「あの日知らなかったこと、学んだこと」、
昨日は、誰かを頼ってみることについて書きました。

「何でもひとりでやらなければ。」と考えてると、なかなかこれが難しい。

そこで今日は、頼り合える関係性を作る方法から

コミュニティに参加する

です。

***
誰にも面倒を掛けない、
誰の面倒も見たくない。

たとえそんな風に思っていても、

私たちはけっして、誰にも面倒を掛けずに生きることなんてできません。

大切なのは、他人に面倒や迷惑を掛けないことではなく、
必要な時には頼り合える関係を作っておくこと。

コミュニティに参加するということは
そんな相互依存の関係を育てるうえでとても役に立ちます。

まずは趣味のサークルや仲間内の集まりなど、
利害関係の伴わないコミュニティを見つけましょう。

フィットネスクラブや、カルチャー教室に参加してみたり、
SNSで共通の楽しみを持った人たちと繋がってみるのもいい。

家族や友人、職場の同僚など、
いつもの人間関係から飛び出して、新しい関係性に勇気をだして踏み出してみます。

それは時に煩わしさを伴う場合もあるのですが、
友達ほど近すぎない、そんな距離感だからこそ生まれるつながりというものあります。

そして、そんなつながりが時に人生を変えるきっかけになったりもするから面白い。

大人になるほど関わるコミュニティは限られてくる。
だからこそ新しいコミュニティを見つけ、参加してみましょう。

気心の知れない相手であるほど、
対人関係のスキルを磨くには有効。

ぜひ、チャレンジしてみてください。


file000145091099