ブログネタ
心理カウンセラー発 役立つネタ に参加中!
こんにちは。カウンセリングサービス 原裕輝です。
インナーチャイルドを癒やすワークショップがパワーアップして開催です。その名も、『インナーチャイルドを癒やすシリーズver2』です。
インナーチャイルドを癒やすと、恋愛、仕事、人間関係が、より良くなります!
b7a479f5a8434d1ad851c91e0e2b1ca8_s











『インナーチャイルドを癒やすシリーズver2〜インナーチャイルドを癒やして恋愛力をあげよう〜〜in東京』
昼の部 13:30-17:30
講師:原裕輝
料金:5,400円


『インナーチャイルドを癒やすシリーズver2〜インナーチャイルドの誤解を解き、自分のことを良く思い、人との関係を良くする〜in東京』
夜の部 18:30-20:30
講師:原裕輝
料金:3,240円


●日程と会場
2017年4月23日(日)
会場:(JR田町・地下鉄 三田)機械工具会館3階第1会議室
※JR田町駅より徒歩7分
※都営浅草線三田駅より徒歩5分
※都営三田線三田駅より徒歩7分
※昼の部と夜の部をあわせて受講すると7,560円と1,080円お得に受講できます。
※昼の部だけ、夜の部だけ受けられる形でも問題なく受講できます。両方受けられるとより深く学ぶことができます。
※当日飛び込み参加もOKですが、できるだけお申し込み頂けると助かります。
※2歳未満のお子様は無料でご参加できます。
妊娠中の方は誓約書を書いていただく必要がございます。詳しくはこちらのページでご確認ください>>>
インナーチャイルドを癒やすシリーズver2は癒やしに重きをおいたワークショップ

●インナーチャイルドを癒やすシリーズver2
3年ほど前にインナーチャイルドを癒やすというテーマで1年間、心理学ワークショップを開催しました。その内容まとめたのが、きくまるインナーチャイルドを癒やすキットです。

おかげさまでお越し頂いた方から「復習用に聞いてます」とお声をかけいただきます。
そして、「インナーチャイルドをより癒やしたいからワークショップでまたやって欲しい」とのリクエストの声も。ありがたいお言葉です。

また、前回のワークショップにこれなかった方からも「もうやらないんですか?また、ぜひ」とのありがたいお声をいただきます。ご要望をいただけてありがたいです。

それだけインナーチャイルドを癒やすことの大切さを感じていただいてるんだなぁと思います。
ありがたいご要望にお応えして、インナーチャイルドを癒やすというテーマで再びワークショップを開催します。

●インナーチャイルドとは
インナーチャイルドとは大人になるまでに作ってきた、あなたの精神構造。

いわば、あなたの心の基礎の部分。インナーチャイルドを癒やすと、あなたの恋愛、仕事、人間関係などが変わってきます。よりストレスなく、平和で、自由な感覚で人と接することができるでしょう。

● インナーチャイルドを癒やすシリーズver2ではより感情を癒やすところに重きを置きます。
前回のインナーチャイルドを学ぶという形より、今回は、より感情を癒やすということに重きを置きます。

そのため、感情を癒やすといことをしていきますので、子ども時代の悲しさ、寂しさ、などの傷ついた感情が浄化される過程で、人によったらポロリと涙がでることがあるかもしれません。

そんな場合は流してしまってください。それは傷ついた感情が浄化される涙なのですから。

●今回はロールプレイも取り入れます
前回のインナーチャイルドを癒やすワークショップでは、インナーチャイルドを癒やす手法として瞑想を紹介していきました。

今回はロールプレイも取り入れていきます。ロールプレイとはその名の通り役割を作って癒やしを作っていく手法です。

例えば、参加者の中のどなたかにお願いして子ども時代のあなた役になってもらい、子ども時代の自分に言うつもりで優しい言葉を投げかけてみる、そんなことをします。(役になるのは任意ですので抵抗があれば、役に選ばれた人も断ってもOKです)

すると、不思議なことが起こります。
子ども時代の自分役になってもらった参加者の一人と頭で分かっている、心が動き出し、心が癒やしに向かっていくのです。

また、役になってくれた人の多くの方が言われることがあります。
それは、その人に協力して役になっただけなのに、心が動き、自分も癒やされたと。そんな感想を言ってくださる方も非常に多いです。

ロールプレイを使ってインナーチャイルドを癒やそうとする人も、協力して子ども役になった人も、一緒に癒やされる、そんな手法です。

インナーチャイルドの癒やしに興味がある人は、ぜひ体験しにきてください。
あなたのインナーチャイルドを癒やす機会に使ってくださいね。

・昼の部の概要
『インナーチャイルドを癒やすシリーズver2〜インナーチャイルドを癒やして恋愛力をあげよう〜』

●受け入れられなかった痛み
大人になるまでに受け入れてもらえなかったことがあり、そこに痛みが伴っていると、大人になり恋愛関係などの近しい関係でストレスが生じやすくななります。

例えば、子どもの時に泣き虫の自分を受け入れてもらえなかたことがあるとします。

「そんなことで泣く子はしりません」と。泣き虫の自分のままだと、怒られる、受け入れてもらえない、否定されるので、泣かない強さを身につけなければいけません。

そして、泣き言をいわない自分にならない自分になることで、怒られない、受け入れられる、否定されないというようになれます。

●恋愛に影響がでる
しかし、そのまま大きくなり、大人になって、近しい関係で自分が受け入れてもらえなかった要素を持っている人をみるとストレスを感じるようになります。

近しい関係というと、恋人、伴侶、子どもなどです。

相手の中に泣き言をいう要素を見ると、ストレスを感じたり、幻滅したり、イラッとしたり、相手を正したくなったりします。

「泣き言ばっかり言ってないでしっかりしなさいよ」と。
かつて自分が言われて嫌だったことを言ってしまったりするのです。

そのようにストレスを感じている時は本人も幸せではないですし、

当然、怒られて、受け入れてもらえなくて、否定されて嬉しい人はいないわけですから相手も幸せではありません。


恋人、伴侶、子どもの関係が上手くかなくなってしまう、幸せでなくなってしまう要因になってしまうのです。

●インナーチャイルドを癒やすと恋愛も上手く行く
だけど、泣き虫という要素を受け入れてもらえなかったインナーチャイルドが伴った痛みを癒やしていくと、泣き言をいう相手に対してストレスを感じなくなり、幻滅もしなくなり、イラッとしなくなり、正したくもなくなります。

ただ、優しくしてあげたくなるだけになります。

こっちのほうが恋愛は上手く行きそうですよね?

●恋愛だけじゃなく人間関係全般が良くなる
近しい関係ばかりではなく、友人や、同僚に対して出る場合もあるのですが、特に恋人、伴侶、子どもなどの近しい関係でこのような反応がでやすくなります。

なので、インナーチャイルドを癒やすと良くなるのは恋愛ばかりに限ったことではないのですが、特に近しい関係に出てきやすいので『インナーチャイルドを癒やして恋愛力をあげよう』というタイトルにしています。
だから、実は、人間関係が全般的に良くなります。

●人によって違う痛み
例えに、泣き虫を受け入れてもらえなかったというのを出しましたが、これは人によって違います。

・甘えを受け入れてもらえなかった
・遊びたいを受け入れてもらえなかった
・大声ではしゃぐを受け入れてもらえなかった
・無邪気を受け入れてもらえなかった
・良い点とれない自分を受け入れてもらえない
・我が儘を受け入れてもらえなかった
・女の子らしさを受け入れてもらえなかった
・さみしいを受け入れてもらえなかった
・自由を受け入れてもらえなかった
etc・・・・
そして、どれか一つというより、受け入れてもらえなかった要素を複数持っていることが多いです。

「さみしい」と言ったら「ちっちゃい子じゃないんだから」と受け入れてもらえなかったという経験があるし、テストで良い点とった時だけ認めてくれた(逆を言うとテストで良い点をとらない自分は受け入れてくれなかった)という経験がある。という具合に複数持っていることが多いです。

両親が悪気がなかったかもしれないというのと、受け入れてもらえなくて悲しかった、傷ついたというのは別物です。
両親が一生懸命愛してくれたと分かっていても、子ども時代のあなたとしては受け入れてもらえなくて悲しかったというのはあってOKなのです。
インナーチャイルドの痛みを癒やしていきましょうね。

●一緒に受け入れられなかった痛みを癒やしていきましょう
あなたのインナーチャイルドが受け入れてもらえなかった痛みを癒やしていき、恋愛力をあげましょう。
そんなワークショップです。ご参加をお待ちしております。

・夜の部の概要
『インナーチャイルドを癒やすシリーズver2〜インナーチャイルドの誤解を解き、自分のことを良く思い、人との関係を良くする〜』

●インナーチャイルドの誤解
大人になるまでの時間に私たちは人からの言葉で傷つき、自分のことを誤解してしまうことがあります。
例えば、「おまえはホント、ダメなやつだなぁ」と親から何度も言われたらどんな感じがするでしょう?

嬉しくはないですよね?傷つきます。
そして一緒にくらしていて何度も言われることがあると影響力を大きく受け「自分はダメな人間だ」と思い込むことがあります。

そして、その大人になるまでに作られた「自分はダメな人間だ」という思い込みが、大人になってからも自己イメージとして残り、恋愛で、仕事で、人間系で、自分の夢との関係で「自分はダメな人間だ」と思い込みのまま接するのです。

インナーチャイルドが「自分はダメな人間だ」と思い込んだまま、心の中にいるのです。

すると、その思い込みは良い効果としてでるかというと当然出ないです。
ネガティブな形ででてきます。
自信のなさ、チャレンジする時に不安などなどネガティブな形ででてきます。

●インナーチャイルドの誤解を解いて、良い自己イメージに変化さす
この誤解を解いてインナーチャイルドが「自分はダメな人間じゃない。自分には自分のすばらしいところがある」と思えると、大人のあなたが自分のことを良く思えるようになり、良い自己イメージを持てるようになります。

すると、その良くなった自己イメージで恋愛で、仕事で、人間系で、自分の夢との関係に接するので、それらの関係が良い効果が生まれます。
自信を持ってたり、不安に陥りにくかったり、自分らしくいられたりポジティブな形ででてきます。

先ほどの例で親との関係で「おまえはホント、ダメなやつだなぁ」と言われた場合はと書きましたが、親とは限らず友達の言葉、先生の言葉で傷つきインナーチャイルドが誤解をすることがあります。

・自分が悪いという思い込み
・自分は迷惑かける人という思い込み
・自分はどんくさいという思い込み
・自分には愛されないという思い込み
・そのままじゃダメだという思い込み
・頑張っていないと価値がないという思い込み
・役にたっていないと価値がないという思い込
・何をやっても上手く行かないという思い込み
etc・・・・
そんな大人になるまでにつくった心のどこかに持っているインナーチャイルドの誤解を解いて、自分のことをより良く思えるようになり、恋愛、仕事、友人などの人と間系を、そしてあなたの夢との関係を良くするワークショップです。
ご参加をお待ちしております。