一つのご相談に3人のカウンセラー、今井美緒子村上ハル代、吉村ひろえが各々の見解でお答えしています。さて、本日のお客様は・・・

 

。・**.*.*✿。.:*・。・**.

 

父との関係についてご相談です。

僕の父は、僕が幼い時に離婚しております。

ですので、僕は祖母が母親代わりとなって育ててくれました。もちろん父も仕事が忙しくないときは、僕の面倒をみてくれたりはしていましたが、同性同士ですので、思春期の頃から何かとぶつかることも多く、あまり良い関係とは言えないかもしれません。

 

父は、顔を合わせると「おまえは、人間としてまだまだだ」「お前のやっている仕事は、俺から言わせれば、仕事のうちに入らない」などと、僕という人間を否定するような言葉ばかりを言います。

僕としては、父ほど立派な仕事ではないかもしれないけれど、自分なりにできることを一生懸命していますし、会社の人にも認められるようにしようと、頑張って仕事をしています。

僕がそんなことを、父に対して言うと、その3倍ぐらいにの言葉になって、怒鳴り散らされます。

 

その怒鳴り散らす内容は、ほとんど僕を否定する言葉です。

 

もう言い返すのも疲れたので、最近は聞き流していますが、そうすると、「その態度はなんだ」と更に怒鳴ります。

自立すれば、言われることもなくなるだろうと、一人暮らしをしているのですが、それでもしょっちゅう僕の携帯に電話してきて、文句ばかり言ってきます。

電話に出なければいいんだと言ってくれる人もいるのですが、出なければ、家にまで押し掛けてきます。

 

僕ももう20代後半ですし、世間的には大人です。

父親に、色々と言われたくもないのですが、いったいどうすればいいのかわかりません。

父に、あれこれ言われなくなるには、どうすればいいのでしょうか。

 

※カウンセラーの知人が、抱えている問題を、本人に了承を得て、掲載させていただいております。

 


◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ 

 


≪お父さまのことを理解出来たらいいな、と思ってみて下さい≫

 

こんにちは。

ご相談ありがとうございます。

 

お父様に色々言われてどうすればいいのかわからなくなっていらっしゃるのですね。

 

> 「おまえは、人間としてまだまだだ」「お前のやっている仕事は、俺から言わせれば、仕事のうちに入らない」

 

こんな風に言われると、腹も立つし悲しくなってしまわれるのではないでしょうか。

反論めいたことを言うとさらに怒鳴り散らされるとのこと。

話すことすら、嫌になってしまうのも無理はありませんよね。

かと言って、何も言わず聞き流していると「その態度はなんだ」と怒鳴られ、電話に出ないと押し掛けてくる・・・。

もうどうにもこうにもいかず、お手上げ状態ですよね。

もう、何も告げずにどこか遠くへ引っ越してしまいたくなるかもしれません。


しかし、そうはされておられませんし、

 

> 父に、あれこれ言われなくなるには、どうすればいいのでしょうか

 

とご相談くださっています。


それは、お父様に 「ちゃんと認めて欲しい」 お父様と距離を取るのではなくお父様に 

「わかってほしい」 という想いがどこかにおありだからではないでしょうか。

 

 

子供の頃、お父様が忙しくない時は一緒に過ごされた時間もおありだったのですね。

それはお父様にとっても、とても楽しく大事な時間だったのではないかと思います。

そして、「思春期の頃から何かとぶつかることも多く」と書いてくださっているように、思春期に入ると子供は親から離れ、自立しようとします。

この時期に親の方も上手く子離れできれば良いのですが、ついいつまでも子供扱いしてしまい、なかなか “ひとりの大人” として見れないということもあるようです。

 

では、その『子離れできない父』の内面とはどのようなものでしょう?

 

> 「おまえは、人間としてまだまだだ」「お前のやっている仕事は、俺から言わせれば、仕事のうちに入らない」

 

この言葉は、お父様がご自身に言っていることばかもしれません。

人は、投影というものをします。

「自分は人間としてまだまだだ」「自分のやっている仕事は、仕事のうちに入らない、もっとがんばらなくては」 と自分を認めず厳しく責めている分、外も同じように責めてしまいます。

そして、それが我が子であれば特にストレートに出てしまうのかもしれません。

 

電話に出ないと家にまで押し掛けてくるお父様はなにを求めているのでしょう?

それはもしかしたら、子供の頃は忙しくてたまにしか一緒に過ごせず、思春期以降はあまり良い関係とは言えなくなってしまった息子に『認めて欲しい』『わかってほしい』という、お父様ですら気づいていない想いがあるのかもしれません。

 

自分を認め自信のある人は、人を否定し怒鳴り散らすことはしません。

お父様の心の内を見ようとすることで、お父様の意外な一面が見えてくるかと思います。


それには、ご自身に余裕がないと難しいですよね。

お父様の否定的な言葉に惑わされることなく、「自分は自分なりに一生懸命仕事をがんばっている」ことを誇りに思ってくださいね。

そして、現実にひとりで暮されて自立もされています。

お父様のことも、冷静に解決されようとしていらっしゃいます。

お父様より大人の対応をされていますよね。

とても忍耐強く優しい方なのだと思います。

そんなご自身を認めて自信を持ってくださいね。

 

そしていつか、「心配してくれてありがとう」と言えたら、お父様の気持ちも落ち着いてくるでしょう。

 

ご相談ありがとうございました。

 

 

✿。・**.*.*✿。・**.*.*✿。・**.*.*✿。・**.*.*✿。・**.*.

 

 

ではまた、来月第2月曜日 『Many-saided Cafe』 にてお待ちいたしております..:*