獄です。おはよう。こんにちは。こんばんは。このブログを開いて下さってありがとうございます。この瞬間のご縁に感謝して、今日も1日大切に生きたいと思います。



*嶽の「カウンセリング」とは|*嶽のカウンセリング待機時間のご案内 
*お客様から感想をいただきました。|*ご相談事例「無料相談」にお答えしました。|*アメブロ「恋と仕事の心理学」執筆中です。
*嶽きよみの詳しいプロフィールはこちら

たった「2文字」を変えて、自信のない自分から脱却する!

Flying 639522 1280

おはようございます!

今日も、あなたの「個性を活かす生き方」
応援しているダケです。

 

”自分に自信が持てないとき” 

というのは、
誰の人生の中でもあると思います。

大きな失敗をしたり、
思う結果が手に入らなかったり、
突然のアクシデントに見舞われた時など。 

私たちは、自分の無力感を感じて
自信を根こそぎ失ってしまったりします。

 

私自身も、これまで何度もありました。

 

自信がない時は「気持ち」より、「言葉」を変える

そして、そういう状態が
ずっと長く続いてしまうと、
 

自分を信じる力

つまり、自信のない状態が
自分のあたり前になってしまうんです。

 

自信がないとき、というのは

他の人の力を過大評価してしまったり
自分以外の人ばかり輝いて見えたりします。

 

なぜだか 隣の芝生はとても青く見える
という現象です。

そうして、影になった自分を見て
さらに自信をなくし、


「どうせわたしなんて・・・」
とばかりに、
自己嫌悪に陥ってしまったりするんですね。

 

すごくしんどいですよね。 

ポジティブになろうとしても、
悪循環が止められないときは、
本当に辛いですよね。 

 

 

そんなとき、「気持ち」を変えるのは
思うより難しいものです。

アタマでは分かっていても、
感情はなかなかついて来てくれないからです。

 

今日、わたしがオススメしたいのは、
もっと簡単な方法。

 

 それは、

「言葉」を変える、ということです。

 

たった2文字で大違い 

自分に何かが足りない、と思っているとき、

わたしたちは、

「*** に、なりたい」

という言葉を使いがちです。

 

○きれいになりたい
○お金持ちになりたい
○愛される人になりたい
○賢くなりたい
○人気者になりたい
・・・などなど

 

もちろん、そのマインド自体は
向上心の現れなので、悪いことではないんです。

 

でも、その言葉は、何度も繰り返すうち
自分自身の力のなさを強化
することになりかねません。
 

 

なので、ちょっとしたことなのですが
少しだけ言葉を変えてみるのがおすすめです。

 

それは、

「***で、ありたい」

という言葉です。

 

○きれいでありたい
○お金持ちでありたい
○愛される人でありたい
○賢くありたい
○人気者でありたい
・・・などなど

 

なりたい、より、ありたい

違いは

「なり」たい

なのか

「あり」たい

なのかの、このたった2文字です。

 

もしよかったら、声に出して
両者の違いを感じてみてください。

 

たった2文字変えるだけですが、

「なりたい」は、

自分にはないので手に入れたい 

というメッセージになり

 

「ありたい」は、

まだ表面化していないとしても
自分にその要素や素質がある
ことを認めている

というメッセージになります。

 

つまり、後者の言葉は、

より自分に力を与える言葉

ということになります。

 

 

自信をなくしてしまってる時にこそ

 「2文字」の言葉の入れ替えをしてみてください。

 

エネルギーが低下していて、
気持ちを変えるのが難しい時は、
まず「言葉」を変えてみる。

と覚えておいてくださいね。 

そして ”今ここ” の質を変化させていきましょう。

 

 

 

ありがとう 

嶽きよみ


*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--

電話&面談 カウンセリングのご予約はこちら

【カウンセリング予約センター】
06−6190−5131または
06−6190−5613

12:00〜20:30 月曜定休

初回電話カウンセリングは、無料です。
匿名でもOKなので、お気軽にどうぞ♪

ご予約の詳細はこちらのページを御覧くださいね。
http://www.counselingservice.jp/service/service-menu.html
 




コミュニケーション。下手なのは、あなた? わたし?

カテゴリ:

love_bunnerおはようございます!ダケです。

待機日程を出すのが遅くなってしまい、お問い合わせをいただき申し訳ありません。
本日より2月分を受け付けておりますので、ご利用お待ちしておりますね。

土曜日に、アメブロの「恋と仕事の心理学」を更新したので、こちらにもアップしておきます♪

今回は、「わたしはコミュニケーションがそんなに苦手じゃない」と思っている人にも読んでいただけたらうれしいなと思って書きました。




Businessmen 948021 1280

こんにちは

「あなたの血液型は何ですか?」 

「あ〜、やっぱり、なるほどねー」

「え〜、うっそー、ぜんぜん そう見えないなー」

人が何人か集まったとき、よく交わされる話題のひとつではないでしょうか。 

 

私たちは、血液型などでも顕著なように、人をカテゴライズするのがけっこう好きだったりします。

それはある意味、相手をすばやく理解したり、許せないところを諦めたりすることに役立ちます。

でもその反面、こんな人に違いない、という目で決めつけてしまうことで、本当の相手を見逃したり、自分のアタマで考えるのをやめてしまったりすることもあります。

 

コミュニケーションが下手、とは?

あなたの周りにも、「コミュニケーションが下手な人」が一人や二人(もしくは、あなた自身がそうかもしれませんが)いらっしゃるかもしれません。

国語辞典で「コミュニケーション」を調べてみると、「人間が互いに意思・感情・思考を伝達し合うこと。言語・文字、その他視覚・聴覚に訴える身振り・表情・声などの手段によって行う。」と、書かれていました。

つまり、「コミュニケーションが下手な人」とは、自分の心に中にあることを、なんらかの方法で伝達することや、相手のそれをキャッチするのが苦手な人。と、言えるかもしれません。

 

多くの、「わたしはコミュニケーションが苦手」と思っている人は、「わたしは話すのが苦手」と感じていらっしゃるようです。

他の人の話題(特に、誰かの悪口やうわさ話)を一緒に話すことに抵抗を持っていたり、みんなの話すテンポについて行けなかったり、自分の受け答えが他の人に不快な想いをさせないかを常に気にしていたりします。
 

コミュニケーションの問題が表面化してくるとき

そのうち、なんだか話の流れの中に、ただただアップアップしてしまい、居心地の悪いまま その場に立ちすくんでしまったりすることもよくあります。

そんなことが何度か続くと、わたし、なんだか仲間にはいれてないなぁという「分離感」が強くなって来て、ますます その場にいるだけで表情はこわばり、緊張が強くなってきます。

すると周りの人は、その緊張感をどことなく察知して、その感覚を「あの人、なんかちょっと苦手かも、、、」と意味付け、「あの人は コミュニケーション能力が低い人」というカテゴリに分けて、その観念で人を見るようになったりします。

 

こういうことは、程度の差はまちまちでも、日常ではわりとよく起こることです。

 

その結果、わたしは「コミュニケーションが下手」と思い込んだ人は、一人でいることが増え、悩んだあげく、カウンセリングにいらっしゃったりします。

そして、あの人は「コミュニケーションが下手」と思い込んだ人は、自分は間違っていない、という観念を強めて行きます。

でも、それは本当に正しいでしょうか?
 

 

目の前に起こっていることは、目に入った全ての人に関係のある事だと考えてみる

前者の人は、つい、周りの人の目を最優先で気にしてしまうクセがあったりして、話そのものに集中できていない、という問題があるかもしれません。
 

でも、後者の人が、「話す」コミュニケーションだけで人を判断しているとしたら、それもまた「コミュニケーションが下手」と考えてもいいのかもしれません。

 

もちろん、「話す」ことは、人と人が理解し合うのにとても大切なツールです。

でも、人には得意な表現方法というのが色々違うため、1つのツールに対しては上手下手の程度はどうしても出来てしまうものです。

 

なので、会話でのコミュニケーションの問題がそこにある時、できれば、

「わたしはコミュニケーションが下手」と思っている人には、

*自己攻撃をやめて、話の流れに集中すること。

*コミュニケーションにおいて「言葉」の割合はたった7%(メラビアンの法則)ということを意識して、言葉以外の状態(態度や表情など)に意識を向けてみること。


あの人がコミュニケーションが下手
と思っている人には、

*「あの人」が感じている不安や怖れに気づき、手を差し伸べるリーダーシップスキルや、いろんなコミュニケーションの方法を模索するクリエイティブスキルを アップする機会だととらえてみること。

*言葉で伝える能力をさらに磨くこと。

 

下手に見える「あの人」にその責任を全部押し付けるのではなく、
「自分」がコミュニケーション不全の責任を全部 勝手に引き受けて自己攻撃するのではなく、

その場みんなの問題としてとらえてみることが出来れば、それぞれの人の自己成長に役立つのではないかと思うのです。
 

相手のためじゃなく、自分の「これから」のために

それは、理想論よね、と思う方がいるかもしれません。
そんなことに時間を費やしている時間はない、と思う方がいるかもしれません。 

 

でももし、その様子を、未来のあなたのパートナーになるかもしれない人が見ているとしたら?

あなたの未来に よりよいポストに推薦してくれるかもしれない上司や、仲間が見ているとしたら?

 

その問題に手を差し伸べるあなたと、その問題に知らんぷりするあなたとでは、「どんな人を引き寄せるか」ということにも影響が出てくるということが、おわかりでしょうか?

 

自分だけが違う行動や考え方がしにくい社会なので、それは、簡単でないかもしれません。

でも、もしあなたの周りで コミュニケーションに滞りがあるな、と感じる場合、それは、おそらく気持ちの良い状態ではないはずです。

もちろん、その部分を「排除」することも一つの方法ですが、その場にとどまりながらステップアップするチャンスでもあります。

 

大きなことをする必要はありません。

少しだけ、心を広げて見てみるクセをつけるけでも、あなたの世界が大きく変化する第一歩を踏み出したことになるのではないでしょうか。

 

 

ありがとう

嶽きよみ

 

 

 

 

 *:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--

電話&面談 カウンセリングのご予約はこちら

【カウンセリング予約センター】
06−6190−5131または
06−6190−5613
12:00〜20:30 月曜定休

初回電話カウンセリングは、無料です。
匿名でもOKなので、お気軽にどうぞ♪

ご予約の詳細はこちらのページを御覧くださいね。
http://www.counselingservice.jp/service/service-menu.html

 

 

 

がんばる「習慣化」は間違っていた!! 〜ロックな習慣化のすすめ〜

Minion 972908 1280

こんにちは!今日もありがとう。ダケです。

これからは、習慣にしようと思ったにもかかわらず、最初は調子がよくても、しばらくすると続かなくなることってありませんか?

わたしは、何かをスタートさせたり、チャレンジするのが大好きなので、「よさげ!」と思ったことは、すぐにやりたくなってしまうところがあります。

その分、続けられずに 放置された、習慣になれなかったアイデアの屍もゴロゴロころがってます(笑)

 

せっかく、「やろうと思ったこと」や「続けようと思ったこと」が続けられないと、そんな自分を責めてしまったり、がっかりしてしまうことが少なくありませんよね。

「自分を変える!!!」と、強い意志を持っていても、気づいたら もとの自分と何にも変わっていないじゃないか、、、と落ち込んでしまうこともあります。
自分が変わる、ということは、習慣が変わる、ということと密接な関係にありますよね。 

 

ということで、今日は、わたしが今 習慣化に成功している事例をもとに、これまで習慣化がうまくいかなかった人のためのヒントを書いてみようと思います。

「習慣化」する、ということは、「そうしないとなんだか気持ち悪い」というようになることです。
そのためには、意思の力でがんばることだけでは、なかなか難しいのです。
あなたがもし ”右脳体質”的な人であればなおさらです。 

 

わたしの最近の習慣化

わたしの場合、今 習慣化がうまく行っていることは、

1)朝のトイレ掃除

2)午前中にブログを書く

3)寝る前に3年日記をつける

の3つ。

ちょっとしたことではあるのですが、その効果は、思ったより大きかったです。

 

1)朝のトイレ掃除

「トイレ掃除」が 良い!というのは、みなさんおっしゃっていますよね。

実際わたしも、これが習慣化することで、不思議と いろんなものの「流れ」が良くなって来ているのを感じています。

不必要なものが流れ出て、必要なものが見えてくる、、そんな循環を起こっているのが感じられているんですね。

 

2)午前中にブログを書く

今年に入って、やっとブログが書けるようになってきました。
それは、「午前中に書く」という習慣が出来たからにほかなりません。

今は、3つブログを持っているので、このカウンセラーブログを毎日というわけにはなかなか行きませんが、その効果は、これまたとても大きいです。

「書く」ことで、心の中にたまっているものが外に表現されて、わたしにとっては、心の健康にとてもよいことだからです。

 

3)寝る前に3年日記をつける

寝る前なので、ほんの10行書くのに、眠くて 字がうにょうにょになっていたり、意味不明なことを書いていたりすることもしばしばあります。
でも、後で見ると、それが案外おもしろく、数日前のことでも案外何をしたかを忘れているので>< 「よみもの」としてちょっと面白いのです。

もちろん、人が読んでも まったく面白くないと思いますが(笑)

自分を「なんにもできてない」と責めたくなるとき、何も進んでいないように見えても、 ”何かはやっていた” と知ることができます。 
  

ということで、次は、なぜそれが習慣化したのか?という方法ですね。

 
 

24576390235 5dd4df0015 z

それは、「習慣」そのものを目標にしない、ということです。

忙しい人も、そうでない人も、案外やることがたくさんあって、24時間はいろんなことで埋まっているので、そこに新たに習慣を作ることは、けっこう難しいものなんです。
 

なので、今 自然とやってしまっている習慣と似ている習慣を 「置き換え」たり、自然と習慣化してしまう「流れを作る」、ということがオススメです。

 

「ついで」に習慣化

わたしの場合は、朝、最初にトイレに入った時は、必ずどこか1カ所でもいいから掃除するというマイルールを作りました。

トイレに行かない日は多分ありません。

でも、時間のない日もあったり、何かをやっている途中のこともあるでしょう。

そんな時に、完璧な掃除をしようとしたら「今日は無理だ」という日が出て来て、いつのまにか習慣化は終わってしまいます。

なので、時間のない日や めんどくさく感じる時は、トイレットペーパーの蓋のところだけでもOKということにしておくと、掃除習慣は続けやすいです。

蓋だけと思っても、案外 続けてあちこちやってしまうことも少なくありません。

 

「瞬間導入」で習慣化

わたしの場合、朝 パソコン前に座ったら、まずインターネットラジオで音楽をかける ということをしています。

わたしは、今は  Jango  というインターネットラジオがお気に入りなんですが、常にブラウザに出しておき、音楽をかけています。

(今 流れているのは、Classical for Studying というチャンネル。基本、朝は インストゥルメンタルです。わたしは、人の声が入ると、どうしても耳が反応してしまうので。)

これは、集中力を高めていく導入にオススメです。集中している時は、音楽があってもなくても関係ありませんが、そこに入るまでが以外と大事なんです。

まず「書こう」とすると、敷居が高くても、音楽をかけるなら クリックひとつ。一瞬です。

CDをセットするよりもずっと速いです。

 

でも、音楽が流れてくると、自然と集中領域に入っていけるのです。ま、「パブロフの犬」状態ですね(笑)



代替えを使うとすごく楽

ちなみに、わたしは以前は、パソコン作業のときに「内容が気にならないドラマ」を流す習慣がありました。
 ”このドラマが終わるまでに、コレを終わらせる” というタイマー代わりにしたり、なんとなくあらすじを知ることで、時代の雰囲気を知る ”ながら情報収集” のメリットもあったからです。

でも、この習慣は「ブログを書く」というクリエイティブ活動には 悪習慣でもあったわけです。
それをただ、インストゥルメンタルの音楽に代替えすることで、ブログの習慣化には、大きなメリットがあったんですね。 

なので、今 自然とやってしまっている習慣を、似て非なる習慣に変えることができたら、とてもスムーズにあらたな習慣が手に入ると思います。 

 

「触覚」で習慣化

実は、数年前にも「5年日記」というものを購入して、チャレンジしました。

が、すぐに続かなくなってしまいました。

そもそも ”つづかないかもなぁ” という疑いを持っていたので、いちばん安くて カジュアルなものを買いました。

これ、間違いでした。

 

今回は、高くて日記帳自体を愛せるものを買いました。

そうすると、「触りたい」んですね。

わたしはけっこう 文具フェチなので、紙質 や 罫線 の色や幅によって 書く気がまったく失せてしまったりするところがあるので、今回は、触ってて気持ちのいいものを買いました。

すると、日記帳を触るついでに 書く ということが出来るようになったんです。

「日記を書く」という習慣をつけたかったのですが、別の習慣をつけることで日記が続くようになったんです。

 

今、習慣化中のこと

実は今、もう一つ 新たな習慣化にチャレンジしていて、、それは「30分ライティング」と勝手にわたしが名付けた習慣。

そもそもブログを書かなくなった大きな理由のひとつが「時間がかかりすぎる」ということでした。

なので、とにかく短い時間しか使わない訓練をしているところです。

今日の記事は、少し長めなので 30分 × 2。

そこから成形するので、トータルではもう少しかかりますが、まだまだチャレンジしていきたいと思います。

 

よかったら試してみてくださいね。

 

P.S.

なんで「ロックな習慣化」なんだよ? と突っ込みたくなった方がいるかもしれません。 

ひとつは、「”意思”で習慣化出来ないわたしのような人のための、ウラ技の習慣化法だから」です。
そして もうひとつは、「ただ そう書きたかったから♪」ということ(笑)。
 

 

今日もありがとう

 

嶽きよみ


*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--

電話&面談 カウンセリングのご予約はこちら
今日書いたことが、自分で見つけられないときは、一緒に探して行きましょうね!

【カウンセリング予約センター】
06−6190−5131または
06−6190−5613
12:00〜20:30 月曜定休

初回電話カウンセリングは、無料です。
匿名でもOKなので、お気軽にどうぞ♪

ご予約の詳細はこちらのページを御覧くださいね。
http://www.counselingservice.jp/service/service-menu.html 

 


ZN82Z5VM87

おはよう 今日もありがとう

本日は、「選択」について書いてみます。

 

色んなひととお話をしてみると、「やりたいこと」についての悩みは、

「やりたいことが次々と増えてしまって、収拾がつかなくて困っている」というタイプと

「これと言ってやりたいことが見つからない」というタイプの2つに分かれるのではないかなぁと思います。

 

私自身は、前者だと思って生きてきましたし、そういう私のことを、後者タイプの人に「いいなぁ。」「うらやましいなぁ。」と言われたことも少なくありません。

でも、もしかしたら、この2つは、実はそんなに離れていない・・むしろ問題の出処は同じところにあるのではないだろうか、と思うんです。

 

「選択」 という 課題

それは、いずれも「選択していない」「決めていない」というところです。

「選択する」というのは、ある意味、「それ以外を断つ」ということでもあります。

別の言い方をすると、「あきらめる」や「手放す」とも言えます。

 

もちろん、「欲しいものは全部手に入れる!」という宣言をすることは素晴らしいと思います。

ただ、それは「最終的に」ということであって、たとえば、「何でも叶えてくれる”宇宙”や”神さま”」に無制限にオーダーすることが出来たとしても、

欲しいものを具体的に伝えないと「はい、わかりました。で・・全部って何?」ってことになってしまいます。

 

具体的にオーダーすることが大事だということ。

それは、自分が本当は何を求めているのか、と、向き合うということです。

それが具体的になればなるほど、「それ以外を断つ」ものは、必然的に増えてきます。

 

「赤いカシミアのセーター」をオーダーするということは、ハイネックのセーターは除外されますし、青いものはナシです。

では、赤いカシミアのセーターなら、どんなものでも満足できるのか?

袖の形や、フィット感、赤にも色んな種類がありますね。

そうやって、どんどん具体的にしていくと、自分の欲しいものと断つものが明確になってきます。

 

「抽象的⇒具体的」「具体的⇒抽象的」を行ったり来たり

やりたいことや手に入れたいものがたくさんあって困っている人は、それらの「抽象度」を上げて、全部の共通点を探していきます。

ヒントになる質問は、「何のためにやりたいのか」「それを使ってどんなことがしたいのか」などで、

結果としてできることや、影響をあたえる人を大きく広く考えていきます。

すると、「それ」をやりたい「目的」のようなものの共通点が、うっすらと見えてくるはずです。

たとえば、「私は、人を美しくすることがしたいんだ」とか「人を楽しませたいんだ」など。

その共通点が見えてくると、それを成し遂げるには、どの夢が一番 効果的だろう? 自分の過去の経験と繋がりが深いだろう? すぐにスタート出来るだろう? などを考えてみます。

そうすると「選択」はずっと簡単になり、すなわち行動が早くなります。

 

逆に、やりたいことが見つからなくて困っている人は、具体的にを考えてみることがいいかもしれません。

まず「***だったらいいなぁ」というざっくりしたものを見つけます。

「素敵なパートナーと、幸せな結婚ができたらいいなぁ〜」などの、ふんわりした妄想のようなものです。

思い浮かんだら、ひとまず それが自分の「やりたいことである」と定義づけてみます。

ここでは、それが1番やりたいことなのか、3番めにやりたいことなのか、等は考えません。

次に、それを具体的にしていきます。

「素敵なパートナー」とはどういう人のこと?

自分にとっての「幸せ」ってどういうこと? 

それぞれの定義を具体的にしていき、自分のやりたいことを意識的に決めていきます。

ここでは、一旦そう決める ということが大事です。「今の時点では」とかにしてもかまいません。

 

やりたいことが見つからない人は、「最高に心がワクワクして、情熱がぶわーっと燃え上がるような」やりたいことに 偶然 出会うことを期待していて、

「あれでもない、これでもない・・・やっぱりちがうわ・・」となっている場合が少なくありません。

つまり、自分がどういう状態を幸せと感じるのかよく知らないまま、心を動かされるのを待っているという感じです。

 

でも、一生の仕事やライフワークのようなものは、必ずしも、最初から雷に打たれたようにビビっとくるものでありません

なんとなく続いたものが、そうなる可能性もかなり高いのです。

そのために、まずは「やりたいこと」を意識的に作っていくことで、エンジンを動かしはじめるのです。

 

ざっくりした「だったらいいな」を「やりたいこと」と定義付ける。を繰り返し、それがいくつか増えてきた時に、この記事の最初に書いた「抽象化」をしてみます。

 

そうやって、抽象化と具体化を行ったりきたりしながら ブラッシュアップさせていくことで、自分の「生まれてきた目的」や「生きる意味」のようなコアな部分、つまり「本当にやりたいこと」に近づいていくことができます。

私自身も、これを何度も繰り返しやっているところです。

 

もちろんこれは、本当にやりたいことを見つける方法の一つですし、1回で全部やる必要もありません。

よかったら、チャレンジしてみてください。

 

ありがとう

嶽きよみ

 


*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--

電話&面談 カウンセリングのご予約はこちら

【カウンセリング予約センター】
06−6190−5131または
06−6190−5613
12:00〜20:30 月曜定休

初回電話カウンセリングは、無料です。
匿名でもOKなので、お気軽にどうぞ♪

ご予約の詳細はこちらのページを御覧くださいね。
http://www.counselingservice.jp/service/service-menu.html 

 

「気になる」人に会いに行くと、引き寄せ力がアップする! (1月30日は 池尾&みずがき;1dayワークショップに参加します♪) 

Snow

おはようございます。朝起きて、雪景色に感動している 嶽きよみ です(^^)

いつから積もっていたんでしょう、けっこう積もっています。

こんなとき

「今日は、気になっているセミナーに行く予定だったんだけどなぁ・・・なんか寒いし・・ううう・・やっぱりなかったことにしよう・・」

なーんて感じの選択をしたことがある方は、どれくらいいらっしゃるでしょうか?

もちろんワタシにも、そういう経験はあります(>_<)

 

チャンスは出会いの中にある 

でも、そういう時、どれだけのチャンスを逃したか・・と考えると、ちょっと「思い出したくない・・」という気がしてしまいます。

「チャンス」というのは、誰もがちょっと心を惹かれる言葉だと思いませんか?

もし「私には そんなにチャンスは訪れてこないんだけど・・・」と思っている方がいらっしゃるとしたら、本日のタイトルのように「気になる人に会いに行く」ということがとってもおすすめです。

 

ということで、1月30日(土)というのは

【東京1/30】【名古屋2/28】初開催!男女二人のトレーナーによる特別な1日をあなたへ!池尾昌紀みずがきひろみの『癒しの1DAYワークショップ』」

の東京ワークショップの開催日です。

 

今回、ダケは、どれくらいぶりかわからないくらい久しぶりに「1dayワークショップ」のお手伝いをさせていただきます♪

その大きなモチベーションのひとつに、私自身もまた、「大好きな  二人のトレーナーに、会いたいから♪」というものがあります。

 

「カウンセラーのくせになんじゃその理由は〜〜〜!?」と思われてしまうかもしれません^^;

でも、私自身が会いたいトレーナーの二人だからこそ、みなさんにもオススメできるのです。

そのうえ、まだお会いしたことのないお客さまたちとも出会えて、ましてや一緒にワークショップを作るお手伝いが出来るなら、そんなチャンスを逃したくないわ〜♪♪ というのが、本当のところなのです。

 

「気になる」人に会いに行く

みずがきひろみトレーナーは、私が受講生として ワークショップに参加し始めた 13年前くらいからの大好きな先輩です。

その頃から、どんどんどんどん変化されて、不思議なことに、年齢を重ねるたびに美しく、セクシャリティが上がり、魅力的になっていくという、女性にとってはある意味”奇跡”みたいな人です。

もちろん、出会った時から 懐の大きな 慈愛を持った女性でしたが、どちらかと言うと「母親」的な温かさの方が強い感じだったんですね。

それが、まるで時の流れに逆らうかのように(!!)に女性としての「セクシーさ」や「かわいらしさ」の魅力がどんどんアップしてくなんて、30代⇒40代⇒50代・・と、自分の女性としての価値が下がっていくのではないか、と不安を感じている方には、ぜひ会ってみることをおすすめしたい人なんです。

 

そして、池尾昌紀トレーナーは、私がプロカウンセラーになってからお会いした、先輩カウンセラー。

普段は名古屋で活動してらっしゃるのですが、たまに東京にいらっしゃる時、どういうわけか気が合うというか、波長が合うかで、いつも楽しくお話させて頂いています。

にしても、池尾トレーナーの、コミュニケーション能力というか、人間的魅力「愛され力」というのは、はんぱないです。

なんせ、「実は、人見知り」な私が、安心して心を開ける人なのですから、間違いありません(笑)

いつもユーモアがあって、時に厳しいことを言ったとしても、それは本気で自分の味方をしてくれるからだ、という信頼を感じさせてくれる人。

「分離感」を感じやすかったり、もっと「愛されたい」「人気者になりたい」、という方や、優しさと強さを兼ね備えたオトコになりたいと思う方には、ぜひそのヒントを直接吸収していただくことをおすすめしたいです。

 

ということで、こんな二人が始めてのコラボレーションする癒しの1dayワークショップ。いったいどんなことになるんでしょうか。

そして私も一緒に、みなさんをお迎えさせていただけるなんて、なんて楽しみなことでしょうか♪

 

 

もし、少しでも「気になる」と思った方は、ぜひ 30日にいらしてみてください。

「気になる」には、チャンスがけっこう隠れているものです。

 

大きすぎる「期待」は、逆にチャンスを見逃す こともありますが、そのちょっとした行動を起こし続けることが、あなたが望んでいるものを引き寄せる力になっていくことも事実です。

あなたにお会いできることを楽しみにしています。

 

ーーー

日時:2016年1月30日(土) 10:00〜20:00

場所:東京・三田 機械工具会館

受講料:21,600円 
(昼食代が別途1,000円ほどかかります)

1dayワークショップに申し込む

詳細は、お二人のブログにも詳しく書かれています

池尾昌紀のブログ

みずがきひろみのブログ

 ーーーー

 

ありがとう

嶽きよみ
 

 

 *:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--

電話&面談 カウンセリングのご予約はこちら

【カウンセリング予約センター】
06−6190−5131または
06−6190−5613
12:00〜20:30 月曜定休

初回電話カウンセリングは、無料です。
匿名でもOKなので、お気軽にどうぞ♪

ご予約の詳細はこちらのページを御覧くださいね。
http://www.counselingservice.jp/service/service-menu.html

 

 

コミュニケーションのスキルは、音楽のスキルと同じ

Music 726962 1280

おはようございます。

今日はちょっと大胆発言しちゃいました(笑)

もちろんそれは、私の視点ということであって、すべての人に当てはまるかどうかはわかりません。

ただ、これからカウンセラーになりたいと思っている人や、コミュニケーションが苦手な人にとって、何か役立つヒントになるかもと思って書いてみようと思います。

 

音楽が、私に教えてくれたことは膨大

こう「宣言してしまいたい」と思ったのは、私はこれまでの人生の中で、「歌」と関わってきた時間が とても長いので、音楽を通して 考えるのが、とてもわかりやすいせいかもしれません。

また、カウンセリングを学ぶうちに、深く理解したことでもあり、私の目指す理想のカウンセリングスタイルは、「音楽」のようであること

という

自分の中心にあるものに気がつくきっかでもあったようにも思います。

 

ということでこれから、もう一つの 新しいカテゴリーとして、「音楽が、あなたに教えてくれること(仮)」を、いろいろ書いていきたいと思います。

 

面談カウンセリングやグループセラピーなどでは、よく「セッション」という言い方をします。

それもまた、音楽で言う「セッション」と同じ。

その場でしか創ることのできない、インプロビゼーションです。

 

私がカウンセリングの中で、常に大切に 思っていることもまた、リズムトーングルーブハーモニー、 のような、音楽で大切なものばかり。

実際に使う 「言葉」は、クライアントさんが引き出してくださるものだと考えています。

そして、セッションがうまく進むと、必要な言葉はどこかからストンと落ちてくる、という感覚があります。

まるで、音楽の中に委ねると、メロディが自然と出てくるような感覚ととても似ています。

 

私のカウンセリングが完璧で、完成されているなんて、到底思えませんが、それでも、カウンセリング後に何か 心が軽くなったり、元気が出てきたとおっしゃってくださるときというのは、一緒に、違う旋律に移行できたという感じなのかもしれません。

問題の先には、素晴らしいギフトがある。

これはよく言う言葉ですが、「問題」に見えることが「問題」に見えなくなった時、それはもう半分 解決していたりするものです。
でもそこまでが、抵抗が起きたり、不安だったりして、ちょっと苦しいのですよね。

 

例えば、社会生活の中では、相手との関係があまりうまく行っていない場合でも、関わって行かなければいけない場面も少なくありません。

例えば、対立している相手と「どっちが正しいか」という言葉という論理だけで相手を変えようとすると、「負け」た方の感情に、面倒な仕返しをされる場合があります。

相手と仲よくなりかけても、あと半歩が踏み出せなくて、タイミングを逃してしまうこともあります。

 

そういうときの回避のしかたは、たくさんの本や、ブログの記事などに書かれていると思います。

それでうまく行った方は、全く問題ありません。

 

でも、もし色々読んだり学んだりしたけどうまくいかない、という方は、ちょっと別の視点からの「問題解決」を考えてみることをおすすめしたいのです。

それは、自分をコントロールしたり律する方法ではなくて、あなたの中に眠っている、右脳的な側面、アーティストの側面、自由な子供の側面を使う方法です。

 

私たちは、大人になって、社会で大人らしくいるために、たくさんの自由や創造的な部分を、抑圧して、自立してきました。

でもそれは、私たちの成長にとって、とても大切なプロセスでもありました。

 

ただ、それがゴールではない、ということです。

 

その次のプロセスは、言ってみれば、

抑圧していた、”自由でクリエイティブな3才児のあなた” を、これかの人生を生きるエンジンにする、ということです。

「え?それってどういうこと?」


「はい、それをこれから少しずつ書いていきたいと思うのです。」 


 

まずはこれ。

あなたが、今、したいことは何ですか?

今、したいことが「ある」というかたは、まずは5分間だけ、それをしてみてください。

そして、5分前との気持ちの変化を感じてみてください。

 

もし、「したいことがない」という人は、ちょっと外に出て、大きく伸びをして手を開き、その体制のまま 2分間 立ってみてください。

 

「ない」というエネルギーが、ちょっとだけ変化すると思います。

 

日々は、そんな小さな変化の繰り返しです。

そしてよかったら、今日 お気に入りの曲を1曲見つけてみましょう。





いい1日になりますように。 

 

ありがとう

嶽きよみ

 

 

 *:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--

電話&面談 カウンセリングのご予約はこちら

【カウンセリング予約センター】
06−6190−5131または
06−6190−5613
12:00〜20:30 月曜定休

初回電話カウンセリングは、無料です。
匿名でもOKなので、お気軽にどうぞ♪

ご予約の詳細はこちらのページを御覧くださいね。
http://www.counselingservice.jp/service/service-menu.html

 

やりたいことのエンジンが動き出したあと「途中で挫折」を防ぐための、傾向と対策。

Fitness 719539 1280

おはようございます(*^_^*)

今日は、目標達成に関して、もうひとつ追加したいことがあったので第3弾。

前回は、目標を管理するのが苦手な人は、自分でやろうとしないで、「次に何をするかは 直感に任せてみる」ということを書きました。

それは、夢に向かって走り出すエネルギーを自分に引き寄せるプロセスです。

そこにたくさんのエネルギーが貯まれば貯まるほど、「努力」などしなくても「やりたい」というパワーで前に進めるようになります。

 

 鉄則:ここは、ひとりでやらない

でも、夢の実現化に近づくごとに、どんどん具体的に行動することが 増えてきたりもすると思います。

また、プロセスどおりに作業を進めて行ったほうが良い場合もたくさんあることは事実です。

例えばお料理なら、調味料を入れる順番で味が変わったりしますし、

目的地に到着するまでに、直感的な寄り道は楽しくても、予定よりもずっと遅刻してしまうかもしれませんよね。

感覚だけで動いたら、周りの人が混乱する場合だってあります。

 

また、実は無意識が成功を怖れていたとしたら、いいところまで来て「飽きて」しまったり、「問題」をわざと作ってしまったりしかねません。

 

となると、「結局は、論理的にTODOリストを作ってやるしかないのね・・・」ってところに逆戻りしてしまいます。

 

なので、そういう時の傾向と対策。

それは、「人の力を借りる」ということです。

 

プロセスの進め方を、一緒に考えてもらう。

先日の記事で書いたように、そもそも目標までのプロセスを小分けにして落としこんで行くやり方自体が苦手な人は、そこに労力をあまりかけるべきではありません。

でも、それが上手な人は、実際 いらっしゃいます。

もしかしたらその人は、あなたがすごいなぁと憧れる人かもしれませんし、ちょっと苦手な人かもしれません。

そういう人に、一緒に地図を作る協力を願い出ることが、次のステップへの大きな一歩になることは多いです。

また、自分の事となると、それがとっても苦手な右脳体質の人であっても、案外、人の事なら客観的になれて、上手に出来る場合も多いものです。

 

とにかく、苦手なことを認めて、誰かを頼ってしまいましょう。

 

プロセスの進み具合を、俯瞰してもらう。

これは、一緒に何かを進めているものがあるなら、お互いのコミュニケーションを増やすということ。

ひとりで進めていることなら、今の現状を常に報告する相手を見つけること。

つまり、スポーツで言うところの「コーチ」のような存在を見つけるということです。

 

”自分で決めた目標は必ず実行する”というタイプの人に、それをチェックしてもらうのは学ぶところが大きいでしょう。 
ただし、その場合「行動の指示」や「アドバイス」を仰がないのが最重要ポイントです。
それは相手の人にお願いしておきましょう。
  

右脳体質の人が「コーチ」が出来ないか、というと意外とそういうわけではなく、普段は苦手な「役割」から才能が開かれる可能性も高く、あなたが頼ることで相手の成長につながる場合も少なくありません。

お互いの事がわかるゆえの「甘え」になってしまうのは注意すべき点ですが、ひとりで進めるよりも、ずっと行動が簡単になりますよ。

 

ちょっと余談:脳のクセを利用する

もちろん プロのコーチをやとったり、カウンセラーをそれに使うことも、とても有効だと思います。

ここでちょっと余談ですが、

私たちは、「無料」だと得るものが少なく、「有料」だと得るものが多い、ということがよく起こります。

それは、「バランス」を取ろうとする、私たちの「脳」のクセのようなものから来る現象のようです。

つまり「無料」なら無料なりのものを得ようとして、「有料」なら支払ったぶんの元を取ってバランスを取ろうとするということなんですね。

なので、おすすめしたいのは、お友達であっても、何かを「支払う」ということです。

もちろん「お金」である必要はありません。
あなたが支払える何かを対価として出すと、その分何かを得ようと、脳が働いてくれるということなんです。つまり、それが高ければ高いほど「元を取ろう!」とする働きです(笑い)
無理せずに「やる気を出す」一つの対策ですね(^^)。 

 

 

もし、続けられる自信があるなら、それをやSNSやブログに書いてもいいのかもしれません。

ただ、SNSは不特定多数の人が対象になることや、ブログは、定期的な読者が増えるまでは、どうしても「ひとりで進めている」のに近くなってしまうため、継続がなかなか難しかったりします。

 

ということで、エンジンが動き出したあとは、少しずつ 人を巻き込んでいく

まずは、「力を借りる」ということから始めるのがおすすめです。

 

でも、エンジンが動き出すまでは、まだまだ焦らずに

直感を充分に使えるようになることが大事だし、今日書いたことが、全く必要ない場合も有り得るのですから(*^_^*)。

 

今日もありがとう

嶽きよみ


*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--

電話&面談 カウンセリングのご予約はこちら

(今週末の嶽のカウンセリングの空き枠)

16日(土):電話 21時のみ/ 面談 16時のみ
17日(土):電話 20時・21時・22時/面談 10時・13時・16時


【カウンセリング予約センター】
06−6190−5131または
06−6190−5613
12:00〜20:30 月曜定休

初回電話カウンセリングは、無料です。
匿名でもOKなので、お気軽にどうぞ♪

ご予約の詳細はこちらのページを御覧くださいね。
http://www.counselingservice.jp/service/service-menu.html 

「先延ばし」をなくす 究極の方法 & 東京カウンセリングルームまでの”役に立たない”道案内

Sea beach holiday vacation

おはよう!

昨日は、「成人の日」でしたね(*^_^*) 成人式を迎えたみなさん、おめでとうございます。

いつのまにか、「私の成人式の時はねー」という話よりも、「ウチの子が成人式でー」なんて話題をよく聞く年代になってきてびっくりです(笑)

 

考えこむ前に動ける方法

先日、「目標」に関する記事をアメブロにアップしまして、質問をいただいたので、今日はもう少し加筆してみようと思います。

目標設定することは、全然 悪いことじゃありません。

ただ、それを

例えば、3年後から1年後、それをさらに小分けにして、1ヶ月、1周間、から今日のTODOに落とし込み、今日やるべきことを実行する・・・!

という目標を管理することが苦手な人がそれを頑張ると、とちゅうでヘタってしまうことがとても多いんじゃないかと思うんです。

(ブログにも書きましたが、自分で設定したものをしっかり実行できている人は、そのままで全然だいじょうぶです♪)

 

そういう人は、一旦 その管理をやめて、ダイレクトに直感で「やろう」と思ったことを行動に移して行くやり方のほうが、早く目標に達するのでは?という提案がしたかったんですね。

 

1、とりあえず全部「やりたくなかったこと」フォルダに一時保管

 

もしも、今「あれもやらなきゃ、これもやらなきゃ」がたまっている人がいたら、それ、全部「やりたくなかったこと」フォルダに分類して、一旦 手放してみませんか?

でももし、そうすることに抵抗を感じるなら、

「やらなきゃいけないこと」が溜まっている状態が、イヤダイヤダと思いながら、どこかで それに慣れてしまって、実は 「安心感」になっている可能性を疑ってみてください。

 

もし、やらなきゃいけないことがなーんにもなくなった状態が、とーっても不安な気がしてしまうなら、やらなきゃいけないことが「常にある」状態は永遠に終わらないことになります。

 

私たちの無意識は、「安心」「安定」を好むところがあるので、「やらなきゃいけないことが常にある状態」で安定してしまうと、それを手放すこと・・・

つまり、「やらなきゃいけないことを、処理して無くすこと」に抵抗を感じてしまう可能性があるんです。

 

なんだかメンドクサイ奴ですよね^^;。

そうなってくると、今 あなたが「やらなきゃやらなきゃ・・・」と思って先延ばしにしていることを、いきなり削除するのは、きっと難しいと思うので、「実はやりたくなかったフォルダ」に一時保管してみる

・・・つまり、ちょっと無意識をだましてみるのがおすすめなのです。

 

2,「今 なんとなくやりたいこと」をやるスペースをつくる

そして、長年のTODOが入っていた場所には、「今 ちょっとやりたいこと」「今 なんとなく 気が向くこと」を入れるスペースにします。

 

「あ、コーヒー飲みたい」「あ、いちごが食べたい」「あ、トイレに行きたい」とか「あ、あの人に会いたい」とか「あ、髪の毛切りたい!」とか、何でもいいんです。

まずは、できるだけ、すぐに実行できることがベターです。

 

そうして、ちょっとの思いつきを出来る限り行動に移す練習をします。 

 

 3,だったらいいな〜 夢の妄想タイム

そのスペースが出来た状態で、今度は もうちょっと大きな「夢」を思い浮かべます。

「やりたいことがない」という人は、こうだったらいいなー、あんなの楽しそうだなー、と気軽に考えればオッケーです。

 

「あ〜、あんな素敵なチャペルで 結婚式をあげて、みんなに祝福されたら 感動して泣いちゃうだろうなぁ〜〜」

「あ〜〜、家族みんなが仲よく笑顔で居られる状態って あったかくて幸せだろうなぁ〜〜〜」

「あ〜〜〜、私の仕事がみんあに認められて、信頼されて、感謝される状態って、充実感を感じて さらに燃えるだろうなぁ〜〜」

「あ〜〜、あと5キロ痩せて、めーっちゃきれいになって、あんなドレスを着たら なんかワクワクしちゃうな〜〜」なんてことを夢想します。

 

ここで、先ほど空けたスペースに意味が出てきます。

 

「ふと、ロックでも聴いてみたくなった」

「ふと、赤い服が着たくなった」

「ふと、マラソンをしている人が目に入ってきた」 

 

そして、練習したように、それに関する「今日」できることを何でもいいのでやります。

 

4,受け取る、委ねる、信頼のレッスン

なぜなら、それは、なたが夢想した「夢」を叶えるための一歩だからです。

つまり、別の言い方をすると、「やり方(TODO)」は「宇宙」や「神さま」に任せるということです。

 

でも、このスペースに「自分で考えたTODO」がぎっしり入っていると、「これをやってからしか出来ない」ということで、また先延ばしがひとつ増えてしまうんですね。

 

「そんな思いつき」が夢につながっているなんて信じられない!

 

と思う方もいらっしゃるでしょう。

でも、そのスペースにこそが「クリエイティビティ」が入る器であり、

セレンディピティというのは、そういうときにやってくることが多いんです。

 

自分のやり方を押し通しているときは、それ以上のものは入ってきません。
必死で握っているものを放したときに、想像以上の幸運が手に入ることも多いものです。 

 

私はそれを、音楽活動をしている時に、何度も何度も経験しました。

多くのアーティストや、創作活動をしている人は、それに近い経験をしているのではないかと思います。

 

ということで、「先延ばしをなくす究極の方法」とは、「実は、やりたくなかったこと」としてフォルダに一時保管しておく、ということでした。

断捨離のときに、曖昧なもののダンボールを一つ作っておくのと同じやりかたです。

 

行動的になるためのリハビリ、よかったら、試してみてくださいね。

 

 【オマケ】東京カウンセルームまでの、役に立たない道案内

この連休は、カウンセリングルームに今年 初出勤でした。

私は、東京のカウンセリングルームに行くときは、「代々木上原」駅から歩いて行くんですが、歩きながら 「全く役に立たない道案内写真」を撮ってみました(笑)


Moldiv 1452559262784 24029872250 o

代々木上原から歩いていらっしゃる方は、よかったら、どこを撮ったか、探しながら来て下さいね(*^_^*)

 

今日書いたワークが、ひとりでうまくできない場合は、面談セッションで一緒に進めて行きましょう。

あなたの夢が楽に叶いやすくなりますよ。

 

 

ありがとう

嶽きよみ

 

 

 

*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--

電話&面談 カウンセリングのご予約はこちら

【カウンセリング予約センター】
06−6190−5131または
06−6190−5613
12:00〜20:30 月曜定休

初回電話カウンセリングは、無料です。
匿名でもOKなので、お気軽にどうぞ♪

ご予約の詳細はこちらのページを御覧くださいね。
http://www.counselingservice.jp/service/service-menu.html 


 

30代でしておいてよかったこと (1)

カテゴリ:

孤独感

おはようございます。
せっかく作ったカテゴリなので、これからどんどん書いて行きたいと思います。

まず1つめの「よかったこと」

それは、「自分の弱みを見せられるようになったこと」です。

 

私は、それが出来るようになったことで「同性の友達」を作れるようになりました。

今でこそ、「友達」=「女友達」というくらいの私ですが、20代までの私は、仲の良い「友達」=ほぼ「男友達」という感じでした。

もっと平たく言うと、自分が女性でありながら、「女性」が苦手だったんです。

 

WHY  なぜ女友達ができにくかったか?

 

私は学生のころから「グループ」というものに入るのが超苦手で、いわゆる一匹狼タイプだったので、男の子のほうが付き合いやすかった。

何より私は、「自己開示」というものをほとんどしなかったので、自分のことを相談したりされたりするのが日常の女子たちと、仲よくなりにくかった。

 

 

などが、主な理由だったんだろうと思います。

私には、中学の頃からの、趣味嗜好がまるで双子のように似ている女友達がいましたが、私は、彼女にさえ、30代になるまで、自分の悩みを打ち明けたことがありませんでした。

でも、ある時、恋愛ですごく悩んでいたことを、初めて彼女に話しました。

つまり、そこで初めて自分の「弱み」を自己開示出来たこと、彼女がそれを受け止めてくれたことから、「弱さを守る鉄壁の壁」が少しずつ崩れるようになっていきました。

 

それまで、恋愛で悩んでいる自分は、恥ずかしい、と思っていました。

でも、その恥ずかしいと思っていることを話せたら、彼女との絆が深まったように感じたんです。

 

私にとっての「恥ずかしい悩み」は恋愛でしたが、その時に自己開示しにくい悩みはきっと、人それぞれ違うんじゃないかと思います。

でも、心のドアを開ける勇気が、人生を変えて行くターニングポイントになることが、どれだけ多いことでしょうか。

 

「弱さ」を見せられるくらい、強くなる

カウンセリングの場で「友達がいない」「できない」とおっしゃる方は、意外にとても多いです。

「大人の友達の作り方」に関しては、別の記事で書こうと思いますが、そういう方の中には、弱みを見せるのが苦手な方が少なくありません。

 

もちろん、弱みを見せずにがむしゃらに何かに向かえているときは、それでオッケーです。

でも、「つながり」というものが欲しくなった時や、

何かが足りないという空虚感のようなものを感じた時、

孤独感寂しさを感じたときは、自分の弱みを開示してみる機会を作ってみてください。

 

まわりにそういう人が居ない時は、そういう時に、カウンセラーを使うといいです。

私は、最も悩んで苦しんでいた20代後半の時期、「カウンセリング」なんてものを全く知らなかったので、誰にも相談せず、ひとりでただただ苦しんでいました。

もちろんそれが、人生の中で全くムダだったとは思いません。

でも、知っていて、利用することが出来たとしたら、問題自体は、もっと早く解決したんだろうな、と思います。

 

私はそもそもプライドがけっこう高いタチなので、自分の「弱さ」を憎んでいて、だからこそ、「弱み」を見せるなんて、死んでも無理、という感じだったんですね。

つまり、弱さを見せられるほど、強くはなかったんです。

 

30代になってから、少し強くなれました。

 

あなたの「弱さ」は、あなたの「強さ」に変わる種です。

もしかしたら、全ての強さは、弱さからできているのかもしれません。

それは、あなたの周りの人に強さを与えるギフトでもあります。

 

ありがとう

嶽きよみ

 

 

 
*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--

電話&面談 カウンセリングのご予約はこちら

【カウンセリング予約センター】
06−6190−5131または
06−6190−5613
12:00〜20:30 月曜定休

初回電話カウンセリングは、無料です。
匿名でもOKなので、お気軽にどうぞ♪

ご予約の詳細はこちらのページを御覧くださいね。
http://www.counselingservice.jp/service/service-menu.html 





遅れすぎて申し訳ありません。1月スケジュール全て出しました!

カテゴリ:

ill01_05嶽です。

1月の来週以降のスケジュールが遅くなり、申し訳ありません。

予定が決定し、本日提出いたしましたので、

お電話、面談 共にお待ちしておりますm(__)m

 

ーー

 

反省ついでに・・・ですが、

私って、いつもこうしてスケジュールに追われています(>_<)

 

夏休みの宿題は、最後の最後にするタイプ。

ギリギリセーフの、アドレナリン中毒か〜〜?!

と、言われてもしかたないくらい、いろんなことを火事場の馬鹿力でなんとかしてきたんですよね。

でもまぁ、カウンセラーとしては、なんだかずいぶんかっこよくないですよねー(ToT)。

 

ということで、今年はとにかく、

「準備の人」になるべく、O型気質を削ってみようかなと思っております。

 

今、「先延ばし」にしている何かがある人がいたなら、わたしと一緒に、

今年はそれをちょっとだけ、手前に引き寄せませんか??

 

ということで、だいぶ言い訳ですが、ご予約お待ちしていますね。

 

これからブログももっと見やすいように改造していきますね^^;

 

ありがとう

嶽きよみ




*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--

電話&面談 カウンセリングのご予約はこちら

【カウンセリング予約センター】
06−6190−5131または
06−6190−5613
12:00〜20:30 月曜定休

初回電話カウンセリングは、無料です。
匿名でもOKなので、お気軽にどうぞ♪

ご予約の詳細はこちらのページを御覧くださいね。
http://www.counselingservice.jp/service/service-menu.html 

 

 


30代でしておいてよかったこと、しくじったこと

カテゴリ:

 

0DVBGZI33R

おはようございます。ダケです。

風邪からも復活し、今年に入って、長い長いネット引きこもりからようやく完全復活出来そうな 私です。

あ〜、こんなに連続して投稿するのはいったい何年ぶりでしょう・・・・(>_<)

ということで、新しくカテゴリーを作ってみることにしました。


さっき思いついたので、即実行「ブログのニューテーマ」
  

「30代でしておいてよかったこと、しくじったこと」というのをテーマに、私の経験での成功と失敗をまとめて行こうかなと思います。

そのうち「40代で・・・」というのも書いてみたいと思います。

これが書けるのは、オバちゃんの特権ですから(笑)

 

20代の人のうちほとんどの人が、もう平成生まれなんですもんね。

時代の流れや環境はどんどん変わっていっているので、全部が参考にはならないでしょうけれど、変わらないものもたくさんあるはずなので、何かヒントを残して行けたらって思います。

 

でも、「これから」を生きていく、ということにとっては、今 20代でも40代でも60代でも80代でも、同じ時代を生きている仲間。

少なくとも、江戸時代の人とは、一緒には生きていないのですから。

 

未知を生きていくということは、いつだって不安と隣合わせです。

私が、経験したことや、見知ったことなどを、みなさんにも、また、これからの自分にも、背中を押すヒントにできたらなぁと思います。

 

背中を押しまくり、めぐりめぐって押しまくられたい!

ということで、今、自分が「ひとりだなぁ」と思っているあなたも、見えていないだけで、同じように 不安に立ち向かおうとしている人たちはたくさんいます。

カウンセラーではあるけれど、私だって不安になることは多々あります!(偉そうに言うな、って 笑)

不安になること自体は「問題」ではありません。

それを、どう扱うか、ということが、その先の未来を決めていくんです。

 

 

ではまた近いうちに。

今日も 1日、大切に生きましょうね。

 

ありがとう

嶽きよみ

 


*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆-- 

 

電話&面談 カウンセリングのご予約はこちら

【カウンセリング予約センター】
06−6190−5131または
06−6190−5613
12:00〜20:30 月曜定休

初回電話カウンセリングは、無料です。
匿名でもOKなので、お気軽にどうぞ♪ 

ご予約の詳細はこちらのページを御覧くださいね。
http://www.counselingservice.jp/service/service-menu.html



 
 

風邪とともにデトックス・・・からの、自分を変えるコツ。

Boxing ring 149840 1280

おはようございます。

おかしなタイトルでスミマセン(;O;)

たぶん、新年早々風邪をひいてしまい、頭がぼけーっとしているせいです(+_+)

 

わたし、そうとう身体は丈夫なほうなので めったに体調をこわさないんですが、どういうわけか年末年始にはよく風邪をひきます。

そんなときは、しんどいなぁーと思いながらも、

「わー、今、わたしの身体、めっちゃ闘ってくれてるわ〜〜」ってことを、しっかり感じるようにしています。

 

頭がぼーっとしたり、鼻水や咳や熱が出るのは、身体に入ってきたウィルスを外に排出しようと、黙々と闘ってくれているという証拠。

 

これは私の根拠のない「オマジナイ」のようなものですが、

「ウィルスと一緒に、滞っていたいらないものが すっかり浄化され、新しい私になるのだわ〜♪」

と、

”風邪っぴき浄化でバージョンアップ説” を唱えることにしております。

(もちろん、風邪なんてひかずにバージョンアップしたほうがいいに決まってますが。)

 

頑張っている身体さんに対しては、できる限りの癒やしを与えなくては、ファイト一発 踏ん張れません。

温かくしてよく寝ること、消化の良いものを食べてウィルスとの戦いに集中出来るようにしてあげること、などなど。

と、ここまで、私の「風邪」について書いてきましたが、これ、身体だけの話ではありません。

(ここまで前置き)

 

心だって調子を崩す

 

「うつは心の風邪」という言葉がよく使われていたように、心もやっぱり調子を崩す時があるわけです。

 

ちなみに、私は「うつは疲労骨折」という表現のほうがしっくりくる気がします。

 

でもとにかく、そこからくる症状、

やる気がしないとか、からだが重い、眠れない、落ち込みやすい、などさまざまな不快な症状は、心も身体も闘ってくれている証拠だったりするんじゃないでしょうか。

 

風邪でさえこじらせれば、重大な病気をまねくことがあります。

骨折なら、なおさらしっかり治療する必要がありますよね。

 

ネガティブな感情や気持ちは、本当の自分自身からのメッセージでもあります。

それに蓋をしたり、見て見ぬふりをしないで、その声をちゃんと聞いてあげると、そこには あなたを幸せにするための情報が詰まっていたりするのです。

 

特に、人間関係で望んでいない出来事が起こった時、私たちは

 

相手が変わってくれることを望む

自分が変わらなければと気づく

でも変わるのが難しい。苦しい。

自己嫌悪・自己攻撃

やっぱり相手も変わってくれなければ

 

という 堂々巡りに陥りがちです。

 

では、「自分が変わる」とはどういうことでしょうか?

 

よく心理学の本や、カウンセリングサービスの膨大な記事を読んでくださって、

「結局「許す」ってことが必要なんですよね。でも、正直難しいです。そんな私ってやっぱりダメなんでしょうか…。」

 

とおっしゃる方は少なくありません。

 

でもね、そんな一気にワープしないでいいんですよ。

それは結論が早すぎます(>_<)

Googleで検索した情報を、安易にうのみにすることと大差ありません。

 

まず、変えるのは、出来事(情報)の「受け取り方」

つまり、思考の部分です。

起こったことをどう解釈するか、によって、経験の意味が変わり、生まれる感情が変わるからです。

だから、いきなり感情を変えようとしてもすごくむずかしいんです。

 

 

「新年早々風邪をひくなんて最悪だ・・・幸先悪い・・・」

と受け取るのか

「今、去年までの停滞していたものをウイルスと一緒にデトックス中」

と受け取るのか、それを選ぶことができるのは、自分自身でしかありません。

 

つまり、今日、この新年に 「まだパートナー出来ていない」「仕事がなかなか見つからない」「これから先のことが不安で仕方ない」

だから・・・「何一つうまく行っていないわ・・・」と受け取ってしまっているみなさん。

今年はそれを、ちがう受け取り方が出来るように変わってみましょう。

 

ネガティブに受け取ることが、ダメなわけではありません。

その才能が生きる場面は、また別にあります。

でも、色んな受け取り方が出来たほうが、さらに自由で、解決策が早く見つかります。

 

今年はぜひ、そんな変化をの年にしてみてください。

カウンセラーは、受け取り方のサンプルをたくさん用意してお待ちしています!

 

 

 

ということで、私は 今年は 風邪とともに、アウトプット(デトックス)がスタートしている私です。

みなさんは、風邪などひかず元気に1年のスタートをきってきださいね。 

 

 

P.S

そういえば、昨日、ふと思いついて、初めて このブログに自分の写真をアップしてみたんですが、なんか、カウンセラーっていうより、「占い師」っぽいなぁ・・・(*_*;

 

今日もありがとう。

嶽きよみ

 

 

カウンセリングのご予約はこちら

そういえば、本日から、予約センターがオープンですね。
混雑が予想されますが、ご予約は 

06−6190−5131または06−6190−5613 

12:00〜20:30。月曜定休です。
匿名でもOKなので、お気軽にどうぞ♪ 

ご予約の詳細はこちらのページを御覧くださいね。

 

 

☆謹賀新年☆ 2,016年が皆さまにとって、最高の年になりますように!!



あけましておめでとうございます!
年末年始、いかがお過ごしですか?

昨年中はたくさんの方とお話する機会をいただき、ありがとうございました。

また、私自身、あちこちに学びの場を求めて、様々なことを教わりに出かけた1年でした。

2016年は、これまでの感謝を形に変えて活動していきたいと思っています。


そして、何と言っても 今年はオリンピックイヤー!!
ラグビー日本代表の興奮も冷めやらぬまま、
それぞれの人生の金メダルを目指して、思い切ってチャレンジする年にしましょうね☆

もし、去年まで結果が出ていないとしても、あきらめないでください。
全力で応援いたします!



クライアントの皆さまには、これまでの私自身の学びを全力で還元してきますので、一緒に 前進していきましょう☆彡

まだお話したことのない皆さまも、お電話は初回無料ですので、お気軽にダケをご指名くださいませ。

写真だと、「怖そう」「ビシっと言いそう」だそうですが、話してみると、案外「やさしい」そうです(笑)



ということで、
昨日になりますが、アメブロ「恋と仕事の心理学」を更新しました。




*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜



「今年は、目標管理をやめてみる!〜クリエイティブ脳が優位な人は、目標管理が苦手な人が多い〜」


no title

あけましておめでとうございます。
love_bunner

お正月、いかがお過ごしでしょうか?

昨年中は、たくさんの方にこのブログを訪れていただき、本当にありがとうございました。
 

そして、この2016年が あなたにとって、これまでで最高の年になるよう、全力でサポートさせていただきたいと思います!

 

そう言いつつ、「このタイトルは何だよ!?」とお思いのアナタ!!
 

欲しい結果を手にするには、目標を決めて、TODOを作って、黙々と行動する!のは当然じゃないか。

 

と、思いました?

 

もちろん、そのやり方で「決めたことは必ず達成してきた!」という方は、そのままでとっても素晴らしいので、ここから先を読む必要はありません(笑)
 

ただ、私のように、目標達成用の手帳を買って、がんばって毎日のTODOリストを作ってはみても・・・

 

 

あれれれ・・

 

 

なんだか そこで ”達成” してしまって、結局何も進んでいないではないか!!!!

 

という方は、ここから先を読み進めてください。

 

 

そういう方は、おそらく「右脳体質」・・別の言い方をすれば、「クリエイティブ脳」が優位に働きやすい人です。
 

もしくは、もっと右脳的になったほうがいい時期だということです。
 

けっしてただの”なまけもの”ではないはずです^^;
 

 

まずは、そもそも”頑張って” 目標を決めて、「やるべきこと」 を一所懸命に考えている自体で、ちょっと怪しい・・・。

 

つまり、

 

もともとそれって「苦手」なことだったんじゃないか?

と考えてみましょう。

 

スケジュールを決めたり、論理的、数字的に考える「苦手」なことを 頑張ってやるわけですから、それがとりあえず出来れば


 

・・・どうなるでしょう?


 

 

「よーし、よく頑張った!!」という、達成感を感じると思いませんか?

 

すると、どうなるかと言うと

 

それまでの緊張が和らぎ、ちょっと「ホッ」としてしまうんですね。

 

つまり・・・!

 

決めたTODOをやるためのモチベーションがそこで下がってしまう!!!

ということになるのです。

 

 

ね?

 

 

そんな経験あなたにはありませんか?

 

告白すると、私はしょっちゅうでした・・・・。
 

それでも何度も何度も再チャレンジしてきたんですが、自己嫌悪が募るばかり・・・。

当然ですよね。結果を出せていないわけですから。

 

ということで、ちょっと見方を変えてみることにしました。


 

私がこれまでの人生で、

「うまく行ったこと」「達成できたこと」を検証したところ、

「最初に目標を立てない」ときのほうが、思った以上の結果を出せていた

ということに気づいたんです。

 

でもこれって、
「やるべきことは、目についたこと」という、わりと行き当たりばったりにも見えるやり方です。

 


私自身、これは「よくないやり方だ」と思って、否定したからこそ、もっと計画的になろうと ”頑張った” という経緯があります。

 

でも、それでいくらガンバレても、それが 普通に 当たり前に出来る人・・自分が決めた目標を達成しなければ気が済まないような人には、逆立ちしても勝てないんだ・・・とわかったんです。
 

つまり、常に自己嫌悪がつきまとうわけです。。。

 

 

ということで、私に得意なことを考えた時
 

「直感」
 

という武器を使わない手はない、と 思い立ったのです。

 

「直感」というのは、「右脳的」な分野なので、それが得意な人が、「左脳的」なやり方を真似すると、どうなると思いますか?
 

もちろん、ポジティブな結果としては、論理的な脳が鍛えられて、自己成長や能力の幅が広がることは間違いありません。

 

ただ、
 

1)最初に書いたとおり、TODOに落とし込んだ時点で、モチベーションがかなり低下しています。
 

2)タイミングがずれます。

 

という、ネガティブな結果に陥ってしまうことも少なくありません。

 


私の経験では、直感がきた時というのは、いろんなタイミングが揃っていることがとても多いです。


タイミングが合っている時というのは、がんばらなくてもうまく行ったり、怖れを感じる前に行動できたり、結果が向こうからもやってきてくれたりします。


でも、それを逃してしまうと、次にタイミングが合うのが、少し先になってしまったり、けっこう頑張らなくてはいけなくなったりすることが多々あるのです。

 

なので、思い当たることがある方は、今年はちょっと別のやり方を試してみることをオススメしたいと思います。




やり方、と言っても、とっても単純でシンプルです。

私たちが、子供の頃にやっていたやり方だからです。 

 

 

1)「今」 ちょっとドキドキすること、考えるとワクワクするようなこと、気分がよくなること、を見つけます。
 

あそこのケーキ食べたいなーとか、あの人とデートしたいなーとか、あんな服着たいなーとか、身近なことでOK
 

2)それを出来るだけすぐにやる。もしくは、それをやるための計画を立てます。
 

ケーキを買いに行って食べられるなら、買いに行く。会いたい人が居るなら会うための計画をたてる。
 

3)それを継続すると、どんなことが得られるか、をイメージする。
 

ケーキを毎日食べられる自分になるには? と考えて、ケーキの食べ歩き、と考える人もいれば、ケーキを作れるようになる、とか、もっとお金を稼ぐ!とか、その人によってその先は全く違う道を考えるかもしれません。
 

それをまず、ひとつの夢や目標としてみます。
そして、飽きるまで続けます。

 

そのままそれが自分の人生を変える夢になる人もいれば、やりたいことがどんどん増える人もいるかもしれません。
 

でも、その時点であなたの目標達成力や、自己価値はずっと高まっていることでしょう。 

 

やり方は以上。

 

 

つまり、通常の目標設定のやり方とは、全く逆のやり方です。
 

正確には、もともとは先にワクワクがあったけれど、”いつのまにか逆転してしまっていた”、というの少なくないと思います。
 

元々は大好きだった彼なのに、今 ヤツのことを考えると、出てくるのはネガティブな気持ちばかり・・とかね。
 

 

このやり方は、「今」ワクワクしていることが大事な人、退屈が耐えられない人、我慢が苦手な人、などにとっては、エネルギー補給をしながら前に進めるので、とてもパワフルなやりかたになります。
 

もしかしたら、これを続けると、今 あなたが考えている「自分の夢」や「やりたいこと」とは、全く違ったものが見えてくるかもしれません。
 

行き詰っていた夢の叶え方の突破口が見えてくるかもしれません。

 


1月は今年の方向性を決めるのに、とってもベストな月です。


自分で「これだ!」というのが見つけにくい方は、私が アイデアなどを出しながらサポートしますからご安心を♪

 

初回無料の電話カウンセリングで、まずは その洗い出しをしてみましょう。

面談カウンセリングでは、ワークや心理療法を使って、具体的に進めて行きます。


今年こそ何かを手に入れたい、叶えたい、と思う方は、一歩踏み出してくださいね!


すべての人に同じ法則は当てはまりません。私は、それぞれ個人の多様性を応援しています。

 

 

ご予約は、03−6190−5131 又は、06−6190−5613まで。

偽名でもご予約OKなので、お気軽に。
 

嶽(ダケ)は、平日夜と土日をメインにカウンセリングしております。

この話題をご希望の方は、「ブログを見て」とおっしゃっていただければスムーズです♪

 

では、素晴らしい年始になりますように。

長文を読んでくださって ありがとうございました。
 

嶽きよみ

 

 

 

 

 

 

「やっぱり◎◎が好き」⇒ 行き詰まったときのパワーツール

こんにちは

今日も、あなたの中にある、自由な発想力やクリエイティブな力をつかって、
自分らしい生き方ができるよう応援したいと思って、お届けしたいと思います。





昨日、アメブロの記事を更新しまして、

「やっぱり◎◎が好き」という◎◎を埋めてみてください、という宿題を出してみました。

考えてみてくださった方もいらっしゃるかもしれません。

アメブロを見ていらっしゃらない方は、よかったら 今 ちょっと考えてみてください。



・ 

私がそんな宿題をだしてみたのは、
 
私自身が、つい最近、その ◎◎ にあたるものを 思い出したことで、
欠けていたピースがはまった感じで、色んなものがすっきりつながってきたからなんです。
 
私たちは、ついつい 隣の芝生がきれいな悗妨えて、欲しくなったりすることがあります。
そしてその分自分が元々好きだったものが少し色あせて見えたり、
とても大事なもののはずなのに、生活の中で埋もれてしまったりすることがあります。

もちろんそれは、悪いことではありません。
そうやって、私たちの世界は広がっていくのですから。
 
でも、時々は、以前に大好きだったものを棚卸ししてみることで、今目の前の問題の解決方法が見つかったり、新たな方向が見えてきたり、面白い化学変化が生まれる可能性が大なんですね。


そして「やっぱり」好き、 という言葉には、自分自身の深い琴線に触れたもの、というニュアンスが含まれています。

もしも好きだった時期は短かったとしても、「やっぱり」と言えるようなことは、深い部分に触れた可能性がたかいからです。

そういうものは、あなたの人生をクリエイトしていくとき、時に人生が停滞している時などに、インスピレーションを与えてくれることが多いのです。


119_02

 

 

私にとってのそれは、
 
意外に思われるかもしれませんが、「やっぱり ”ビジネス” が好き」 という言葉でした。
 
 
私はアーティストの側面があったりするので、基本的には、アートをはじめ「表現」と名のつくものがとても好きです。
 
そのせいもあってか、周りの人が私に期待するイメージと「ビジネス」は少し合わないらしいこと、

さらに、

「カウンセラー」と「ビジネス」がどこか水と油のようなイメージが自分の中であったため、
だんだんと 「ビジネスが好き」という言葉が、自分の中で封印されて行きました。

 
それは、わざと抑圧したわけでも、封印したわけでもありません。

それこそ なんとなく、だんだんと、そうなっていったんです。
 
119_02

 

でも、ここ最近、いろんな人たちと出会う間に、「自分」が少しずつ見えてきて、

 
「そうだ、私、 ビジネス っていう キーワード、とても好きだったわ・・」

「そうだ、私、心理学の本も好きだけど、同じようにビジネス書も大好きだったわ・・」

 
ということを思い出したんです。 

  
 
それを思い出してからは、急速にいろんなことが自分の中でつながって行ったんですね。

 
  

 

 

それは以前・・・何年か前に、

「そうだ、私 やっぱり 歌うことが好きだったんだ」ということを思い出した時ととても似ていました。
 
その時も、今回と同じように、心の深いところにあったものが次々と繋がって行きました。

今では 普通に 「歌うことが好き」だと言えますが、それまでは、何年も言えなかったんです。
 

 

 

私は、人から「自由でいいなぁ」とか「自由な人」と言われたり、思ってもらったりしている方だと思います。
 
でもそれは、私が根っから「天真爛漫の自由な人」なのではなく、

 

子供の頃から「自由になりたい」ということがテーマであり、だからこそ、「自由じゃない」状態にとても敏感だからだなんだと思うんです。
 


119_02 

 

これを読んでくださっている方の中でも、

自分の好きなことや、やりたいことが 色いろありすぎなのか、コミット出来ないのか、定まらない人もいらっしゃるかもしれません。

そんなとき、「やっpり好き」という感覚を思い出してみると、その先に見えてくるものがあるのではないかと思います。

次回は、「私にとってのビジネス」というものについてを書いてみたいと思います。

 



今日もありがとう

嶽きよみ 

 

「欲しい物を手に入れて、欲しくないものを手に入れない」ための方法

こんにちは

アメブロの「恋都仕事の心理学」を更新しました。

 

love_bunner今日のテーマは、「欲しい物を手に入れて、欲しくないものを手に入れない」ための方法です(笑)

あなたは、欲しいものを「欲しい!」と、言えますか?
心おきなく、即座に、誰よりも先に。
 
好きなものを「好き!」と、言えますか?
誰に遠慮することなく、情熱的に 

 
どちらも、全くもって「恥ずかしい」ことでも、ましてや「悪い」 ことでもないのに
案外と、出来ていない、していないことって ないでしょうか?
 
そういう時に限って、一番に手をあげちゃう人に小さなジェラシーを持ってしまったり、
 
好きなのにネガティブな側面を見つけようとして、わけわかんなくなってしまいがち(ToT)。

 
実は、かくいう私も、こう見えて、案外それが出来なかったことが少なからずありました。
 
私以外にも、そういう方は、少しはいらしゃるのではないでしょうか。 
 
 
何故、ワンピースのルフィ「海賊王にオレはなる!」とか、ナルト「火影になる!」のように、失笑されようと馬鹿にされようと、「欲しいもの」に対して まっすぐになれないのでしょうか?
 
(誰にも頼まれていないのに)”なんとなく”周りに気を使ったり 

(誰も望んでいないのに)”なんとなく”遠慮してしまったり

 
つまりいわゆる「空気」に対して、気を使ったり遠慮したりしているわけですよね。
 
こうして考えてみたら とっても馬鹿らしいのですが、
 
体感的に、何かしら不安というか怖れを感じてしまうのですよね。
 
 
もちろん、空気を読めるのは、ある意味 ”才能”です。 
 
おそらく感受性が強かったり、小さな変化などを感じるセンサーが優れた人であり、
それは日本人特有の「間」を感じる鋭い感性にも通じる部分だとは思うんです。
 
でも、
 
その使い方を間違えると、とんでもなくもったいない時間を過ごすことになってしまいます。
 
私達は、結局のところ「やりたいことしかやらない」 んですね。いくらそれが、表面的には やりたくないように見えたとしても。
 
なので、もしも欲求を表現しなかったとしても、その想いは 結局は自分の中でくすぶり続けて、
 
じわじわと、今やっていることのやる気をなくさせたり、生きている意味がわからないような感覚を感じる羽目になったりするんです。
 
そんな時は、自分のことがもれなく「嫌い」になります。
 
***

 
 そのあたりまできて

「やっぱり好きなことをすることは大事なんだ!」

と気付いて、心の声に耳をすませてみても、
 
一度封印した感情は、そうやすやすと声を発してくれなって
「やりたいことがない」という状態に陥ってしまったりします。
 

 
そういう時のカウンセリングは、書いたり、考えたりの ひとりでするワークよりも、
まずは、面談などで行うイメージワークなどのセッションで、潜在意識や無意識の扉を少しゆるくしてあげることがお勧めです。
 
つまり、準備体操というか、下準備というかで地面を柔らかくしておくと「芽」が出やすいんですね。

ひとりでするワークも、そのあとでのほうが、効果が見込めます。

 
とは言え、それよりも も〜〜っとおすすめなのは、日頃から、自分の欲しいものや好きなもの・・つまり「欲求」に素直でいる、ということです。
 
私達が、欲求を抑えてしまう多くの場合は、「欲しいと思ったのに手に入らない・・・」
 
「そんな思いをするくらいなら、欲しいと思わないほうがマシ・・」と、ココロが怖がってしまうんですね。
 
でも・・・

ここに矛盾があることに気づいて下さいね。
 

いったい誰が、「苦い思いをする」かもしれない、という予測をしているのでしょうか?
 
 
ええ、 自分自身ですよね。 

 
なので、ここで最重要なのこと、まず「好き」という感情にコミットをするということです。

 
 そうすると、次のドアが開くんです。


ひとりで出来そうな人は、ぜひぜひ やってみてください。
 
もうすでに、欲求がどこかに隠れてしまっているよ・・って方は、焦らずにまずは 下地作りです。
ゆるめる作業からスタートしましょうね。

 

ということで、今日の宿題です(笑)
 
「やっぱ ◎◎ が好きだわ〜」という言葉の ◎◎ を埋めてみてください。 
 
もしかしたら、「好き」でいてはいけないと思っていたものや、
いろんなものが出てくるかもしれません。 
 
 
私自身も最近それに気づいたものがあります。
 
私の ◎◎ は、カウンセリングサービスの私のブログに 明日にでもアップしようと想います。
よかったら覗いてみてくださいね。

 

いい週末になりますように。

嶽きよみ 

このページのトップヘ

見出し画像
×