はじめまして。
吉村ひろえ と申します。
どうぞよろしくお願いします。

はじめに
東北地方太平洋沖地震において被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
この時期にプロカウンセラーとしてデビューさせて頂く意味があるとすれば?
今、私の目の前にある出来ることから真摯に取り組むことなのだろうと感じています。
皆様の安全と一日も早い復興を心より願っております。



私が初めてカウンセリングを受けた時、心はボロボロでした。
問題という壁にぶち当たり 「なんとかしなければ」 とひとりもがいていたように思います。
このカウンセリングサービスのホームページを見つけ、電話カウンセリングというものがあると知っても 

「まだ大丈夫。自分でなんとか出来るはず」 

と心理学講座を熟読し、果敢にもひとりで壁と格闘していたのです。
しかし、ひとりでがんばってみても事態は一向によくならず・・・ 

「カウンセリングを受けてみようか?でもバカにされたらどうしよう。”そういう状況に陥るのはあなたに問題があるからです” とか言われたら怒りが爆発してしまうかも。そもそもカウンセリングを受けなければならない私は大人として、母として、社会人として失格なのでは?」
などとぐるぐる色んなことを考えなかなか勇気が出ませんでした。

そんな私が疲れ果て 「ひとりではもう無理だ。騙されたと思って電話してみよう。いやなら二度としなければいいのだ」 と電話カウンセリングをはじめて受けた時、ただ私の話を聞いてくれ 私よりも私を受け入れ 気持ちにそっと寄り添ってもらった と感じたのです。

あの頃の私は、壁とひとりで戦っていた頃の私は 「人生は辛くて苦しいもの」 と思っていました。 でも今は 

「人生は謳歌するもの」 

と感じています。


今までお話を聞かせていただいた皆様、そしてこれから出会うであろう皆様、ひとりで抱え込まずどうぞお気持ちを話して聞かせてくださいね。

お待ちしております。