『俺のそばに近づくなっ!』
『私に近づかないでよねっ!』


そんなオーラを発して、人を遠ざけている人がいますね。
とは言っても、私はオーラがあるのかどうかは知りませんので、雰囲気を醸し出していると思っていただければ、ありがたいです。

『感じ悪いな』と、多くの人は思いますね。
感じ悪いし、どう見ても友好的には見えないので、近づこうとはしませんね。

これが、どんな場所でもそんな様子ならば、本気で近づくなよと思っているのかもしれませんが、わざわざ人が集まる場所に出かけてきた人が、こんな雰囲気の時って不思議だと思いませんか?
tachiirikinshiPAS01467_TP_V4

本当に人が嫌いで、近づいてほしくないのであれば、人が集まるような場所には、わざわざ来ないはずなんですよね。

でも、何かのパーティーや、趣味の集まりなどに、参加しているのに、『近づくなっ!』『近づかないでよねっ!』オーラを発している人は、本当は、近づいてほしい人なのかもしれません。

近づいてほしいけれど、何らかの怖れを感じている人として見てみると、ただの感じ悪い人ではなくなるかもしれません。

友好的な態度であれば、人も近づきやすいのですが、友好的な態度がとれないということは、何かしら傷ついた経験があるのかもしれません。
誰かにいじめられたとか、バカにされたとか、嫌われてしまったとか、自分に自信がないとか、何か理由があって、人のことを怖がっているのかもしれません。
怖いから、近づかれないように、不愛想な態度で、警戒しているかもしれないのです。

そうは言っても、わざわざ人が集まる場所に、自分から出かけてきているって、すごい勇気だと思いませんか?
それくらい、人と近づきたい、仲良くしたいという気持ちが本当はあるのに、それを表に出すことができないなんて、ちょっとせつない気がしますね。

これは、初対面の人や、数回会った程度の人の話しです。

ですが、時には夫婦や恋人同士でも、ケンカした後に、『俺に近づくなっ!』『私に近づかないでっ!』というオーラを発することがありますよね。

オーラを発する代わりに、部屋を出ていくとか、一緒に過ごさないように時間をずらして生活するとかという手段にでることもあるかもしれませんね。

家庭内別居なども、実はこの部類に入るのかもしれません。

実は、見ず知らずの人であれ、夫婦や恋人であれ、近づかないようにと不愛想な態度や、威嚇するような態度をしている人は、やっぱり近づきたいと思っているのです。

本気で近づきたくないのであれば、さっさと別々に暮らすでしょうね。
恋人なら、さっさと別れてしまいます。

カップルの場合は、やはりどちらかが勇気を出して、近づいていくしか関係性を改善するには、方法がないですね。

挨拶をする。
それからでいいのです。

『おはよう』と挨拶したとしても、おそらく相手は、返事もしなければ、あなたの方を見ることもないでしょう。
だって、今まで相手を敵として見ていたのに、いきなり友好的に挨拶されたら、怖いじゃないですか。
驚きます。

だから、態度は悪いままで、決して友好的な態度はとりません。
でも、挨拶を続けていくと、そのうち10回に1回くらいは、『ん』とかなんとか、音を発するかもしれません。
言葉でもない『ん』であったとしても、反応があるということは、すごいことですよね。

それは、人を怖いと感じている人が、多くの人が集まる場所にでかけてくるくらいに、勇気がいることなのです。

『ん』と返事をして、バカにされたらどうしよう。『もっとちゃんと返事しなさいよ』と怒られたどうしよう。『今更、返事しても笑われるだけかもしれない』そんな怖れを乗り越えての『ん』だと考えたら、これはなかなかの感動ものです。

あなたの周りにいる、近づくなよオーラを発している人を、少し違った目線で見てみると、違う接し方ができるかもしれませんよ。

ただし、断固拒否している場合は、相手の意志も尊重してあげて下さいね。
その場合でも、挨拶程度なら、特に問題はないでしょうから、挨拶だけは続けるというようなことをしていくといいのかもしれません。

------------------------
6月分のカウンセリング受付開始しております。
6月の大阪面談カウンセリングには、ご予約可能なお席がございます。
ぜひ、あなたの問題を解決するために、ご利用下さいね。


《カウンセリング予約センター》
電話番号:06-6190-5131
受付時間:12:00〜20:30
定休日:毎週月曜日
※ただし、月曜日が祝日の場合は翌火曜日にお休みをいただきます。

------------------------
《おすすめワークショップ》
一日かけて、あなたに癒しを体験していただく【癒しの1DAYワークショップ】を、7月16日(祝)大阪江坂にて開催いたします。
貴重な体験、感動の体験にご興味のある方は、ぜひお越しくださいね。

【癒しの1DAYワークショップ】について、詳しくはこちらへ>>>
ELL54_ha-bunoyoseue_TP_V-2