リレーションシップカウンセラー * 安東 秀海

こちらはリレーションシップカウンセラー安東秀海の旧オフィシャルブログです。
2015年12月1日より、個人オフィス・ライフデザインラボを立ち上げました。
新ブログはこちらです(

11月30日をもちまして、カウンセリングサービスでの活動を終了いたしました。
永くご愛顧いただき誠にありがとうございました。

2015年12月1日より、個人オフィス・ライフデザインラボを立ち上げ
渋谷区初台のカウンセリングルームに拠点を移し活動中です。

また、新ブログはこちらにオープンしております(

カテゴリ: ◆夫婦関係の問題

イライラしてしょうがないんです

夫婦関係のカウンセリングでは、ちょくちょく出てくる問題のひとつです。

怒っているのか?というと、そこまで強い感覚ではない。

けれども、

漠然とモヤモヤと何ともし難い嫌な感じがする。
何だかわからないけれどイライラしてしまう。

そんな時は、よりよい関係を築くために「彼が(彼女が)変わってくれればいい」という期待があるのかもしれません。

 続きを読む

「離婚するか、しないか。決めるのは今ではありませんよ。」

夫婦関係のご相談では、よくこんなお話をします。

パートナーの不倫や、暴力など、
大きな問題に直面すると誰でも冷静な判断ができなくなります。

気持ちは動揺するし、自分でも気がつかないまま、
心は大きな痛手を被っていることも少なくありません。

ところが、

身体の傷と違い、
心の痛みは見えませんからね。

近くでサポートする友人も家族も、
時には当事者である自分自身でさえも、どれほどのダメージを受けているのかわかりません。

そして、

あなたを気遣う人たちの勧めや、離婚を希望する夫や妻からのプレッシャーに押されるように、
重大な結論を出そなければならないように思い込んでしまいます。

けれど、

離婚するのか?
しないのか?

大切な決断を、痛手を負った気持ちのままで下してはいけません。

たとえ時間が掛かっても、
心が問題に向き合える程に回復するまでは、猶予期間を取りましょう。


すべての夫婦にとって離婚は、それくらい重要な決断であるはずです。


couple_silhouette

カップルや夫婦の間には、知らず識らずのうちに形付いたルールや関わり方、
そして価値観というのがあったりします。

例えば、

並んで歩くときに
どちらが右側を歩くか

といったちょっとしたことから、
深い関わり方まで色々。

かつての上司は相当なハードワーカーでウィークデーはほとんど家に帰らないような人でしたが、
週末は必ず夫婦で4時間ウォーキングすることをルールにしていました。
 
それは時間をかけて少しづつ育まれた二人だけのカタチであって、世界でたったひとつのオリジナル。

パートナーシップを成長させる、というのは、この「私たちのカタチ」を育てていくことでもあります。

けれど、

時にそんな「私たちのカタチ」が、ふたりの関係を停滞させる場合があるから注意が必要です。

続きを読む

夫婦関係の問題では、それが夫と妻、どちらかの個人的な問題なのか、
それとも「夫婦」としての問題なのか?を見極めることが大切です。

例えば、浮気。

された側からすれば、当然悪いのは「あっち」ということになるのですが、浮気する側に立ってみた時には浮気にもそれなりの理由があるわけで、やはりここは「夫婦の問題」として見ていくことが大切になります。
詳しくはこちらに書いています>>恋も仕事も関係性に注目すればうまくいく(

いっぽう、 

判断が難しいのは仕事に関する問題。

今日はそんな中でも、特に問題になりやすい、

休日も仕事で家庭を顧みない夫

というケースについて考えてみたいと思います。

続きを読む

妻との間でお金に関する話をしたがらない男性は案外多いものです。

収入や貯蓄、家計などの話題になるとそれとなく話を逸らしたり、時には露骨に嫌な顔になったり。そんな夫にイラっとしたり、何だか寂しい気分になることもあるかもしれません。

でも、どうして男性はお金の話をしたがらないのでしょう?

それは、多くの男性にとってお金がステイタスや自己価値と密接に関わっているからです。

なので、

お金の話がはじまると、何だか「給料が少ない」って言われているような感じがしたり、「もっと稼いできなよ」と責められているように思えたりするわけです。 
続きを読む

↑このページのトップヘ