大切な人を失った。

失恋や突然の別離による喪失の痛みは、
時間を掛けて少しづつ癒していくしかない場合があります。

傷ついた心のケアというのは、
身体の怪我と同じ。

傷ついたばかりの頃には、思い出すのも辛いもの。
無感覚になってしまうくらい痛すぎる、ってことだってあるでしょう。

そんな時にはまず、痛みを和らげて傷を癒やすことが最優先。

ゆっくり心に寄り添って、ひとつひとつ言葉を汲み取りながら、
ただただ涙を流す、ということも必要な場合もあります。

けれど、一定の時間が過ぎ、
離れた相手のことを客観的に振り返ることができる位になってきたら、
痛みを和らげるケアよりも、痛みを越えて動き始めることが大事。

痛みを避けて留まっていると、
誰かに恋をしたり、愛おしく感じたりすることが怖くなってしまうからです。

怪我をして使わなくなった筋肉や関節が、
時間とともに固く動かなくなるように、

喪失の痛みから動けなくなってしまった心も、
使わない時間が長くなるほどに動かし方がわからなくなってしまいます。

痛みを越えて誰かとつながるのはのは、ちょっとキツイ。
なかなか新しい出会いに気持ちが向かわない。

そんな風に感じる時には少しでも早く、

今はできなくても、また恋したい。
また繋がりたい。


と思い直すことが大事。

たとえ痛くっても、一歩を前に踏み出すことで、見えてくるものもある。


必要なのは少しの勇気。
痛みに飛び込むその一歩が、時に人生を変える一歩になるのだと思います。


file000142294756