ブログネタ
心理カウンセラー発 役立つネタ に参加中!
こんにちは。
カウンセリングサービス原裕輝(はらひろき)です。


秋を楽しもうと思い、みかん狩りに行ってきました。
みかんって木についている位置によって美味しさが違うってことを知りました。
みかん狩り園に置いてた、みかんの取り方説明に上のほうが美味しいと書いてました。へー!


今日は、幸せになる可能性のお話です。
summerfield-336672_640



















自分の可能性を自分で制限しないでおきましょうね


文:原裕輝

カウンセリングでクライアントさんに
「パートナーを作るとかご興味はありますか?」
とお聞きすることがあります。


すると、
「私、50代ですけどパートナーができるとかあるんですかね?考えたこともなかったです」
というお答えをおきすることがあります。


私はこんな話をします。


「ぜんぜん、あります」

と。


いろいろお聞きしていると50代の自分には、もう年齢も年齢だからパートナーができないとご自身で思い込み、ご自身で制限を作っていたということがわかりました。
年齢を理由に自分の可能性を制限していたんですね。


こんなお話、結構あるんです。
自分で自分の可能性を制限してしまっていたというお話。


でも、そうしてしまうと未来は先細りになることになってしまいますね。


例えば、
『私は独り身、私はこのまま孤独に生きて、誰にも知られずに4畳半一間で白骨死体で発見されるんだわ』
そんな先細りの未来のイメージなんかがあると先行き不安になってしまいますね。


自分の可能性に自分で制限をかけないで下さいね。
いくつになってもステキなパートナーを得ることはできます。

++++

パートナーを持つ可能性を制限していたケースの話からステキなパートナーを持つ可能性に自分で制限をかけないでくださいね、という話になりましたが、パートナーを持ちましょうという話ではなありません。


パートナーシップに興味がない人は、パートナーを持たなくていいですよね。
それのみが幸せに生きる手段ではなく、あくまで幸せに生きる手段の一つなだけですから。


ご自身が幸せになる可能性をご自身で制限しないでおきましょうねというお話。


++++

友人に囲まれる人生だったり、
今冷え切っていたとしても将来あったかい空気が流れる夫婦関係だったり、
「楽しいー」というテンションで生きている自分だったり、
憎しみが終わり許せる日がくることだったり、
心が安定して平和を感じれる毎日だったり、
悲しみが終わり愛に包まれる日々だったり、
家族が笑えあっている未来だったり、


ご自身がが幸せになる可能性をご自身で制限しないで、未来はより良い物に変えていけることをご自身のヴィジョン(Vision)に入れてあげてくださいね。


++++

自分では幸せになる可能性をご自身で制限を欠けて貰う時は、誰かに「こんな可能性もあるかもしれないよ」と言ってもらうのもいいですね。できれば何回も。
誰かに言ってもらうのはこんな可能性もあるかもしれないよ」知らずにかけているご自身の制限に気づき、解除していくのに有効です。


そういった心の話、未来のお話ができる友人などがいれば、ご自身の将来に関してのイメージに関する話をしてみると、光ある未来の可能性を指摘してくれるかもしれませんね。

(カウンセリングや、心理学ワークショップなんかも、そんなご自身の話をする機会の場として使ってみてくださいね)


++++


未来はより良い物に変えていくことはできます!


より幸せになれるイメージ、より良い物を手に入れているイメージを、ご自身のヴィジョン(Vision)に入れてあげてくださいね。

文:原裕輝