びっくりするほど暑い夏がようやく終わったかと思ったら、秋を満期する間もなくいっきに寒くなりましたね。

こんな激しい気温の変化は、体にも心にも調整するための負担がかかりますので、どうぞなにかとペースをゆるめる工夫で労わってあげてくださいね。

さて、平田はただいま、育児休暇中です。

7月に生まれた赤ちゃんも元気に育ち、先日、生後100日をお祝いして、お食い初めをしました。
日本の古くからの慣わしで、赤ちゃんが食べ物に困らず、健康な人生を遅れますようにと願いを込める行事です。
生後3ヶ月ではまだなにも食べられないのでご馳走を用意しても赤ちゃんは食べる真似だけなのですけどね。
家族が揃って特別な日を楽しむというのは本当に和んでよいものだなぁと感じました。
(自分で自分のお祝いをひとりでするというのもいいものですよ。平田も何度もしましたが、心に栄養が染み渡ります)

赤ちゃんは本当に可愛いです。
お産後すぐに始まった慌しい育児生活がひと段落して、我が子をしげしげと見つめて心からそう思います。

なので、悩みました。
待っていてくださる方のためにも早く復帰したい気持ちも強く、この子の今しかない赤ちゃん時代を大切にしてあげたい気持ちも強く…。

何日も何日も悩んで、決めました。
私を選んで私のところに来てくれた赤ちゃんが歩けるようになるまでは一緒に居よう、と。

私を選んで頼りにしてくださっている皆さん、もうちょっとだけ待っていてください。

復帰は、赤ちゃんが歩けるようになって(多分、1歳になる来年の7月ごろには歩くと思います)、保育園に入れて、復帰のための研修過程が修了した後になります。

いつ歩けるようになるのかも、いつ保育園に入れるのかも確実には分かりませんが、おそらく再来年の四月には入園できると思っています。
もちろん、それよりも早く入園できることもあります。

入園後、毎年春と秋にある研修に1or2回(休暇の取った長さによって違います)出席すれば、カウンセリングを再開できます。

お待たせしてしまっている皆さまには本当に申し訳ないのですが、もうしばらく育児に専念させてください。

ちかい未来、またお話を聞かせていただけることを私も心待ちにしています。
ともあれ、その日までお互い体を大切にしていましょうね。
心の声を外に出してくれるこの体を愛でて。