ブログネタ
心理カウンセラー発 役立つネタ に参加中!
いつもありがとうございます。
カウンセリングサービスの原裕輝(はらひろき)です。

ざるそばを食しながら、冷たい麺が美味しい季節になってきたなぁと感じていました。
ついこないだまで肌寒かったのに、これから、どんどん夏日に向かっていきそう。
夏の食べ物が美味しい季節に入ってくるなぁ〜と楽しみです。


今日の記事は、人の関係で傷つかない距離と人とのつがなりで得れる幸せについてのお話です。
お楽しみに。
0I9A5633ISUMI_TP_V4





















あなたが人に近づこうとしたら、その自分を誉めてあげましょう


文:原 裕輝(はらひろき)

フレンドシップや、パートナーシップ(恋愛・結婚)を持つ良いところの一つは何かを共有、共感できる体験だと思います。


一人でいることが悪いわけではなく、一人でいる心地良さというのもあります。
でも、一人でいると体験できないのが何かを共有、共感するという体験でしょう。


一人旅で絶景を見て「綺麗だ−」と感動する体験はできますが、誰かという共に行った時の「綺麗だね」とい体験はできません。
誰かとつながるからの体験で、パートナーシップ(恋愛・結婚)やフレンドシップを持つ魅力の一つだと思うんですよねー。


+++

人との関係で傷つくことがあると、“心のもう傷つきたくない反応”から人との関係で傷つかない距離をとりはじめます。


友達だけど心を本心はいわない関係、
深い付き合いをしない人間関係、
当たり障りのない人間関係、
知り合いだけど友達ではない関係、
できるだけ人とはかかかわらない、
などなど


人との関係で傷つかない距離で付き合います。
防衛的な動機での人間関係を作ります。


人間関係でとっても傷が深ければ深いほど、つながりを遠ざけがち。


それは、傷つかくリスクは減るというメリットがあります。


でも、問題もあるんです。
孤独や、さみしさを感じるなどの別の問題が発生しがちなんですよね・・・。


一人ぼっちで、孤独で、人と関わりを断っていて、引きこもりがちの人で、「私はなんて幸せなんだ」という人は、あまりいなさそうです。


人との関係で傷つかない距離をとるというのは、これは幸せになる為の方法というより、傷つかない為の方法なんですね。

+++

人との関係で傷つかない距離を取るというのは、それなりの経緯があったからだと思うんです。


でも、その人との距離が、その距離感が傷つくことは防げていても、幸せを作っていないとしたら、人との距離感に調整することへのチャレンジがいるのかもしれませんね。


孤独や、さみしさを少なくする距離に、何かを共有、共感できる喜びを増える距離にしていくんです。
人と近づくことをチャレンジしていくんです。


人との関係で傷ついから、傷つかない距離をとっていたのに、それをあえて近づこうとするのは、すごいことだと私は思うんです。


勇気いることです。
自分の幸せの為にと自分を大切にできていることだと思います。
すごいことだと思います。


上手く人との距離を縮められたかどうかのチャレンジした後の結果は置いて置いて、それにチャレンジすること自体が自分を誉めていいことだと思います。


もし、今、人との距離をもっと縮めていこう、もっと人とつながりを作っていこうとすることにチャレンジをしている方がいたら、ご自身のことを誉めてください。
すごいことをしていると思っていいことだと私は思うのです。


そして、

共に何かを共有、共感できる作れた、
本心を言える友人関係を作れた、
深いつながりを得れる関係を作れた、
心を許せる関係を作れた、


などで、そこで得られるものが、あなたの幸せがより増やしてくれるといいですね。

文:カウンセリングサービス 原 裕輝