11月に入り、カウンセリングサービスでの活動もあとひと月となりました。

先月は最後となるカウンセリング講座を担当させていただき、
ひとつひとつ完了していく活動を前に、ちょっぴり寂しくもあり、
また新しい展開にワクワクも高まったりしているところです。

魅力アップのための心理テクニックや心の在り方について考える「モテオーラ養成講座」。

永らく連載させていただきました記事も、
これで最後の更新となります。

今回のテーマは「愛される覚悟」。

恋愛を一歩前に進めるための心の在り方について考えてみたいと思います。
***
まず、はじめに確認をしておきたいと思います。

あなたは、
愛される自分になる覚悟はできていますか?

「できていない」

という方は、これ以上読み進めないでください。
この先「愛される自分になる」秘訣をご紹介します。

「できている」

という方は一緒に先に進みましょう


いいですか?

もう一度聞きます、

愛される自分になる覚悟はできてますか?

◎愛される自分
うまくいかない恋愛には色んな背景があります。

気持ちをうまく伝えられなかったり、相手に合わせすぎていたり。
距離感の取り方やペースが相手のやり方と違っていたり。


コミュニケーションの仕方など関わり方を見直すことで改善する問題もあれば、、
価値観や考え方などパーソナリティや自己概念に関するものあります。


目に見える行動や態度など、関わり方は知識とテクニックでカバーできますが、
恋愛に対する自己概念というのはそう簡単に変えられません。


時には、根っこから自分を見つめなおすことも必要になる。

そして、それはちょっと嫌なことなのです。

ここまで読み進めていただいたので遠慮なくお伝えしますが、

あなたは、すでに「愛される」存在です。

いえ、

そもそもあなたは生まれるずっと前からそうなのです。

それも、

ただ、あなたのままで「愛される」存在なのです。

もし今あなたが、愛されるためには努力が必要だと考えていたり、
愛されるなんて何だか依存的な感じがして嫌だ、と感じていたとしたら。。


あなたはまず、

「愛される自分」という自己概念について見つめなおす必要があるのかもしれません。


◎愛される自分と自己概念
「きっと私には興味ないんですよ」

連絡しても返事が遅い、なかなか向こうから誘ってこない。
一緒にいても楽しそうじゃない、いつもスマホばっかりいじってる。


うまくいかない関係が続くと、なんだか自分自身が否定されてるような、
受け入れてもらえないような気分になってしまうことがあります。


頑張らないと愛されない自分というのは割りと多くの人が持っている自己概念です。

彼の希望に合わせ過ぎる反面、自己アピールが強かったり。
頑張ってる分だけ期待も大きくなりやすいので、何だかいつも期待外れな感じがします。


私ほど彼は私を思ってくれていない、という感覚にも陥りやすいし、
相手の言動に振り回されやすいから疲れてしまう。


彼からは「ちょっと重い」なんて言われてしまうこともあるかもしれません。

また、

一番にはならない自分というのも少なくない自己概念のひとつです。

恋愛が苦手というわけではないけれど、なぜか長続きしない。
あるいは、交際期間は長いのに結婚に至らなかったりもします。


一番にならない、というのは100%の自分で恋愛に向かわないということです。

依存的になるのが嫌で、意識的に距離をとったり、
不倫や三角関係にハマってしまうこともあるかもしれません。



「愛される自分」になる覚悟はあるか?と聞かれてどんな気分になりましたか?

よし、頑張ろう!って思ったなら、
あなたは「愛されるためには努力が必要」と考えているのかもしれません。


また、どうせムリだろう、ってちょっと冷ややかに感じられたなら、
愛されるのは弱くなることのように感じているのかもしれません。


◎愛される覚悟、ありますか?
愛されるためには努力が必要だと考えていたり、
一番にはならないと決めていたり。


それは、幼少期両親に褒められたくて頑張った経験であったり、
一番の場所を弟や妹に譲った(あるいは奪われたと感じた)経験からやってくる感覚なのかもしれません。


褒められるための努力も、誰かに一歩譲る経験も、
もちろんそれは心にとって必要な成長プロセスです。

そうすることでチャレンジする力や、相手を思いやる優しさを学びます。

けれど、心の成長と愛されることは本質的に別物。
生まれたばかりの子どもは、何もできないけれど愛される存在です。

何もしなくても愛される
なんて、頑張った経験があるほど受け容れ難いこと。

でも、

愛されるには努力が必要と思うから、知らず識らずのうちに同じ努力を相手にも求めてしまうし、
一番にならないと決めているから、親密な関係を築くことも難しい。


うまくいかない恋愛が続く、そんな時にはこんな風に声に出してみましょう。


私は私のままで愛されることを知っている。
私は私のままで価値があることを知っている。
私にはそれを受け容れる勇気がある。


初めは思った以上に、嫌な感じがするかも。
少しづつ身体に染み込ませるようにつぶやきます。

ちなみに、

もしもあなたが、これを実践しなくても、

このことを信じられなくても、

たとえ、

自分には愛される価値がない、

と思っていたとしても

あなたはあなたのままで愛される、
ってことに変わりはありません。

stained-glass-love-hands