東日本大震災が起きてから、3ヶ月余りが経ちました。

私の家の洗面台には、赤い時計がありました。
以前、家族の誰かが利用していた目覚まし時計を、「秒針の音がうるさいから」と、洗面台用として利用していたのです。

その時計の針は、14時46分で止まったままです。

私の家は首都圏にありますが、震源地に近い北東に位置するので震災時、結構、揺れたのです。

会社から帰宅し、大きな本棚が移動しているのを見て、改めて地震の大きさを痛感しました。そして、洗面台に置いてあった赤い時計も、落ちて割れていました。

ちょうど、震災の時刻 「14:46」 を指したままで...

すぐに片付けようと思ったのですが、なんとなく片付ける気にならなくて...

震災直後、テレビでたくさんの映像を観て、現地の光景や被災者の方の声・悲痛な叫びが届くたびに、心が痛みました。

その時に、このことの意味を忘れないようにしよう!
絶対に忘れちゃダメだ。

そう思い、その時計をそのままにしておいたのです。

もしかしたら、不謹慎な言い方かもしれないのですが、人というのは過去の記憶が薄れてきたりもしますよね。

私の家は物は落ちてきましたが、大きな被害には遭っていません。
節電はしていますが、1ヵ月後くらいには、完全にいつもの暮らしに戻っていました。

だから、いつか自分も、あの震災を忘れてしまうのではないか?
そんな怖さもあり、14:46でとまった時計を、朝起きて一番、最初に見る洗面台の横に置いたままにしておいたのです。

【あの震災から3ヶ月が過ぎて】

でも、あれから3ヶ月が過ぎ、新しい時計を買いました。
そして、洗面台の新しい時計は秒針を刻んでいます。

それは、「あの震災のことを忘れることはないな」と思えたことと
今、私ができることは「カウンセラーとしてみなさんのお話を大切に聴かせていただくこと」なのだな...と分かったから
です。

だから、時間(とき)を進めようと思いました。

でも、まだたくさんの方が、住みなれた土地や家を離れ、避難所や他の土地で過ごされています。
それぞれ、状況が違って...

テレビでは避難所にいた方々の、仮設住宅への入居が始まったという報道が流れ、今まで集団生活をしていた方に、やっとプライベートな時間が戻ってくるのだな...と思う反面、寂しさや孤独を感じる時間も増えるのかもしれません。

少し、ご自身の時間ができて、もしかしたら心の隙間に喪失感や悲しみが出てくるかもしれません。

まだまだ、時計の針が 「14:46」 で、止まったままの方も、たくさんいらっしゃるでしょう。

そして、このような震災(災害)が起きると、早く気持ちを整理したくて、
どうして、こんなことが起こったのだろう?
その意味は何なのだろう?と探したくなります。

失恋したとき・失業したときも、そうだと思います。

どうしてフラれたのだろう?
どうしてクビになってしまったのだろう?

そうやって、意味を見つけたくなりますよね。

意味を見つけることで、先へ進もうとする。

でも、いろいろと考えてみたけど、どうしても意味が分からない、としても、ご自身を責めないでくださいね。

今は分からなくても、いいと思うのです。
人の数だけ意味は違うと思いますし
今は、無理に探さなくても、いいのかもしれません。

意味を見つけるのは、もう少し先延ばしにされてもいいと思いますし、時が経てば、スーッと分かることもあります。

そのようにモヤモヤしている、何も感じない、寂しい、つらいというお気持ちを、お聴きしたいと思っています。

悲しすぎて、もう2度と立ち直れない。
そう思うこともあると思います。

私には、皆さんの悲しみ、すべては分からないかもしれません。
でも、そのお気持ちを一生懸命、汲み取り、一緒に感じていきたいと思っています。

時計の針を進めるのは、みなさんのタイミングでいいと思うのです。

人それぞれでいいと思うのです。

だから、もしも今、悲しすぎて立ち直れないと思っていても、決して焦らないでくださいね。

いつか、きっと、その秒針が進みだすことを、信じております。

そして地震に遭われたみなさまに穏かな気持ちが戻られること
地震に遭われたみなさまの街、みなさまの故郷の復興を心より願っております。

土肥幸司

-------------------------------------------------------------------------------

★土肥の面談カウンセリングスケジュール(最新へ)★
♪カウンセリングをする上で心掛けている事♪
「カウンセラー発!すぐに役立つ心理学講座」一覧【土肥】
★過去の携帯メルマガ一覧★
♪過去にお応えした「ご相談事例集」一覧♪
☆過去のワークショップ一覧【土肥】☆
◎土肥のコラム集一覧◎
☆土肥のブログトップページへ☆