根本裕幸のプロフィールページ 根本裕幸のスケジュールページ

2009年01月20日

気に入った人をデートの誘うには?

婚活応援プロジェクト


『気に入った人をデートの誘うには?』


婚活中に気に入った人を見つけました。
さて、そこであなたはどう言う反応を示すと思われますか?

A.お!と思い、早速メールを送ってみたり(ネットの場合)、自分から近づいて(パーティやコンパの場合)知り合うきっかけを作る。

B.「どうしよ・・・」と思い、何とかお近づきになるきっかけはないか、プロフィールを熟読したり(ネットの場合)、相手の行動を観察して(パーティの場合)様子を伺う。

C.何とか向こうから近づいてもらおうと、相手の視線範囲をうろうろする。

D.「たぶん、こんな素敵な人は私なんてお呼びじゃないだろうな」と思い、見なかったことにする。



AからDの順番って、いわば、自信度順とも言えますし、必死さの順番とも言えるかもしれませんが、残念ながら成功する順番ではありません。

Dの人だって、成功してしまうこともあるんです。
だから、私はDタイプだからうまく行かないんだわ・・・って落ち込まないでくださいね!

それはお互いのタイプによるんです。


一般論ではありますけれど、Aを選ぶ積極的なタイプの方は、自分から動きたい人。だから、向こうから来られると逃げてしまうこともあるんです。
一方、CやDのタイプは自信がなく、受身な人。だから、同じく自信がないようなC,Dタイプの人とはなかなか近づきにくいのですが、AやBなどの比較的積極的なタイプの方から見ると、安心して近づきやすい印象を与えます。

また、自分はBタイプで近づきたいんだけど、ちょっと勇気が要るタイプの方が、「これじゃあ、ダメだ」と一念発起してAタイプのように積極的に行こうとすると、気合が空回りして逆に引かれてしまうこともあるんですね。

それに、Cタイプの人が無理に頑張って積極的にアプローチして、その結果うまく行ったとしても、その後が長続きしないんじゃないでしょうか?
だって、相手の方は「積極的なあなた」にアプローチされたわけですから、その後も、そんなあなたを期待し続けてしまうからです。



【長所と短所】

Aタイプだな、という方。あなたの魅力は、とても積極的で自分から動けるところ。自分の魅力にある程度の自信があり、恥をかくことをそれほど恐れません。それがとっても強みとなって相手の心を開くことに成功します。
しかし、その一方で、少し自分本位に動いてしまう傾向もあります。相手の気持ちを配慮できなかったり、踏みにじってしまうこともあるかもしれません。強引さには注意しないといけませんね。


Bタイプだな、という方。思慮深く、視野が広いところが魅力的ですね。相手のことを知ろうと思ったり、その気持ちを考えようとする意志はとっても素晴らしいです。だから、相手の人も安心してお付き合いできるかと思います。
でも、一方では思慮深さが災いして、策士、策に溺れるようなことがあったり、考えすぎてタイミングを逃すこともありそう。また、意外に嫉妬深いところもあるので感情に振り回されるとしんどいですね。


Cタイプだな、という方。遠慮深いところはかえっておしとやかな印象を与えたり、自然体なイメージを与えることができます。相手に無理させず、安心させてあげることもできるでしょう。
でも、怖れが強すぎて好きになればなるほど、変化球勝負をしてしまうところが辛いかも知れません。相手にわかりにくい行動は少しずつでも改善していきたいですね。


Dタイプだな、という方。助けたいな、とか、私が側にいてあげなきゃ(母性本能)、などを呼び起こさせることができます。パーティなどでは壁の花になりそうなんですが、逆に、それを見つけてくれる人もいるんです。それに繊細な分、相手のことを良く見て理解してあげることができます。
自信のなせで、どうせ、自分はダメだと決め付けてしまうのが苦しいところですよね。また、感情も溜め込みやすいので自分を大事にして欲しいな、と思うんです。


【自己承認と自信】

自分のタイプをまずは土台にして、自分の魅力や長所をきちんと認識してみることがまずは下準備なんですね。
無理したり、頑張りしすぎたりすると、長続きしなくなってしまいます。
多少なりともそういう部分が出てしまうのは仕方がないところですが、やはり自然体で向き合っていくのが理想ではないでしょうか。

で、その長所への自信を付けることがとっても大事なんですよね。
もし、相談所などに登録される際は、ぜひ「長所」の欄を少々大げさにでも書いてみるといいと思います。たいていの人は「多めに書いてちょうどいい」くらいだと思いますから。
自己承認や自信をつけるためにもすごく大切なことだと思います。


誰にでもその人なりの魅力や価値ってあります。
何か自分以外の何者かになるのではなく、自分らしく振舞うことが一番の秘訣です。
自分らしさがもっとも魅力が溢れ出るところですしね。


【気に入った人をデートに誘うには】

そして、気に入った人をデートに誘う方法ですが、まずは、できるだけ早い段階で、強がらず、嘘をつかず、素直な気持ちをコミュニケーションしてみるといいです。

できれば、「好き」とか「会いたい」と言う気持ちが上がりきらないうちに。
思いが強くなると、そこから緊張して自分らしく振舞えなくなるばかりか、逆効果になってマイナス面ばかりが目立つようになってしまうんです。

そして、そのメッセージには、素直な自分を出したいところです。
メールで送る場合も、直接近づく場合も。
もし怖れがあっても、その怖れを隠すことなく、緊張していることを素直にカミングアウトしてしまいましょう。
そして、あなたに興味があること、できればもっと話をしてみたいこと、を伝えてみます。

直接話をするのが怖いときには、間に誰か入ってもらうのもいいですね。
別に紹介してもらうことを恥ずかしがる必要はないんですけどね・・・。なかなか勇気が要りますでしょうか?



少しレベルアップ。

ストレートな誘い方ではなかなかOKがもらいにくいかな、という場合。あるいは、もっと確率を高めたい場合は、やはり会話を通じて親密な関係を築くことが目標になるかと思うんです。

近づくことができたり、話のきっかけを掴むことができたとしたら、できるだけ会話を楽しみたいものです。
話したい人には話をさせてあげること、話ベタな人には上手に話題を振ってあげること。
それができるだけで、だいぶ、デートへも誘いやすくなるはずです。


また、自分をアピールしようとするよりも、相手を受け止めてあげることの方が、確率は高くなるのかもしれません。

話の内容・中身というよりも、楽しみや喜び、一緒にいるときの安心感などが実は意外にもアピールになるんです。

映画でも小説でも、本当に味わうのは、映画館を出た後だったり、読了後だったりするんですよね。
だから、そのときではなく、メールを読んだ後、話を終えた後の印象を良くするために、一緒に話をする時間を大切にしたいんですね。

だから、相手の方に興味を持ってあげること、そして、色んな質問をしたり、意見を交換したりして徐々に距離を近付けることが大事かな、と思うんです。

これはメールでも同じこと。
自分をアピールするよりも、相手が話しやすい反応を返してあげる方が確率は高くなるような気がします。

お役に立てば幸いです。


婚活応援プロジェクト

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
│ Posted by Hiroyuki Nemoto at 00:00