リレーションシップカウンセラー * 安東 秀海

こちらはリレーションシップカウンセラー安東秀海の旧オフィシャルブログです。
2015年12月1日より、個人オフィス・ライフデザインラボを立ち上げました。
新ブログはこちらです(

11月30日をもちまして、カウンセリングサービスでの活動を終了いたしました。
永くご愛顧いただき誠にありがとうございました。

2015年12月1日より、個人オフィス・ライフデザインラボを立ち上げ
渋谷区初台のカウンセリングルームに拠点を移し活動中です。

また、新ブログはこちらにオープンしております(

カテゴリ: ◆カウンセリングについて


カウンセリングが必要な時というのはどんな時でしょう。

離婚や浮気といった夫婦関係の問題を解決したい時でしょうか?
両親や子供、家族との関係に思い悩む時でしょうか?
友人や職場の同僚とのコミュニケーションを良好にしたいときでしょうか?

もちろん、カウンセリングで扱うご相談のテーマに正解も不正解もありません。

ひとりでは抱えきれない問題に直面した時、誰かに聞いてほしい話がある時、感情を整理して胸のつかえをおろしたい時、どのようなテーマでもいいのでまずは初回無料の電話カウンセリングをご利用ください。

とはいえ、初めての相手と話をするのは誰でも少なからず緊張するものです。
「何から話をすればいいんだろう?」「うまく説明できるかわからない」と心配になることもあると思います。

初めてのクライエント様とお話をさせていただく際、私が心がけているのは、
言葉だけでなく、すべての情報をキャッチしてお客様のお話をお聞きすること。

お電話なら、お客様の"声のトーン"や"お話の間"から、ご面談ではそれに加え、"表情"や"存在感"など言葉にならない感覚から、
お客様の本当にお伝えになりたいことを受け取れるように努めています。

「うまく話そう」とされる必要はありませんので、話したいことをお話したいままにお話いただければと思います。

>>リレーションシップ・カウンセリングについて
>>電話カウンセリングのメリット、面談カウンセリングのメリット
>>カウンセリングを受けるには



私たちは誰もが、他者との関係性の中で生活をしています。

どんなに自分は孤独だ、と考えている人であっても、
生まれてこの方、 誰とも接点を持たずに生きてきたということはありえません。

それは生まれる前から運命づけられていることで、
両親から祖父母、さらにその先から脈々と連なる血縁という関係性の末端に、

今の私たちは存在しています。 

リレーションシップ・カウンセリングは、
そんな人と人とのつながりから生まれる関係性を見直していくことを目的としたカウンセリング&セラピーです。

例えば、夫婦間の問題であれば
うまくいかない関係性の背景に自分と両親との関わり方が影響している場合があります。

高圧的な父親に反発していた、という女性が
上から目線な夫の態度に必要以上の怒りを感じたり

ヒステリックな母親にいつも振り回されていた、という男性なら
感情的な妻のコミュニケーションに強い拒否反応が出たり。

私たちが直面する対人関係の問題には、

それぞれが他者との間に持っている固有の「型」、
人づきあいの癖のようなものが隠れている場合があるのです。

リレーションシップ・カウンセリングではまず、懸案となっている関係性の中に、
問題となる固有の「型」がないかをチェックします。

うまくいきにくい「型」があることを認識しておくことで起こりやすいトラブルを予測することもできますし、
より良い関係性へと「型」を変えていくこともできます。

また、

問題となる関係の中に、何らかの感情的わだかまりやもつれがある場合には、
イメージワークやロールプレイなどのセッションを通して傷ついた感情を癒していきます。

心理的アプローチと具体的なアクションプランを組み合わせているので、
夫婦関係やビジネス上の対人関係など、リアルな人間関係に変化が起こりやすいのが特徴です。


 

すでにご案内しております通り、
明日正午より6月の電話カウンセリング追加枠のご予約を承ります。
6月の追加枠はすべで満席のご予約をいただきました。
ご予約ありがとうございました。

ご予約をご希望のお客様は、カウンセリング予約センター
06-6190-5131 または 06-6190‐5613 までお問い合わせください。

7月前半の面談&電話カウンセリングのご予約は、
6月13日(土)からの受付となります。

待機スケジュールはこちらからご確認いただけます。
>>安東秀海のカウンセリングスケジュール

どうぞよろしくお願いいたします。



 

近頃よく夫婦カウンセリングについてご質問をいただくようになりました。
>>心理カウンセラー・安東美紀子のオフィシャルブログ


手探りで始めたふたりひと組でのカウンセリングですが、
今年に入ってからはご指名をいただくことも増え、
関心をお持ちいただいている方が予想以上に多い事に正直驚いています。

また、実際にカップルカウンセリングを進めていく中で、
当初考えていた以上に、大きな可能性も感じ始めています。


そこで今日は、

私たちが夫婦でのカウンセリングでご提供していること、
できることをご紹介したいと思います。

まず、

カップルカウンセリングは、
ふたりひと組で行う面談スタイルのカウンセリングです。

お客様はおひとりでも、おふたりでも大丈夫ですが、
現在はおひとりでいらっしゃる方が大半です。

ご相談の多くは恋愛・夫婦関係の問題をテーマとしたもので、
ご夫婦でいらっしゃる場合もあります。

1対1の面談ではなく、カップルカウンセリングを選択される理由としては、
男性目線と女性目線、それぞれの立場からの意見を同時に聞けそうだから、
という声が多いのですが、夫婦の問題は夫婦に聞いたほうがいいと思う、というご意見もありました。

実際、

カウンセリングの現場では、
男性女性それぞれの視点から問題を見つめることができる利点を日々実感しています。

いっぽう、

当初の予想をはるかに上回って大きな可能性を感じているのが、心理セラピーです。


面談カウンセリングでは、お話を伺っていくリスニングスタイルのカウンセリングの他に、
心を癒やすための心理療法=セラピーを行う場合があります。


セラピーには、いくつかの手法がありますが、面談スタイルのカウンセリングでは
  • アイコンタクトセラピー
  • インナー・チャイルドセラピー
  • イメージワークセラピー
など1対1で行うものをご用意しています。


カップルカウンセリングでは、これらに加えて
  • ロールプレイセラピー (心理劇療法)
もご提案しています。

ロールプレイというのは、心理状態を代役を立てて再現する手法で、
夫婦関係のセラピーでは私たちが代役を務めることで、
クライエントとパートナーの隠れた心理パターンや感情の滞りを見つけていきます。


体験されたお客様からは、

「気づいていない気持ちに気づけた」

「たくさん泣いてスッキリした」


といった感想を多くいただいています。


もちろん、カウンセリングにおいてセラピーが必ずしも必要なわけではありませんし、
対話型のカウンセリングにも癒やしは生まれます。

けれど、自分でも気がつきにくい心のクセに気づき、
問題解決のスピードを早めるには、セラピーはとても効果的。


ご夫婦の問題や、恋愛に関するご相談で安東秀海・美紀子のどちらか指名をご検討でしたら、
一度カップルカウンセリングをお試しいただけたらと思います。


もちろん通常料金でご利用いただけます 






 


ビジネスに関わる問題は自分自身で解決するもの、ましてカウンセリングでどうにかできることでもない、とそんな風に考えている方は多いでしょう。確かに、カウンセリングの短い時間で専門的なテーマをクライエント様以上に理解することなどできません。

けれど何日考え続けても答えの出なかった問題のヒントが、家族や友人、時にはバーのマスターと30分話しただけで閃くことだってあります。

なぜなら、私たちに必要な解決策の多くは、すでに私たち自身の中にあるからです。

けれど私たちにはループのようにパターン化した思考のクセがあって、せっかくの解決策やヒントを見つけにくくしているのです。

ビジネス向けのカウンセリングでは、そんなあなたの中に隠れた解決策を見つけ出すお手伝いをさせていただきます。


↑このページのトップヘ