ずっと前から知っておりました。

(ジプシーという呼び方が、あまり良いものではないとされていることもありますが、私はジプシーというのを、生き方のスタイルとして使わせてもらっています。決して悪い意味として使っているわけではありません。最近はジプシーではなく、ロマと表現することがあるようですね)

おもしろいのですが、ジプシー気質の人は、そのことが悪いことのように感じていることが多いのです。
安田カウンセラーも自身のブログで書いていましたが、以下のような特徴を、悪いこととしてとらえていることが少なからずあるのです。

・すぐ飽きるので場所も物事も人にも、1か所に滞留しない
・実際に、各地に転居している。
・緊急性の高いことより、興味を持ったことを優先
・旅に出ても毎日違う宿(なので毎朝荷造り忙しい)
・よく考えずに動いてしまうことがある

悪いですかね?

私は悪いとは思わないのです。
その人の、特徴、特質とは思うのですが、人にはそれぞれの特徴や特質があるわけですから、仕方ないことですよね。
でも、安田カウンセラーが書いていたような特徴をお持ちの方は、転職を繰り返してしまうとか、集中して物事に取り組めないとか、継続性があることができないということで、社会的に自分はダメなのではないか?と思ってしまっていることが多いように思います。

ひととは違う特徴や特質があっても、それは悪いことではありません。
自分を責める材料にはしないでくださいね。
その特徴や特質を活かせる場や、活かせる方法は必ずあります。

私も、地図が読めないので迷子になるという特徴がありますし、数字が苦手なので、計算ができないという特徴があります。
それに、原稿がなくても与えられた時間内に話すべきことを話せるという特徴もありますが、自分の頭の中にある考えを、文章にはできても、企画案として書くことができないという特徴もあります。

良いか悪いかではなく、一つの特徴や特質としてとらえることができれば、それを活かしていく方法は必ずみつかります。
自分の特徴や特質を理解し、受け入れて、自分が歩く道を決めていければいいですよね。

自分を責めてしまうのではなく、特徴や特質として、どう活かしていけばよいのかとお悩みの方は、ぜひ大門のカウンセリングをご利用下さいね。
お電話のカウンセリングは、早々に満席になってしまいますが、大阪や名古屋での面談カウンセリングには、ご予約可能なお席がありますので、ぜひお使い下さい。

------------------------

《カウンセリング予約センター》
電話番号:06-6190-5131
受付時間:12:00〜20:30
定休日:毎週月曜日
※ただし、月曜日が祝日の場合は翌火曜日にお休みをいただきます。

kikumaru_s


『あの人は、怒りっぽい人』
『あの人は、やさしい人』
と、私たちは誰かに対して判断をしています。
ジャッジというやつですね。

これをしておいた方が、楽と言えば楽なのです。
そういう人であると思い込んでいれば、その人について、色々な情報を集めなくて済みます。
でも、そうすると、その人が持っている様々な部分が見えなくなってしまいます。

怒るときもあるけれど、やさしいときもあるのが人間ですよね。
たまには、一般的な多くの人よりも、怒る回数が多い人もいますが、だからと言って、その人にやさしい部分がないわけではありません。
逆もまたしかりです。

判断するなと言っても、瞬時に判断してしまつているのが、ある意味人間なのかもしれませんし、もちろん私もやってしまいます。
でも、『本当にそうなのかな?』と自分が下した判断を、疑ってみることは大切ですよ。
それをしたときに、相手の新たな魅力を発見できる可能性が出てきます。

また、自分以外の誰かを判断している以外に、私たちは、自分自身を判断していることも多いものです

『また、これができなかった』
『また、誰かを不機嫌にさせてしまった』
『また、失敗してしまった』
だから自分はダメなのだと判断してしまうのです。

誰かを判断してしまうよりも、自分自身を判断してダメだと決めつけてしまう方が、人生には悪影響かもしれません。

もしも、たびたびできないことがあっても、もしも、たびたび誰かを不機嫌にしてしまうのだとしても、それは、あなたが悪いからではないかもしれませんよ。

あなたのやり方と、世間一般のやり方が違う。
相手とあなたの物事の捉え方が違う。

そうです。
ただ違うだけかもしれないのです。
赤色とピンクは似ていますが、どちらが良いとか悪いとかないですよね?

違うだけなのだとしたら、その違いを受け入れていき、『じゃ、どう対応していこうかな?』と考えればいいだけです。
無理やり自分が相手に合わせるだけが、対応方法ではないのです。

自分と誰かとの違いを受け入れる。
良い悪いと判断するのではなく、違いを受け入れることで、物事の見え方が劇的にかわることもあるのですよ。

------------------------

《カウンセリング予約センター》
電話番号:06-6190-5131
受付時間:12:00〜20:30
定休日:毎週月曜日
※ただし、月曜日が祝日の場合は翌火曜日にお休みをいただきます。

kikumaru_s


『なぜか周りの人とうまくいかない』
『パートナーには、いつもフラれてしまう』
『どうも周りの人に理解されていないような気がする』
AXIS15050458_TP_V4

周りの人や、パートナーなど身近な人とうまくいかないことが多く、その原因がわからないというお話を、カウンセリングではよくお伺いします。

私が行うカウンセリングでは、『もしかしたら、お友達はこういうことを言いたいだけかもしれませんよ』とか『旦那様は、こんなことを考えているのかもしれませんよ』などの、お話をすることもあります。
そうすると、『えっ!!そうなんですか?』と驚かれることも少なくありません。

本当に相手の方が、そのようにお考えなのかどうかは、私には正解はわからないのですが、『〇〇というように考えている可能性がありますよ』『〇〇と言いたいのかもしれませんね』ということで、様々な可能性のお話をさせてもらうのです。

そうすると、周りの人となぜうまく噛み合わなかったのか原因がわかることがあるようです。

どちらかが悪いということではなく、お互いが相手の考え方や気持ちを、まったく想像できなかったからこそ発生していたトラブルだったということは、とても多いのです。

周りの人としっくりいかないということが多い場合、まずは自分が普段どのように考え、どのような言動をしているのかを、観察してみるといいですね。
それが、悪いわけではないのです。
ですが、自分がどのようにしているか?がわからないと、周りの人とトラブルになっている原因もわかりません。

私たちは社会で生きているわけですので、すべてを一人でこなすことができません。
ですから、周りの人とのしっくりいかない感じや、トラブルは、できるだけ減らせると楽になってくるのです。

まずは自分自身を批判することなく受け入れる。
そして次に、周りの人を批判することなく受け入れる。
で、どうすればいいかを考える。
というステップが必要なのではないかと考える今日この頃なのです。

ところが私たちは、ついつい自分のことも、周りの人のことも批判や判断してしまい、競争したりトラブルになったりしてしまうようなのです。

まずは、自分を批判することなく受け入れる。
自分を知るということから、初めてみませんか?

------------------------

大門のカウンセリングは、11月分の受付を開始しております。
11月分の電話カウンセリングは、残りわずかとなりました。(10月23日現在)
面談カウンセリングは、大阪、名古屋共にご予約可能なお日にちがありますので、ご希望の方は予約センターまでお電話下さい。

《カウンセリング予約センター》
電話番号:06-6190-5131
受付時間:12:00〜20:30
定休日:毎週月曜日
※ただし、月曜日が祝日の場合は翌火曜日にお休みをいただきます。

kikumaru_s


muryo-daimonl

無料説明会へいらっしゃいませんか?

10月29日(日)大阪江坂にあるホテル・パークサイド2Fにて、無料説明会を開催いたします。

皆さまにご利用いただいているカウンセリングサービスのカウンセラー達は、全員が神戸メンタルサービスの出身者です。

神戸メンタルサービスは、カウンセリングサービスの母体であり、カウンセラーの養成や、各種講座、ワークショップを開催しております。

カウンセラー養成と書くと、「カウンセラーになるつもりがない私には、ご縁がないかも?」と思われるかもしれませんが、実は私もカウンセラーになるつもりなど毛頭ない状態で、この神戸メンタルサービスのワークショップに参加した者の一人です。

「カウンセラーになるつもりはない」
「でも、少しでも楽に生きる方法を知りたい」
「自分の今の状況を変えたい」

そんな気持ちで私は、「カウンセリングサービスの母体で何やらやっているらしいので、ちょっと覗いてみようか」という軽い動機で参加したワークショップでした。
そのワークショップで衝撃を受け、「これ、おもしろそう!」「私の今の状況何とかなるかも?」と、まったくもってカウンセラーになるつもりもなく通い始めたわけです。

私の場合は、たまたま職を探していたときであり、「どうせ勉強するならカウンセラーになってみようか」というあまり自慢できない理由で、カウンセラーになったのですが、一緒に学んだ仲間たちの中には、カウンセラーにならなかった人たちもいます。

カウンセラーには、なってもいいし、ならなくてもいいのです。

カウンセリングサービスがメインでご提供しているのは、「カウンセリング」です。
とっても明確でわかりやすいです。

ですが神戸メンタルサービスがご提供しているものは、「癒し」であり、「学び」というものであり、「親密感」「感動」「やる気」「生きる力」「つながり」・・・ちょっと聞いただけではよくわからないのです。
でも私たちが生きていくうえで、とても大切なものでもあるのです。

そこで!無料説明会というものを開催しているのです。

無料説明会ですから、ご参加はもちろん無料です。
2時間程度使って、カウンセリングや神戸メンタルサービスのシステム説明と、心についてのお話をしています。
ご興味のある方は、ぜひご参加してみてください。

ぜひ、しゃべって動く大門に会いにいらしてください。

今なら、「無料説明会とくとくキャンペーン」というのを行っております。
神戸メンタルサービスに入会する場合に必要な入会金3,240円が無料になります。
そして、神戸メンタルサービスの心理学入門講座、恋愛心理学講座(2時間)、カウンセリング講座(受講料3,240円)のうちどれか1回が無料で受講していただける「無料体験チケット」をプレゼントしております。
(※無料説明会とくとくキャンペーンの特典は、神戸メンタルサービスに新規入会される方が対象です)

各地域の講座日程表から参加ボタンをクリックしてお申し込みいただけます。

講座日程表:大阪・神戸
講座日程表:東京
講座日程表:名古屋
講座日程表:福岡

---------------------------
《カウンセリング予約センター》
電話番号:06-6190-5131 または 06-6190-5613
受付時間:12:00〜20:30
定休日:毎週月曜日
※ただし、月曜日が祝日の場合は翌火曜日にお休みをいただきます。

ダウンロードサービスきくまる>>>
kikumaru_s

このページのトップヘ