ひょっとして浮気かも?

パートナーの言動に不自然なところが見え隠れすると、何だかその背景に別の異性の影を探してしまうというのはよくあることです。

だって、もしそれがホントに浮気だったとしたらやっぱり堪えますからね。
心は自然に「もしも」の時に備えて身構えようとしてくれます。

それほど、夫や妻の浮気はつらい。

でもそれと同じか、あるいはそれ以上にキツイのが、いつか浮気されるのでは?と不安の渦中に居続けること。

彼の携帯をこっそりチェックしたり、
束縛が強くなるのも不安や焦りのせい。

私たちは未確認の不安が長引くと、何かと状況をハッキリさせたくなるもので、
つい行き過ぎた行動に走ってしまいやすい。

でも、そんなことをしてもふたりの関係にとって良いことはあんまりないっていうのも分かります。

じゃあ、どうしたらいいの?

そんなときには、ひと呼吸置いて心の中を見渡してみます。

その不安、

今の彼(彼女)に対するものだけじゃなくって、
これまでに経験してきた他の誰かとの問題を反映してはいないでしょうか?



恋愛や夫婦関係がうまくいかないと感じる。
それは面白くないし、不安なことでもあります。

そんな時には色んなネガティブな考えが頭をよぎって、
よくない想像ばかりが膨らんでしまうこともあるでしょう。

けれど、

そのネガティブな想像の原点にあるものが本当にパートナーとの問題なのか?
それともパートナーとの問題に輪をかけて不安を感じてはいないのか?

そんな視点を持ってみることは大切です。

例えば、

これまでの恋愛で、相手が変わっても繰り返すような傾向はないでしょうか?

あるいは、

恋愛に限らずとも同じような感覚を感じたことはないか?

そうやって、心の中を吟味していくと、
なぜだかいつもぶつかる壁のような問題の存在に気づくことがあります。


何だかいつも寂しい恋愛が多い

とか、

我慢するのがクセになってる

とか。

あるいは、

浮気されないかいつも心配してる、、とか。


うまくいかない関係の影には、かつて乗り越えることができなかった、
『愛にまつわるテーマ』が隠れているのかもしれません。

今感じている感情を、
以前に感じたことがあるとしたらそれは誰に対してか?

その感情を感じていた時、
あなたはもっとどうしたかったかのか?

誰を愛し、誰に愛されたかったのでしょうか?


今ある恋愛や夫婦関係は、リアルタイムで動いている問題です。

だからこそ、そこで感じられる感情や感覚、頭をよぎる思考のすべてが目の前の相手によって引き出されているものだと私たちは信じています。

けれど、

それは時にこれまでの経験とそこに紐付いた感情を通じて解釈の場合もあります。

過去の恋愛や関係性からもたらされる不安で、
今の恋愛を危機にさらすのはもったいない。

パートナーとの間で不安を感じることがあるときには、
まずは少し冷静に、そして慎重に心の中を内観してみることも大切。

そこにあるのは、どんなテーマなのでしょう?

それに気付かされるために、
今ある問題は顔を出しているのかもしれません。

たとえその問題がつらく苦しいことであったとしても、
うまくいかない恋愛の影にあるのはすべて、愛にまつわるテーマです。

そのテーマに気づこと、
それがパートナーシップを前に進める大切な一歩になるのではないでしょうか。




file0001929598098