ブログネタ
心理カウンセラー発 役立つネタ に参加中!
こんにちは。
カウンセリングサービス原裕輝(はらひろき)です。
いつもありがとうございます。


今日は、つながりをテーマにした記事になります。
danbo-1885151_640
【原裕輝の本】

*以下はカウンセリングサービスの母体である神戸メンタルサービスのニュースレター用に書いた記事になります。
ブログの読者さまの何かの参考になればと思い転載させていただきます。

タイトル:リアルな世界で人とつながり、癒す時間を過ごす


こんにちは。
原裕輝です。


東京経済ONLINEの
“「集中力のない人」は他者とのつながりが弱い独りで過ごさずに自分以外を頼って生きよう”
というタイトルの記事を読んでいました。


その記事の中に、
“スマートフォン1つでいつでもどこでもメッセージのやりとりができ、SNSにアクセスさえすれば声を聞かなくても情報交換や雑談ができる。そんな現代において当たり前の便利さが、人間本来の「つながり」を薄れさせ、結果的に仕事や日常生活における生産性を低下させている――。『ハーバード集中力革命』の著者、ハーバード大学医学博士のエドワード・M・ハロウェル氏が警鐘を鳴らします。”
(文章引用:東京経済ONLINE


という一文がありました。


SNSは便利だし私も愛用しているけど、そういう一面もあるんだなぁと思いながら読んでいました。


リアルに人と会おうとするとエネルギーがかかる面もあります。


出かける為に洋服を選び、それなりの格好をする。


女性の場合は大抵の方はお化粧もするでしょう。


待ち合わせの時間にたどり着く為の時間の調整をする


電車や、バスにのって移動する。


その為の費用もいります。


などなど、デジタルコンテンツではしなくていい手間がかかるんですよね・・・。


そう考えるとSNSなどのデジタルコンテンツはその手間、エネルギーがかからなくて便利だなぁと思います。


ヒーリングワークにお越しいただいている受講生さんは、すばらしいと思います。
*ヒーリングワークは神戸メンタルサービス主催のセミナーのことです。

ヒーリングワークで、受講している仲間とあって、仲間と2日間関わるという時間を過ごすことをしに、このエネルギーのかかること、手間をかかることをされているんです。


手間がかかってもリアルに人と会い、関わることを選択されているのはすばらしいと思います。


その手間をかけてリアルで人と会うとことで感じられること、得られること、養われる力ってあると思います。


生の声での響き、
相手の顔の動き、体の動き、リアクションを生で見れる
その場の空気感、
ハイタッチや、肩を叩いたりなどの触れあい、
そこで感じられる人のつながり、ぬくもり、
などなど、はいってくる情報量は、リアルで会うことのほうが多いように思います。


だからこそ、
深い友情、つながり、絆、仲間、受けいられた感、あたたかさ、居場所といったものをより感じられるのでしょうね。


そして、その場、その場の瞬時でやりとりしていくことで養われていく人間関係力の成長率も發い茲Δ忙廚い泙后
(会話する、会食するってそうですよね。長考してから反応という性質のものではないですね)


エネルギーもいるし、手間もかかるけど、
リアルで人と会うことは得るものが多いなぁと思います。


今週末は(4月14日(土)、4月15日(日))ヒーリングワークアドバンス(大阪)があります。


そこで、
リアルに仲間にあい
また、あらたな仲間を作り、
つながりを感じ、
つながりの中で癒す。


そんな時間を皆さんと共に過ごせたらと思います。


つながりの時間を共に過ごしましょうね。
ご参加お待ちしております。